スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ART in DOJIMA OSAKA 2007

堂島


大阪で開催されたアートフェア「ART IN DOJIMA」に先週行って来た。
こうしたアートフェアに行くのは今回が初。

たまたま開催日に大阪にいたこととチケットをいただいたので、覗いてみることにした。

会場となっていた堂島ホテルは、大阪発デザイナーズホテルとして私も名前だけは知っていた。
外構えも立派だけど、中もシックで素敵。

9階と8階の全フロアを貸し切ってのアートフェアで、東京では神楽坂のアグネスアパートメントホテルで開催されており、その関西版と言える。

例年は海岸通りの赤レンガ倉庫近くのギャラリー「CASA」で開催されていたが今年はホテルに会場を移しての開催となった。


興味津々で入ってみると、受付も会場も大勢の来場客、特に若い人達でごったがえしている。

先日雑誌AERA誌上でも、アート市場の過熱ぶりが取り沙汰されていたけれど、あれは本当だったのかと思わせる盛況ぶり。
売約済みの作品が半数近くとなっているギャラリーもあり、やはりアート市場は活況なのだろうか。


元々フロアの廊下が狭いので、人が行き交うのも大変。
ツインの室内は広めなお部屋なのだろうが、あれだけ人がいると狭く感じてしまう。


肝心の作品はと言うと、一番印象に残ったのは「ケンジタキギャラリー」の鬼頭健吾氏の絵画一点とオブジェの新作。

絵画は思わず買いたくなってしまった。
危ない危ない。

オブジェの方は鬼頭さんらしさ全開のきらびやかな色の美しい作品で、鑑賞に耽ることしばし。
鬼頭氏の作品は現在東京都現代美術館の屋外スペースに「パブリック スペース プロジェクト」選出作家として展示されている。


他には日本橋の西村画廊から独立された「Megumi Ogita Galley」さんが扱っていた台湾出身のYo , masa jyun さんの絵画(バスルームに飾ってあった)も気になる一点。
バスルームという生活空間と透明感のある絵画がとてもマッチしていた。

*作品は以下ギャラリーHPご参照下さい。
http://www.megumiogita.com/artists/Yo.html

ホテルの部屋というのは擬似生活空間とも言え、作品を自分の部屋に展示したらどうなるか?という仮想展示空間の創造にはもってこいかもしれない。


混雑は苦手なので、適当に切り上げて1階のカフェで休憩。
こちらも満席でしたが、1人だったのでカウンターに席を得て一心地。

珈琲とチーズケーキを注文したが、こちらのカマンベールチーズケーキ絶品です!!!

甘みが非常に抑えてあり、昨今の甘すぎるケーキが多い中、こちらはあるかないかの控えめな甘さ。
添えの生クリームを付けてちょうど良い感じ。

終わってみればアートよりケーキに感嘆してしまった堂島ホテルであった。

堂島ケーキ

スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。