スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京現代美術館 MOTマニュアル2007 等身大の約束

上京最終日。
最後に向かったのは、東京現代美術館。
まずは、「MOTマニュアル2007 等身大の約束」展。
今回見た展覧会の中で、私の心に一番響いたのがこの展覧会となりました。日曜にも関わらずお客さんはほとんどいなくて、私一人貸切状態だったのも影響したかもしれませんが、じっくりゆっくり作品を鑑賞しました。
印象に残ったのは、最初の千葉菜穂子さん、秋山さやかさん、中山ダイスケさんの作品。
千葉さんの作品では、どこかに置き忘れてしまったようなノスタルジーを久々に思い出し、しみじみしてしまったし、次の秋山さんの作品では手工芸的な緻密さと、作品の色の美しさ(特に好きだったのは、壁面に横並びされていた旅行記)、そして中山さんの秋山さん同様色使いのうまさとセンスの良さに感服しました。


同時開催されていた中村宏さんの展覧会もその後行ったのですが、こちらは私の好みでなく駆け足で見て終わりました。作品数は多いし、作品の変遷もよく分かったのですが、劇画調なのが私には受け付けなかったです。 
スポンサーサイト

森美術館 日本美術が笑う&笑い展

夜10時まで開館している森美術館の存在は非常に有難い。
閉館時間を気にせず、ゆっくり見られるし、今回のように他の美術館を回った後でも行ける。

さて、今回の展覧会はとても楽しみにしていた。そして、楽しみにしていただけのことはある面白い展覧会であった。
特に、良かったのは「日本美術が笑う」展。
こういう作品の見せ方に私は弱い。
笑いをテーマに時代は古く縄文時代にさかのぼり、最初に目にしたのは土偶は埴輪。土偶大好きな私としては、もうこれだけでも来た甲斐があったと言うものです。

更に面白かったのは絵巻物や屏風の展示方法。本物の作品とは別にハイビジョン?を使用して絵巻物の最初から巻末までを徐々にTV画面で放送。本物より、TVに映し出される映像を見ている人の方が多かったように思います。
屏風は、ボタンを押すとその部分が拡大されてスクリーンに映し出されこちらも新たな趣向で、普段は見落としてしまうような細部まで目にすることができて良い試みだなぁと感心しました。

土偶に始まり、岸田劉生の麗子像、若冲に蕭白、最後は円空と木喰の仏像に終わり満足でした。企画者は日本美術応援団でも有名な山下裕二教授、お見事でした。


ここで終わらないのが森美術館のすごい所。
次に待ち受けていたのは、現代アートに見るおかしみ「笑い」です。
こちらは、前述の日本美術による笑い展に比べると、あまり笑えなかったです。残念。

しかし、大きな収穫がひとつ。木村太陽さんの新作を見られたこと。
木村太陽さんを知ったのは、1月に訪れた金沢21世紀美術館開催の「リトルユートピア」展。不気味面白い、でもかわいい作品に魅了されましたが、今回のも良かったです。
気に入ったのは2つ。
壁一面に書かれた木村さん直筆のドローイングと文章。
隅から全部読んでみましたが、木村さんの頭の中って???てな感じの不思議さを強烈に感じます。面白いの!
あとは、作品名不明ですが、座り込んだ人間の背中をした監視員さんようの椅子(椅子だということは後で知りました。

木村太陽さんの個展があったら、絶対行きたいな~。

映像作品がかなり多かったのですが、時間がなくてじっくり見られなかったのが残念です。

国立新美術館 20世紀美術探検

前回の続きです。
雪の箱根を後に、向かうは東京。
まずは、開館したばかりの国立新美術館へ。国立新美術館は、黒川紀章氏の設計ですが、同氏設計の美術館と言えばおなじみ名古屋市美術館です。
話は少しそれますが、私は名古屋市美術館を建築物としてどうしても好きになれません。どこか安っぽいと言うか落ち着かない美術館です。

で、国立新美術館や如何に!と乗りこんでみたのですが、う~んやっぱりあまり好きになれませんでした。お金はかかってそうでしたが。。。
肝心の展示室に余裕が感じられなかったのがその一番の要因だと思います。建築ド素人の私が言うことなど、何の根拠もありませんが。

企画展「20世紀美術探検」こちらもやたら作品数が多く、ありったけ集めてみましたと言う感じで目新しさがあまり感じられず、どうも印象が残りませんでした。
私の好きな豊田市美術館から何点も出品されていて、どこかで見た作品というのが多かったです。
これだけ点数が多いと疲れてきて、展示室内の休憩スペースに入ってみたのですが、窓外の景色は殺風景でイマイチ。これじゃ休憩にならな~いと座るのを断念しました。

2階の「サロン・ド・テロンド」で本格的休憩を取りました。
オーダーしたのは、「ショコラエクレア」&コーヒー。
こちらのカフェはヴォーグがバックアップしているようで、メニューもおしゃれで、エクレアも美味しかったです!

同じ六本木のアートスペースと言えば、六本木ヒルズの森美術館そして今月30日オープンのサントリー美術館(隈研吾氏設計こちらも楽しみ☆)。
国立新美術館からは土日に20分?間隔で六本木ヒルズ直行のバスも出ています。私も早速利用しましたが、快適でした。

次回に続く。
070317_1643~01.jpg

Vinyasa Yogaに復活

年が明けて、一旦yin yogaのクラスに出たものの、やはり右足(昨年10月右足首靭帯切断)が痛くて、その後仕事が多忙になったこともあり、ヨガから遠ざかっていました。足が床に接地しても、痛みをさほど感じなくなったので、先月後半からMySoul8で大好きなLaurent先生のSlow vinyasa yogaクラスに復活。

ほぼ半年振りのVinyasaで久々にドッグポーズにチャトランガ、英雄のポーズなどした時には、懐かしさで一杯になりました。
しかし、半年のブランクは大きく翌日は、チャトランガのおかげで両腕筋肉痛に。。。

今日で復帰3回目のレッスン。
やっと、勘が戻ってきてウジャイの呼吸法をしながらVinyasaをしているいと、ふか~い呼吸(これまた超久々)と程よい間合い(Laurent先生のVinyasaは、ゆっくりでポーズの合間に適度に休憩ポーズが入る)が気持ち良くて、眠たくなって来ました。
最後のシャバアサナが、いつもより長かったのかどうか分かりませんが、しっかり寝込んで夢まで見ました。


元々身体が硬いので、せっかく1年続けたヨガの成果が元の木阿弥で、手が床に届かないという悲しい状態ですが、地道に元に戻るよう続けていきたいと思っています。
やっぱり、Laurent先生のVinyasaは私にしっくり合って、最高です☆

冬の京都

先週、1泊2日で京都へ行って来ました。
方角的には、吉ではありませんが、「相克」という(凶でももっとも軽微)方位であったため、まぁいっかと新幹線に乗ってました。

初日のお昼は「竹きし」の釜飯御膳(2100円?)。
「日経おとなのOFF」3月号「お一人様歓迎の名料理店」に掲載されてしまったため、混んでいるか?と危ぶんだが開店と同時に入ったため全く問題なし。
今回は、かきの釜飯をいただきましたが、おだしがよく効いていて美味。天ぷら+赤だし(しじみ汁)+漬物盛り合わせ+デザートのわらびもちも付いて2100円は絶対お得だと思う。

宿はリッチに嵐山の「嵐月」にしたため、竜安寺や仁和寺へ向かいました。
仁和寺はずっと行きたかったのになかなか行けなかったお寺です。
以前お友達のひよミイさんも「仁和寺が良かった」と聞いていたので、気になっていました。

最初は竜安寺。
有名な石庭を見た感想は「思ったより小さい・・・」。
すいません、私には侘びさびが理解できなかったようです。

気を取り直して仁和寺へ。
こちらは、予想以上に大きなお寺で驚きました。
御室御所と言われるくらいですから、さすがの風格です。
お庭もすばらしく、桃が咲いていました。

バスを待つ間に入ったバス停前の茶店(名前忘れました)の甘酒が美味しかった!やはり、花(寺)より団子の私です。


宿泊先の「嵐月」はオープンして2年目の新しいお宿です。
完全バリアフリーのようで、お風呂、トイレにも手すりがしっかりあり段差もなく戸も引き戸と対応が徹底していたように思います。
お部屋は狭くてがっかりでしたが、目の前は桂川という景色の良さ。
特筆すべきは、お料理でした。
美味しくて写真を撮るのも忘れる程でしたが、印象的だったものは次の2品。
1.ひらめのこぶしめ
2.小鯛のにゅうめん

小鯛のにゅうめんは、よく旅館で出てくる鍋物のような形で供されましたが、通常ろうで熱するところ、炭が使われていました。
これは、よしあしで炭は予想以上に火持ちが長いので、せっかくのおつゆが早く食べないと煮詰まってしまいます。
軽くあぶった小鯛自体も美味、おだしも最高。

最後は、お釜で炊いた大根ご飯とお漬物でしめましたが、一品ずつお部屋出しされて来て、京懐石を堪能できました。


翌朝も温泉に2回入って(朝食前後)、宿を後にし、天龍寺へ。
こちらは、過去1度行ったことがありましたが、回遊式の広い庭園がすばらしいです。しばし、お庭を眺めながらぼ~っとしてしまいました。

次に向かうは貴船・鞍馬。
前回京都に行ったのは、夏お盆(8/13)まっさかり。
同じ貴船・鞍馬に行ったのですが、貴船神社の奥の院にたどりつけなかったので、リベンジです。

冬はオフシーズンのため、前回の喧騒が嘘のように静かでした。
夏は川床でいっぱいの川ですが、今は禁猟期間ということもあり静かなことこの上なし。
奥の院は、行ってみたらお「え・・・」という程小さかったのですが、達成感は得られたので良しとしましょう。
前回は鞍馬→貴船ルートでしたが、山歩きはきつかったので、今回は貴船で降りて、その後鞍馬に叡山電鉄で向かい、鞍馬寺本殿までケーブルを利用し、帰りは徒歩で下りて来ました。

鞍馬はパワースポットだと本で読みましたが、なる程今回もすがすがしい気持ちになったことだけは間違いありません。


最後は、いつもの通り堺町和久傳で和スイーツをいただき、錦市場でお漬物とおあげを買って、四条烏丸の「Lisn」でお香を買い帰って来ました。

寒い2日間でしたが、冬の京都は静かでまた違った良さがあります。梅


梅

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。