スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国宝 青不動明王 御開帳」 青蓮院門跡

hudou

記録として留めておきたいので、やはり書いておくことにしました。
「国宝 青不動明王 御開帳」をついに眼前にお参りしました。

既に多くの方がご覧になっておられるので、今更感がありますが平安創建以来初めての青不動御開帳というのですから、この機会を逃したらもう一生見ることはできないのではないかと、一種の脅迫観念にかられた感じです。

場所は東山駅徒歩5分。ここをまっすぐ行くと京都近美や京都市美などの岡崎方面は徒歩10分かかりません。
更にこの青蓮院門跡へ行く途中、現在松戸市博物館で開催中の「日本の表現主義」展にも作品を多く出品されている「星野画廊」さんを発見。
ここで、素晴らしい絵画の数々を拝見させていただいた後、青蓮院へ向かいました。
どうやら夜間も「国宝 青不動明王」は拝観可能だったようですが、てっきり夜間はライトアップだけで拝観できないと思い込んでいたので、昼間に青蓮院に入りました。
中には大勢の拝観客が。
こちらも池泉回遊式庭園の名庭園として有名で、小堀遠州作の霧島ツツジの名所として知られる「霧島の庭」、室町時代の「相阿弥作の築山泉水庭園」など美しいお庭を楽しむことができます。
昨日アップした並河靖之邸を手がけた七代目植治はこの青蓮院門跡の庭の修復に携わったようで、名庭師あるところ名庭園ありと言えるでしょう。

さて、私のような仏画好きにとって、今回お庭は二の次。
お目当ては国宝 青不動明王 これだけです。
不動明王+二童子像は11世紀に描かれ日本三大不動の一つと言われています。
*日本三不動⇒ 青蓮院の青不動・高野山の赤不動・三井寺の黄不動

想像以上に大きい仏画で、青不動からの距離は離れているものの大きいために見えないということはありませんでした。単眼鏡で覗いてみると、さすがに秘仏中の秘仏だけあって、損傷、退色などはほとんどなく非常に保存状態が良いためくっきりと描かれている不動明王の姿と矜羯羅(こんがら)童子・制多伽(せいたか)童童子の姿を肉眼視できました。

不動明王は大日如来の化身とされ五色(青・黄・赤・白・黒)とある中で、青不動は最上位に位置するもの。以前拝見した同じく日本三不動の一角をなす三井寺の黄不動を拝見したので、ぜひ次は高野山の赤不動を拝観したいもの。

しかし、燃えるような炎に憤怒の表情で描かれた不動明王は間違いなく平安期の仏画の最高傑作と言えるでしょう。
見ているだけで、オーラが立ち上っていました。

やはり行って青不動をこの目で見ることができて本当に良かったです。

*12月20日(日)まで。まだご覧になっていない方、お早めに!
スポンサーサイト

「石山寺」秘仏 勅封如意輪観世音菩薩 秋季特別公開

滋賀県のMIHO MUSEUMの帰路、石山寺のご本尊が特別に御開帳されているということで、急遽立ち寄ることにした。

ご本尊は、如意輪観世音菩薩(重要文化財)で平安時代後期の作と言われる。
高さ5.3メートルで思っていた以上にまずはその大きさに驚く。中まで入って近づかないと、せっかくのお顔を拝見することはできない。岩上の蓮華に座り、左足を下げる珍しい姿勢であった。
めったと開扉されないせいか、仏像の特に身体(下半身)の着彩はまだかなり残っていて、非常に見ごたえのある如意輪観世音菩薩であった。
なお、次回の公開は2016年の予定。

このご本尊以外にも奥の間には重要文化財の仏像群が多数展示されていて、そちらも併せて拝観させていただく。

石山寺の本尊如意輪観世音菩薩は、古来より、 安産・福徳・縁結びの観音さまとして広く信仰を集めてきたそうだ。
石山寺に入るのに500円、ご本尊を拝するのに更に500円となかなかお会いするのも大変である。

石山寺には今回初めて訪れたが、さすが花の寺と言われるだけのことはある。
広い境内のあちこちに美しい花々を見ることができた。

永観堂 禅林寺 みかえり阿弥陀

まだ記事にできていないけれど、京都で野村美術館と泉屋博古館へ初めて行って来ました。この2つの美術館のちょうど間にあるのが紅葉で名高い永観堂 禅林寺。
私も過去、秋の永観堂を拝観したことはありましたが、ご本尊の記憶がない。
その頃は、まだ仏像に関心が薄かったこともあるのでしょう。長い回廊と間口からは想像できないほど広いお寺だったという記憶だけが残っています。

NHKの番組「にっぽん 心の仏像」という番組で、この永観堂のご本尊が紹介されて、左を振り返るその姿が珍しく再訪してちゃんと拝見したいなぁと思っていました。
生憎の雨模様で、しかも永観堂では法会が催されるようで、中はやたらと慌しかったのですが、目当ての「阿弥陀堂」までたどりつくと正面にありました。

思ってたより小さい。
そして、金の剥落は予想していたより進んでおらず金色に輝いていました。

正面からだと御顔は横を向いておられるのでよく見えません。
向って右側に回り込むと他の諸仏(地蔵菩薩など)も置いてあり、ちょうどみかえり阿弥陀の横を向いた顔が正面に来る場所から拝観することができました。
右側からの方が、阿弥陀との距離はぐっと近くなります。

写真で見るより優美な印象を受けました。画像だともう少し厳しいお顔つきに見えます。
じっと見ていると、私のことを待っていてくれるように感じます。
みかえり阿弥陀の教えというのが脇に貼ってありましたが、自分自身を省みるという想いもあるそうです。

みかえり阿弥陀の由来と画像は永観堂HPをご覧くださいませ。

室生寺金堂 特別拝観

仏像にお詳しい「つまずく石も縁の端くれ」ブログの一村雨さんからの情報で、3月1日まで室生寺金堂が開放され、金堂内にまで入って仏像を見られるとのことで、この週末名古屋に帰り、1日に室生寺へ向かった。
この数日前に名古屋から室生寺に向かう近鉄名古屋-大阪線の室生手前の青山町駅近辺で、金鉄が脱線事故を起こし、金曜日、土曜は大阪へ向かう近鉄線は運休だったりと冷や冷やした。
1日の日曜は無事復旧し、名古屋から室生寺最寄駅の室生口大野駅へ。

室生口大野までは名張駅での乗継割合すんなりと到着したが、問題はその先。室生寺まで駅からバスで行く予定が、このバスが1時間に1本。しかもお昼時は、運転手さんが昼休憩をとるため、運行なし。
バスの時間まで35分以上あったが待とうかなと思っていたら、ベンチの隣に座っていたご夫婦がタクシーで行く話をされていて、私は運良くこのご夫婦とタクシーでご一緒できることになった。
料金は3人で2140円。バスは1人400円。

もしかしたら、室生寺に行ったことあるかなと思っていたが、眼前に現れた景色を見て、間違いなく初めて来たと分かった。前に行ったのは長谷寺だ。
室生寺の手前には室生川が流れ赤い太鼓橋がかかっている。この川が清流で、川のせせらぎが耳に心地よい。川沿いには桜もあったので、春になったら、さぞや奇麗だろうと思う。
橋を渡りきった正面にあるのが、表門。女人高野室生寺と大書してある石柱が目立つ。

表門横の仁王門をくぐった先で入山料600円を払い、いよいよ境内へ。
「梵字池」なる梵字の一文字の形をした池があり、ここは真言密教道場とされてきたという歴史を思い出す。

坂(石段)を上がって、左に見えるのが弥勒堂(重文)。
まずはここから拝観させていただく。
ご本尊は、弥勒菩薩立像(重文)、平安時代初期の優品だという。脇壇には客仏の釈迦如来座像(国宝)が安置されている。
更に向って左奥には役行者像が。この役行者像は、比較的大きいのに置くにあるため双眼鏡がないとよく見えず、それでも何の像か分からず、係の方にお聞きしてやっと役行者像と判明。室生寺の創建には役行者が関わっているようで、なるほどここにその像があるのも頷ける。もうひとつ、その役行者像の手前に地蔵菩薩があったはず(ただし、室生寺HPにも掲載なし)。
弥勒堂には4体の像があったと記憶しているのだけれど。

そして、お目当ての金堂へ。弥勒堂のすぐそば、やや高い所に位置している。
ここは平安初期の仏像がぎっしりだった。
ご本尊は釈迦如来立像(国宝)-室生寺パンフより、薬師如来像、地蔵菩薩像、(重文)、文殊菩薩像(平安初期・重文)、十一面観音菩薩像(平安初期・国宝)、そして忘れてならないのが運慶作と伝えられる十ニ神将像である。
中でも印象的なのはその仏像の造形より、後背であった。
こんな見事な彩色が残る後背はかつて見たことがない。それらは全て木製のもの。
とりわけ、本尊釈迦如来、十一面観音の後背に描かれたものは美しく見事だった。

造形美としては、十二神将像。私は結局この神将像を見に行ったのではないか。残念ながら、未像と辰像は、奈良博にお出ましで、室生寺には十体のみが安置されていたが、大きさに似合わぬ(いや似合っているのか)ユーモラスかつどこか愛らしい動きが表現されているので、見ていて一向に飽きない。
そう言えば、日本橋三越の「土門拳の昭和」にこの神将像はなかったもあったらしいが、なぜかすっぽり私の記憶から抜け落ちていた。彼のとる写真で見た仏像の顔は美しかったけれど、どこからどういう角度で見るとあんな表情が出るのか、いろいろ試したが結局分からなかった。

もうひとつ、本尊背後にある板壁にも「帝釈天曼荼羅図」(国宝)が描かれており、こちらは内部からでも見づらいけれど、描かれているものの一部は見て取れた。
金堂を出た右側に石仏があるので、そちらもお見逃しなく。

この後、灌頂堂(本堂・国宝)や有名な五重塔を見て、さらに奥の院を目指した。
ここからが大変。強烈な急斜角の石段を上がっていかねばならない。しかも、かなりの段数があり、息が切れる。
ここまで来ると、霊験あらたかさも感極まる感じで、大木や眼下の景色、そして、山に流れる清流を見ているだけで、山林修行に相応しい場であると感心した。
清流近くにはシダの群落まであり、自然美でも楽しませてくれる。

奥の院には御影堂(鎌倉時代・重文)があり、ここには弘法大師42歳の像が安置されている。普段は御開帳されていないが、今年の5月9日~5月31日まで御開帳されると室生寺HPに出ていた。

仏像を観に来た室生寺行であったが、結果として仏像というよりも室生寺の全ての佇まい、金堂、弥勒堂、本堂、御影堂、五重塔含め、建物やそれをとりまく木や川、シダまで全てが室生寺の魅力であるということがよく分かった。
土門拳があれほどこだわって写真を撮った気持ちが、訪れてやっと理解できたように思う。

<2009年参考情報>
 『奥の院 御影堂 御開帳』 5月9日(土)より5月31日(日)まで
 『金堂特別拝観』 6月1日(月)より9月30日(水)まで 午前8時半~午後4時30分
 『曝涼展』 8月7日(金・立秋)【茶席有】 午前9時~午後3時
 『秘宝特別公開』 8月8日~15日 午前9時~午後4時
 詳細は室生寺HPをご覧ください。

興福寺 北円堂の仏像様

奈良博へ向かう途中、興福寺の前を通り過ぎると「北円堂」の特別公開の案内が。
おぉ、何とGWが特別拝観時期だったとは露知らず。秋にあれだけ見に行きたいと思っていたのに、都合がつかず諦めたのに、タイミングってあるものです。

北円堂には、鎌倉時代の仏像彫刻として名高い無著・世親立像が安置されています。以前、NHKで作家の柴門ふみさん(仏像好きで名高い)の「私が選ぶ仏像この1点」で無著像について、語っておられ、一度実際にお目にかかってみたいと思っていました。

北円堂には全部で9体(5/9修正)の仏像がいらっしゃいます。
中央に「弥勒如来座像」、その脇侍ニ菩薩として「法苑林・大妙相菩薩半跏像」、東西南北に「四天王立像」そして、弥勒如来座像の左右後方に「無著像」「世親像」、すべて国宝指定です。

「無著像」。。。
これまで博物館、その他で数多く仏像を見て来ましたが、素晴らしい写実性です。生きているのかと思われるようなその姿には、ただただ脱帽。
運慶総指揮のもと、その一派によって作られ、運慶晩年の名作として名高い理由がよく分かりました。
何と言っても、その瞳に吸い込まれてしまう。
思い出すたびに余韻にひたる仏像様と言えるでしょう。

また、サイズは小さいのですが四天王立像の躍動感にも驚きました。実際最初は、持国天から目が離せなかったほど。

なぜか一番印象が薄かったのは「弥勒如来座像」ですが、あの狭いお堂の中に、ぎっしり7体、しかもとびきりの名作が安置されているというのは、さすが興福寺としか言いようがありません。

これまで見た仏像様の中でも、無著像はベスト5、いやベスト3に入ります。
私は山田寺の仏頭も大好きなので、興福寺様様です。

さて、念願の北円堂にも行ったし、次はいよいよ東大寺へ大仏以外の仏像様にお会いしてみようと思います。

秋篠寺 伎芸天像

奈良の旅最後を飾ったのは秋篠寺伎芸天像。
昨年だったか西大寺に行きましたが、秋篠寺には行かずに帰ってしまったので、今回は必ずと思っていました。

秋篠寺は、ひっそりとした小さなお寺でした。
しかし、本堂(下)は国宝で奈良時代末期の建立。
国宝建物


入ってすぐに目に入ってくるのが苔むしたお庭。今回はちょっと乾いた感じの苔状態でしたが、雨の後などしっとりした良い雰囲気を醸し出すのではないでしょうか。

本堂手前に大元童がありここには年1回ご開帳の大元帥明王(だいげんすいみょうおう)像(秘仏)が安置されています。

本堂に入る前、件の双眼鏡で屋根瓦を眺めると発見。ちょっと変わった瓦(下)です。

本堂



さてお目当ての伎芸天立像は本堂にいらっしゃいます。
伎芸天


本物の素晴らしさは実際に相対して分かるもの。
2メートル強の大きさ、少し腰をひねった立ち姿も美しい。
お顔立ちは優美そのものでやはり実物からオーラがありました。

他にもご本尊の薬師如来像(重文)脇侍の日光・月光菩薩や地蔵菩薩立像、十二神将像などともお会いすることができました。


仏像について書くのは難しい~。
みうらじゅんさんやいとうせいこうさんのようには行きません。
まず仏像についての基礎知識が足りなさ過ぎ。
単純にお顔や姿の美しさを書き記すだけでは足りない気もするし。

まずは実物を見たということを記録として残すことで満足しよう。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。