スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原 三渓と美術-蒐集家 三渓の旧蔵品」 三渓記念館

横浜開港150周年記念特別展として「原三渓と美術-蒐集家 三渓の旧蔵品」展を見に三渓園に行って来ました。
展覧会詳細、作品リスト、展覧会チラシは三渓園HPこちら

ごく最近読み終えた白崎秀雄著「鈍翁・益田孝」上・下(中公文庫)において、原三渓と鈍翁とのつながり、
三渓が古美術蒐集を始めるきっかけや三渓園での茶会「大師会」の様子などを知ったばかり。
白崎秀雄は別著で「原三渓」についても書いているため、その人となりにまで言及する記述があり、鈍翁
の次は、三渓と思っていた所、本展の開催を知り早速行ってみることにした。

三渓が心血注いで作った三渓園は、前述の著作から私が想像していた庭園をはるかに凌ぐ壮大なものであった。
これは、もう庭園などという生っちょろいものではなかろう。
山県有朋の椿山荘の庭園など目ではない。
sankeien1
sankeien2

椿山荘と同じような三重塔はあったが、庭園入口から望む三重塔は、はるか向こう。
いやはや、本当に凄いのである。
この大庭園、大公園の中に住宅を構えていたとは、一庶民の想像を超えて余りある。
それにしても、明治・大正期の数寄者のスケールは半端でないことだけはよく分かった。

今回、原三渓ゆかりの旧蔵品を他の美術館、個人所蔵家からお借りしての展覧会。会場は三渓記念館で、ここでは
抹茶席もあるが、内庭は外の庭に比べるとかなり貧弱で、垣根などなしにした方が良いのにと勝手なことを思う。

展示作品数は約40点と三渓コレクションは数千点に及んだというから、ほんの僅かに過ぎない。
しかし、40点と言えど当時の値段としては破格の購入額で競り落とした国宝「孔雀明王像」(東京国立博物館)と
これと比肩する仏画の優品とされる重文「焔魔天像」(Miho Museum)などコレクションを代表する名品を
集めている。

以下、印象に残った作品と感想です。

・老子出関図 伝蘇漢臣 元時代 重要美術品  畠山記念館
現時代の中国絵画の優品。非常に状態が良い上に、細部の描写、殊に右下の白い花がアクセントになっている。

・羅漢図 蔡山 元時代 重要文化財 東京国立博物館
こちらも迫力ある羅漢。羅漢の人間性まで表現しているかのような厳しい顔つきをしている。

・日課観音 源実朝 鎌倉時代
鎌倉幕府三代将軍実朝は日課で観音を描いていたとは知らなかった。素人にしては上手い。観音のかすかな微笑みが
忘れられない。

・四季山水図 伝雪舟 室町時代 重要文化財 京都国立博物館
三渓が最期を迎えるとき、病床で広げて見た作品。思い入れの強さがしのばれる。三渓は雪舟真筆と信じていたが、
雪舟ではないとの評価を聞き非常に残念がったという。
毛利家由来の「山水長巻」風の巻物である。

・周茂叔愛蓮 伝小栗宗丹 室町時代
蓮のモチーフを扱った作品が他にも数点あった。

・孔雀明王像 (本展チラシ表掲載作品)
・焔魔天像 (11/6まで展示)
この2枚の仏画が並んだ壁面は圧倒的であった。孔雀明王の華麗な美しさもさることながら、隣に並ぶ「焔魔天像」
の一種妖艶さも勝にも劣らない。「焔魔天像」は背景色も独特の色合い。赤のような青いような紫のような色。この
背景が中央の焔魔天(怖い閻魔様ではなく優美)を引き立てているように思う。

・伎楽面(カルラ) 奈良時代 重要美術品 Miho Museum
伎楽面は過去にいくつか見たが、奈良時代のものでこれだけ状態が良いものは、法隆寺宝物館でかつて
見たことがある程度。
もう1点の個人蔵の伎楽面も素晴らしかった。

・御本立鶴筒茶碗(住の江) 李朝
この茶碗には、鈍翁と名古屋の数寄者如春庵こと森川勘一郎両名が発信者となっている電報一通が添えられていた。
三渓宛のこの電報は「鶴筒茶碗を買うべし」というアドバイス?強き薦めである。
当時の数寄者同士の交流が垣間見られる一品。
なるほど、二人が薦めるのも無理はなかろうという李朝の茶碗。正面に描かれた鶴の様子が良い。

・蓮池翡翠図 宮本武蔵 江戸時代 吉川英治記念館
・敗荷 原三渓 三渓園
三渓は武蔵を敬愛していたと言う。その武蔵の水墨画とよく似た枯れた蓮花を描いた三渓。
三渓は生糸で巨大な富を築き、美術蒐集を行ったが、関東大震災後、生糸の値段の没落と震災被害の影響で、
美術蒐集を控えるようになる。
かつての栄華を失った時の三渓の心情を表す作品なのだろうか。
これを描いた時の三渓の気持ちを想像してしまった。

・遊魚 前田青邨 三渓園
・狙公 橋本雅邦 東京国立博物館
三渓は当時の日本画家たちのパトロンでもあった。自宅(下画像)に若き日の青邨らを招き美術談義に花を咲かせたという。
遊魚は非常に前衛的な六曲一双の屏風絵。これを見られただけでも来た甲斐があった。
sankeien3
sankeien4


*11月30日まで開催中。途中展示替えが数点あります。
スポンサーサイト

「横尾忠則 東京Y字路 写真展 」 西村画廊

setagaya

日本橋の西村画廊で開催中の横尾忠則写真展 「東京Y字路」に行って来ました。
個展詳細は画廊HPをご覧ください。⇒こちら

横尾さんと言えば、金沢21世紀美術館で11/3まで開催中の「未完の横尾忠則-君のものは僕のもの、僕のものは僕のもの」で新境地を見せてくれたばかり。

そして、今度は西村画廊で写真展を開催するというではないか。
画廊からDMが届き、その案内状ハガキ裏面の作品(上画像)に我が目は釘付けになった。
えっ、これが絵画?
大きな間違い。よくよく見ると横尾忠則写真展とあるではないか。

横尾氏はいつから写真を撮り続けていたのだろう。
しかし、その写真の出来栄えは素人の私が見ても素晴らしく、撮影対象は都内世田谷区のY字路風景。
アスファルトが雨で濡れて光っているきらめきと街路灯の灯、カルピスマークの自販機、そして道路標識までも写真のアクセントとして配置されているかのよう。
西村画廊のオーナーもおっしゃっておられたが、やはり感性が違う。
絵画であっても写真であっても、長年続けたからと言って良い作品ができる訳ではない。無論技術は年月の蓄積により向上することはあっても、感性は単純に時間の経過と比例しないのだ。

今回の写真展は横尾さんの感性、芸術センスの素晴らしさが一層発揮されている。

画廊は壁面すべて、Y字路写真で覆い尽くされていた。
いつもの西村画廊の風景を一変させていると言って良い。
東京23区全てのY字路。
こんな場所あったかな~と私自身の縁ある地区の写真をまざまざと見てしまう。

ふと、全てのY字路に人が一人も写っていないことに気付いた。
都内で人が誰もいない瞬間を狙うって根気がいる。写っているのを消す加工などは一切されていないそうだ。人がいなくなるまでじ~っと時を待った横尾さん。

Y字路は人生の岐路の象徴のようで、どこか不思議な感覚に溢れている。
alternative、二者択一。
横尾さんは霊感の強い方で、Y字路に惹かれたのも感性を刺激したからに違いない。
でも、霊感のない私にも何か不思議な感覚を呼び起こすのだった。

もう一つの見どころは、空や雲の色やかたち。
宵闇の迫る前の淡い紫っぽい空の色はUFOが出て来そうだし、青い空に浮かぶ雲の群れは生き物のようだった。
そして、抜群のカラーセンスが光る。

今回の写真は2年前に始まった雑誌の企画がきっかけ。
今回出展されている写真が満載された「横尾忠則 東京Y字路」写真集(発行・国書刊行会)(下画像)も発売されている。

Y字路

これがまた素敵な表紙と内容で煩悩が刺激されました。

*11/21(土)まで開催中。<日・月・祝日休廊) お見逃しなく!

阪本トクロウ展 「共鳴」 GALLERY MoMo Ryogoku 

sakamoto

GALLERY MoMo Ryogoku(ギャラリーMoMo両国)で10月24日に始まった阪本トクロウ展「共鳴」のオープニング初日に行って来ました。

今年は清澄白川の「キドプレス」で版画作品を発表したり、これまでの日本画だけでない新しいフィールドも開拓中の阪本さん。
作品を実際に拝見して日が浅いので、これまでの作品との変化などは分かりませんが、余白の多い、そして余白を活かした作家さんだなという印象を持っています。

さて、今回は更に余白が増えた感がある作品が多く、大作「ドリフター」(上画像)の他にややお値ごろ感のある小品も10点程出ていました。
実際、自宅に飾るならこの程度の大きさの方が場所を選ばないかもしれません。

個人的には小品の中で夜間照明のある芝生グラウンドが描かれている作品が一番気になりました。
見た瞬間、松任谷由実の「No Side」の歌を思い出した。
まさに、あの歌のイメージ。

そして、街路灯だけを描いた小品もなかなか。
シンプルなんだけど、訴えかけられました。

作家コメントによれば、「ごくありふれた日常の中から選んだイメージを淡々とシンプルに描きたい。生まれてから今までの生きて来た記憶と現在生きている世界の感触、空気を他社と共有できるものであればと思っています」とのこと。

どの作品にも共通しているのは、そこはかとなく漂う清潔感、白と薄いグレーのイメージ。
この2色こそが阪本作品の象徴のような気がします。

初日だったのでご本人もいらっしゃいましたが、いつお目にかかっても素敵です。

*11月14日(土)まで開催中。会期が短めなのでお早めに。
開廊時間 11:00~19:00 日曜・月曜・祝日休み

エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ULTRA002」 スパイラル

ultra002

表参道のスパイラルガーデン(1階)とスパイラルホール(3階)で始まったエマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ULTRA002」に行って来ました。

昨年初開催となったこのアートフェアは、通常のアートフェアと異なり、画廊単位でブースを設けるのではなく、画廊もしくはフリーのディレクターが各1面の壁面を有し、自身が選んだ作家の作品を紹介する内容。
昨年は見逃し、今年が初参戦。
昨年と比べて、参加ディレクターの数も2倍の51名に増えたため、会場も1階だけでなく3階ホールも使用しての開催です。
出展ディレクターなど詳細はこちら
なお、1階は入場無料ですが、3階入場には千円の入場料(カタログ付)が必要となりますので、ご注意ください。

さすがに51名の壁面全てを見るには1時間では不足。
仕事帰りで19時前には会場入りしましたが、あっという間に閉場を迎え、全ての展示を満足行くまで見ることができなかったのが心残りです。

私が見た中で、これは!と思った作家さんは次の通り。

大坂 秩加 (おおさか ちか)  35.GALLERY MoMoの杉田竜平さんのブース(3階)
この方が今回最大の収穫。
今年の夏にギャラリーモモ六本木のグループ賞に参加していたとのことだが、私は見ていない。現在、東京藝大版画科の大学院生。当初同じく東京藝大油画科だったが、大学院で版画科へ変更。
展示されていた作品は大きめの水彩1点を含む3点とエッチング1点。ハガキ大くらいの小品は多数あった。
エッチングも良いけれど、水彩作品が素晴らしかった。まず上手い。更には上手さだけでないマチエールの不思議さ。一見すると、とても水彩には見えない。技法的にも工夫が凝らされていることは間違いない。線も美しい。
とにかく、大注目の新人さん。
案の上、あと1点だけ売れずに残っていたが、早晩売れることは間違いないだろう。
寡作で作品がたまらないそうで、個展はもう少し先になりそうだが、開催されることがあれば見逃せない。

榮水亜樹(えいみず あき)   10.小林めい子 MA2Gallery 1階
静かさを内にたたえた作品。ごく淡いベージュ色を基調とした画面に、白で蜘蛛の巣またはレースのようなポイント柄を描く。上手く言葉では説明できない。
はかなさと静けさと繊細さが入り混じった感じ。余計なものが何もない、無の美しさがあった。
アクリル画のようだが、こちらも単なるアクリル画には見えなかった。

来年2月にMA2Galleryで個展があるので、必ず行こうと思った。
小林さんの壁面は個人的に一番良かった。
全体的な統一感があり、すっきりしていたのも好感が持てた。
榮水さん以外の2名谷澤沙和子、宮永春香の作品も見逃せない。特に宮永さんは、この後愛知県美術館で11/6~12/20まで「陶の表現-虚と骨からFEITICOまで」の個展が開催される。

石塚源太(いしづか げんた)  49.幕内政治  ex-chamber museum  3階
石塚さんは1982年京都市芸工芸科卒の若き漆芸家。一見すると、漆黒の画面は漆には見えないかもしれない。黒の平面作品に菊のような紋様が渦を巻く。
近づいてよくよく見ると、紋様を形づくっているのは何であるか、分かるやもしれない。
ひとつは釣り針、もう一つは縫い針。3点目はちょっと趣向の違う紋様でカラーシャープペンシルの芯。
この素材を下地にして上から漆を塗り重ね、表面を研ぎ、磨く。
計3点で半年の制作期間だそう。

伝統工芸もこんな形で見せてくれたら、違和感なく現代空間にマッチする。行きすぎてない所が好き。つまり前衛的でありすぎず、伝統工芸の漆の良さも決して失ってはいないのだ。

ご本人のサインが作品の底面にカッターナイフの刃で作られているのもカッコイイ。チェックは忘れずに。

藤井秀全 (ふじい ひでまさ)  06.加藤育子 スパイラル 1階
藤井秀全さんの作品を初めて見たのもこの夏のスパイラルだった。
今回は小さな立方体に入ったセロハンテープでできたオブジェ2点(ミクストメディア)と映像1点だったが、ミクストメディアの美しさは忘れられない。偏光板を使うと、セロハンテープはかくも美しい素材になりうるのかという驚き。

芳木麻里絵(よしき まりえ)  01.中山真由美 レントゲンヴェルケ 1階
レース網かと思いきや、これがシルクスクリーンだと言うから驚く。盛り上がったインクは版画というより立体作品のようだった。


3階を後に見たので、鑑賞が不十分だが、田口健太(51.立松武・アートデータバンク、佐藤令奈(深澤大地・ギャラリーアートコンポジション)、栗田咲子(村田典子・フクガンギャラリー)は、特に後の2人はじっくり見たかったのに心残りでならない。

これから行かれる方は時間に余裕を持ってお出かけください。
ちょっとごちゃごちゃしていて見づらい感じもありましたが、51名が手がけた壁面は見ごたえありです。
お眼鏡にかなう作家さんと出会えると思います。また、会期中イベントも開催されます。

*11月3日まで開催中。11:00~20:00

「伝えゆく典籍の至宝」 五島美術館

daitoukyu


大東急記念文庫創立60周年記念特別展「伝えゆく典籍の至宝」展を見に五島美術館へ行って来ました。展覧会HPはこちら

五島美術館は初訪問からまだ間がないのに、お気に入り美術館のひとつになっています。
来るたびに楽しくなる大人の美術館という感じと見やすい展示、美しいものが美しく展示されている。
当たり前のことがきちんとできている美術館ではないでしょうか。

さて、前回の秋の優品展「絵画・墨跡と李朝の陶芸」も素晴らしかったのですが、今回は五島美術館創立者である五島慶太により同じく昭和24年に設立された大東急文庫所蔵の古典籍の展覧会です。
大東急と「大」がつくあたりに時代を感じます。
そういえば、名古屋には大名古屋ビルヂング(ビルディングではない)があったなぁ。

大東急記念文庫は主に奈良時代から江戸時代に至る、日本・東洋の古典籍約3万点を収蔵しています。今回はこの文庫の創立60周年を記念し、コレクションの中から国宝・重要文化財30余点を含む優品約150点を選んで一堂に展示します(一部期間中展示替えあり)。

奇しくも現在東京では、上野の東京都美術館で「冷泉家 王朝の和歌守」展が開催され、こちらは冷泉家御文庫の叢書が約400点公開され、六本木のサントリー美術館では既に当ブログにアップした通り「美しの和紙」展も開催されている。

いずれの展覧会も拝見したが、順番としてはサントリー美術館で和紙の感触を楽しみつつ、五島美術館で古典籍の面白さを知り、最後に雅な王朝和歌文化の冷泉家展示を見るのが良いのではないかと思った。全くの私見ですので、あしからず。

この「伝えゆく典籍の至宝」の見どころをご紹介しましょう。

展覧会の構成は次の通り。
■第一部 写し伝えゆくもの
Ⅰ 書き留められた時間 -中国の歴史書、古文書・古記録
Ⅱ 祈りと学問 古写経ほか、古辞書・仏教の理論書・類書ほか、伝記類
Ⅲ 雅に遊ぶ-詩歌と物語 漢詩、詩歌・物語、諸芸、奈良絵本
Ⅳ 静謐な美の世界
■第二部 出版文化の諸相
Ⅰ黎明から中世へ
Ⅱ禅僧の学問 -宋版、五山版、五山版の周辺
Ⅲ 個展の復活と再生-勅版-天皇の出版、徳川家康の出版、その他の武家・儒者・僧の出版、嵯峨本-さまざまな美術的意匠
Ⅳ 近世小説から近代へ-西鶴から漱石へ -仮名草紙、浮世草紙、読本、滑稽本、洒落本、人情本、赤本、黒本・青本、黄表紙、合巻、演劇、徘徊、咄本、都市の賑わい、絵本・色刷、名家自筆本

と非常に盛りだくさんかつ多岐にわたる分野の典籍が紹介されている。
今年の6月に見た早稲田大学の貴重書展をパワーアップした感じと言ったらよいだろうか。
古典籍に興味のない方でも、何か1点は興を覚える作品に出会えるはず。

私のお気に入りを以下にご紹介。

・騎獅文殊菩薩像内納入品 重文
菩薩の中にあったものなので、とても状態が良い。絹本が美しい。

・紫紙金字花厳経 巻第61
サントリー美術館で同様の紫紙の経典を見たばかり。やはりやんごとなき高貴なお方からの御依頼品などにだけこの紫紙は使用されたらしい。あの濃紫には気品があり、紙の色だけでも美しいのに金泥も鮮やかな文字が浮かび上がる様は何とも言えない。

・手鑑 重文
奈良から江戸時代の古筆が1枚1枚貼ってある冊帖。これを手本にお習字したのだろうか。

・職人つくし
こちらもサントリーで屏風化されているものなどを見た。これは室町時代のもの。

奈良絵本は4点出ていたがいずれ劣らぬ美しさ。室町時代の「十二段草紙」は貴重だが、「すゞか」「曽我物語」は良かった。

◎白描絵料紙理趣経 鎌倉時代 国宝
白描のお経でこれほど美しい物にはなかな出会えない。背景に紋様が描かれ、ところどころに凢字が配される。白描経の名品。

・新古今集抄月詠歌巻
嵯峨本の美術的意匠をもっともよくあらわす。

赤本・青本・黒本・黄表紙など面白い物がいくつもある。中でも赤本は忘れられない。「福神そが」「ねずみ文七」はじめ、マンガの走りなのか。

この他「聖堂之画図」でかつての湯島聖堂を見、「風俗狂歌摺物帖」など他にも挙げられなかった作品多数。

60周年記念の展覧会だが、図録は4年前くらいの過去のもの。今回新たには作成されていない。
新しい図録が作成されていたら、買っていたかも。展示替えの後期に再検討しよう。
それにしても五島美術館のチラシはいつもカッコイイ!

*11月29日まで開催中。
前期:11月8日(日)まで 後期:11月10日~11月29日まで

2009年10月24日 ギャラリー訪問記録 オピー、トーマス・ルフ 藤浪理恵子

この土曜日に回ったギャラリー訪問の感想をまとめてご紹介します。

1.ジュリアン・オピー 個展 SCAI THE BATHHOUSE 11/14(土)まで新作ポートレイトを中心に、オピー自身「サロン風な」と表現する、美術館に代表されるパブリックな白い空間とは趣を異にする、少々閉じられた、クラシックでプライベートな雰囲気の空間構成の中で作品を展示。
ポートレイト以外には、歩く女性の姿のペインティングとアニメーションの新作を展示している。

新鮮味がないと言えばそれまでだが、いつものオピー作品。
これまでと違い、王朝風というか貴族風肖像画作品のオピーヴァージョンが印象に残る。画風は全く異なるが、ヴァン・ダイクの肖像画を思い出した。
歩く姿のアニメーションもあったけれど、ちょっと不思議な歩き方でかわいらしさがなかった。一緒に歩きたくなるような動きが見たい。

肖像画の背景に実写の風景(のどかな牧草地帯)が流れていたのが一番好き。
何のかんの言っても、未見のオピー作品を無料で見られるのだから有難い。当日は東京藝大のイベントが近くで行われていたせいか、はたまたオピー人気かギャラリーは大盛況だった。

作品画像はギャラリーHPをご覧ください。⇒こちら

2.藤浪理恵子 ”Wanderer 放浪者その邂逅” 不忍画廊 11/7(土)まで

hujiami

藤浪理恵子さんのことは全く存知上げず。
アーティクルに掲載されていた今回の個展広告に使用されていた作品画像に魅せられて行って来た。
6点の連作『Wanderer 放浪者その邂逅』の中の1点≪賢者か愚者か≫(上画像)2009年は素晴らしかった。
ミステリアスかつ幻想的であり、物語性を感じる。
技法としてはフォトモンタージュとあり、画廊にテクニック解説が置かれていたが、読んでみてもさっぱり分からず。
敢えて技法について探求せずとも、作品を楽しもうと割り切って見た。
版画作品集もまたキャンバス作品とは別の味わいがある。

藤浪さんは2003年よりNY州のBeaconに移住。
受賞歴も多数あり、イスラエルや日本国内の美術館(東京国立近代美術館、神奈川県立近代美術館)にも作品が所蔵されている。

独特の色遣い、対象の捉え方など、見るべき点が多かった。

3.Thomas Ruff 「cassini+zycles」 ギャラリー小柳 12/19(土)まで

トーマス・ルフの日本で7年ぶりの個展。ルフはドイツ人写真家。現代アート好きなら一度はその名を聞いたことがある筈。
今回はcassini=土星探査機、とzycles=19世紀の物理学書に掲載された繊細なカーブを描く電磁場の銅版画をベースに作品化されたものの2シリーズで展開。

cassiniシリーズの土星写真がとても美しかった。天体という自然?の美。人工的な処理がなされているのか、ありのままの美しさなのか判断しかねるが、色といい形といい完全なる美を感じた。
一目で惑星と分かる写真作品もあれば、一部を拡大したりして一見何だか分からない写真もあったが、いずれも形と色の美しさは損なわれていない。

展示風景はブルータス副編集長ブログ「フクヘン」に詳しくアップされています⇒こちら

「染野夫妻陶芸コレクション-リーチ・濱田・豊蔵・壽雪-」 東京国立近代美術館工芸館

someno

東京国立近代美術館工芸館で開催中の「染野夫妻陶芸コレクション-リーチ・濱田・豊蔵・壽雪-」に行って来ました。

こちらの展覧会は以前から気になっていたのに、なかなか行けず。
行ってみたら、期待通りの素晴らしい内容で閉館40分前に入館したのに、最後の最後まで粘って5時閉館まで見てました。1時間は必要で読みが甘かったです。

本展は、法律家であった染野義信・啓子ご夫妻が、生前に情熱を傾けて収集された284点の美術品のなかで、とくに近現代陶芸作品を中心とした263点を「染野コレクション」と位置づけ、東京国立近代美術館と山口県立萩美術館・浦上記念館に寄贈された作品約250点を展観するものです。

それにしても、あの一見狭い展示空間のどこにどう250点以上もの作品がおさまっていたのか、今考えてみても不思議ですが、通りで40分じゃ足りないわけです。

染野コレクションの中心作家は、バーナード・リーチ、濱田庄司、荒川豊蔵、三輪壽雪の4名ですが、それ以外にも魯山人、日本橋三越の展覧会も記憶に新しい三輪休雪、清水卯一、藤本能道などなど所蔵していない作家はないのではと思う程。

コレクションの中核をなす4名の作家の中でも、特に荒川豊蔵(42点)と三輪壽雪(45点)の二人の作品は多かった。
冒頭の展覧会チラシに掲載されている4作品。4名の誰の作品か分かったら、あなたはかなりの陶芸通かもしれません。

荒川豊蔵の茶碗特有である「フラミンゴ色」と私が名付けたフラミンゴの羽のようなオレンジがかったピンク色の志野茶碗が、これでもかこれでもかという程、登場します。
へそまがりな私はこの志野茶碗より、むしろ異色な瀬戸黒や鼠志野鶴絵茶碗、黄瀬戸徳利が良かった。

一方三輪壽雪の器は色というより萩茶碗の陶肌に特色があります。
かさぶたのような白いデコボコ。あれは触ったらどんな感じなんだろう。
あまりにも造形が華やかで、私の好みからはちと外れる。

そして、一番私が心惹かれたのはリーチの作品でした。
全部でリーチは11点出展されていましたが、「白磁櫛目茶碗」「鉄釉抜絵巡礼図皿」「天目壺の3点が白眉。
「鹿文タイル」も愛らしかった。リーチのタイルは京都大山崎山荘美術館で見た時から好きだけど、やはり良い。

濱田庄司は私の中で評価を決めかねていて、好き嫌いを言えるほど作品を見ていないので、少しでも彼の作品に接したいとかねがね思っていたところ。
今回は24点が出展。
お馴染の柿釉赤絵角皿や六角花生などに混ざって、これが濱田庄司?という意外な作品に出会えたことが収穫。
お気に入りは「焼〆釉描皿」。カッコ良いのだ。濱田の作品はどこか土臭いイメージがあったが、この焼〆はシュール。泥臭さより乙に澄ましたといったら言い過ぎだろうか。

他に「白釉筆描茶碗」の絵付けが味わい深いし、「塩釉鉄砂抜絵注瓶」「柿釉抜絵皿」、「銅紐鉄絵茶碗」のうっすら緑がかった色など奇跡のなせる技としか思えなかった。

べただけれど、濱田庄司とリーチの二人展ってどこかでやってないだろうか?
ちょっとアンテナを高くする必要を感じてしまいました。


異色作家の作品として忘れられないのは、堂本印象「自刻自彩ちゃわん 抽象」。
堂本印象は作陶も手がけていたとは知らず。
こちらは、京都の堂本印象美術館を一度訪ねばと思いを新たにしました。

それにしても、よくぞこれだけ集めたりと。
単に集めただけでなく「絶えず何かを破り、突き抜けて行こうとする衝動」(染野義信氏)を作品から強く感じ取りながら、また、感じ取ることができる作品の収集を行うというご夫妻の蒐集ポリシーがあったからこその内容でしょう。
コレクターの筋が通った鑑識眼によるコレクションを大変興味深く拝見させていただきました。感謝。

陶芸ファンの方にはぜひとも足を運んでいただきたい内容でした。
11月1日(日)、11月3日(火・文化の日)は無料観覧日、有料といっても、これほどのコレクションが200円の入館料で鑑賞できます。

東京国立近代美術館で開催中の「河原龍夫展」とセットで楽しむのもよろしいかと。
お薦めします。

*11月3日(火・祝)まで開催中。

「筆墨の美-水墨画展 第二部 山水・人物・花鳥」 静嘉堂文庫美術館

hituboku1
hituboku2

静嘉堂文庫美術館で開催中の「筆墨の美-水墨画展 第二部 山水・人物・花鳥」に行って来ました。
春季の第一部に続いて、待ちに待った第二部の開催。
今回は前期と後期でほぼ全作品の入れ替えがあります。

前期展示では約30点の南宋時代~明・清時代の山水画の系譜をたどる作品と室町時代の水墨画」を中心にその魅力を探ります。

主な展示作品をご紹介します。

・風雨山水図 伝馬遠 南宋時代 国宝
baen

南宋時代の水墨画は残っているものが少なく非常に貴重。こちらは馬遠以後の作品と思われますが、岩の下から生える下草まで細部がきっちり描かれている。
画面が茶色くなっていますが、南宋時代の作品の多くはこんな色になっていることが多い。

・山水図 伝 夏珪 南宋時代~元時代
こちらも実際は夏珪以後のものらしい。画面は小さく、元々長かったものを切り離して掛軸にしたのかもしれない。小さくても精緻な線が美しい。

・楼閣山水図 孫君沢 元時代 重文
二幅対で、夏と秋の山水図。こらが迫力があって離れてみると尚良い。この作品を含め、上記3点を範として、後の作品の基礎となっている。

・十王図 十二幅のうち二幅 元時代
今回出展されているのは第一秦広王、第五閻羅王。しかし、注目すべきはこの派手な十王ではなく、その上部にわずかに見えている山水。樹木は北宋様式の蟹爪樹。

・万里橋図 室町時代 重文
単眼鏡で見ても、見えない程小さい人物が細かく描かれている。驚くほど精緻な筆線。
この作品をはじめ6点程が、ガラスケース奥ではなく、ほぼ展示ケース近くで画面を見ることができる。
肉眼で寄って見ても見えない。

・四季山水図屏風 伝周文 六曲一双 室町時代 重文
ほれぼれするような水墨画の山水図。ちょうどこの作品の前に長椅子があるので、ゆっくり座って眺めた。いいなぁ。伝周文とされる山水図の中でも優品と言われている。

・柳鷺図 雪村周継 室町時代
雪村の若い時代の作品と言われている。鷺の様子が非常に愛らしい。目がパッチリ。
この作品も真近で見ることができるのでお薦め。

・観音・蝦蟇・鉄拐図 三幅 室町時代
作者不詳だが、迫力ある三幅。やや不気味。

「白描平家物語絵巻」伝土佐光信など、他にもうなるような水墨画の優品が沢山出展されています。
会場内は私が行った時、お客さんも少なく水を打ったように静かだったので、集中して見ることができました。
静嘉堂文庫美術館の坂道は、いつも天界への登り道のような気がします。
上がった先の美術館の景色はすばらしく、作品もこれまた一流。
大人の美術館です。

期間中以下のようなイベントが開催されます。
前期の講演会、後期の小林忠先生が発表されるシンポジウムにはぜひとも行きたい。

◆講演会 11月15日(日)午後1時30分~ (講堂にて 先着150名)
  西上実氏(京都国立博物館学芸部長)「筆墨論―中国絵画における意義」

◆シンポジウム「筆墨―水墨画の本質に迫る―」
  12月6日(日)午後1時30分~ (講堂にて 先着150名)

  基調発表・コメンテーター
   小林忠氏(学習院大学教授)「水墨画と墨絵」

  発表・パネラー
   板倉聖哲氏(東京大学東洋文化研究所准教授)「南宋院体山水画における筆と墨」
   竹浪遠氏(黒川古文化研究所研究員)   「明代水墨山水画の写実性と写意性」
   小林優子(静嘉堂文庫美術館学芸員)   「牧谿筆羅漢図と蜀山図」
   杉本欣久氏(黒川古文化研究所研究員)  「渡辺崋山の技―筆と墨―」

◆列品解説
  10月31日(土)・11月28日(土) 午前11時~
  11月19日(木)・12月17日(木) 午後2時~

*前期展示:11月23日(月・祝) 後期展示:11月26日(木)~12月20日(日)

「村田朋泰 ゆるゆる☆ズ」 日本橋高島屋美術画廊X

yuruyuru

今月17日までギャラリーMoMo両国で村田朋泰展「2」で、これまでにない作家自身の経験に基づくシリアス路線の展示を見せた村田朋泰さんが、早速日本橋高島屋美術画廊Xで、「ゆるさ」をテーマに「村田朋泰 ゆるゆる☆ズ」を開催しています。

村田さんご本人によれば(パンフレット掲載文より)、両国での展示が深層(無意識)世界へ迫ろうとする試みだとすれば、今回の展示は表装(意識)-「ゆるさ」「曖昧さ」を表現していく、相互を補完し合うことで、全体性をつくる。このため「二つの表現を模索していくことが当面の課題だ」と書かれています。

早速本日お邪魔して来ました。

高島屋での展示ということで、いつもと勝手が違うのかなと思ってましたが、大間違い。
村田色全開でした。

簡単にまとめてしまえば、昨年平塚美術館で開催された「村田朋泰展 夢がしゃがんでいる」展の1階2階展示を凝縮し、新作が混ざるという密度のこ~い内容。
さらっと見て帰る筈が、全然無理だと分かりました。

日本橋高島屋美術画廊スタッフさんのブログで展示の様子が掲載されています。

まず、入口手前には例のガチャガチャ。
少なくとも私の100円を3枚は飲み込んだあげく、全部5等だったというあの悲しい思い出の機械。
今回、性懲りもなく手を出しましたが、またしても5等。
よくよく、ガチャガチャ運のない人間です。ふぅ。

右側には懐かしのインベーダーゲームが。知ってる人は恐らく同年代の方でしょう。
そして、その横にはパチンコだったかスロットだったかが1台。
いずれも、本当に遊べるようです。

そして、私の大好きな「百色旅館ジュークボックス」も登場!
曲目を見ると、ギャラリーMoMo両国での昨年個展から更に新しい映像が増えてます。
・「耳が半透明の少女」他3作品を見ました。
映像が大写しにならないのは残念ですが、ジュークボックスで十分楽しめます。

この他にも映像作品が3点出ていました。映像時間はいずれも各5分程度。
私の記憶する限り、いずれも見ていない作品のようです。

最奥は、黒いカーテンで仕切られていて、開けてみたらそこには映画館が!
平塚美術館での展覧会同様に、Aプログラム、Bプログラムとこれまでの村田さんの映像作品に加え、今回はデパートでの展示ということで、「さかだちくんデパートへ行く!」の新作が追加されています。
各プログラム、全部見ると約1時間。両方見ると2時間は必要です。

ここまでは、美術館の展覧会に近い。
ジュークボックスはもちろん非売品です。

しかし、ここはギャラリー。
先日のMoMo両国では、ミクストメディア的な作品が多かったのですが、今回は絵画ばかり。
アクリル画が6点くらい。

他に水彩、クレパスを使用した絵コンテ?作品が左壁面に30点くらい、右壁面にハガキ大の作品が40点いやもっと並んでいます。
「さかだちくん六道を行くシリーズ」がタイトルですが、六道ってあの仏画の六道絵?
*六道についてはこちらが詳しいです。

1点あたりのお値段は、ハガキサイズの額付で12,600円、もう少し大きなサイズで14,700円、更に大きいと2万円程度と手を出しやすい価格帯です。
う~ん、散財という煩悩に悩む道、まさしく六道のひとつやもしれません。

奥で映像作品を見ていたらちょうど新作の「さかだちくんデパートへ行く」が始まり、この映像作品に、壁に展示されていた絵と同じ場面がいくつも出て来ました。
映像に出てくる作品を購入するのも楽しいかもしれません。

10月21日(水)から始まっていますが、大きめサイズの作品から売れ始めていました。

久々に村田さんの映像作品をじっくり楽しみたいので、時間をとって再訪しようと思います。
奥の映像コーナーには椅子も沢山置いてあるので、ご安心を。
それにしても、デパート画廊で村田さんの個展って結構合います。
yuryuyuru
*会場内は撮影禁止ですが、入口だけはOKだそうです。

*11月9日(月)まで開催中。

「第5回 アトリエの末裔あるいは未来」 旧平櫛田中邸+台東区立書道博物館

DENCYUNIWA

旧平櫛田中邸(上画像)+台東区立書道博物館で明日(10月25日)まで開催されている「第5回 アトリエの末裔あるいは未来」に行って来ました。

「アトリエの末裔あるいは未来」展は、東京藝術大学彫刻棟で制作する大学院生と教員17名による展覧会で、今回で5回目を迎えます。
過去本展出展作家の活躍を他の展覧会で拝見し、今年こそは必ず行こうと楽しみにしていました。

記憶に新しい所でも、日本橋高島屋美術画廊Xで個展を拝見したばかりの滝上優(たきがみまさる)、東京藝大彫刻家による展覧会「彫刻 労働と不意打ちと」で技術の粋を見せた若手の森靖(もりおさむ)、そしてこちらも明日まで開催のTWS本郷2階にて強烈なサンゴ礁を木彫で表現した海谷慶(かいやけい)などなど枚挙にいとまがありません。

会場はこれまで同様、上野桜木にある旧平櫛田中邸に加え、今年は台東区立書道博物館の中庭と駐車場及び本館の一部を使用して展示を行っています。
旧平櫛田中邸内の作品は撮影可能です。不味い写真ですが気になった作品を少しだけ。

DENCYU1
加藤大介 「夜明け」 漆、麻布、岩絵の具、木

DENCYU2
東條明子 「流れる」 樟、アクリル絵の具

DENCYU3
足立仁史 「疵痕」 朴

DENCYU4
中村弘峰 「雨がふる」 樟

DENCYU6
佐藤元彦 「童子」 樟

DENCYU5
山口桂志郎 「間」 桑

他にもまだまだ奇抜な彫刻作品が出展されています。
上に挙げた中でも、足立仁史と加藤大介、佐藤元彦の作品は特に印象深かったです。

しかし、素晴らしい作品群の数々。無料ですから、一人でも多くの皆さんにみていただきたいです。
ただし、台東区立書道博物館は入館料が必要。旧平櫛田中邸から行けば、ここで書道博物館の入館料500円が300円になる割引券+今回の出展作品が掲載されているカラー小冊子がいただけます。
台東区立書道博物館では「顔真卿」展が開催中。書道の名宝も合わせて楽しめます。


本展は上野タウンアートミュージアム(UTM)の関連行事です。
すぐ近くにはSCAI THE BATHHOUSEをはじめ、同じくUTM関連行事として開催されている茶処「引戸庵」(旧吉田屋酒店)、復活再生したカヤバ珈琲など楽しめる場所が満載です。お散歩がてらに、お出かけしては如何でしょう。
HIKITOAN
旧吉田屋酒店前の引戸庵<11月1日まで開催 10:00~16:30)

*アトリエの末裔あるいは未来は10月25日まで開催。お見逃しなく。

「小林清親と土屋光逸-師弟による明治のおもかげ木版画展」 礫川浮世絵美術館

KOISHIKAWA

明日まで開催の展覧会記事を続けます。そういえば、大阪市美で開催されている「道教の美術」展もいよいよ明日が最終日だったが、こちらの記事は本日中のアップを断念せざるを得ない。

気を取り直して礫川浮世絵美術館で開催中の「小林清親と土屋光逸-師弟による明治のおもかげ木版画展」に行って来ました。
本展については、すでにとら様が詳細を画像と共にブログにアップされていらっしゃるので、ぜひご覧ください。⇒こちら

土屋光逸の作品は江戸東京博物館で開催中の「よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画展」にも出展されている。
光逸は、15歳で小林清親に弟子入りし、その後30年にわたり清親最後の愛弟子として修業に励む。
当初石版画家を目指すも、病気のため断念。
結果、木版画家として自立したのは60歳を超えてのことだったとか。

美術館の土井氏お手製と思われる「土屋光逸略年表」と「土屋光逸と川瀬巴水の画業比較表」が非常に分かりやすくまとめられている。

私がお伺いしたのは閉館ぎりぎりであったが、館長が熱心に作品解説をされていたので、一緒に途中からお聞きした。

こちらでの展示で目を惹いたのは茅ケ崎美術館からお借りした土屋光逸の写生帖、絵日記、スケッチブック、習画帖などの資料と東京風景シリーズ。

貴重な昭和14年8月作の摺りが発見された「牛込神楽坂」は摺師:後トウ、彫:イケダで戦後の昭和30年再刻摺と一緒に展示されていて、比較すると、その違いが明白。前者に描かれている物干し竿が後者にはない。

「墨田川水神森」「上野公園」「品川沖」「銀座の雨」など主に水を扱った作品が私の好み。

そして、忘れてならない目玉作品がある。
光逸の師匠である小林清親の肉筆画「墨堤雪景」(仮題)。
土井氏によれば、清親研究所に上記作品と思われる記述があるそう。
しっとりした雪景色。
この他、清親作品では「猫と提灯」他数点が一緒に展示されている。

「よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画展」と合わせてご覧になれば、ますます大正新版画に興味がわいてくるでしょう。

注:最初アップした記事にいくつか誤りがありましたこと深くお詫び申し上げます。
 訂正したつもりですが、もしかするとまだ間違いがあるかもしれません。遠慮なくご指摘お願いいたします。

*10月25日(日)までです。お見逃しなく。

「美術を変えた9人の画家」 ポーラミュージアムアネックス はじめての美術館55

POLA

10月3日にグランドオープンしたポーラ銀座ビル3階にポーラミュージアムアネックスが開館しました。
オープニング特別企画として「美術を変えた9人の画家」展を明日10月25日まで開催しています。

遅れ馳せながら、新しいポーラ銀座ビルに行ってみました。
私は建て替え前(2年前)のポーラ銀座ビルを知りません。以前にもビル内に美術館があったようですが、今回が初訪問。

本展は、19 - 20世紀を代表するモネ、セザンヌ、ルノワール、ピカソら9人の画家の作品11点より、画家がどのように美術を変えたのかをご紹介し、名画の誕生する3つの条件を解き明かす内容になっています。詳細はこちら(美術館HP)。

展示作品は以下の通り。

モネ―風景主題の変革者―
《サン=ラザール駅の線路》
《セーヌ河の日没、冬 》
「サン=ラザール駅の線路」は今回のベスト3のひとつ。良い絵だった。

ルノワール―肖像主題の変革者―  
《レースの帽子の少女》
これは箱根のポーラ美術館で見たような気がする。

セザンヌ―近代絵画の父―
《砂糖壷、梨とテーブルクロス》
これもベスト3の一点。見たことあると思うが、セザンヌの静物画でも上出来だと思う。

シニャック―色彩の理論家―
《オーセールの橋》
シニャックは先日の野間記念館で見た作品の方が良かった。

ゴッホ―表現主義の先駆者―
《アザミの花》  1890年

シャガール―幻想絵画の刷新―
《私と村》 1923-1924年

フジタ―新たな線描表現―
《誕生日》 1958年
未見の作品。この時代フジタは子どもをよく描いている。

ブラック―画肌の刷新―
《ギターのある静物(バラ色の背景)》

ピカソ―キュビスムの誕生―
《母子像》
《帽子の女》
母子像は古典主義時代のかなり大きな作品。ピカソの古典主義時代の作品が好きな私にとっては嬉しい一点。よってベスト3のひとつ。

1階では、オープン記念企画として「ポーラ80年の化粧品歴史展」も開催中。
そして、2階のカフェ「ヒガシヤギンザ」や11階12階のフレンチレストラン「ギンザ シェ・トモ」も気になります。
時間がある時に再訪してみます。

ポーラミュージアムアネックスは年間を通じて入場無料。美術館というより、ギャラリーに区分けすべきですが、今回は特別に。

*10月25日まで。11:00~20:00まで(入場は19:30まで)

「夢と追憶の江戸-高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展-」 三井記念美術館

ukiyoe

三井記念美術館で開催中の「夢と追憶の江戸-高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展-」前期・中期に行って来ました。

今回は慶應義塾創立150年記念として塾生であった高橋誠一郎(経済学者であり文部省など歴任)氏の著名な浮世絵コレクションから300点を選び、3期にわたり、公開するものです。15年ぶりの公開という貴重な機会であり、次回の公開予定は未定とのこと。
浮世絵の摺りが良い物を見たい!という方はぜひこの素晴らしい浮世絵コレクションをご覧になることをお薦めします。

作品はほぼ作家単位になっています。
一番最初の展示は前中期ともに、菱川師宣「衝立のかげ」「低唱の後」は色鮮やかな浮世絵前の丹絵、紅刷り絵?。確かな筆洗と共に、ツートンの色彩が光る。

前期より中期展示の方に良い物が多かったと思う。特に春信の未見作や月岡芳年肉筆画には惚れました。
芳年の肉筆画で私がどうしても見たいと思っている「幽霊之図」(女性の上半身だけ裸体で腰から下は襦袢姿のうしろ姿を描いた作品)もこの高橋コレクションの所蔵だが、作品リストに掲載がないので今回は出てこない(涙)。
この「幽霊之図」は残念ながら出展はないが、中期の「梅若丸と信夫の藤太」「墨染桜」、ことに後者の肉筆画は桜の精を描いたというが、はかなく露と消えてしまいそうな繊細美。たまりませんね。

この他、芳年の師匠の国芳(この人も好き)「宇治川合戦の図」(三枚続)、歌麿の雲母刷りで素晴らしい作品など名品多数。
数ある浮世絵作品の中で「おっ」と思ったのは歌川春好の大首絵。大首絵は今でいう役者ポスターやブロマイドの代わり。江戸っ子が買いたくなる気持ちはよく分かる。

前期・中期を通していいもの見せていただいたなというのが一貫した印象。後期ももちろん行きます。

浮世絵の展示というと混雑するイメージだが、なぜかこの美術館は空いている。なぜだろう。。。2回ともスムーズに鑑賞できたのは良かった。

*前期は終了。中期:中期:11/1まで 後期:開11/3~11/23 

「美しの和紙-天平の昔から未来へ-」展 サントリー美術館

washi

サントリー美術館で開催中の「美しの和紙-天平の昔から未来へ-」展へ行って来ました。

この展覧会をかなり前から楽しみにしていたのに、気付けば第2期までの展示は既に終了し、第3期に突入していた。第3期までの展示作品でいくつか絶対に見たい作品があったので、慌ててサントリー美術館に馳せ参じたが、2期までの展示だった和泉市久保惣記念美術館の「法華経第一方便品第二」を見逃したのは痛かった。くぅ~。

私は古筆切や美麗な料紙が大好きで、中でも法華経や過去に一度拝見した平家納経などこの世のものとは思えない、これは紙でなく神ではないかと思う程、神々しい美しさであった。
油断して、作品リストをチェックしないからこんなことになるのだ・・・と深く反省。サントリー美術館は展示替えが多いので、やはり要注意だ。

本展は、古筆切だけでなく和紙の多彩な世界と素材としての和紙を見つめ直し、その魅力を紹介するもの。広く和紙全般の用途を工芸品として宗教の場での使用と「そういえば、これも和紙だった」的な私たちの生活で和紙がどんな風に使われているかを改めて思い出させてくれた。

展示構成と印象に残った作品を挙げる。作品リストはこちら。展示替えが多いのでご注意ください。

第1章 和紙の成り立ちと展開
古筆切や料紙が好きな人間にとっては堪らない世界。

・紫紙金字金光明最勝王経巻第三 奈良国立博物館
まず、和紙そのものに注目。得も言われぬ高貴な紫色の紙。扇紙とキャプションに書いてあり、メモにも書いてあったが、果たして間違いないか。
次に紫紙にしっかりした筆跡の金の文字。使用されている金泥の量が多いことは一目で分かる。奈良時代の経典が今も色鮮やかな金色を留める。

・法華経法師功徳品(久能寺経) 平安時代 五島美術館 重文 10/19で展示終了
五島美術館の古筆コレクションの素晴らしさは会期は終了してしまった「秋の優品展 絵画・墨跡と李朝の陶芸」でしかと確かめた。法華経はこちらにお出ましになっていて、これを見られただけでも大満足。完本8帖が残る貴重な品。

・伊勢集断簡(石山切) 平安時代 五島美術館 10/19で展示終了
この石山切を見て、徳川美術館で2年前に開催された「王朝美の精華・石山切」展を思い出した。あの頃、ちょうど料紙に魅せられたばかりで、最初に行った展覧会だった。今にして思えば、奈良博で平家納経に感動し、次に行ったこの展覧会はあまりにもゴージャスな内容で、稀有な機会であったがそれに気付かず惜しいことをした。。いまだに、この展覧会をしのぐ内容の古筆切展に出会ったことはない。
(参考)過去ログ:http://memeyogini.blog51.fc2.com/blog-entry-186.html

今回、本展で石山切を見て本展の図録を買おうかと思ったが、図版が小さかったのでパスし、代わりに2年前の徳川美術館の展覧会図録を買うつもり。この1冊があれば国内の石山切の大半が掲載されている。

・大手鑑「筆陣毫戦」 
手鑑とは、厚手の紙で作られた折帖に、古筆の断簡を貼り込んだ作品集。古筆を手軽に鑑賞できるところからこの名で呼ばれるようになったという。
古筆を愛でつつ折帖をめくる・・・雅だなぁとため息が出る。

・佐竹本三十六歌仙 源順 10/12で展示終了
ちょうど白崎秀雄著「鈍翁・益田孝」上下を読んでいた折、この三十六歌仙を切り離し、くじびきでどの部分を購入するかの場面が出て来た所で、興味深かった。サントリー所蔵作品はどのような経緯で収まったのだろうか。

第2章 祈りの造形
ここでは東大寺のお水取りなど宗教儀式の場で、和紙がどのような形で使用されているかを展観する。
・紅帖紙 熊野速玉大社 国宝
こちらは、和歌山県立博物館の展覧会で拝見したばかり。しかし21帖の内の2帖となっているため、他の19帖の方を見たのかも。これもピンク色で美しい。キラキラと輝いていた。

・華籠(紙胎漆塗彩絵) 万徳寺 重文
紙を漆で塗って作られた籠。

お寺でも神社の儀式でも和紙は多様な形で使用されていると知った。

第3章 和紙の伝統を繋ぐひとびと
ちょっと見方を変えて、室町時代、江戸時代と和紙職人が登場する絵巻や屏風などにより、当時の職人の様子を紹介する。

・職人尽図屏風 6曲一双 江戸時代 個人蔵 10/12までその後サントリー美術館所蔵品と入替
この屏風絵は面白かった。和紙職人だけでなく、様々な職人が1階と2階で作業している様子を描く。この屏風を作った目的がよく分からない。誰が何のために作ったのか。これも風俗画なのか不思議だった。

第4章 暮らしを彩る和紙の世界
第4章では江戸時代から近代までの和紙を使用した数々の工芸品や絵画などを展示する。
階下の展示室に降りて行く階段踊り場に、2mもの大きさのイサムノグチ「あかり」があった。

ここでも「吉原遊興図屏風」(江戸時代・奈良県立博物館)や春信の浮世絵「嫁入」、「扇面貼付屏風」(桃山時代・個人蔵)等々が登場していたが、私が最も注目したのは主に日本民芸館所蔵の紙製の羽織、半纏の衣装数点だった。
夏は涼しく、冬暖かい機能性ある和紙を使用して衣服を作る。西洋人からしてみれば、紙製の衣服など考えも及ばないだろう。
しかし、和紙特有の強さがあれば衣装にしても大丈夫。更に洗うこともできるとか。
「染葦文紙衣羽織」(個人蔵)はじめ、和紙というだけでなく意匠、デザインも優れていて、「花丸文紙布団」に至っては、軽くて暖かそうで欲しいと真剣に思った。

「千羽鶴雛形」(国立国会図書館)、「小笠原龍諸式折形雛型」など、折形の実例集など初めて見たが、様々な場面で美しい実用品として和紙が活躍しているのだと感じ入った。

大阪市美の「芦辺蒔絵屏風形香合」は上から見たらきっちり真面目な仕上げなのに、側面で猫が至る所じゃれて遊んでいる様子がとても愛らしかった。

最後に和紙を実際に触れるコーナーがあり、こちらも手触り、柔らかさ、強さ、更には香まで感じ、和紙それぞれの特徴を知ることができてとても楽しめた。見るだけでなく触ったことで、例えば石山切もこんなにしっかりした紙なのかな?と思いを馳せることもできる。

作品の大半が入れ替わるので、時期を改めて是非再訪したい。紙ファンなら必見です!

*11月3日まで開催中。

「湖都大津社寺の名宝」前期 大津市歴史博物館

ootu

大津市歴史博物館で開催中の「湖都大津社寺の名宝」展に行って来ました。

大津市では、1947年秋に、観光資源の活用、地域振興などを目的として、延暦寺・園城寺・石山寺・近江神宮・日吉大社の賛同を得て、「二社三寺」連絡協議会が設立。
更に1958年に、西教寺と岩間山正法寺が加わり、加盟社寺が7団体に増える際、体制を新たに「湖信会」が結成され、その活動により大津観光の礎が築かれました。その後、満月寺や建部大社、立木山安養寺(立木観音)が加わり、現在加盟寺社は10社寺となっています。

本展はこの「湖信会」創設50周年を記念し企画されたもの。
加盟している十社寺を中心に市内の仏像・神像などの名宝を展示し、合わせて十社寺についてパネルや境内図・地図などの関連資料を展示し各社寺についての理解を深めてもらおうという内容です。

<私が感じた本展の見どころ>

1.仏像・神像初心者でも分かりやすい尊像別の展示になっている。

2.展覧会を1周すれば、ほぼ全ての種類の尊像と神像を見ることができる。
  ⇒ 一見何でもないように思えるが、これは実に凄いこと!
    通常ひとつの展覧会で全種類の仏像を見られることはまずない。

3.解説に仏像キャラクターが使用されていて、とても分かりやすい。
  ⇒取っつき難い内容でもかわいいキャラ仏が説明してくれると、頭に入りやすかった。
   イラストで各尊像の見分け方、特徴が図説されている。
  *この愛らしい仏像キャラクターはミュージアムショップ担当の博物館職員(美大を卒業されたお
   若い女性二人)の方が生み出したもの。博物館のお手製キャラなので、要注目!

4.「湖信会」加盟寺社の通常非公開の仏像を多数見ることができる。
  ・10もの社寺を全て回るのは大変。行っても拝観できない仏像や展示物が多く出展されている。
  ・展示作品の約半数は重要文化財+国宝1点の質が高い内容。   
  ・博物館への出陳は初めてという貴重な作品も多数。

5.仏像入門書として最適な図録(下)を読んで本展を回ればますます仏像知識が身につく。
  ⇒ハンディタイプのオールカラーで手に取るのが楽しくなる図録。こちらにも仏キャラ使用。
zuroku

次に展示構成と共に、印象に残った仏像・神像をご紹介します。

展示作品リストはこちら。作品画像の一部は博物館HPよりご覧いただけます。⇒こちら
*私が行った時には作品リストは用意されていなかったので、必要な方は事前に印刷し持参した方が良いかもしれません。

一.尊像別でみる大津の仏像・神像
0.釈迦・舎利  
Ⅰ.如来
最初はやはり誕生仏でお馴染の釈迦から展示が始まる。

・「金銅釈迦誕生仏立像」 聖衆来迎寺
白鳳時代から奈良時代の作例と思われる誕生仏。そのお姿はやはり白鳳時代の仏に見られる渡来風である。

・「仏涅槃図」 重文 園城寺
今回もっとも衝撃を受けた作品。仏涅槃図は過去数え切れないほど見て来たが、本作品のような素朴で戯画風のものは初めて。室町時代の作と言われるが状態もまずまずで、見ていてとても面白い。

・「舎利容器」(崇福寺出土) 近江神宮 国宝
国宝登場。白鳳時代の出土品。その様子より年代的・歴史的に貴重な出土品としての価値が高いのだろう。しかし、近江神宮は絵画から舎利まで様々なものを所蔵していると今更に驚いた。

・「絹本著色釈迦如来像」(持鉢釈迦如来) 西教寺 重文 前期のみ
仏像だけでなく仏画の良い物も多数出展されている。こちらもその一つ。ちょっとお辞儀をするような姿の釈迦如来像を描いた仏画。よって持鉢釈迦として親しまれる。珍しい。
西教寺所蔵の仏画では「絹本著色当麻曼荼羅図」(前期のみ)も精緻な筆使いで美しい鎌倉時代の仏画であった。

・「木造阿弥陀如来坐像」(宝冠) 泉湧寺悲田院 鎌倉時代 (10/25まで)
快慶の作例と言われる阿弥陀如来。黒の衣紋線があり。優美である。

Ⅱ.菩薩

・「木造聖観音坐像」 満月寺 平安時代 重文
まぶたが重そう。ふくよかな頬の膨らみが印象的。

・「木造十一面観音立像」 園城寺 平安時代 重文
特徴的なのは頭が大きく、寸足らずでいわゆるずんぐりむっくり系の仏像にも関わらず、バランスは崩れていないこと。ふっくらしたお顔とぼよんとした体形が愛らしい。今回一推し。

・「木造千手観音立像」 延暦寺 平安時代 重文
一木作りで作られた千手観音としては屈指の古さ。脇手は後補。エキゾチックな顔立ち。小・さいが素晴らしい仏像だった。

・「木造如意輪観音坐像」 理性院 鎌倉時代 
理知的なきりっとした顔立ちの如意輪観音。通常非公開。

・「金銅弥勒菩薩坐像」 延暦寺 朝鮮三国時代
大陸で作られたものと推測される。

・「木造地蔵菩薩立像」 松禅院 平安時代
重文指定はされていないが、4点あった中で、この地蔵菩薩が一番好きだった。大腿部の肉付きの良さ、ちょっと突き出たお腹が良い感じ。

⑧普賢、⑨虚空蔵、⑩日光・月光、⑪地蔵、など

Ⅲ.明王
・「木造不動明王坐像」 平安時代 園城寺
園城寺の不動明王と言えば、先日「三井寺展」で貴重な秘仏「黄不動」を見たばかり。こちらは木造の不動明王坐像。小さいけれど整っていた。

・「木造不動明王二童子像」 岩間山正法寺 平安時代
二童子付きの三体そろい踏み。笑っているこんがら童子。

Ⅳ.天部

・「絹本著色毘沙門天像」 延暦寺(実蔵坊) 鎌倉時代 前期のみ
着彩や描線が非常に美しい仏画

・「木造兜跋毘沙門天立像」 平安時代 石山寺 重文
またも重文の平安時代仏像。ブログを書いていて感じたがやはり平安時代の仏像が多く揃っている。
この兜跋は足許に注目。何と地上から湧きだした地天女が毘沙門を支えて持ちあげているのだった。
こんなの見たことない。

・「木造三面大黒天立像」 立木山安養寺 江戸時代 非公開
大黒と弁財天、毘沙門が一木で一体となって彫りだされている。同じ作風のものが他寺にも伝わる。

Ⅴ.神像
・「木造女神坐像」 建部大社 重文 3体 平安時代
うち1体は袖で顔を隠す非常に珍しい神像。これは以前安土城考古博物館で拝見しているので、2度目。また再会できて嬉しい。

・「絹本著色新羅明神像」 大津市歴史博物館 前期のみ
新羅明神と言えば、前述の「三井寺展」で新羅明神像の強烈な神像が記憶に新しい。こちらはもう少し太った新羅明神の一幅。状態は良かった。


他にも面白い作品が目白押し。たっぷりじっくり堪能した。博物館の皆さんで作り上げた展覧会だということがひしひしと伝わる好企画だった。後期も行く予定。
滋賀県の仏教美術は奈良・京都に劣らぬ素晴らしいものが遺されているが、それを公開・研究・守る県の機関がないのは非常に残念。過去に当ブログでも記事にさせていただいた滋賀県琵琶湖文化館は休館でなく廃止案まで県議会で出されていると聞く。
詳細は「観仏三昧的生活」様が書いておられます⇒こちら

県として滋賀県の貴重な文化財に対する今後の姿勢を明確に打ち出していただきたい。

今回の大津市歴史博物館のように官と寺社が一致協力して、公開保存研究機能を担っていただきたいと強く願うばかりである。

*前期展示は11月1日まで。後期:11月3日~11月23日(月・祝)まで。

「ベルギー幻想美術館」 Bunkamura ザ・ミュージアム

bunkamura

Bunkamura ザ・ミュージアムの「「ベルギー幻想美術館」展に行って来ました。

本展覧会は、姫路市立美術館が所蔵する、日本最大級の質と規模のベルギー美術コレクションから、19世紀末のフェルナン・クノップフ、ジャン・デルヴィル、ジェームズ・アンソールらから20世紀のポール・デルヴォー、ルネ・マグリットまでの油彩、素描、版画などによりベルギー近代美術のハイライトを紹介するものです。

ベルギーの19世紀末から20世紀美術と言って、最初に浮かぶのはマグリットとポール・デルヴォー。

しかし本展覧会で私がもっとも心惹かれたのは、第1章「世紀末の幻想 象徴主義の画家たち」で紹介されている19世紀末象徴主義の画家による作品だった。
中でも、久しぶりにレオン・スピリアールトの作品が見られて懐かしさで一杯になり、やや感傷的になってしまった。
スピリアールトの展覧会を愛知県美術館で見たのは6年前の2003年。
この展覧会でスピリアールトを初めて知り、これまで見たことのないような画面が展開されており、ちょっと怖いようなでも気になる不思議な作品だった。

今回は全て姫路市立美術館の所蔵品の展示だが、スピリアールトはじめ他の美術館で見ることのできない作家の作品が他にも沢山あった。

第1章中心に印象に残った作品を挙げる。
・「イタリア・ルネサンス」 グザヴィエ・メルリ 1890-1892年
古典主義を感じさせるが女性の青いドレスとぽってりした女性の体の線が気になった。

・「ジャン・デルヴィル夫人の肖像」 1898年 ジャン・デルヴィル
・「茨の冠」 1892年 ジャン・デルヴィル
ベルギー象徴主義の画家についてはスピリアールト以外知らなかった。このデルヴィル然り。クノップフ然り。まだまだ知識も鑑賞歴も足りないことおびただしい。
デルヴィル作品は4点あったが、うち上記2点はほれぼれしてしまった。展覧会タイトルの通り幻想的である。

・「ベネツィアの思い出」 1901年頃 フェルナン・クノップフ
・「裸体習作」 フェルナン・クノップフ 
・「ブリュージュにて 聖ヨハネ施療院」 フェルナン・クノップフ
こちらもデルヴィル同様、幻想的なぼかしが入った女性を描いた作品。女性は画家にとって神秘的なものなのか。淡いパステル使いがぼやけていて、神秘性を増幅している。
「ブリュージュにて 聖ヨハネ施療院」は運河に映る施療院の建物の影と施療院の風景画と言って良いのか。女性を描いた上記2作品とは異なる魅力がある。

・「夜の中庭あるいは陰謀」 1895年 ウィリアム・ド・ヌンク
夜という時間もまたミステリアスであるに違いない。光と闇がパステルで効果的に描き分けられていた。

・「夜」 1892年 エミール・ファブリ
構図が面白い。縦に長い画面に二人の人物。なぜタイトルが「夜」なのか分からないが、こちらもも見ていると不安をかきたてられる。

第1章は魅力的な作品ばかりで、これを見られただけでも来て良かったと思った。

第2章のフェリシアン・ロップスの版画作品については略。

第3章 「幻視者の独白 ジェームズ・アンソール」
第1章に続く個人的なハイライトはこの第3章。アンソールの版画は過去に数点見たことがあったが、漸く今回まとめて見る機会に恵まれた。
私はアンソール版画作品では、エッチングが魅力的。非常に細かい線描と無数の人々。更には明るい色彩とアンソールならではの魅力が満載である。
「天使と大天使を鞭打つ悪魔」「カテドラル(第1作)」「キリストのブリュッセル入城」が良かった。
「果物、花、裸にされた光」1936年の油彩は右下に描かれた3人(人なのか?)の顔が唐突に現れて不思議。この画面をもっと細かく細密にしたものがエッチングになっている。

第4章 「超現実の戯れ ルネ・マグリット」では過去に見たことのある作品も多かったが、記憶にない作品で「目」エッチング1935年がカッコ良くて、構図は映画のポスターぽくてカッコ良い。これは欲しいと思った。マグリット作品もエッチングが多かったが「9月16日」1968年など、良い物が何点かあった。

第5章 「優美な白昼夢 ポール・デルヴォー」
最終章はデルヴォーのオンパレード。デルヴォーは幼少期より女性の怖さを叩き込まれ、すっかり女性が怖くなってしまったと言う。母親の罪?はデルヴォーの芸術的才能を開花させる役には立ったかもしれないが、彼の人生も破壊してしまった。一種倒錯した女性に対する感情が絵画芸術に昇華されたか。
デルヴォーが描く裸体の女性のモデルは遊園地で幼い頃に見た機械で動く人体模型。ちょっと血が通ってないような女性達がどこか非現実的である理由が分かった。

にしても、現実の女性と交流できず、絵画で裸体の女性を次々登場させるあたり、ちょっと怖い。
「汽車と風景」1930年は数少ない風景画。汽車が好きなデルヴォーは女性以外では汽車をよく描いていたそうだ。
「立てる女」1954-56年、「女神」1954-56年、「乙女たちの行進」の板に油彩で描いた作品群は面白いと思った。

それにしても、行きたい行きたいと思いながら、なかなか行けない姫路市美であるが建物も良さそうなので、やはり行ってみたい。
都内では損保ジャパン東郷青児美術館でも「ベルギー近代絵画のあゆみ」と題した展覧会を11/29まで開催している。これは名古屋の松阪屋美術館にも巡回するので、私は名古屋で見る予定。

*10月25日まで開催中。

「第1部 新・根津美術館展 国宝那智瀧図と自然の造形」 根津美術館

nedu

平成18年から3年半の時を経て、新たに生まれ変わった根津美術館「新創記念特別展第1部」に行って来ました。

新しい根津美術館は、六本木のサントリー美術館でもお馴染の隈研吾氏が設計。また、新しい美術館のロゴマークは、ドイツ人デザイナー、ペーター・シュミット氏が手がけ、表参道に相応しいハイセンスでモダンな空間に生まれ変わり、ロゴもシンプルな中に和のイメージを感じさせるデザインと新しいイメージ作りに一役買っています。
更に根津美術館と言えば、一等地にある広大な庭園も有名。もしかすると、美術館よりお庭散策が目当てのお客様も大勢いらっしゃったかもしれません。美術館内の混雑より、どんどんお庭に出て行かれる人の波が目立っていました。

私が到着した際、チケット購入の列はありませんでしたが、その後はかなり長い列があったり、常にチケット購入のために人が並んでいました。

建物は、同じく隈研吾氏が設計した馬頭広重美術館を地下1階地上2階建にしたような、やはり似てるなぁというのが第一印象。「軽い美術館」というイメージが更に進化したような感じ。以前の重々しい建物が少し懐かしい気もします。

特別展は1階の一番広い展示室1で行われています。

目玉の国宝「那智瀧図」鎌倉時代は初めて拝見したが、思ったより小さなサイズ。
先月和歌山県立博物館の「熊野三山の至宝-熊野信仰の祈りのかたち」(10/18終了)を見て来たばかり。同展の中で「川や滝を神として祀ったのが熊野信仰の始まり」と豊富な展示物などなどで学習して来たばかり。本来なら和歌山県立博物館の展覧会に出展されていれば、もってこいの展示作品となっただろう。
那智の瀧は熊野那智大社の御神体で、飛瀧権現(ひろうごんげん)を表す。先の和歌山県美での展覧会のキャラクターの名は’ひろう’ちゃん。飛瀧権現の名前がその由来。

根津の「那智瀧図」は中国風景画の影響も指摘されており、もし左右に仏画の展示がなく単独で展示されていたら風景画と思う方もあるやもしれない。

和歌山県美での展覧会がこの「那智瀧図」により、私の頭の中で完成形となったが、同じ曼荼羅なら「熊野曼荼羅」だけでなく「那智参詣曼荼羅」も展示して欲しかった。
更に私自身の体験として熊野那智大社へ行って、那智の瀧を見るという実体験が不足していた。
(ご参考)和歌山県立博物館「「熊野三山の至宝-熊野信仰の祈りのかたち」過去ログ

他に印象に残った作品を挙げて行く。
・「弁財天像」 鎌倉時代
琵琶を鳴らす弁財天。状態がなかなか良く美人の弁財天だった。

・「岩上観音図」 南北朝時代
・「白衣観音図」 室町時代
いずれも優美な観音図。

・「観瀑図」 芸阿弥筆 室町時代
空気感まで見事に描き出した墨画の名品。絵画としては展示室1でのマイベスト。

・「藤原煋窩閑居図」 狩野山雪筆
ちょっと変わった構図の作品。後々のため、ピックアップ。

・「吉野龍田図」 江戸時代 6曲一双
鮮やかな色彩かつ胡粉てんこ盛りのゴージャス屏風。

・「四季花鳥図」 伝狩野元信筆 6曲一双 室町時代
「吉野龍田図」の華やかさに対して白黒画面で渋く迫る「四季花鳥図」。伝元信なのだが、元信一派の画家によるものだろう。

・「牡丹猫図」 蔵三筆 室町時代
蔵三は僧?牡丹と猫はよくある画題で、やはり中国絵画の影響あり。
それにしても根津は室町期の素晴らしい絵画コレクションを持っていると改めて感じた。

展示室2~6(展示室4~6は2階)は常設展示となる。

どの部屋も見どころは多いが、中でも古筆切の名品満載の展示室2は素晴らしい。作品リストが途中から全部○印と☆印で埋まっていた(☆は最高の時に付けてる)。
「民部切」「本阿弥切」「石山切」(石山切は大好き)「岡寺切」(青い料紙が堪らない)「戊辰切」「白河切」「東大寺切」「松葉屋色紙」・・・。

これを床の間に配して、展示室6で拝見した茶道具の数々と組み合わせれば、さぞや楽しい茶会が催されたことだろう。
頭の中でむくむくと想像の羽が羽ばたいた。
展示室6では「織部振出」「伊賀耳付花生 銘寿老人」「織部筒形香炉」「古染付叭々鳥香合」「鏽絵柿図水指」「備前焼餅文鉢」「刷毛目杯 銘 幾世錦」などなど。

次回第2部では「根津青山の茶の湯 初代根津嘉一郎の人と茶と道具」が11/18~12/23の日程で開催される。
う~ん、根津通いは続きそう。
それにしても入館料1200円でぐるっとパスにも加入していないのが痛い。
「根津倶楽部」のリーフレットを見つけ、その内容を見たが入館料はわずかに200円引きで年会費3000円。ミュージアムショップでのお買い物が10%引きだったが、3000円のもとは取れない。

常設ではこの他チケットキャラクターとして使用されている「双羊尊」(そうようそん)殷時代(紀元前13世紀~11世紀・重文)という気が遠くなる太古より羊はいたのねと納得した青銅器コレクションやら仏像、茶道具以外の陶芸、漆芸なども見られる。

*第1部展示は11月8日(日)まで開催中。

「速水御舟-日本画への挑戦-」 山種美術館

広尾に移転した山種美術館の新美術館開館記念特別展「「速水御舟-日本画への挑戦-」に行って来ました。
本日9時より放映されるNHK日曜美術館の特集は「速水御舟」。TV放映後は、美術館が混雑しそうなので、昨日(土曜)夜間に訪れた。開館記念特別展は休館日を除く毎日午後19時まで開館(30分前まで入場)しているのは嬉しい。

新装山種美術館では、以前なかったカフェが1階に設営された。ガラス張りで通りに面したカフェは、外からもよく見える。メニューをちらと確認したが和スイーツがそろっていて、お値段は高め。カフェの名は、速水御舟の作品にちなみ「椿」である。

展示室は地下1階。
以前の倍の広さになったそうだが、広くなった気がしなかった。理由は後述する。
本展監修者は山下裕二氏。そういえば、サントリー美術館の次回展「清方ノスタルジア」の記念講演も山下氏が登場。ご専門は室町時代の水墨画だったと思うが、近代日本画もご専門にされたのだろうか。

第1章:画塾からの出発
第2章:古典への挑戦
第3章:渡欧から人物画へ
第4章:挑戦者の葛藤
の4章から構成され、制作年代を追って約120点を展示。作品リストや概要などはこちら

本画だけでなく、習作や写生帖、御舟本人のパスポートや家族へのはがき、写真などなど資料関係も多数出展されているので、御舟ファンには見逃せない内容だと思う。
資料関係で注目したのは御舟が渡欧した際に持ち帰ったヨーロッパ絵画の写真資料。
これを見ていると、御舟がどんな作品に目を向け自身の制作に取り込もうとしたのかが分かる。
エル・グレコが気に入っていたようだ。

印象に残った作品は、最初の方に集中していた。
第1章
・≪瘤取之巻≫ 1911年
絵巻仕立て。画塾時代の最初期作品。
・≪山科秋≫ 1917年
柿の朱色は色の効果を計算した上で、使用している。

初期の作品は昨年10月に開催された平塚市美術館の「速水御舟-新たなる魅力-」の方が充実していた。同展には山種美術館所蔵作品は1点も展示されておらず、本展と平塚市美での展示、両者を合わせて御舟回顧展に相応しい内容になる。見る側から言えば、分けないで1度に見せていただきたいなというのが希望。

第2章
・≪炎舞≫1925年 重要文化財
やっと≪炎舞≫を見ることができた。初見。
思っていたより小さな作品だったが、その小さな画面には狂気さえ漂う。
燃えるような炎は渦を巻いて立ち上り、炎の回りに様々な色の蛾が飛ぶ。御舟曰く「もう1度同じ炎の色を出せと言われても出せないだろう」というほど、この炎の色は朱でもなく赤でもなく黒でもなくそれらすべての要素を持った不思議な色としかいいようがない。
画面は岩絵の具の特性からか、近づくとキラキラときらめいて、そのきらめきが炎の瞬きのように見えた。
御舟が岸田劉生を意識して精密画に取り組んでいた時代の傑作中の傑作だと思う。
もう1点重要文化財に指定されている≪名樹散椿≫1929年も、第2章で登場しているが、私はこの≪炎舞≫にコロリとなった。

・≪天仙果≫ 1926年
まだ若い青々しいイチジクと葉っぱを描く。
私が幼い頃、庭にイチジクの木があった。時期になるとたわわに実がなったが、その木になっていたイチジクの状態とそっくりで、幼い頃を思い出し懐かしくなった。

・≪紅梅・白梅≫ 各1幅 1929年
この紅白梅は、とても良かった。余白を多く取りつつ、梅の配置と枝ぶり、花の付き方どれをとっても見惚れてしまう。

この他、≪桃花≫1923年、≪百舌巣≫1925年も好印象。

第3章
この章のハイライトは修復を終え初公開となる≪婦女群像≫(未完)1934年やその大下図であろう。御舟は40歳1935年、突然腸チフスにより没す。
死の前年まで新境地となる人物群像に取り組んでいた矢先の死は、今更ながら惜しまれる。
完成していたら、どんな作品になっていたのか。未完作では彩色がほぼ手つかずなので、想像がつかない。

第4章
≪牡丹花≫≪白芙蓉≫と晩年の御舟の作品のイメージはこの第4章展示作品。平塚市美での解説でも晩年は小品ばかり展示されていたので、前章のような大作に取り組んでいたとはよもや思ってもみなかった。
最終章は第3章との比較で見ると面白い。


新しい山種美術館だが、展示空間は倍になっても仕切りが多すぎて、以前より狭くなったように感じた。例えば、≪名樹散椿≫は大画面なので、下がって見たいと普通は思う。しかし下がろうにも後ろがつかえていて下がれない。以前の展示室では最奥展示室の中央に長椅子が配され、長時間ゆっくりと名作を堪能することができたが、新美術館展示室には私の記憶する限り椅子がなかった。長時間立ち止まって見ているのは辛い。
更に、空間レイアウトが仕切りによってデコボコしているのも見づらい。章単位の区切りが分かりにくかった。

■ 『日曜美術館』の放送日程
10月18日(日) NHK教育 午前9:00~9:45
11月1日(日) NHK教育  ・再 午後8:00~8:45
10月1日(木)~11月29日(日)まで開催される
*『新美術館開館記念特別展 速水御舟―日本画への挑戦―』の出品作品と展覧会内容について紹介されます。

*11月29日まで開催中。
前期(11/1まで)・後期(11/3~11/29)で写生作品などに展示替えがあります。

「近代日本の洋画」 講談社野間記念館

noma

「近代日本の洋画」。
ありふれた展覧会タイトルなのに、こんなに内容の濃い展覧会だとは。本当に野間記念館の展示はハズレたことが一度もない。毎回、これまで見たことのない作品をざくざく展示して下さっていて、しかも落ち着いた展示空間で見られるので、とても気持ち良い。

この展覧会は、明日までの会期。
他に行こうと思う美術館はあれど、やはり野間は外せず、朝一番で向かった。

今回は野間コレクションの中から、岡田三郎助、藤島武二はじめ明治・大正の洋画家たちの佳作を展観するもの。併せて、講談社の19世紀末ヨーロッパ絵画コレクションと題し、モーリス・ドニ、マイヨール、シニャックら19世紀末に活躍した画家の作品も展示されている。

特に印象に残ったのは山本森之助。
その名前は記憶にないが、作品はどこかで見たことがあるかもしれない。
山本は、長崎県出身で外光表現を得意とする白馬会メンバー。今回は風景画を中心に7点が出展されていた。
中でも≪海に雲≫1922年頃≪波≫1918年≪雪≫制作年不明の3点が印象深い。モネ以上に画面が明るい。≪雪≫は明るさはそれほどでもないが、足跡の残る雪道を描き情緒があった。

もう1枚忘れられない作品があった。
中村彜≪自画像≫1918年。中村はレンブラントに傾倒し、自画像を多く描いている。茨城県近美などで、中村彜の≪自画像≫は見たことがあるが、今日の野間所蔵≪自画像≫はこれまで見た中では一番素晴らしい出来栄え。
この自画像を描いた2年後にかの有名な東近美所蔵の≪エロシェンコ氏の肖像≫を描いた。
勝手な想像だが、この≪自画像≫に中村自身手ごたえを感じ、≪エロシェンコ氏の肖像≫につながったのではなかろうか。
薄い茶色の瞳が忘れられない。

そして、野間ならでは!と思ったのが、講談社発行の雑誌表紙や口絵を飾った原画。
原画というのは、てっきり水彩かと思っていたら、今回は全部油彩。油彩の原画って見たことないような。
『婦人倶楽部』表紙の岡田三郎助作品≪摘草≫≪花嫁≫や和田英作≪水連≫、藤島武二≪ワシントン≫、田辺至≪ベートーヴェン≫、中村不折≪漢の高祖≫など雑誌用の作品だとちょっと作風が変わる岡田や藤島は興味その変わりっぷりが面白い。

また、4点だけだったが、先日行った郡山市立美術館で見た三宅克己の水彩画が4点、うち≪水村≫は画面も大きく完成度が非常に高い。
他に南薫造≪軽井沢渓流≫、中沢弘光≪越後湯沢の雪≫≪浴室≫、藤島武二≪笛を持つ女≫、岡田三郎助≪くもり≫、田辺至≪紫陽花≫、中川一政≪桜島≫、高畠達四郎≪離山≫が印象深い。


展示順とは逆になってしまうが(展示では最初にヨーロッパ絵画が並ぶ)、ヨーロッパ絵画。
アリスティッド=マイヨール≪花の冠≫1889年。
横長の大作。母と娘だろうか?草原の中、二人で花の冠を作っている様子を描く。

ポール=シニャック≪コンカルノーの微風≫1891年
見事な点描画。スーラの後継者たるに相応しい一点。なかなか大きな作品で、日本でこの大きさのシニャックはそんなにないと思う。しかも、出来が良い。相当長く見ていたが、遠近感も上手く出ている。

フェリックス=ヴァロットンは知らない画家。≪リュクサンブール公園≫1895年は一見何てことはない作品のように見えるが、なぜか面白くて惹かれる。何が良くて惹かれるのか自分でもよく分からない。
モーリス=ドニの油彩とリトグラフ集≪アムール≫もあったが、表紙が一番良かった。

展覧会を観る前にテラスで軽くお食事(持参)して、しばし(30分も)ぼ~っとしていた。この場所はいつも落ち着く。道路を走る車の騒音が無ければ完璧なのに。
野間の名品図録(2000円)次回に購入しようか。

*10月18日(明日!)で終了します。ぜひお運びください。

特別展 「菱田春草」前期  明治神宮文化館 宝物展示室

syunso

明治神宮文化館宝物展示室で開催中の特別展「菱田春草」前期を見て来ました。

なぜ、明治神宮で「菱田春草展」?と思ったら、春草終焉の地であった代々木が明治神宮鎮座地になっている、明治天皇がとても気に入っておられたという屏風が春草の「雀と鴉」であったりと明治神宮、及び明治天皇との関わりがあった。

今回の展覧会では前期後期とで一部作品を除き、多数の作品の入れ替えがありますのでご注意ください。前期33点、後期34点が出展されます。

前期で印象に残った作品です。ほぼ年代順に並んでいました。

・落葉<未完本> 個人蔵
未完本でも大作であることは、見て取れる。完成本は永青文庫蔵で、今年の1月に放送されたNHK日曜美術館の菱田春草特集でも紹介されていたようだ。詳細はブログ「すぴか逍遥」様で画像と放送内容が丁寧にまとめられています。

・寡婦と孤児 東京藝術大学 明治28年
卒業制作で最優等となった作品。今年の4月に藝大のコレクション展で初対面したばかり。当時最優等で選出されるにあたって、反対者も相当いたとか。春草の技法やモチーフは当時斬新であった。
何度見ても父親の戦死を悲しむ母子の表情はドラマティック。

・武蔵野 富山県立近代美術館 明治31年
・伏姫 長野県信濃美術館 明治33年
この頃、朦朧体の取り組みを開始し、本作ではその技法が使用されている。

・躑躅図 遠山記念館 明治38年
遠山記念館は良い作品をお持ちだ。本作品は今回私の一推し。淡い緑色の若草山を背景に、赤や朱の鮮やかな躑躅が手前左下に大きくクローズアップされている。緑と赤の補色が効果的。この作品で目が覚めた。

・雪中松 長野県信濃美術館 明治41年
ポスターのような構図と簡略化された表現で、とても目立つ。

・雪夜 水野美術館 明治42年
空の淡い水色が画面の上下に配されている。下の方にある水色は湖だろうか。幻想的。

このあたりで、琳派的な装飾技法を使用した作品を見ることができる。

・蓬莱山 飯田市美術博物館 明治43年 一幅対
画面がどんどんシンプルに単純化されていく。美術学校の学生時代の作品とはかなり違っており、独自の画風を見に付けた成果が見られる。特に左幅の海に浮かんでいるかのような島の描き方が好き。

かわりものでは、春草が手がけた仏壇の扉絵「秋草の図」が展示されていたこと。写生帖(個人蔵)を見ていると、やはり上手い人だったのだとその軽妙な作品ぶりに感嘆した。

*前期10月3日~10月29日(木)、後期10月31日(土)~11月29日(日)
開館時間:午前9時~午後4時半まで。
休館日:10月30日(金)
拝観料:一般500円

黎明教会資料研修館 「開館5周年記念リクエスト展」 はじめての美術館54 

reimei

京都・吉田山近辺にある黎明教会資料研修館に初めてお邪魔しました。
10月18日まで同館では 「開館5周年記念リクエスト展」を開催中です。

京都には何度も行っていますが、開館5周年という同館の存在はごく最近知ったばかり。どこで耳にしたのか記憶が曖昧で、ネット上だったとは思うのですが。。。

こちらの美術館の所蔵作品の特徴は、「琳派」の名品の数々!
所蔵品の一部画像はこちらで見ることができます。

この琳派所蔵品の中から、開館5周年記念でとりわけ人気のある作品が沢山本展では出品されていました。「開館5周年記念リクエスト展」に相応しい内容です。
主な展示内容、作品名は次の通り。感想と共に展示内容を辿ります。今回は学芸担当の方から作品についてご説明をいただきました。展示作品画像は同館HPよりご覧になれます⇒こちら

第1室(琳派・屏風と器物)
燕子花図屏風・桔梗図屏風・春日山螺鈿蒔絵手箱・鹿蒔絵小箱・蜻蛉重香合・色絵蔦図香合・山水
図角皿・色絵芥子図徳利

第1室の見ものは、落款「青々光琳」、印は「方祝」朱文角印の≪燕子花図屏風・桔梗図屏風≫。
高さは低めの屏風ですが、かの有名な根津美術館の≪燕子花図≫以前の作品と言われているそう。私の好みは桔梗の方かな。季節は初夏(燕子花)と秋(桔梗)を表現。リズム感のある燕子花と桔梗の配置が光琳らしい表現。

・≪鹿蒔絵小箱≫
光琳作だったか。小さな蒔絵の箱にこれまた小さな鹿が1頭。愛らし過ぎる。

・≪色絵芥子図徳利≫野々村仁清、特に仁清の徳利は、形がとても美しい上に、白いとっぷりとした色が気に入った。更に、芥子の花が茶であっさりとシンプルに描かれているのも品が良い。

第2室(宗達)
源氏物語図(若菜)・蓮池白鷺図・蓮花図・冨士図

全て俵屋宗達作と言われていますが、伝宗達もあったかも。
・≪源氏物語図≫(若菜)
人物の描き方はどこか岩佐又兵衛風。印、落款はないが、元々屏風だったものを切り離して掛軸に仕立て上げたものらしい。

・≪蓮池白鷺図≫
蓮の葉脈がたらしこみの上から金線で、しっかり入っている。

第3室(光琳―動植物)
梅ねずみ図・雲龍図・朝顔図・鶴図

・≪朝顔図≫ 尾形光琳
光琳最晩年作。朝顔の花よりも主体となっているのは蔓や葉っぱの方。光琳の独創性を感じた。

第4室(光琳―草花図)
扇面白菊図・扇面赤菊図・団扇仏桑華図・梅図

・≪梅図≫ 尾形光琳
かつて芸術新潮にも掲載された逸品。

・≪扇面白菊図≫ 尾形光琳
胡粉が白く菊の花びらを厚くかたどる。菊花の中央は黄色のめしべ。金粉が散らされている扇面は華麗。まさに琳派のイメージ。

・≪団扇仏桑華図≫ 尾形光琳
仏桑華図は、今で言うハイビスカスのこと。ハイビスカスは既に江戸時代にはあった。光琳はいつどこでハイビスカスを見かけたのだろう?

第5室(光悦から光琳乾山へ)
薊図屏風・林和靖図・小大君図・梅図・和歌巻断簡 西行法師・和歌巻断簡 持統天皇

薊図屏風・林和靖図・小大君図(白描)は、光琳作品と言われている。薊図屏風は風呂先屏風としては背が低いので、元々あったものを直した可能性があるそうだ。

・≪和歌巻断簡> (西行法師、持統天皇) 各1点 本阿弥光悦
光悦最晩年の筆。西行法師の下絵になっているススキと料紙の色のマッチが美しい。文字のバランスは強弱で付けている。

第6室(白鳳から桃山へ)
塼仏・百万塔・水瓶・金銅鍍金華瓶・瀬戸黒茶碗・楽茶碗

白鳳期の塼仏や法隆寺の百万塔、桃山時代の瀬戸黒、楽茶碗は一入作品。

第7室(古美術拓本)
東大寺音声菩薩像・薬師寺聖観音前部・聖観音横顔部・法隆寺百済観音装飾

今回御一緒させていただいたのは遊行七恵さま。七恵様はこのお部屋に感嘆しておられました。
こちらはかの有名な法隆寺百済観音の拓本など、今では取得不可能な著名な仏像の拓本が展示されていた。拓本といくことは、あの百済観音にインクか墨を付けたということか。。。想像するだけで気が遠くなった。そんなことして良かった時代もあるとは!

第8室(光琳百図)
「光琳百図」木版刷
酒井抱一の光琳百図を元にした木版画。

ここに、こんなにも琳派作品がそろっているとは~。前述の遊行七恵さんも同館を訪問したのは初めてだったそう。過去見たことのない作品ばかりで、とても楽しめた。予想外の充実度であった。
これだけの内容で入館料無料!
琳派好きの方であれば、京都に行かれた際にはぜひお立ち寄りください。

ご案内いただいた遊行七恵様にこの場を借りて深くお礼申しあげます。おかげで歩いているだけで、美術館に着きました(何も考えずについていくだけ~な私)。

*10月18日まで開催中。次回展覧会は、秋季美術品展(2009年11月3日~12月13日)です。
■ 開館時間:午前10時~午後4時
■火・水曜日(ただし祝休日の場合は開館)および 展示替の期間。開館予定日はこちら
■京都市バス 銀閣寺道下車 徒歩10分 浄土寺 下車 徒歩7分 

「愛と美の女神 ヴィーナス-ギリシア神話から現代へ-」 名古屋ボストン美術館

boston

名古屋ボストン美術館で開催中の「ヴィーナス」展に行って来ました。

本展は、米国ボストン美術館が所蔵する古代から現代まで5000年にわたる作品135点によって、ヴィーナスにまつわる神話や信仰を紐解きながら、この女神の姿を辿り、その素顔に迫ろうとするものです。

やはり、米国ボストン美術館の所蔵品を日本、しかも名古屋で拝見できるのはありがたい。
今回改めて、そんな思いを強くしました。展覧会の内容を追いつつ、印象に残った作品をご紹介します。

冒頭にあるのは、《アフロディーテ頭部、通称「バートレットの頭部」》前330年頃
本展のチラシ表面に使用されている作品。元はと言えば、このチラシに惹かれたのでした。
この≪アフロディーテ頭部≫は米・ボストン美術館の至宝と言われているそうです。

確かに目の前に現れた時、その美しさにはっとさせられます。
特に、どの方向から眺めても、美しさは変わらずどこから観るのが一番良いか色々な角度を試してみましたが、左斜めが私自身のベストポジション。
じっと見ていると、どこか憂いを帯びた表情が素敵です。
この像は、当時ギリシア世界に名を轟かせていた彫刻家プラクシテレス作のアフロディーテ像(原作は現存せず)にひじょうに近い特徴をもつといわれており、それゆえ、非常に貴重な作品となっています。
これだけで、いきなり大満足。

『ヴィーナスの起源:オリエントの女神たち』
序章でいきなりメインが登場し、どうなることかと思えば、まずはヴィーナスの起源をたどる展示。
この女神の起源は、さらにさかのぼって紀元前3000年紀のメソポタミアにまで辿ることができ、ギリシアでアフロディーテ⇒ローマに入りヴィーナスとなったのですが、詳しい方ならご存知のこと。

・《女性像》 テル・ジュディア(シリア)出土、前3100年頃、ブロンズ
siria

この像をはじめ、メソポタミアでは棟をつかむ女性像が数多く作られていた。その姿は豊穣、生殖を示すと言われている。

『ヴィーナスと神話』
女神にまつわる神話は数多く伝えられています。作品をてがかりにヴィーナスお巡る様々のエピソードに迫ります。

・《マルスとヴィーナス》ニコラ・プッサン、、1630年頃
pussan

大画面。プッサンは、こんな作品を描く画家だったかなとプッサンに抱いていたイメージとややずれた。

・≪パラス・アテナ、ヴィーナス、ユノ≫ ハンス・フォン・アーヘン 1593年
画家アーヘンはルドルフ2世の宮廷画家。ルドルフ2世と言えば、ハプスブルク家!ここで、良い復習ができた。

・≪黄金指輪 武具を手にとるアフロディーテ≫ ヘレニズム時代 前200年頃
本展は、絵画、彫刻、工芸品など多彩な分野にわたり作品が出展されている。以前国立新美術館で開催された「ルーブル美術館展-美の宮殿の子どもたち」に雰囲気は似ていた。あちらは、子どもがテーマであったが、こちらはヴィーナスをテーマにしているのが違い。

この指輪についていたザクロ石の血のような赤が忘れられない。

・《キューピッドの翼を切るヴィーナス》 ジャン=バティスト=カミーユ・コロー
コロ―

キューピッドとヴィーナスを描くコロ―作品など初めて見たように思う。背景の風景は、まさしくコロ―作品そのもの。キューピッドとヴィーナスは、これがコロ―と言われると「なるほど」と唸ってしまう。

『ヴィーナスと美』
古代から現代までの美の理想と、美を求める女性たちの思いを振り返ります。

・香水瓶(アラバストロン) セイレン 前650-590年頃
他にも香水瓶は沢山出ていた。紀元前のギリシアでは、皆香水を思い思いに楽しんでまとっていた。
・モザイク板 
香水作りのために、薔薇を集めるキューピッドのモザイク板などで、その様子が描かれる。
「キューピッドが集めた薔薇の香水」というだけで、甘い香りが漂いそう。

・≪箱形鏡を持つエロスの彫像≫ ギリシア ヘレニズム時代 前2世紀
エロスの羽が破損せず現代まで残っていることに素直に感動。展示作品のうち彫像・工芸品はほぼ紀元前のものばかり。あまりの時の流れに気が遠くなりそう。

『愛と結婚』
ヴィーナスは、自ら恋多き女神であっただけでなく、神々や人間の愛を取り持ち、結婚の守護神として活躍しています。作品を通じて、愛の成就や幸せな結婚を望んだ人々の思いをたどります。

・≪九つの冬景色≫2・5・6 ジム・ダイン 1985年 木版
木版とは思えぬ技術。シリーズ作品が3点出展されているが、どれもそれぞれ色調が違い、木版の上から加筆されている。6の碧を背景とした作品が好印象。

『ヴィーナスと信仰』
ヴィーナスの信仰対象としての側面を掘り下げます。

・≪耳飾り 祭壇に捧げられた鳩≫ ギリシア クラシック時代 前4世紀前半
細かい金細工のイヤリング。ヴィーナスに捧げられた奉納品。

・≪アフロディーテの小像≫ ヘレニズム時代後期あるいは帝政期
小さいが、彫は細かい。手足の指の美しさに感動した。

・《アエネアスに武具を授けるヴィーナス》 ルーカ・ジョルダーノ(イタリア)、1680-82年
ジョルダーノ

ジョルダーノの大画面が最後に登場。
最初と最後にど~んと見せ場を作ってくれるのは嬉しい。
このジョルダーノ作品がとても良かった。迫力ある画面で、展示絵画の中ではベストだった。

*11月23日(月・祝)まで開催中
本展チケットで5階ギャラリーで開催中の名古屋城本丸御殿障壁画復元模写展「よみがえる400年前の輝き」をご覧になることもできます。

石川県立美術館 常設展示

昨日アップした「久隅守景展」の続きです。

石川県立美術館は、平成19年9月より空調設備の改修、収蔵庫増設、バリアフリー化等のため1年間の大規模改修に入り、平成20年9月にリニューアルオープンしちょうど1年となります。
改修前の同館に「香月泰男展」を見に行ったことはありましたが、リニューアル後は初訪問。

さて、「久隅守景展」に合わせて常設展示でも関連した作品の展示を行っていました。
画像や詳細は石川県立美術館HPをご覧ください。
時間がなかったので、前田育徳会尊經閣文庫分館をはじめ、古美術のみ見て来た。

<前田育徳会尊經閣文庫分館>
以前来た時に、この展示室はあっただろうか。係の人にお尋ねしたが、分からずじまい。
前田育徳会は加賀藩主前田家伝来の古書籍、古美術品、刀剣などの文化遺産を保存管理する公益法人。詳細はこちら

実に素晴らしい作品が展示されていて驚きました。
テーマは「久隅守景の背景」と題し、6点の作品が展示されています。

中でも印象深かったのは、
・「 四季山水図」  伝 周文 室町15世紀 6曲1双  重文
・「 秋冬山水図 」 伝 周文 室町15世紀 6曲1隻
・「 四季花鳥図」  伝 雪舟 室町15~16世紀 6曲1双  重文
以上3点です。

いずれも東博常設の室町絵画のコーナーにありそうな作品ばかり。
最後に挙げた「四季花鳥図」は、若冲の動植綵絵≪芦雁図≫とよく似た雁の様子が描かれていると先日の記事に書いた作品です。
2002年の京博開催「雪舟展」に出展されている作品です。図録をお持ちの方は、ご覧になってみてください。

他には、守景の師でもあった狩野探幽の≪達磨渡江図≫も出展されています。
ここにあった作品を守景は研究し自身のものとして学びとったのだと作品と共に実感しました。

第2展示室では「狩野派の誕生」と題して、狩野派画家の作品が並んでいます。
ここでも、力のある狩野派作家がずらり。

・西湖図  狩野元信 室町16世紀
・山水図  伝狩野元信 室町16世紀

元信及び元信周辺画家によるの室町時代の水墨画。守景が、企画展でも冒頭にあった≪四季山水図≫は、元信様式を踏襲しているのがうかがわれる作品と説明があった。

・松樹禽鳥図  狩野永徳 桃山16世紀  県文
荒々しい画風に、もしや永徳と思ったら当たり。

・楠公未来記拝観図  狩野探幽  江戸17世紀
探幽は他にも数点あったが、私はこの作品が一番良かったと思う。

・西湖図  秋月等観  1496年 重文
狩野派ではないが、雪舟の画風をひきついだ禅僧画家。石川県美所蔵品重文の1点。

第1展示室は、国宝色絵雉香炉、重文色絵雌雉香炉(野々村仁清)専用の展示室です。
石川県美に来たら、必見でしょう。久々の再会を果たし懐かしい。かなり、大きい作品で京焼の集大成作品。

残念だったのは、企画展・常設展ともに作品リストの用意がされていなかったこと。
HPにはアップされているの、リストが必要な方はHPのリストを印刷して持参する必要があります。
また、ミュージアムショップは工芸品で2万円以上の高額商品を販売しているのにもかかわらず、現金しか使用できません。売る気があるのかな?と思いました。
僭越ですが、もう少し利用者の立場に立った運営をお願いしたいです。

*第1展示室以外は、10月25日までの展示内容です。

「久隅守景展-加賀で開花した江戸の画家-」 石川県立美術館

kusumi

石川県立美術館開設50周年記念「久隅守景展」に行って来ました。

この展覧会は年初に「私の気になる美術展」(以下)にも挙げて、行こうと決めていた。
http://memeyogini.blog51.fc2.com/blog-entry-516.html

昨日、最終日を迎えた板橋区立美術館の「一蝶リターンズ」展が好評、盛況を博し終了。この英一蝶と久隅守景は同じ狩野派一門の画技優れた画家であったが、2人とも狩野派から破門された画家としてよく並列される。
そして、同じように現代においてスポットが当たらず、回顧展の開催がない江戸時代の画家である。
奇しくも今年、計ったように守景と一蝶それぞれを単独で取り上げる稀有な展覧会が開催され、「一蝶を堪能したら、守景も見たい!」一念で金沢行きを計画した。

<展覧会概要>
久隅守景と言えばまず浮かぶ国宝≪納涼図≫をはじめ、守景作品で指定されている重要文化財3点全てを含む初期から晩年の主要作品約40点で、渋いながら日本人の心の琴線にふれる高井精神性を打ち出していった守景の画業の歩みをたどる本格的な回顧展としては最初ともいえる展覧会です。

幸いなことに、展覧会を一周したら、ちょうどギャラリートークの開始時間となったので、参加することにした。驚いたことに、トークの講師をつとめられたのは石川県立美術館長:嶋崎氏であった。この規模の美術館で開催されるギャラリートークで館長自らというのは初体験、それだけ力が入っているのだと感じる。
以下、ギャラリートークでのお話を踏まえ、感想とともに展覧会を振り返ります。
展示作品リストはこちら

第一章 種々の世界-山水・花鳥・人物-
本章では、守景の作画姿勢を山水画・花鳥画・人物画などよりたどる。

・四季山水図  瑞龍寺蔵 8面 高岡市指定文化財
守景の狩野派門人時代の画風を伝え、作成年代が判明している貴重な作品。守景は狩野探幽の命により、現在の高岡市にある禅宗寺院・瑞龍寺の襖絵8面大作である。
館長によれば、元信様式をよく学習していることがこの絵で分かるそうだが、確かに後に続く元信の風景画とは明らかに違う、古典的な画風でやや硬さが見られる。
しかし、既にその力量たるや非凡さを発揮していたからこそ、探幽から指名がかかったのだろう。

・瀟湘八景図 6曲1双 サントリー美術館
・瀟湘八景図 1幅  頴川美術館
サントリーの方は主としてモノトーン屏風、頴川美術館の方は多色な絹本著色の掛軸。頴川の作品は思わず息を飲む美しさ。守景の真体山水図でも名作と称されているというのも納得。
こちらも雪舟、周文ら室町期の水墨画の学習成果がよく現れていると説明があった。

・笹に兎図 蓮に翡翠図 2幅 石川県立美術館
展覧会図録背表紙に使用されている≪笹に兎図≫が登場。恐らく月を見ているであろう兎がとても愛らしい。右幅の≪蓮に翡翠図≫の蓮も墨の濃淡を使い分け、とても味わい深い表情を出している。
筆数は多くないのに、余白を活かした構図も光る。

・許由巣父図 2曲1隻 東京国立博物館
『荘士』などで知られる高潔な志士の故事に基づく画題。ここでは、画題に注目。故事が帝位を譲る隠遁にまつわる画題であり、守景が自身に重ねる所があったのではないかとのこと。
何はともあれ上手い。

・竹林七賢図 6曲1双  MOA美術館
本展開催にあたり、特に無理を言って貸出いただいた守景による名作屏風のひとつ。
感動的な技の冴え。特に竹の描き方は墨の濃淡だけで見事に遠近感を出している点に感服した。
人物描写も1人1人ポーズが異なり、表情も描き分けられている。

・鷹狩図 8曲1双  東京国立博物館 寄託
これは、1章でもっとも印象に残った作品。本展担当学芸員氏の仮説によれば、高岡市の個人が旧蔵していたこと登場人物の着衣の紋様などから加賀藩発注で加賀藩の鷹狩を描いたのではないかと推測されている。
その真偽はさておき、まずやまと絵風の両隻併せて10mの大画面(各152.3cm×508.6)に度肝を抜かれる。更に登場人物や鷹狩の様子が細かく丹念に描写されているので、見ているだけで鷹狩の様子が手に取るように分かる実に楽しい屏風であった。
鷹が鶴を押さえ込んでいる場面や白馬の脇の人物が鼻毛を抜いているポーズなど、見どころ満載で、この絵の前で貼りついてしまった。

他にも作品の紹介を省略するが、掛幅中心に約30点の花鳥画、人物画などを鑑賞できる。

第二章 田園風俗画家の誕生  四季耕作図の諸相
いよいよ、守景の四季耕作図がずらりと並ぶ本展の見どころ登場。守景は田園画家と言われるほど数多く≪四季耕作図≫を描いた画家として知られる。各≪四季耕作図≫を比較対照することで、伝統を継承しつつ独自性を打ち出してゆく制作の軌跡をたどる。

本展で展示されている≪四季耕作図≫は全8点。岐阜・大国寺蔵のものを除き、いずれも各隻3mを超す屏風である。これだけ大作屏風が並ぶ展示は圧巻。最初40点は少ないかと思ったが、とんでもない間違い。十二分に満足できる内容だった。

どれもタイトルが≪四季耕作図≫であるが、いずれもそれぞれ違う内容。個人所蔵の作品も多いため、タイトル・所蔵名で作品の区別をつけにくい。
最初は中国風俗の四季耕作図から始まり、作品番号36の四季耕作図以後の作品からは日本風俗によって描かれ始める。

この36番の作品では、他の作品と異なり、四季の展開が右から左になっている点も注目。現在確認されている守景の日本風俗≪四季耕作図≫では本作のみ右から左の四季展開で描かれているそうだ。

守景の四季耕作図の魅力は、風景画としても人物画としても様々な楽しみ方ができることではないだろうか。例えば、34の四季耕作図では驟雨に襲われ、家に駆け込む人々の様子や満員なのに無理やり入り込もうとする姿が生き生きと描かれる。
守景から離れるが、先に挙げた「一蝶リターンズ」でも同様に驟雨に襲われ、雨宿りする人々を描いた東博所蔵の「雨宿り図屏風」が展示されていた。
驟雨というのは、当時の狩野派画家でよく使われる画題であったのかもしれないが、同じ驟雨の様子でもそれぞれ表現方法が異なっているのが興味深い。

当時の農民生活は貧しく苦しいような印象を受けるが、守景作品でその苦しさは見受けられない。むしろ皆、生き生きと楽しそうに農作業を営んでいる。

守景も一蝶も、雨宿りする人々を見つめる視線は温かいと感じた。

守景に話を戻す。
風景画としての四季耕作図であるが、遠近感(奥行)や田の広がりなど、見ているだけで心和んでくる。実際、農村風景を見ているような感じ。特に、後半の日本風俗で描かれた四季耕作図では親近感がある。
古典様式である中国風俗からの脱却をはかり、独自の創意により完成した日本風俗の四季耕作図。
彼の残した功績は大きく、この創意が後の≪納涼図≫制作へとつながっていく。

第三章 円熟の境地
最終章ではいよいよ国宝≪納涼図≫をはじめ、重要文化財指定の作品が並ぶ。惜しくも大倉集古館所蔵の≪賀茂競馬・宇治茶摘図≫は10月10日までの展示で、見ることは叶わなかったのは残念。

本章で注目すべきは、作品番号39石川県立美術館蔵の≪四季耕作図≫である。
日本風俗で描かれた同作品の中ではもっとも完成度の高い名作と言われている。重文指定にあたっては、対抗馬が現れたようだが、こちらに軍配が上がった。
本作の見どころポイントは次の通り。
①左隻やや右寄りの柳の下に描かれた3人の人物の様子
②右隻の右下に描かれた石高を告げる役人とそれを聞く農民の様子(下図)
sikikousakuzu

②は日本史の教科書の参考資料として掲載されているそうだ。
①は目玉の≪納涼図≫に描かれる涼を取る親子と同じようにござを引いてくつろぐ3人の人物。ポーズも似ている点より、39の≪四季耕作図≫などで表現の研究を重ねた結果の集大成として≪納涼図≫が描かれたのではないかとされる。

柳で忘れてならないのは、守景の描く作品には多くこの柳が登場し、しかも同じような描き方であるため、守景の贋物にはよく柳が描かれているそうなので、ご注意を。

さて、≪納涼図≫は過去東博で見たことがあるが、久々の対面。
こちらも教科書で見かけた作品で、いつも懐かしく思う。今回は一連の≪四季耕作図≫からたどって、守景の画業到達点とされる本作を見ると感慨深いものがあった。
3人の家族の視線は先にあげた≪笹に兎図≫の兎と同じく月だろうというのが、同館の推測。

≪納涼図≫を描き上げた守景の心境は、いかばかりであったか。本人しか分からないが、様々に憶測するのも楽しいことだと思う。
一蝶以上に謎の多い画家久隅守景の四季耕作図が深く心に残った素晴らしい展覧会。金沢に足を運んで余りある内容だった。

守景の精神性までは当記事で語ることはできなかったが、ご関心の向きには、ぜひ本展図録の購入をお薦めします。価格2000円で、≪四季耕作図≫をはじめとする大型作品の詳細拡大図や担当学芸員の村瀬氏による守景の画業を考察する論文も掲載されていて、この先いつ開催されるか分からぬ久隅守景展の貴重な記録だと思います。

*10月25日まで開催中。会期中無休!もちろん、お薦め展覧会です。開館時間:9:30~18:00
他館への巡回はありません。

「皇室の名宝-日本美の華 1期」 東京国立博物館

meihou

東京国立博物館で開催中の「皇室の名宝展 第1期:永徳、若冲から大観、松園まで」に行って来ました。

今年の日本古美術関連で、もっとも注目される展覧会と言っていいでしょう。混雑必至とブロガー対象のプレビューに応募するも、見事落選。しからばと、休みをからめて平日の午前中に見て来た次第。珍しく元NHKアナの加賀美幸子さんに惹かれて、二順目音声ガイドを借りてみた。加賀美さんと皇室のイメージはピタリと来るし、何より聞きやすい。

展覧会の概要は、タイトルそのもの。
平成天皇の御即位20年を記念し、皇室が所蔵する名宝中の名宝を集め、Ⅰ期、Ⅱ期と分けて展観します。特にⅡ期には、あの奈良博まで行かないと見ることの叶わない正倉院宝物が登場。
前置きはその位にして、早速感想に入ります。展示内容、画像その他は既に多くのブロガーの皆様がご紹介されていますので、ここでは割愛いたします。

第1章 近世絵画の名品

・≪唐獅子図屏風≫ 狩野永徳・狩野常信筆
永徳の唐獅子図屏風は2007年京博開催の「狩野永徳展」以来の対面。しかし、狩野常信筆の方は初見。ちょっと、やんちゃな唐獅子ちゃん。並べると、迫力不足は否めないが、不釣り合いという訳でもない、こわ~い永徳唐獅子に擦り寄る常信唐獅子。
既にアップした現在京博で開催中の「日蓮と法華の名宝」展にも、これと等大と思われる狩野山楽の「唐獅子図屏風」を見た。こちらの方が永徳作に近い気がしたが、これは寂光寺が所蔵しているので、本展への出展はなし。3点並べたら、さぞかし壮観だろう。

・≪萬国絵図屏風≫ 
17世紀初期作と思われる作者不明の8曲1双屏風。左右に世界各国の民俗衣装?をまとった男女が描かれる。まさに世界の風俗図。更に中央には世界地図。かつて、サントリー美術館、大阪市美へ巡回した「BIOMBO展」に出展されたらしい(今、知った)が記憶にない。

海北友松の「浜松図屏風」も名品だが、私に対するインパクトには欠け、他狩野永徳派の屏風類も省略。

次の部屋が若冲ワールド。

本展の目玉である動植綵絵30幅がズラリと並ぶ。これで、4度目の拝見ですが、何度見ても鮮やかな色彩と緻密は線、若冲の技と発想が光る名品であることは言うまでもなし。
見るたびに良いと思う作品は違うと思いきや、またも自分のブログで過去記事を検索した所、直近の2007年相国寺での「若冲展」2回目で≪芦雁図≫(下)が良いと書いていた。今回も≪芦雁図≫に惹かれたのだ。あの緊張感漂う画面、氷裂の入った池めがけて下降する雁。
rogan

先日行った石川県立美術館の常設展で、伝雪舟(雪舟周辺絵師)筆「四季花鳥図屏風」右隻に若冲≪芦雁図≫と同じように地面?に向かって下降する雁が描かれていて驚いた。雁は、こういった動きをするらしい。

更にこの絵をよく見ると、右側の枝にとまる鳥の顔が雪で消されている。何とも不自然な感じ。どうして、顔を隠したかったのか?など何とも気になる。

1幅ずつ、こんな風に感想を書きだすと、きりがないので他は略。ただ、相国寺所蔵の釈迦三尊像がないので、あの展示を知っていると、何かもの寂しい。≪旭日鳳凰図≫(2006年に三の丸尚蔵館での展示で拝見した。)も大作ではあるが、残念ながら釈迦三尊像の代わりは厳しかろう。

次の部屋へ移動。
ここは、大変な状態になっていた。前2室のしわ寄せが来てしまったのだろうか?
何しろ、円山応挙筆≪旭日猛虎図≫が、後ろに下がって見られない。ちょうど部屋の真ん中に衝立のように、ガラスケースが配置されていたからである。
この部屋は混雑の元凶となってしまうに違いない。おまけに最奥には、呉春筆≪秋草図衝立≫が本当に衝立となっているではないか。
部屋が狭すぎる~。いや展示作品が多すぎて、無理しちゃったという方が正しいのか。

印象に残ったのは、上記応挙の猛虎というにはあまりに愛らしい≪旭日猛虎図≫、両面楽しめる呉春≪秋草図衝立≫、谷文晁の水のみ虎を描いた≪虎図≫、ラブリーな中に上手さが光る長澤蘆雪≪唐子睡眠図≫と山口素絢≪朝顔狗子図≫。

そして、この部屋の私的ベストは岩佐又兵衛≪小栗半官絵巻≫巻1・11・13と葛飾北斎≪西爪図≫。≪西瓜図≫は昨年の板橋で見逃し、いつかは必ず!とどうしても見たかった作品たち。
小栗判官は、全15巻のうち3巻だけではストーリーが分からないので、復習してから再訪しようと思うが、果たして展示ケースに近寄れるのだろうか。。。又兵衛とその工房による極彩色の絵巻である。
この先、それこそいつ出会えるか。三の丸尚蔵館で、若冲のように全15巻を5期くらいに分けて、最初から順次公開していただけないものだろうか。

北斎≪西瓜図≫は、画像その他では何度も見ているが、実作は素晴らしかった。透けるように薄い西瓜の皮。西瓜を盥、干した西瓜の皮は七夕飾り。黒刃上の二つの光は織姫と彦星とが七夕に出会う星合い図として表現した、いわゆる見立絵。
包丁の根元にご注目。「應需」とあるが、これは求め(恐らく天皇)に応じて描いたの意。
とら様のブログを、昨年板橋区立美術館で小林忠先生が同内容のお話をされており、とら様のブログに詳しいのでご紹介します。

酒井抱一の≪花鳥十二ヶ月図≫は、最後のお口直しのデザートのように思えた。
以上で、第1章は終り。

第2章 近代の宮殿装飾と帝室技芸員
ここでは、帝室技芸員作家による作品が並ぶ。*帝室技芸員制度についてはこちら

この第2章でかなり疲弊した。その原因は展示作品の多くは皇室が依頼した作品であったから。明治、大正と戦前まで、天皇は人に非ず神であった。
その神から依頼されたとあっては、気合いも入る。その気合いが作品全部から沸き立っていて、見ているこちらが気疲れしたんだと思っている。

印象に残ったのは、以下。

≪旭日双鶴松竹梅図≫ 3幅 荒木寛畝・野口小蘋
これは、作品というより上下両脇の銀地の表装に仰天した。確か銀婚祝いの品だったような。

下村観山 ≪光明皇后≫、川合玉堂≪雨後≫、橋本雅邦は好きなのだが、今回の≪夏冬山水図≫≪春秋山水図≫はやや大人し過ぎた。

≪讃春≫ 鏑木清方 6曲1双
気合いが入る作品が続く中、安らげる一陣の春の風のような作品だった。向かって左に川で生活する母子、右には良家の子女と思われる女子学生が2人。いずれも春の到来を楽しんでいる図。旭日とか、孔雀とか鳳凰、富士山、虎はもうお腹一杯と思っていた最後の最後で登場。

上記絵画より、個人的にこの部屋の見どころは工芸だと思う。

とりわけ、今回私が注目したのは海野勝の置物2点であった。
先に展示されていた≪太平楽置物≫の方が、ベルトにメドゥーサのような飾りがついていて、インパクトが大きく、≪蘭陵王置物≫はかつてどこかで一度見たような記憶あり。
見事な調金細工である。この他、海野の技が密かに冴える展示品≪菊蒔絵螺鈿棚≫である。
同じく帝室技芸員の川之邊一朝(蒔絵)他との共作。この棚で、海野は金具を担当しているが、金具ひとつとっても素晴らしい技術を見て取れる。

自身の感心分野でいけば、七宝の並河靖之や濤川惣助らの作品も忘れられない。

そして、牙彫なるものを本展で初めて認識した。これまでも見たことはあるかもしれないが、ここまで強い印象は残らなかった。
≪官女置物≫旭玉山作。
旭玉山は独学で牙調を学んだ人。よくぞ、独学でこれだけのものを作ったものと俄かに信じがたい。牙を一体どれだけ使用したのか、接合技術も素晴らしい。
彫刻関連では、高村光雲≪矮鶏置物≫、1対の鶏はまるで生きているかのようだった。

陶芸では、装飾過多な菊満載の薩摩焼≪色絵金彩菊貼付香炉≫(好き嫌いを超越したデコラティブ)、清風與平(三代)作≪旭彩山桜図花瓶≫のうっとりするような淡い桃色、宮川香山(初代)作≪青華氷梅文花瓶≫(デコラティブ時代になる前の名品)などを挙げたい。

壁面一杯を飾る渾身の作品、川島甚兵衛(三代)作≪春郊鷹狩・秋庭観楓図壁掛≫や藤井浩祐作
≪狩猟犬の仔≫も忘れられない。

とても長くなってしまいました。最後まで読んでいただいた方に厚く御礼申し上げます。

*1期の展示は11月3日(火・祝)まで開催中。

「未完の横尾忠則-君のものは僕のもの、僕のものは僕のもの」 金沢21世紀美術館


yokoo
金沢21世紀美術館で開催中の「未完の横尾忠則-君のものは僕のもの、僕のものは僕のもの」に行って来ました。

過去にも何度か書いていますが、私は横尾さんの作風が苦手。あまりにドギツい上に、エロが入ってる点が受け入れ難かった理由でしょうか。と云いつつ、何度もその作品を展覧会上で見かけ、特に今年の1月に見た「氾濫するイメージ・・・」展(うらわ美術館他で開催)の横尾さんの挿絵などは、ぐっと来るものがあった。やっぱり上手いなぁ~と感じ入ったのです。
ご参考:うらわ美術館での過去ログはこちら

という訳で、横尾忠則展単独であれば、私も金沢まで足を運ばなかったであろうが、本命は別にありついでに金沢21世紀に行って来た次第です。

漸く本題ですが結論から申し上げると、この展覧会は行って本当に良かった~と珍しく感動。
まさか、これほどまでとは思っても見ませんでした。
横尾忠則が苦手な私でさえが、そう感じたのですから、ファンの方には堪らない?いや、もしかすると新境地が却って、コアなファンには受けないなどということはある?そんな危惧さえ生まれる程、これまで見た作品のどれとも違う新作群でした。

今朝放映のNHK「日曜美術館」の特集は「メダカの目 横尾忠則」で、早朝から展覧会に出かけたため私は見てませんが、来週の再放送は必ず見たい!

展覧会の概要、シンプルです。横尾忠則のアクリル画中心に旧作・最新作を、更には未発表作品を取り交ぜて約140点を一気に見せます!
横尾芸術の本質-「未完」であることを思う存分感じましょう~♪

ざっくりと展示室単位に内容をご紹介しつつ、感想など。

展示室7
2008年~2009年までの家や風景を描いたアクリル画の大作が全部で7点。大きさは1点を除いて、181.1×227.3。
この部屋に入った瞬間、まず驚いた。これは違う、私の知ってる横尾作品ではない。
不穏な色遣い、あれだけ線の緻密な具象を描いた横尾さんの作品が抽象にちょっとだけ近づいてる。
私が好きだったのは、≪交差する時間≫2008年、≪猫のいるY字路≫2008年、≪LIE LIE LIE≫2009年。が、他の作品≪アストラルタウン≫2008年などは松本竣介の街シリーズをちょっとだけ感じさせた。

展示室8
この部屋も、もうどこを見てよいやら圧倒されっぱなし。
まずは≪奇縁まんだら≫の原画。「奇縁まんだら」は、日本経済新聞土曜日朝刊の連載モノで瀬戸内寂聴が物故巨匠作家や芸能人との奇縁を綴った随想。2冊(以下)が単行本化されている。
kien
zoku

新聞で見るのと、原画見るのではやっぱり違う。
もう、色色色が溢れる中、やっぱり著名人の似顔絵は上手いんだなぁ、これが。
これが、全部で78点!!!

78点もある中、特に印象に残ったのは忌野清志郎。追悼の意を込めてか、彼を描いた作品だけ9点も出ていた。そっくり。
どっかで見たけど、誰だっけと思ったのは武者小路実篤。

この78点似顔絵原画群の対面で対抗してるのは、横尾工房:その後の天国と地獄(参加者による作品)サイズ可変で現在も制作中。要は同じモチーフを参加者が描き、それをどんどん貼っていくもの。

横の壁面には2000年、2001年、2009年の新作、これまた大作ぞろいが並ぶ。
ここでは≪「ガロア」の家≫2009年が、すごく良かった。やはり家か。

展示室9-10
ここは再生の部屋。過去に描いた作品をモチーフにして、全く新しい作風の新作を生み出している。
過去作品と再生された新作(全部で25点)が並んでいるので、比較してみると楽しい。
過去の作品がちんまりして見えた。それほどまに、新作品はボリュームアップしはじけていた。

例えば、≪制作中≫1966年⇒≪トイレ≫2003年、≪出発、進行≫2006年へとトイレの中にいる女性を描いた作品ほぼ同じポーズなのに、2006年作を中央に、左右に過去の作品を並べていたが、3点比較すると作風の変遷も理解できる。

≪人生にはゴールが無い≫2005年は、プールで水を飲み込みながら必死に泳ぐ女性を描く。
泳ぐ女性は横尾さん自身では?と思った。

展示室11
入って左の壁には最新作がこれまたズラリと並ぶ。こちらはもっと抽象絵画に近づいている。
展覧会チラシ表面に採用されている≪死んだ私に目覚める≫2009年、≪君のものは僕のもの≫シリーズI&Ⅱは、一番良かった。ここの最新作は、私的にかなりツボにはまる・

入口正面と右の壁面の2面をフルに使い、旧作・新作、大作・小品とりまぜて、全部で60点が壁いっぱいに展示されている。その強烈さにクラクラしそうになった。

ここで、良かったのは≪ビートルズ≫2006年、≪DEVIL MAN≫1999年、≪花巻温泉≫2007年、≪懐かしい霊魂の会合≫1998年、≪竹馬座≫2006年、≪タカラヅカを観た夜に見た夢≫2004年等々。
結構、旧作でもいいなと思う作品があった。もしや食わず嫌いだったの、私?

展示室中央には、日記(1981~2008年)が展示されている。コアファンには堪らない。
日記もコラージュされていたり、色や下絵が描かれていたりと、まともに読んでたら時間は全く足りない。
入口手前の壁面には横尾さんご使用のパレットがずらり。紙皿も含めると、全部で何個あったのか?色数見てるだけで、多色使いの作風が思い起こされる。

展示室14
この円形の部屋に入って、思わず「う~ん、やるなぁ」と呟きそうになった。
展示方法が今回は実に上手い。展示も横尾さん自身が手がけたのだろうか?それがとっても気になる。
過去から最新までのアンリ・ルソーの作品をモチーフに横尾風味付けがされた作品たち。
しっかり真似してあるんだけど、タイトルも描かれている落ちも面白い。
毒気があったり、エッチだったり、そこはやっぱり横尾ワールドなのだけれど、くすりと笑わせてくれる。横尾作品の隣に、モチーフになったルソーの作品カラーコピーが展示されているので、間違い探しみたいに遊べる。

≪メタモルフォーゼ≫2006年、≪夜の税関≫2006年、≪うちの女房にゃ髭がある≫2006年、≪梱包されたサン=ニコラ河岸から見たサン=ルイ島≫2008年、≪油断大敵≫2009年、≪次の瞬間≫2009年、本当はルソーの作品名を一緒に記載すると分かりやすいのだけれど、時間がなくそこまでメモできなかった。

ルソーが、この展示見たら何て言うだろう。。。

展示室12には≪滝のインスタレーション≫1999/2009年(ミクストメディア)が展示されていたのに、見逃したことに、今気付いた。落ち込む。だから、この建物は嫌い。どこを見たのか見てないのか分からなくなる。・・・と自身注意不足を反省せず、建物を批判するのはやめよう。

73歳とは思えない、まだまだ「未完」の横尾忠則先生に深く頭を垂れます。ホント凄かった~。

*11月3日(火・祝)まで開催中。

「生活の中の美 北大路魯山人展」 何必館・京都現代美術館

rosanjin

何必館・京都現代美術館で開催中の「生活の中の美 北大路魯山人展」に行って来ました。

本展は、北大路魯山人の没後50年を記念し、同館所蔵の魯山人作品を全館を使用して展観するものです。「陶」「書」「刻」「茶」「花」「食」「季」の7つのテーマに分け初公開の作品を多数含め代表作120点を紹介しています。

何必館では、魯山人作品の美を堪能できる展示方法をとっていました。

同館では珍しく1階ホールも展示空間として使用。
魯山人の多種多彩な器(割と大型)の作品が並んでいます。そして、鉢には水が実際に張られ、花器には生花ではないが、枯れ枝などが挿してあり「こうやって花器を使ったらどう?」という提案されているかのように展示されている。ガラスケースは1階展示には一切なかった。
銀彩の角型平皿など、えっこれも魯山人と、私の中にあった魯山人の器のイメージを覆すような作品もいくつかあった。

「備前旅枕花入」1958年(記憶)は実際壁に生花(椿)を挿して飾られ、展覧会チラシ裏面には「花で絵を描くのが生花」と記されたその通りの風景。
こんな展示の仕方をされると、ただでさえ、素晴らしい作品がより一層その魅力を私たちに伝えてくれる。

「刻」のテーマで、一番印象深かったのは「赤壁賦」刻字屏風1914年、魯山人31歳の作品。
うっすらと青地の背景に白文字が浮かび上がる。二つ折りの高さのある屏風。崩してないきっちりとした文字だった。これは欲しい。
「刻」とあわせて「書」も何点か出ていたが、上記「赤壁賦」のインパクトが強すぎて、印象に残らなかった。

「季」を代表するのは、有名な「つばき鉢」1938年(上画像)、「雲綿鉢」1938年だろう。写真では分からないが、その大きさは私が顔を突っ込んでもなお余りある大鉢。実際にこの鉢はどうやって使うのだろう?
観賞用?

「茶」を代表して、数点の茶碗もあり。黄瀬戸や織部などが並ぶ。

1959年の絶作「織部蟹江平鉢」。
愛らしい力の抜けた蟹が白地に下部が織部の緑をした平鉢(鉢となっているが皿のように底は浅い)の中央に描かれている。今にも自由に動き出しそう。
この絵を見ていると、魯山人が自身の死を予想していたとは到底考えられない。たにしを食し、ジストマによる肝硬変で1959年死去。

他に、これも織部なの?と思わせる、緑茶白の織部と言えばこの三色が浮かぶけれど、緑からあふれ出したような「青」の色が出ていた平皿も忘れられない。

「使う」ことで一層の輝きを増す魯山人の作品の数々に触れられる貴重な機会でした。特に器を載せる台に使用されていた根来塗のお盆の数々、古板の使用方法がとても上手い。私なら、これを載せてなど想像するのも楽しい。

祇園交差点から徒歩2分程度。京都に行かれる方はぜひ立ち寄ってみられてはどうでしょう。

*11月29日(日)まで開催中。

「日蓮と法華の名宝-華ひらく京都町衆文化-」前期 京都国立博物館

nichiren

京都国立博物館で本日より始まった「日蓮と法華の名宝-華ひらく京都町衆文化-」に行って来ました。展覧会公式HPはこちら

京都開催の重量級展覧会、本展は日蓮が『立正安国論』を著し、時の鎌倉幕府前執権の北条時頼に奏進後、750年を記念するものです。
『立正安国論』を軸に、京都十六本山を中心とした諸寺伝来の多くの宝物を一堂に展観します。

展覧会の構成と印象に残った作品は次の通り。
第1部 法華文化の展開
しょっぱなから紺紙金字の法華経文、重要文化財クラスの名品の数々が揃う。

・花園天皇宸翰消息 南北朝時代 重文
花園天皇の書は、伸びやかでかつ気品があり端麗という言葉が相応しい。私であっても若干文字が判読できる。これは、新年の始まり、すなわち年賀状に等しい内容の手紙。

・法華経宝塔曼荼羅図 21幅のうち4幅 鎌倉時代
世田谷の「平泉」展でも同様の宝塔曼荼羅図が出展されていた記憶がある。宝塔自体が経文の文字ひとつひとつで形どられている。細かさ、金字の美しさが秀でる。

・聖観音立像 平安時代 瑞光寺蔵
なぜ、ここに平安時代の作例である聖観音立像が出展されていたのか記憶がないが、個人的に本展中一番好きな仏像。

・釈迦多宝如来像 長谷川等伯筆 室町時代 富山・大法寺
・日蓮像 長谷川等伯  同上
富山・大法寺に残る等伯筆の仏画が前期・後期合わせて4点出展される。
今回予想外に等伯の作品が多数出展されていた。来年開催の等伯展を意識しているのだろうかと邪推したくなるほど。

・絵曼荼羅 長谷川等伯筆 室町時代 京都・妙傳寺蔵
本邦初公開作品。本展では、展覧会開催にあたり調査を行った結果、新発見作品が多く見つかり初公開を迎えている。既出作品でも、上記のような初公開作品がくつかあるのも展覧会の大きな見どころと言える。
この絵曼荼羅も、一見して等伯だとは到底分からない。曼荼羅自体が仏の背景の描き方が菱形模様で他ではあまり見たことのない緑色の模様で構成されている。状態も良いので、描線もしっかり追うことができた。

・弥勒下生変相図 李せい筆 高麗時代 妙圀寺蔵
本作も新発見作品。高麗わたり仏画の優品作が新発見されたのはうれしい。

この他、展覧会を通じて幾つも出展されている「日蓮曼荼羅本尊」、ことに妙顕寺蔵のものはバランス・大きさともに印象深かった。文字の本尊というのはどの仏教でも通低しているように思う。

第2部 日蓮とその時代
『立正安国論』を軸として書画類を通じて日蓮の生涯をたどる。

・立正安国論 日蓮筆 鎌倉時代 千葉・法華経寺 国宝
日本史の授業ではるか昔習い、受験時代に記憶した日蓮の「立正安国論」。名前だけは記憶の片隅から呼び起こしたが、もちろん、実物に見えるのは初。
元気の良い文字が、これを著した日蓮の勢いを感じる。しかし、これが原因で佐渡に流される日蓮。

・蓮池蒔絵三重箱 江戸時代 千葉・法華経寺
立正安国論を収めていた箱。この蒔絵は特筆ものの美しさ。更に好みだったのは、箱蓋の金具。これも蓮の葉と実をかたどられている。

・日蓮入滅図 江戸時代 ハーバード大学・燕京図書館
日蓮を聖化するために描かれたとされる。釈迦の代わりに横たわるのは日蓮その人。

第3部 京都開教と西国への展開
日像による京都開教以降、西国への法華の展開と隆盛を追う。

・洛中洛外図屏風(歴博甲本) 室町時代 10/25までの展示 重文
たばこ博物館で昨年出展されていたが、これをちょうど見逃したため今回初見。
人物が非常に細かい。室町時代のものとは思えぬ状態の良さ。

・加藤清正像 江戸時代 本圀寺蔵
かの清正も法華宗徒だったとは知らなかった。

・餓鬼腹茶入 南宋~元時代 本圀寺蔵
餓鬼腹とはよく言ったもの。ソロバンだまのように真ん中が見事に膨れている。珍しい形。

第4部 京都受難の時代
織田信長による安土宗論での敗北、豊臣秀吉の方広寺大仏殿千僧供養への参加強制を巡っておこった不受不施派の弾圧という、政治と信仰との対立により被った受難の時期を振り返る。

・信長公記 巻十二 太田牛一筆 建勲神社 重文
これがかの信長公の正史と言われる太田牛一筆かと眺めた。かつて、太田牛一を主人公とした小説を読んでから気になっていた。名筆とは言いがたいが内容はしっかりしているのだろう。上記安土宗論での顛末が記載される。

・瓦経 本能寺跡南出土 室町時代
信長と言えば本能寺の変が忘れがたい。そこから出土した瓦経にはしっかり判読できる経文があった。

第5部 復興と近世文化の開花
最終章では、法華信者であった狩野元信、長谷川等伯、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山の作品が一挙に展示されている。琳派ファンには堪らないだろう。

・本能寺切 藤原行成筆 国宝
様々な名筆に倣う行成の名品。ほれぼれする。

・赤楽茶碗 「加賀光悦」 本阿弥光悦作
多分2度目。光悦の立ち上がりがすっきりした赤楽茶碗。反対側には関西初出展の同じく光悦黒楽茶碗「時雨」が展示されている。

・色絵花唐草門水注 尾形乾山作 妙法寺蔵
これは乾山の中でも屈指の名品ではないかと思う。初めて見た。注ぎ口の部分だけ緑地で模様は赤の鳥?だろうか。水注全体は白地に赤の花唐草文で、丈夫だけ青になっている。デザインの妙。

・八橋図 尾形乾山筆 文化庁 重文 前期のみ
やや画面が窮屈。ただ、なかなかお目にかかれない作品だろう。初見。

・瓢箪茶入 銘「玉津島」 南宋~元時代 徳川美術館
小さな小さな瓢箪茶入れ。

・牛図 俵屋宗達筆 2幅 頂妙寺蔵
向きがそれぞれ反対になった牛を1頭ずつ描く墨画。

・太公望図屏風 2曲一双 尾形光琳筆 京都国立博物館蔵 重文
全ての線が太公望のへそに集まるようになっている構成は光琳らしい。

・観世音菩薩像 酒井抱一筆 妙顕寺蔵
あれ?抱一も法華宗?

・唐獅子図屏風 狩野山楽筆 四曲一双 寂光寺蔵 前期のみ
「皇室の名宝展」で永徳&常信の「唐獅子図屏風」が話題を呼ぶが、京狩野を代表して山楽に唐獅子図が展示されている。初見。これは、元気が良い。むしろ、こちらの方が永徳風だと思う。大きさも永徳級。

・厩図屏風 桃山時代 二曲一双 本圀寺蔵 
作者不詳だが、見事な描きっぷりで、かつ、とても面白い作品。左右に4頭ずつの馬が描かれるが、その表情が良い。京都町衆文化の代表作品としての展示だろうか。

全体として日蓮宗の背景を知らないと、やや難解な展示内容だと感じた。ちょっと予習が必要か。もしくは展覧会を通じ1回目で法華宗の成り立ち、流れの学習をし、2回目で復習というのも良いかもしれない。しかし、上記には紹介し切れなかったが他にも等伯の仏画が多数出展されている点で特筆すべき内容であった。

*前期展示:11月3日まで。後期展示:11月5日~11月23日まで。 

「生誕130年記念 菊池契月展」 三重県立美術館 

三重県立美術館で開催中の「生誕130年記念 菊池契月展」に行って来ました。

明治時代後期から昭和前期にかけて京都を拠点に活躍した菊池契月は、現在の長野県中野市に生まれ郷里で児玉果亭に師事し、南画を学んだ後1896年に上洛、菊池芳文に入門し四条派を貴調とした本格的な絵画修業を始めました。
その後、文展などで受賞を重ね、欧州視察を経た契月は、西洋絵画と大和絵とを融合した作品を次々発表し、その名を不動のものとします。その一方、京都市立絵画専門学校で、宇田萩邨、梶原緋佐子らの後進を育て、指導者としても大きな業績を残しています。

本展は、契月生誕130年を記念し、初期から晩年までの代表作に加え、新出作品、滞欧期の模写、写生帖などを通し、契月の芸術世界に迫ります。

展覧会チラシの表面に使用されている《散策》1934年(京都市美蔵)(下)の清澄な画風を見た時から行こうと思っていた展覧会。
sansaku

期待通りの契月の日本画の数々にメロメロになってしまった。
しかし、この展覧会には残念ながら作品リストが用意されていない。

よって、印象に残った作品を章だて抜きで挙げていく。展示の流れは初期から晩年へと基本的に
制作年代順になっていた。
会場の都合せいか、各章の説明パネルが中途半端な場所に貼られているので、どこから第2章、第3章なのかが分からなかったのは残念。

・《悪者の童》 1909年 個人蔵
・《ゆふべ》 1914年 京都近代美術館蔵
・《少女》 1920年 京都近代美術館蔵
子供や少女を対象とする作品が多かった。たまたまなのか、子供が好きだったのか?
初期の作風は日本人というより西洋の香漂う描き方で、とろけるような画風である。どちらかと言うと
画面構成は濃密。

・《垓下別離》 中野市蔵
項羽と虞美人の別れの場面を描く大作。歴史画は他にもあったが、この作品は素晴らしい。

・《紫式部》 ギャラリー鉄斎堂蔵
・《交歓》 1938年 京都市美蔵
白描は初期の《紫式部》から、後年の《交歓》まで多色のものとは別のすっきりした画面が良い。
特徴的なのは、人物の顔に塗られた頬紅。ほんのりとした赤が白と黒の画面にハイライトとなって
柔らかさを出している。

・《蓮華》 個人蔵の特別出品作品 六曲一双屏風
この作品は他の作品とはかなり違って個性的。
大胆な構図と蓮のデザインが奇抜。あでやかさ、華やかさ、大胆さを兼ね備えていた。
本日のランチは三重県美のレストランで「契月ランチ」をいただいたが、最後のデザートに本作の蓮を
模したものが出てきて、これが絶品であった。

・《立女》 1924年 長野県信濃美術館蔵
ritujyo

欧州視察で、ジョットの作品など模写したスケッチが展示されていたが、その成果とされているのが
本作品。天平美術と西洋美術の融合を見事に果たした傑作と言えるだろう。
今回、《蓮華》とともに、もっとも印象が強かった作品。
背景の青、どこか聖女を思わせる天女2人の姿。画面下には小花や鳥が描かれ、西洋の宗教絵画の影響が伺われ、この作品を契機として、徐々に個性が際立ってくる。

・《南波照間》 1928年 京都市美蔵 → 以前京都市美で見て、それから契月が好きになった。
・《朱唇》 1931年 京都国立近代美術館蔵
徐々に、初期の密度の濃かった画面構成がすっきると洗練されてくるのが分かる。
格調高く美しい日本女性。
《朱唇》でも使用されているが、女性の着物の色に黄色や緑、えび茶色などを度々使用していて、この色合わせが好ましかった。

晩年、契月の線は更に伸びやかに自由になっていく。
きっちりとした画風が更に変わって行き、いかなる線も描ける日本画家の遊び心を感じた。
 
三重県美では、本展に合わせ郷土の画家で契月門下の宇田萩邨の特集展示が開催されている。
やはり、私は師の契月作品が好みであるが、宇田作品では《竹生島》《簗》《祇園の雨》が良かった。
ことに、《簗》1933年(松阪市立第一小学校蔵)は、大胆な構図がかつての師匠の作品譲りで、
ダイナミックさと清廉な雰囲気が気に入った。


さて、三重県美は常設展のお楽しみも大きい。
特に素晴らしいのが江戸絵画。
今回も曽我蕭白3点、池大雅、月遷など見所ある作品群で楽しませてくれた。
とりわけ、蕭白の《寒翁飼馬・簫史吹簫図屏風》は六曲一双の大作。そして、蕭白らしさ満載の奇妙
テキレツな作品であった。これを見ることができて良かった。
蕭白残り2点は《太公望図》《双鶴図》。
月遷は《王義之蘭亭之図》《赤壁図》いずれも、なかなか他では見られぬ月遷の作品で、これも満足できた。

洋画では、木村荘八《戯画ダンスホール》1930年、古賀春江《煙火》1927年、松本竣介《駅の裏》1942年、野田英夫《風景》1936年が印象に残る。

*「菊池契月展」は10月12日(日)まで開催中。
長野、京都へ巡回予定です。
常設展示は12月27日(日)まで上記作品が展示されています。

「三瀬夏之介展 問月台」 中京大学 Cスクエア

名古屋・八事(やごと)にある中京大学・Cスクエアにて明日11日(土)まで開催中の「三瀬夏之介展 問月台」に行って来た。

Cスクエアは大学構内にあるせいか、朝9時~17時までと、恐らく日本一早朝からあいているギャラリーではないだろうか。
受付もボランティアもしくはアルバイトと思しき学生さんが1人いるだけ。

Cスクエアは、奥行きのある空間だが天井高は低い。
そのせいもあってか、三瀬さんの作品は横に横に伸びていた。
横に伸びるのはここに限ったことではないが、高さがないのでちょっと、彼の作品を活かし切れない感がある。

展示作品はCスクエアHPの画像をご覧ください→こちら

私が今回一番気に入ったのは「千歳」2009年 300×365cm 和紙、墨、胡粉。
これは最初見た時、ゴリラに見えた。
全体の形が普通の紙やキャンバスの四角ではなく、自由に切り取られているためである。

この個展では特に四角い枠からはみ出そうと試みる姿勢を感じた。
もう「山水」などは絵画というより平面の水墨作品を使用したインスタレーションである。
雲なのかよく分からない、切れ端が壁のあちこちに貼られている。

もうひとつ、一番最後にあった「沈める寺」も良かった。
久々に、僅かだが美しい色を作品の中に使用していて、色を使った部分は小さな花火のよう。
かわいらしいワンポイントが印象的。

これから、どんな方向に進んでいくのだろう。
「シナプスの小人」みたいな立体作品を今回見られなかったのは残念。

*10月10日(土)まで開催中。入場無料。
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。