スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙御絵図 豊田市美術館

豊田市美術館では現在二つの展覧会が開催されています。

メインはシュルレアリスム(予算はこっちの方がかかっていると思う)展なのでしょうが、宇宙御絵図展の方が断然良かったので、こちらを先にご紹介します。

2階の豊田市美で一番高さのある空間に広がっていたのは宇宙空間。
透明な球体の中に電飾が網の目のように張り巡らされているオブジェ(写真)が6つ程あり、これが一番最初に目に入ってきます。
この電飾が赤く光ったり消えたりするのですが、お星様のようで、折しも時節柄七夕を意識したかのような作品です。
いいなぁ、これ。


玉


作品タイトル:「魂の塊(部分)」 作 ZAPPA 


そして天井からは鷲見和紀郎さんの彫刻作品「運河」がぶら下がり、更に壁面上部には金山明さんの抽象画そして、松澤宥氏の小さなメッセージが一段と高い所に飾られています。
松澤氏のメッセージはまるでご本人の遺影のように感じました。


二階


地上からは肉眼でメッセージを読み取ることができません。
3階に上がると、2階の展示室を見渡せるコーナーに双眼鏡が1つ置いてあり、「松澤氏のメッセージを読み取って下さい」と貼紙が。。。
憎い演出です。
しかし、双眼鏡1つでは観客みんなは見られません。
私も並んだけど駄目でした。

何が書いてあったんだろう。
気になる気になる気になる~。

2階の展示空間そのものに宇宙を感じられます。

3階にあがると、佐倉蜜さんの新作オンパレード。
私はこの佐倉さんの新作気に入りました。
「意味分からん」とおっしゃる方もいらっしゃいましたが、私は佐倉さんの作品からも宇宙メッセージを受け取りました。

佐倉さんはアーティストなのか?
展覧会チラシによると「外詩作家」とあります。
「外詩」って何何?

今月28日に鼎談があり佐倉さんもや展覧会担当学芸員の青木さんも出席されるので、聞いてみようか。

佐倉さんの作品です。
タイトルは、上から順に
「あたたかい手」
「二度目は軽い利鈍さん(重軽石隕石説)」
「真っ赤な嘘、口伝竹取異夢譚」

あたたかい手

宇宙人

パンダ



更に会場を進んでいくと、野村仁さんのオブジェ「Cosmic Vibration 宇宙振動」(写真)がそれはそれは美しい、まるで金星か木星のような惑星を思わせます。

野々村


この部屋は、照明も薄暗くて他の野村さんの作品が2つ。
完全に野村宇宙ワールドが展開されていました。

もうこの辺りで完全に気持ちは宇宙人♪


良い展覧会というのは、企画者の意図が明確に伝わってきます。
逆に言うと、意図が伝わって来ない展覧会というのはイマイチということ。
私のようなアートど素人でも、さすがにこれだけ展覧会を見て行くと、このような偉そうなコメントを書いてしまうのです。
ご容赦を。

展覧会の名前「宇宙御絵図」は「宇宙見えず」を洒落たのでしょうか。
私にはしかと宇宙見えましたよ~。

面白かったし、松澤さんのメッセージを自前の双眼鏡持参で受け取りに行くため、再訪しようと思います。


*宇宙御絵図 9月24日まで開催中。
 注:9月24日は月曜ですが開館。
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。