スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年私が観た展覧会 ベスト15


僭越ですが、2009年に私が観た展覧会ベスト15です。今年観た美術館・博物館開催の展覧会は約470展。
8月だけギャラリー編の振り返りをして展覧会編の振り返りを書いてないことに、さっき気付きましたが既に手遅れ。
集計したら8月を除いて442展だったので、470は行っているでしょう。
今年はどうしても10個にするにはしのびなく反則的に15にしました。

今年の選考基準も、昨年同様以下の2点です。
・観ていて楽しく感動した。
・新鮮な驚きと発見があった。

あくまで、個人の嗜好による要素が多分に入っていますのでご容赦ください。

第1位 「若冲ワンダーランド」 Miho Museum
*3回行ったが、毎回違う楽しさと発見があった。若冲作品がちょっと弱いかなと思ったら大雅や蕭白の凄い作品を出して来る、バランスの良さ。更に、鯨と象の屏風新発見+初公開に加え、若冲のこれまでの人物像とは違う文献の発見と目からうろこ状態。来年のアナザーワールドも、もちろん行きます!

第2位 「江戸の幟旗展」 松濤美術館
*文句なしに楽しかったし、幟旗の見せ方、企画力が抜群。もう1度観たい展覧会NO.1。

第3位 「冨田渓仙展」 茨城県立近代美術館
*前期・後期とも充実した内容、作品数と質で冨田渓仙の魅力を満喫。

第4位 「皇室の名宝展」1期&2期 東京国立博物館
*個人的には2期の方がお気に入り。特に春日権現絵巻と蒙古襲来絵詞に興奮。正倉院の宝物が何十年ぶり?かに東京へ来た歴史的展覧会。

第5位 「久隅守景」展 石川県美術館
*守景というなかなかスポットが当たらない画家の農耕図屏風をあれだけ集めたのは立派。初期作品から晩年作まで、しっかり見せてくれた。板橋の一蝶リターンズも良かったが、迫力はこちらに軍配ありと見た。

第6位 「杉本博司 歴史の歴史」 国立国際美術館 + 於:立教大学 杉本博司講演
*この展覧会を観てからしばらく、杉本博司信者になった。講演会を聞いて、更に展示の内容がよく理解できた。まさに歴史的。収集とは何ぞや、美とは何ぞや、歴史ってと色々考えさせられることが多かった。

第7位 「川上澄生展」 横浜そごう美術館
*版画の展覧会は、町田市国際版画美術館の「驚異の部屋へようこそ」、国立西洋美術館「かたちはうつる」、江戸東京博物館「よみがえる浮世絵」など、特に町田の「驚異の部屋」は面白かったが、やはり個人的嗜好から本展がランクイン。版画だけでなく、「とらんぷ」など小間物系もあり500点という作品数にも大満足。

第8位 「あら 尖端的ね」 岡崎市美術博物館
*この展覧会で学んだことはあまりにも大きい。学んだことの大きさから言ったら今年のNO.1展覧会。考現学の今和次郎やマヴォなど、話題の「日本の表現主義」や目黒美術館&京近美の「上野伊三郎+リチコレクション」展が楽しめたのも本展での下地があってこそ。

第9位 「ヴィデオを待ちながら」 東京国立近代美術館
*映像、しかもヴィデオという難しいテーマをあれだけ上手く見せた手法と企画者にひたすら感心。しかも出展作はどれもこれも、思わず見入ってしまう作品が多く、結局2回通った。月の振り返りの評価はなぜか○印だが、振り返ると印象がとても強く残っている。

第10位 「画家としての藤井達吉-創作の原点を求めて」 碧南市藤井達吉現代美術館    
     「画家のまなざし、レンズの眼」 神奈川県立近代美術館葉山
*10位はどうしてもひとつに絞れず2つとなった。藤井達吉は愛知県碧南市出身の総合芸術家だが、工芸作家としての知名度の方が高い。本展覧会は、画家としての藤井達吉に焦点を当てた所がポイント。それほど広さが無い美術館でよくあれだけ作品を持ってきたと感心した。図録の解説が不十分だったことが惜しまれる。

「画家のまなざし、レンズの眼」は企画力の素晴らしさが際立っていた。日頃私が考えている絵画と写真の変遷、接点、近似値や境界を作品を通して見せて下さった。この展覧会で水絵の祖である大下藤次郎を知り、郡山市立美術館へ出かけたのだった。こちらは作品リストが用意されていなかったのが残念。

第12位 「小袖」展 大阪市立美術館
*名古屋市博物館、サントリー美術館と巡回し、興味のない分野だったので、最後の大阪で見たが大当たり。なんでこんなに素敵なものを見過ごそうとしていたのか。驚きの連続。着物、小袖の文様と手技の美に翻弄された。


第13位 「九州古陶磁の精華」 茨城県陶芸美術館
*ずっと観たいと思っていた田中丸コレクションの全容が明らかとなった歓びは大きい。本当に素晴らしい内容で、冒頭の唐津焼が忘れられない。

第14位 「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝」 上野の森美術館
*まさか大晦日の最後に観た展覧会がランクインするとは。上野の森美術館で拝見した展覧会の中で一番良かった。こんなにこの美術館は広かったのかと思う程、展示の仕方も狭さを感じさせず照明もやや落として巧みだった。何よりチベット密教という未知の世界に触れられた経験は貴重。

第15位 「未完の横尾忠則-君のものは僕のもの、僕のものは僕のもの」 金沢21世紀美術館
苦手な横尾さんを好きに変えてくれたパワーあふれる展覧会。こちらもできることなら、もう1度観たい。ギャラリー編ではベスト10に入れなかったけれど、同展に続いて開催された西村画廊の「東京Y字路」も良かった。 

番外その1:越後妻有トリエンナーレ
初めての妻有トリエンナーレは最高に楽しかった。温泉+アートを堪能。展覧会というくくりに入れるより祭典であるため、ランク外にしたけれど、もちろん内容はベスト10に入るだけのものが沢山あった。

番外その2:ロンドン美術館・博物館巡り
やっとナショナルギャラリーやV&A、コートルード、テートブリテン、テートモダン、ウォレスコレクションなどに行けた。今にして思えば、ロイヤルアカデミーで見た特別展「ビザンチン」は素晴らしい内容で忘れられない。

続いてランクイン候補になった展覧会(分野別)
なお、三井記念美術館の柴田是真展は展示替えをまだ見ていないので、対象から外している。

<古美術>
・「一蝶リターンズ」 板橋区立美術館
・「狩野派-400年の栄華-」 栃木県立博物館
・「狩野派の世界」 静岡県立美術館
・「相国寺 金閣銀閣名宝展」 相国寺承天閣美術館
・「寧波」展 奈良国立博物館
・「熊野三山の至宝-熊野信仰の祈りとかたち」 和歌山県立博物館

<近代美術>
・「小杉放菴と大観」 出光美術館
・「だまし絵展」 名古屋市美術館
・「白樺派の愛した美術」 神奈川県立近代美術館葉山
・「近代の東アジアイメージ」 豊田市美術館
・「杉浦非水の眼と手」 宇都宮美術館
・「牧島如鳩」展 三鷹市美術ギャラリー

<西洋美術>
・「The ハプルブルク」 国立新美術館
・「フランス絵画の19世紀」 横浜美術館
・「国立トレチャコフ美術館 忘れえぬロシア」 Bunkamura ザ・ミュージアム

<現代アート>
・「原口典之 社会と物質」 BankArt ⇒ これはとっても良かった。でも会場は美術館でも博物館でもない。
・「塩田千春展-流れる水」 発電所美術館
・「ムットーニワールド」 八王子市夢美術館
・「束芋 断面の世代」 横浜美術館
・「内藤礼 すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」 神奈川県立近代美術館鎌倉
・「伊庭靖子-まばゆさの在処-」神奈川県立近代美術館鎌倉 

<陶芸、版画、写真など>
・「向付」展 五島美術館
・「ランドスケープ-柴田敏雄展」 東京都写真美術館
・「染付」展 東京国立博物館
・「小袖」展 大阪市立美術館 ⇒ これは本当に良かった。
・「アンリ・リビエール展」 神奈川県立近代美術館葉山
・「野口里佳 光」 国立新美術館

最後に、勝手な賞を作ってみました。

・09年度美術館賞 神奈川県立近代美術館
この1年、葉山、鎌倉共に毎回レベルの高い展覧会を行っていること。
ただ残念な点が二つある。
①企画展の作品リストが用意されていないことが多い。直近の白樺展で初めて作成されていた。
②県立美術館なのに「友の会制度」がないこと。

この欠点を考えると茨城県立近代美術館と最後まで迷った。茨城県は、県立の全ての美術館、陶芸館の企画展が1年を通じて年間3,000円で見られるパスポート制度がある。これは凄い!
今年は残念ながら茨城近美の全ての企画展に行けなかったので、神奈川近美とした。

ということで、いよいよ本年も残すところわずかとなってまいりました。
今年1年、拙ブログをご高覧いただきありがとうございました。

それでは、皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

(ご参考)
2008年のベスト10
2007年のベスト10
スポンサーサイト

2009年 私が観たギャラリー ベスト10

2009年に観たギャラリーから、印象に残った展示を10挙げてみました。
私がギャラリーのベスト10を挙げるのは今年が初めて。これまでは分母(行った数)が少なすぎて、ベストを挙げることなどできませんでしたが、今年は頑張ってギャラリーにも足を運んだのでその記念として振り返りたいと思います。
完全に私個人の好みによるものですから、皆さんそれぞれ思う所があるでしょうが、そこはご容赦ください。

1.「村田朋泰:2」 GALLERY MoMo Ryogoku & 「ゆるゆるズ」 日本橋高島屋美術画廊X

2.「山口英紀展」 新生堂

3.「NEW DIRECTION展 ♯1「exp.」 TWS本郷

4.山田純嗣展「絵画をめぐって-The Pure Land」 中京大学Cスクエア

5. 内海聖史展 「ボイジャー」 eN arts (京都)

6.「さわひらき展」 オオタファインアーツ

7.小谷元彦「Hollow」 メゾンエルメス

8.フジイフランソワ 「コトホギス」 新宿高島屋美術画廊

9. 坂本真澄「体育のじかん」GALLERY MoMo Roppongi

10.「青木良太展」 TKGエディション

次点というか番外「TWS-Emerging」シリーズ TWS本郷

連続して両国のギャラリーmomoと日本橋高島屋と相反する内容で個展を開催して下さった村田朋㤗さんは素晴らしかった。特に両国の方は新境地開拓で、これまでにない内面的なものを呈示し観る者をその世界観にどっぷり引きこんでくれた。

2位の山口英紀さんは今年知った画家さんの中でピカイチ。もともと水墨画は好きだし、中国絵画に強い関心があるのでモロに私の好みにはまった。山口さんとも直接お話ができ、絵画技法や画材、中国での留学中のお話も伺えたのは貴重な経験。来年1月下旬から同じ新生堂で個展が開催されるので、今から楽しみ。

3位でも新たな映像作家さんを発見。宮永亮氏は京都在住。こちらも次の個展に向け準備中とのことで、京都まで追っかけなければならない。
4位の山田さんの中京大学Cスクエアの個展には圧倒された。空間を完全に使いこなし、普段は見せないオブジェも展示されていたが、オブジェは見せない方が良いという声もあったそうだが、私はこの点を評価したい。また、山田さんご本人と直接お話できたこともとても嬉しかった。

大人気の内海聖史さんは、スパイラルギャラリーでの「色彩の下」も拝見したが、私個人としては新しい内海作品を展開して下さって、闇の中から浮かび上がるあの絵画作品を今でも忘れられないため、京都の個展を推したい。

「さわひらき展」ではオブジェも使用して、映像との融合を目指しこちらも新しい試みを見せていただき、個人的にはやはりさわひらきさんの映像は大好きで、新作を堪能できた。
7位、8位は現在開催中のため割愛。いずれもインパクトは大きかったし、フランソワさんに至っては3年ぶりのギャラリー個展。新作もあり楽しめる。

坂本真澄さんも、今年知った作家さん。独特の雰囲気ある表情の人物像とベニヤなどキャンバスだけでなく様々な素材を使用してギャラリー空間全体を「体育のじかん」に仕上げていた。大阪での直近の個展は、「体育のじかん」と比較すると中途半端な感じでそれが残念。

最後は迷ったけれど、青木良太展での青銅器のような陶芸作品を挙げる。小さな器も良いけれど、オブジェ作品も期待したい。

本当はベスト10に入れたかったけれど、別枠にしたのがTWS-Emergingシリーズ。
本シリーズの2階を使用していた作家さんの展示は毎回素晴らしかった(除く12月の方、あれは不気味で、好きではない。鴉の死骸(剝製)が何羽もあるって・・・)。福島沙由美、村上滋郎、海谷慶、小畑多丘が印象深い。

他に資生堂ギャラリー「ヘルシンキスクール・写真展風景とその内側」、メゾンエルメス「名和晃平L_B_S」や小山登美夫ギャラリー「風能奈々」展、日本橋高島屋の「彫刻新時代シリーズ」(土屋仁応、滝上優)、ギャラリー小柳の束芋「House」、MEGUMI OGITA「ホーリー・ファレル」もベスト10には挙げなかったけれど良かった。

来年もまだまだ行ったことのないギャラリーが沢山あるので、適度にギャラリー巡りを楽しみたいと思います。
作家さんをはじめ、各ギャラリーの皆様には御礼申し上げます。

2009年12月の振り返り

当月中に振り返り記事を書けたことはないが、やむにやまれず急いであげる。
この後、ギャラリーと展覧会の年間振り返りをしなければならない。

<美術館・博物館> 今月は39
○「北宋 汝窯青磁 考古発掘成果展」 大阪市立東洋陶磁美術館
・「日本のやきもの アジアのやきもの」 藤田美術館
・「近世の春本・春画」 立命館大学アートリサーチセンター
・「京都市美術館コレクション第三期 儚きもの」展  京都市美術館
・「パウル・クレー」清水三年坂美術館 
・「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン」 えき美術館KYOTO
・日本文化に見た夢お雇い外国人建築家コンドル先生「ジョサイア・コンドル建築図面」 京都大学総合博物館
○「魯山人展」 滋賀県陶芸の森
☆「若冲ワンダーランド」 6期 Miho Museum
○「小村雪岱展 遥かな江戸の面影」 資生堂アートハウス
○「The Library」+「この場所で」展 静岡アートギャラリー
☆「柴田是真の漆x絵 江戸の粋・明治の技」 三井記念美術館
◎’文化’資源としての<炭鉱>展 目黒区美術館
○「誕生100年ローズ・オニール キューピー展」 松屋銀座
○「小村雪岱とその時代」 埼玉県立近代美術館
◎「日本で最も愛された少女雑誌「少女の友」展 弥生美術館
・「安野モヨコ展」 弥生美術館
○「夢二装幀事始~夢二で見る近代日本装幀のあゆみ」 竹久夢二美術館
○「生誕100年グラフィックデザイナー野口久光の世界」 ニューオータニ美術館
◎「ガランスの悦楽・没後90年 村山槐多」 松涛美術館
・「浮世絵百華」前期  たばこと塩の博物館
・「ロートレックコネクション 愛すべき画家をめぐる物語」 Bunkamuraザ・ミュージアム
・「冷泉家 王朝の和歌守」後期  東京都美術館
・「筆墨の美-水墨画 第2部山水・人物・花鳥」後期 静嘉堂文庫美術館
◎「三井家のきものと下絵」 文化学園服飾博物館 
◎「根津青山の茶の湯-信長・秀吉ゆかりの品々」 根津美術館
・「艶と色彩-19世紀タイルアートの巨匠 ウィリアム・ド・モーガン」 パナソニック電工汐留ミュージアム
○「12作家の地平線 現代絵画の展望シリーズⅢ」 旧新橋停車場鉄道歴史展示室
・「古代ローマ帝国の遺産 栄光の都ローマの悲劇の街ポンペイ」 国立西洋美術館
・「ローマ 未来の原風景 by HASHI」 国立西洋美術館
・「朝鮮の陶磁器展」石洞美術館
☆「白樺派の愛した美術」 神奈川県立近代美術館葉山
◎「束芋 断面の世代」 横浜美術館
◎「イコン-聖像画の世界」 玉川大学教育博物館
・「東京近代美術館工芸館名品展」 銀座和光
◎「レベッカ・ホルン展-静かな反乱 鴉と鯨の対話」 東京都現代美術館
・「ラグジュアリー:ファッションの欲望」 東京都現代美術館
○「ヤン・フードン 将軍的微笑」 原美術館
「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」 上野の森美術館

で、やっと次に今年見たギャラリーの展覧会を振り返ります。

2009年10月&11月の振り返り

2009年10月、11月の振り返りです。ためにためて、2か月分まとめてアップしました。そうしないと年間ベストが書けないことに気付きました。まだ今月の振り返りが残っている~。
印象深かったものは記事にしてるので、ギャラリーは省略。

<美術館・博物館>展覧会 数え間違ってなければ全部で91展 2回目の訪問は若冲ワンダーランドだけ記載
○「よみがえる浮世絵 - うるわしき大正新版画」 江戸東京博物館
◯「新・根津美術館展 国宝那智瀧図と自然の造形」 根津美術館
○「湖都大津 社寺の名宝」 大津市歴史博物館
☆「若冲ワンダーランド」(第4期) MIHO MUSEUM
・「アイ・ウェイウェイ展 - 何に因って?」 森美術館
◯「特別展 菱田春草」前期・後期 明治神宮文化館
○「小林清親と土屋光逸 - 師弟による明治のおもかげ木版画展」 礫川浮世絵美術館
☆「皇室の名宝 - 日本美の華」(第一期&第二期) 東京国立博物館
・「速水御舟 - 日本画への挑戦 - 」 山種美術館
○「京都瓢池園」 泉屋博古館分館
○「野呂介石-紀州の豊かな山水を描く」 和歌山県立博物館
◎「自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展」 和歌山県立近代美術館
○「開館5周年記念リクエスト展」 黎明教会資料研修館
○「北大路魯山人」 何必館・京都現代美術館
・「日蓮 法華の名宝」 京都国立博物館
○「夢と追憶の江戸 高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展」前期・中期・後期 三井記念美術館
・「東方彩夢-森田りえこ展」 日本橋三越
・「芭蕉 <奥の細道>からの贈りもの」 出光美術館
・「肉筆浮世絵と江戸のファッション 町人女性の美意識」前期 ニューオータニ美術館
○「染野夫妻陶芸コレクション- リーチ・濱田・豊藏・壽雪-」 東京国立近代美術館工芸館
・「ベルギー幻想絵画 姫路市立美術館コレクション展」 Bunkamura ザ・ミュージアム
○「江戸園芸花尽くし」前期&後期 太田記念美術館
・「オルセー美術館展 パリのアールヌーヴォー19世紀末の華麗な技と工芸-」 世田谷美術館
◎「第61回正倉院展」 奈良国立博物館
○「神話~日本美術の想像力」前期  奈良県立美術館
○「和装美人から洋装美人へ 大正・昭和の女性像」後期 堂本印象美術館
○「蔵書票の美」 関西学院大学博物館準備室
○「近代日本画の洋画」 野間記念館
○「講談社 野間記念館の名品」 野間記念館
○「黄庭堅・伏波神祠詩巻 中国大書家の気に触れる」 永青文庫
・「中村不折コレクション 顔真卿特集」 台東区立書道博物館
◎「絵画・墨跡と李朝の陶芸」 五島美術館
・「古代カルタゴとローマ展」 大丸ミュージアム東京
・「ギリシアの古代美術」 天理ギャラリー
○「河口龍夫展 言葉・時間・生命」 東京国立近代美術館
○「筆墨の美 水墨画展 第二部 山水・花鳥・人物 」前期 静嘉堂文庫美術館
○「伝えゆく典籍の至宝」 五島美術館
・「浜口陽三生誕100年記念展 銅版画大賞展」 ミュゼ浜口陽三
・「世界の土器の始まりと造形」 古代オリエント博物館
・「異界の風景」 東京藝術大学美術館
・「現代美術 DRAWING展-景-」 東京藝術大学陳列館
○「第5回アトリエの末裔あるいは未来」 平櫛田中邸+台東区書道博物館
・「大観・観山と 日本美術院の画家たち展」 松岡美術館
○「パリに咲いた古伊万里の華」 東京都庭園美術館
・「清方/Kiyokataノスタルジア」 サントリー美術館
・「冷泉家 王朝の和歌守展」前期 東京都美術館
○「旅 異邦へ 第三部」 東京都写真美術館
・「セバスチャン サルガド アフリカ」 東京都写真美術館
・「写真新世紀」 東京都写真美術館
◎「内藤礼 すべて動物は世界のうちにちょうど水の中に水があるように存在している」 神奈川県立近代美術館鎌倉
・「鎌倉の日蓮聖人」 神奈川県立歴史博物館
☆「<写生のイマジネーション>杉浦非水の眼と手」 宇都宮美術館
○「岸浪百草居」 群馬県立館林美術館
◎「狩野派 400年の栄華」 栃木県立博物館
・「オブジェの方へ-変貌する「本」の世界-」 うらわ美術館
◎「根来」 大倉集古館
○「ユートピア 描かれた楽園」 出光美術館
○「乱歩展」 神奈川県立近代文学館
○「原三渓と美術」 前期  三渓記念館
○「大・開港展 徳川将軍家と幕末明治の美術」 横浜美術館
○「大本山光明寺と浄土教美術」 鎌倉国宝館
◎「近代の東アジアイメージ」 豊田市美術館
・「天球極」 豊田市美術館
◎「菅原健彦展」 岡崎市美術博物館
◎「志野・黄瀬戸・織部のデザイン」 愛知県陶磁資料館
・「写真が描く戦後1945-1964 日本の自画像」 愛知県美術館
○「大橋歩展」 三重県立美術館
☆「画家としての藤井達吉-創作の原点を求めて」 碧南市藤井達吉現代美術館
○「愛と美の女神ヴィーナス-ギリシア神話から現代へ」 名古屋ボストン美術館
○「住友コレクション 富岡鉄斎-墨に戯れ 彩に遊ぶ」 泉屋博古館
○「荻泉翁コレクション-藝に遊ぶ-」世田谷区郷土資料館
◎「ヴェルナー・パントン展」 東京オペラシティアートギャラリー
☆「醍醐寺の名宝」 醍醐寺霊宝館
・「美術を変えた9人の画家」 ポーラミュージアムアネックス
・「Blank Space展」 ポーラミュージアムアネックス
・「栄光のルネサンスから華麗なロココ」 宇都宮美術館
◎「水彩画のパイオニア-大下藤次郎の世界」 郡山市立美術館
・「江戸のMODE-浮世絵美人のファッションガイド」前期 那珂川町馬頭広重美術館
・「池田学展」 おぶせミュージアム
○「秋の肉筆名品選」 北斎館
◎「美しの和紙-天平の昔から未来へ-」展 サントリー美術館
☆「久隅守景展-加賀で開花した江戸の画家」 石川県立美術館
☆「未完の横尾忠則-君のものは僕のもの、僕のものは僕のもの」 金沢21世紀美術館
・「開館15周年記念 高岡の名宝展」 高岡市美術館
◎「生誕130年記念 菊池契月展」 三重県立美術館
・「川喜多半泥子 常設展」 石水博物館
・「秋季展 翰墨の縁-贈答・合璧の書画-」澄懐堂美術館
・「依水園の歴史ー開園50年を記念して」 依水園寧楽美術館
・「上方ゆかりの絵師たち」 花園大学歴史博物館
・「開館十周年記念所蔵名品展」 大阪青山歴史文学博物館
・「祈りと造形 韓国仏教美術の名品」 大谷大学博物館

次の記事で今月12月の振り返りをアップして、その後1年を振り返ります。

「コトホギス フジイフランソワ展」 新宿タカシマヤ美術画廊

kotohogisu
≪完熟桃太郎≫

新宿高島屋10階美術画廊で明日より開催の「コトホギス フジイフランソワ展」に行って来ました。

フジイフランソワさんと言えば、昨年豊田市美術館で開催された「綯交」展での衝撃を忘れられない。フジイさんは名古屋在住の日本人女性アーティスト。
主に江戸絵画を引用して独自の絵画世界を作り上げる。
昨年の豊田市美術館での展覧会でフランソワさんのアーティストトークをお聞きし、拙ブログでまとめているのでよろしければご参照ください。⇒ こちら

今回は新作旧作含めて約40点が展示されている。
豊田市美での「綯交」展では約50点の展示だったので、ほぼ同程度の作品を見ることができるのは嬉しい。

まず、一番の大作屏風≪極楽温泉郷≫が外側のガラスケースに鎮座しているが、これがもう見どころ満載。
水墨画風のモノクロ画面ですが、小動物やはては骸骨までが温泉につかっている。いいなぁ、温泉。骸骨を見ていたら暁斎の作品を思い出した。

中に入ると、ずらりと≪極楽温泉郷≫程の大きさではないが、それでも割と大きな屏風作品が幾つも並んでいた。

今回の個展タイトルはお正月をはさんでの開催ということで、「寿ぐ」とホトトギスをかけて「コトホギス」にしたに違いない。誰にも確認していないが、私はそう思っている。
という訳で、作品のモチーフは特に新作の小品はお正月にちなんだめでたい絵柄が多かった。
沢山の鼠がのし餅によじのぼっていたり、以前はなかったと思うが、銀箔、金箔を使用した作品が特に目立つ。

好きな作品、気になった作品は次の通り。
・≪花虎≫ 
虎の顔が全部お花になっていた。来年の干支を意識しているのか虎作品やや多し。
・≪動植譜≫ 
伊藤若冲の「菜虫譜」のパロディー。これもかわいいの。屏風だけど、画面いっぱいに楽しさが溢れている。
・≪ヒノデコトホギス≫ 
これは抜群に美しかった。カラフルで絵柄は細かい。フランソワさんの筆の繊細さがよく分かる。
・≪連連蓮池図≫ 
光琳の蓮池図を彷彿とさせる。構図が変わっていて、描かれているものは左に寄っている。珍しく金箔仕立ての屏風。

かわいい兎や鼠だけではなく、トップ画像のように桃やザクロから内臓が飛び出すようなちょっとグロな作品も彼女の特徴。グロでも許せるレベルでとどまっている。
今回は日経日本画大賞受賞作品展の時のように1点だけの寂しさはなく、フランソワさんの作品の魅力がフルに味わえる。豊田市美術館の「綯交」をご覧になれなかった方はぜひ!

会場に行ったのが遅くてフランソワさんご本人と入れ違ってしまったのが実に残念。会場でお話を伺いたかったな。
作品のお値段は小品は4万円台から、大作屏風でも100万円は切っていたと記憶している。
既に売却済みの作品も何点かあり。人気ぶりが伺われます。ギャラリーでの個展は3年ぶりくらいなのでむべなるかな。

*フジイフランソワ コトホギス 新宿高島屋10階美術画廊
期間:12月30日(水)~2010年1月11日(月・祝) 最終日は16時閉場
この後JR名古屋タカシマヤに1月20日~1月26日、大阪高島屋に2月24日~3月1日に巡回しますが、全作品が巡回するかは不明です。名古屋展はフランソワさん在住の地でもあり、同一内容のようです。

三宅砂織 「CONSTELLATION2」 Yuka Sasahara Gallery

MIYAKE

12月26日(土)で終了してしまったが、三宅砂織「CONSTELLATION2」をYuka Sasahara Galleryで見た。
*DMハガキにはCONSTELLATION」となっていたが、正しくは2回目なので「CONSTELLATION2」。
ギャラリーHPはこちら

三宅砂織はつい先日発表された「VOCA2010」展で見事大賞のVOCA賞の受賞が発表されたばかり。
受賞者一覧はこちら

この受賞発表と個展のタイミングが重なるという超ラッキーな状況で、最終日ぎりぎりのギャラリーに駆け込んだ。

作品はほとんどがモノトーン中心。
DMハガキの画像を見て何か思い出しませんか?
そう、三宅さんはフォトグラムという技法を使用している。

フォトグラムとは、カメラを使わずに印画紙の上に直接物を乗せて感光させた写真作品です。数枚のフィルムに描かれたドローイングなどを、タイミングをずらしながら配置することによって、微妙なグラデーションが生み出され、独特の奥行きや質感が浮かび上がってきます。焼き付ける作業をおこなう時に、三宅自身がドローイングの位置やそれぞれを乗せるタイミングなどをその都度調整しながら制作されるため、作品にはエディションはなく、すべてユニーク作品となる。~ギャラリーHPより引用~

ギャラリーの方の説明を伺った時にはピンと来なかったが、こうやって文章で読んでみたら意味が分かった。
ポンイントは「ずらし」「ずれ」にあったのか。

展覧会のタイトルである「CONSTELLATION」には「星座や星の位置」という意味の他にも「美しいものの集まり」としての意味も含まれているそうで、三宅さんはひとつひとつの神経からの刺激を点ととらえ、それを繋いでいくことは、
星の輝きを繋げて星座を読むことににている。だから「CONSTELLATION」なんだと、ブログを書いていて理解できた。

彼女の作品を見て感じたのは、女の子らしい雰囲気のモチーフと身近なものカーテン、ベッドルーム、ドアやスカート、ソックスなど作品タイトルにも日用品、身の回り品が溢れている。

作品を改めて見直してみたら、確かに夜空の星座のように見えて来た。
女の子二人の作品(上画像)は「ふたご座」に似ている。

最初見た時はピンと来なかったけれど、星座の絵画化と思って見て見ると面白い。
モノクロな作品だけでなく、プリントしたものを上から着色している作品もあったが、色はない方が良いかも。
このあたりは個々人の好き好きだろう。

来年、上野の森美術館で開催されるVOCA展には作品2点が出展されるそうです。
早くも再会が楽しみになっている。他の作家さんの作品と並ぶと果たして、また違った印象を受けるかもしれない。

*12月26日で終了しています。

「ヤン フードン 将軍的微笑」 原美術館

yan

原美術館で開催中の「ヤン フードン 将軍的微笑」を見て来ました。

ヤンフードンを意識し始めたのは、今年はじめに愛知県美術館で見た「アヴァンギャルドチャイナ」展だった。
どぎつい映像作品が続き、辟易ぎみになっていた最後の最後にヤンフードンの8面を使用したモノクロ映像作品《断橋無雪》2006年が、水墨画を見るような静謐で美しい画面で内容は中国的ではあったけれど、古い中国映画のようでもあり魅力的だった。

実は調べてみたら、この「アヴァンギャルドチャイナ展」の前にも2回彼の作品を見ていることが判明。
シャネルモバイルアート展と東京都写真美術館で昨年夏に開催された「液晶絵画」展である。
特に、後者で名前の記憶は残っていたが、もう1人出展していたアニメーション風映像作家と混同してしまったらしい。

今回の原美術館での展覧会はヤンフードンの日本初の個展。
新作の大型映像インスタレーション≪将軍的微笑≫2009年を含め、全部で5作品の映像作品を見ることができる。
展示会場詳細はフクヘンブログに詳しいので、ご参照ください。⇒こちら

やはり、圧巻なのは最新作の≪将軍的微笑≫である。
暗幕をくぐって中に入ると大きな食卓に食べ物とそれを食べる手の映像が流れる。更に食台の上には全部で12のモニターがあり、それぞれ映像が流れている(6つずつ別の映像だったと思う。)。
壁にも小さなモニターがあり、こちらは静止画像。
特筆すべきは、部屋の両端にある大スクリーンの映像で、一つは老人が昔を回顧し語っている。彼の作品にしては珍しく声がある。もう一方の壁にあるスクリーンでは盲目の老人がピアノを奏でる。
この盲目の老人ピアニストの映像が素晴らしかった。レンブラント風光と影。ちょっとオランダ絵画を思わせるような諧調を持っている。
しかも、ヤンフードンが撮影する女性は皆どこかしら魅力的。それは笑顔だったり、仕草だったり様々なのだが。

ヤンフードンの映像作品にストーリー性はほとんどないと言って良い。
あったとしても、それを考えるよりむしろ、彼の映像の美しさを楽しんだ方がいい。
私が感じる彼の作品の一番の魅力は雑多な場面の重なりの中で、時折圧倒的に美しい場面が登場する。その時々の美しさを探し求めるために、他の場面もついでに見てしまうという感じ。

もちろん、作品それぞれには制作に至った背景や作家の思想は含まれているため、中国現代アーティストの多くがそうであるようにやはり社会風刺的かつドキュメンタリー風ではあるが、一方時折見せる水墨画的、詩情ある場面が魅力的。

ヤンフードンは今年上海美術館で大規模な個展を開催し、将軍的微笑はそこで発表された新作でもある。
他には≪竹林の七賢人≫2005年、≪The Half Hitching Post≫2005年など、未見作ばかりだった。
最も長い作品が≪竹林の七賢人≫2005年で54分で、全作品を見るのだったら途中休憩をかねて2時間~2時間半は予定した方が良い。
また、毎週日曜には「Backyard-Hey,Sun is Rising!」を35ミリフィルムで上映(13分)。ヤンフードンの意向で映写機もろとも展示室内に持ち込むという上映方法を取っている、映写機の回る音も作品の一部なのだそう。

意外といっては失礼だが、まだ始まったばかりなのにかなりお客さんがいたのには驚いた。やはり、フクヘンさんのブログの影響かしら。

*3月28日(日)まで開催中。

康本雅子×Tucker×束芋 ダンス・ライブ「油断髪」&束芋「断面の世代」 横浜美術館

横浜美術館で開催中の「束芋 断面の世代」展関連イベントの康本雅子×Tucker×束芋 ダンス・ライブ「油断髪」に行って来ました。

ダンス・ライブは19時半開演でしたが、その前に1時間自由に束芋「断面の世代」展を鑑賞できます。
ダンスや演劇にはあまり関心のない私ですが、今回のダンス・ライブと来年1月16日、17日に開催される演劇は、見た方が良いのではないかと、映像とのコラボレーションってどんなものなのか?と興味を掻き立てられ、更に申込先着50名には束芋デザイン本展限定のキャンバスバッグがプレゼントされると知り、慌ててネットで申込しました。

この時点で既にダンスライブのみのチケットは完売。もとから演劇とのセット券を購入するつもりだったので、申し込めたのは良かったのですが、先着50名は無理だろうとバッグは諦めモード。
しかし、届いたチケットを確認したらバッグ引換券が付いていた!うれし~。

最大の問題は、ライブ当日12/25は金曜で仕事あり。休めない。横浜に18時半にたどり着けるのかということでしたが、なせばなった。たどり着きました。

正面脇の入口には入場待ちの行列がずらりとできていて、やっと入場し、まずは座席取りして、それから2階の展示室へ向かいます。ライブは「団地層」の映像が流れる入口正面の巨大スクリーンの前で行われ、それを囲むように座席、最前列は座布団席が用意されていた。

足早に展示を見て行きます。
最初の展示室は暗い。暗い中、横一列に吉田修一作の新聞小説「悪人」の挿絵原画がずらり。
線の美しさはさすが。一番最初に束芋の作品を見た時、浮世絵風だと感じたけれど、今回は町田久美さんが描く線にちょっと似ていると思った。
それにしても、挿絵原画もこんな風に展示すると作品が映える。野口里佳「光」展もそうだったが、束芋も野口里佳も同じギャラリー小柳の扱作家さん。
展示方法には、ギャラリーの意向も反映されているのだろうか。
入場する時、ギャラリー小柳のオーナーと杉本博司さんのお姿を見かけた。もしかすると、杉本氏のアイディアだったりして(勝手な想像)。

最奥にスクリーンがあり、回り込むと「油段髪」(映像)が。
私、この作品名を「あぶらだんぱつ」だと思っていました(恥)が、正しくは「ゆだんがみ」。
「ゆだんがみ」も「あぶらだんぱつ」もどっちでもいいけど、意味が分からない。
作品を見てもやっぱり意味が分からない。この作品がベースでダンスライブが行われるらしいが、どんなダンスになるのだろう。

次の展示室で、あっと驚くことになる。
映像作品「団断」が3Dのような立体的なスクリーンで上映されている。空間を巧みに使用した演出である。
このスクリーンで見ると上下感覚が曖昧になって、それが団地(?)の部屋の中を何層かに分けて見せて、まさしく生活の断面を切り取って観客に見せる。
ただしこの作品も「油断髪」同様、いつものようなストーリー性があまり感じられなかった。

最後の展示室には2つの映像作品、いずれも新作。
「ちぎれちぎれ」は入口が狭く、一度に沢山の人が見ることができなかったため、先に「BLOW」を見る。
これは、原美術館で開催された「ヨロヨロン展」で見たお気に入りの「真夜中の海」に近い見せ方だが、更に進化していた。
観客が映像の中に取り込まれる感覚を味わえる。
自分が水の中に入ってしまったような、水中から外に映し出される風景(映像)は次はどこから、何が飛び出すのだろうというドキドキ感と高揚感を得られる。
私はこの「BLOW」が一番好きだった。

「ちぎれちぎれ」は、束芋らしい身体をモチーフにした映像だが、今回はもろに身体そのまんまを扱っている。
鏡を使うことで、「団断」と同様に空間認識を曖昧にさせている。
本展での束芋作品は空間の使い方にこだわりを見せているのが特徴的。
逆に、テツ様がブログで書かれているように、私自身がこれまで束芋作品に一番強く感じた毒気やグロテスクさ、不気味さが薄まっている。
もっと言えば、ストーリー性が映像作品にほとんど感じられなかったのは、ちょっと残念だった。

ギャラリー小柳で見た束芋個展「HOUSE」のような物語的な作品を期待していくと肩すかしに合うかもしれない。
しかし、本展は横浜美術館という広い展示空間を最大限に使用した結果、空間インスタレーションとしての面白さを映像で上手く表現していたと思う。その点ではとても楽しめる。

さて、待望のダンスライブ。
Tuckerはエレクトーン奏者との肩がきだが、そんな甘っちょろい方ではないようにお見受けした。
ギターらしきものを奏で、太鼓も叩かれ、更にシンセサイザーも操り、自在に音を作り出していた。束芋の「油断髪」に合わせる音楽は束芋本人の希望で「不穏な感じ」を出さねばならず、普段そんな音を作ったことがないのでとても苦労されたと、最後のトークで語っておられた。

耳をつんざくような音響が始まり、映像が流れ、康本さんのコンテンポラリーダンスが始まる。ダンスの善し悪しを語る資格など毛頭ないが、とっても楽しかった。ひとつひとつの動きを見ていると、さりげなく映像とシンクロしているのが分かる。
映像を見、ダンスを見、Tuckerさんの演奏ぶりを見、目が6つ欲しいと思った。

あっという間の30分。できることなら、もう1回見たい。

ライブ終了後、束芋を含め3人の方のトークセッションが行われ、競演のきっかけや裏話が披露される。
即興演奏を常々されているTucker氏は「とにかく大変だった」と奮闘と苦労ぶりを語られていたが、反面束芋は、彼女自身の中に確固としたイメージが出来上がっていて、それを共演者の2人に打ち出すアーティスト魂の強さが印象的だった。康本さんは、この両名の間に立ち、映像と音楽を結びつけるダンスを創作。
最後の影絵のようなダンスは、まさに先の二人の橋渡しの役目を果たしていた。
元々、油断髪は前述の「悪人」という新聞小説の登場人物「金子みほ」をイメージして制作されており、ダンスライブもその延長線上、つまりダンスと音楽があって本当の意味で完成したと束芋さん発言。

ダンスライブとトークについてはogawamaさんのブログで素晴らしい記事を書かれておられます。ぜひご参照ください。
<参考>
本展についての束芋インタビュー記事⇒こちら
康本雅子さんのダンスに関する過去のインタビュー記事⇒こちら

なお、6本目の新作映像は1月16日、17日の演劇で使用されるそうです。

過去ログ:束芋 「ヨロヨロン」展 原美術館 束芋苦手とか書いてる・・・。    

*3月3日(水)まで開催中。

「現代絵画の展望 12人の地平線」 旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

chiheisen

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室で開催中の「現代絵画の展望 12人の地平線」に行って来ました。
展覧会HPはこちら

本展は、2007年に開催された「現代美術の展望-それぞれの地平線」展で12名の平面絵画を2会場で紹介した企画があり、その延長線として開催されるものです。
今回は、時代に衝撃を与えた歴史的なアーティスト、中堅アーティストの日本だけでなく海外へも作品が発信された12名を選定。
更に、「あの頃」と題して(2/7)<前期>までは12人の作家の過去の作品を、<後期>(2/9~3/22)には「この頃」と題して近作を各作家1点ずつ展示します。

過去の作品と現在の作品を展示比較することで、それぞれの絵画を変貌し、何が変わらずその個性として現れているのかを呈示し、後期では現代という時代性を読み取ろうというもの。

出展作家は次の12名の方。
・宮崎進
・堂本尚郎
・中村宏
・郭徳俊
・吉村芳生
・イケムラレイコ
・中村一美
・小林正人
・藤浪理恵子
・夏目麻麦
・元田久治
・山田純嗣

やはり、気になるのは今年中京大学Cスクエアで個展を拝見した山田純嗣さんの作品。
今回「あの頃」で出展されているのは≪on the table #201≫2005年。
ここで使用されている石膏モデルを中京大学で見たよなぁと既に私の「あの頃」を懐かしんでしまった。

イケムラレイコさんの油彩も久しぶりに見ることができた。≪ヤヌス≫1989年は、今のイケムラさんの作風とはかなり違って混沌とした印象。

そして藤浪理恵子さん、この方の作品は今年、不忍画廊を皮切りにアートフェアなどあちこちで見かけたが新作しか知らなかったので、≪匿名シリーズ≫のおどろおどろしい感じ、暗さはちょっと意外。
新作は、もう少し明るく美しい。

夏目麻麦さんは、作品を見たことあっただろうか?
でも、私の好みの作品だった。≪bitter-honey≫2003年は、ぼんやりとしてにじんだ人物画。これが後期はどう変わるのか?

若手作家さんより、ベテラン作家さんの方が、前期と後期の差は大きく出るのではないだろうか?吉村芳生さんの≪SCENE 85-8≫1985年(トップ画像)は写真かと思ったら、何と鉛筆画。1985年の作品なら、鉛筆画でも相当ベテランで、探偵小説の表紙絵に使いたいくらい。
今回のマイベストはこの作品で決まり。

*前期は2月7日まで。入場料無料です。
開館時間:11:00~18:00 汐留駅徒歩3分、JR新橋駅 徒歩5分

「<写生>のイマジネーション 杉浦非水の眼と手」 宇都宮美術館

hisui

今、一番お薦めしたい展覧会をやっとご紹介できる。
宇都宮美術館で開催中の「<写生>のイマジネーション 杉浦非水の眼と手」展である。
展覧会HPはこちら
この展覧会は宇都宮美術館での単独開催で巡回はない。開催を待ちわびて初日の11月22日(日)に合わせるため、栃木県立博物館の狩野派展も行くのを我慢していた。

杉浦非水の名前でピンと来ない方も三越のポスター(下)や≪東洋唯一の地下鉄道 上野浅草間開通≫のポスターならどこかで見かけたことがあるのでは?
今年江戸東京博物館で開催された「よみがえる浮世絵-大正新版画」展には、非水の版画作品が出展されていた。
hisui3
tikatetu

杉浦非水(1876-1965)は、明治・大正・昭和にかけて活躍した図案家で、商業美術の先駆けであり現代日本のグラフィックデザインの礎を築いた人物である。
今回の展覧会では、特に非水の創作の根本にある写生精神に注目。
展覧会を見れば、非水の図案の魅力が、徹底した写生に成り立っていたことがよく分かる。

代表作はもちろんのこと、東京美術学校から中央新聞社時代までの初期作品群、ヨーロッパ遊学時代のスケッチや写真など、これまでほとんど紹介されてこなかった貴重な資料が多数展示され、非水のデザイン活動の全体像とその変遷を詳細にたどる。

展覧会構成は次の通り。
1 ’図案’への目覚め ⇒ 147点
2 声明を写す-動物、神話、シルエット ⇒ 53点
3 旅の経験-ヨーロッパ遊学 ⇒ 50点
4 非水のコレクション-あつめる・並べる・想像する- ⇒ 33点
5 復興する都市とモダンガール ⇒ 116点
6 『非水百花譜』の世界 ⇒ 23点

展示作品数は400点を超え、杉浦非水決定版とも言える内容だった。もうただただ圧倒され感心した。

1 ’図案’への目覚め、2 声明を写す-動物、神話、シルエットでは彼が手がけた装丁本、ポスター、挿絵、デッサンなど美しいデザインの数々を見ることができる。
特に、2章では動物、神話、シルエットをテーマとした作品群を集めることで、非水が写生を重視していただけでなく、モチーフの本質を考えながら図案化していたことを考察している。

アールヌーボー風のデザインあり、エジプト風のデザインあり、もうどれもこれも素敵でどうやったら次々にこんな素敵なデザインが浮かんでくるのかとうっとりしてしまう。

1~2章で非水デザインを堪能し、3章以後が本展の最も見どころである。

「3.旅の経験-ヨーロッパ遊学」では、1922年~1923年のヨーロッパ遊学時代のスケッチや彼の地で非水が集めた
当時のポスターやラベルなど貴重な作品が披露される。
図案家のお眼鏡にかなったポスターは、ど素人の私が見てもやっぱり素敵だった。
こんなの見たことない~という「フラゴナール展」ポスター(1910年代~20年代)、ルートヴィヒ・ホールヴァインポスター≪パトロナート印のビール≫1917年(自由の女神風だけどモダンでカッコイイ)、ジャン・ガブリエル・ドメルグポスター≪パリ・クチュール組合舞踏会≫(オートクチュールの舞台裏がポスター化されてる)などなど。
非水は、ヨーロッパの中でも、フランスのポスターがお気に入りだったそうだ。


「4 非水のコレクション-あつめる・並べる・想像する-」では、非水が個人的に集めた古物や工芸品、置物をはじめ、旅行の際には必ず携帯したカメラで撮影した写真を展示する。
ここで、驚くべきは彼の写真であった。
豊田市美術館の展覧会で見た恩地孝四郎の写真も素晴らしいと思ったが、非水の写真もさすが図案家というか美術を志した人の視点は違うとここでも感心。
写真家としても大成できたのではなかろうか。特に好きだった作品は≪土管の雪≫≪奥多摩一景≫≪崖と花≫(好きな順)。

「5 復興する都市とモダンガール」では、ヨーロッパ遊学後のポスター、たばこパッケージ、装丁本など、再び非水が手がけた図案が沢山並ぶ。
非水の場合、竹久夢二とは違って、固定化されたイメージや作風がない。ニーズに合わせて作風も変えられる器用さと能力を持ち合わせているのだろう。ヤマサ醤油のアバンギャルド風デザインのポスター(下)とか好きだし、雑誌「たかね」で見せる優しい草花の装丁も好き。
hisui4

最終章「6『非水百花譜』の世界」では、非水の数多い図案集の中から特に「写生」精神が際立つ「非水百花譜」を中心に取り上げる。「紫陽花」(下)、「山百合」(展覧会パンフレット表紙)などの著色作品に加え、投影写生図の美しさが印象に残った。影絵のような植物の図は版画のようで、単色であるが故、構図や線の美しさが際立っている。
hisui5

他に非水デザインの愛らしい絵ハガキや他の図案集とその根本となっている写生帖が並んで展示されているので、如何にして図案化されたかが過程は分からぬまでも、スタート地点とゴールが明確になっていたのは良かった。

宇都宮美術館はコレクション収集方針に「デザイン」が掲げられているだけに、今回の回顧展は本当に素晴らしかった。新宿の「パントン展」も同館の学芸員さんの協力がある(図録に宇都宮美術館・学芸員の方の名前が掲載されている)。宇都宮美術館の実力を存分に見せていただけた。
惜しむらくは作品リストがなかったことだが、この際忘れます。

杉浦非水ファンは必見の内容です。
遠くて宇都宮美術館まで行けませ~んという方には、ぜひ図録の購入をオススメします。
5本の論文と杉浦非水の著作、年譜に文献リストも付いた完全保存版。プラスチックの非水デザイン図案が入ったケース入りで333頁、422点掲載の2500円はこの内容ならお買い得。ミュージアムショップで電話による購入が可能です。
宇都宮美術館の図録はデザインにもこだわっていて、美術館ニュース26号では過去に手がけた図録が特集されてますが、どれもカッコイイ!

■宇都宮美術館ミュージアムショップ
営業時間  午前9時30分~午後5時00分
定休日    美術館休館日
電話番号  028-643-8855(直通)

<関連イベント>
講演会 「近代日本の“図案”と“自然”」
講 師 : 土田眞紀(美術史家)
日 時 : 2010年1月10日(日)午後2時~(開場は1時30分)
宇都宮美術館講義室にて、先着170名、聴講無料

*1月17日(日)まで開催中。オススメします。

「少女の友展」 弥生美術館 / 「生誕125年 夢二装幀事始」 竹久夢二美術館

会期末ギリギリに行く展覧会が多く、なかなか記事にしても既に展覧会は終了で大変申し訳ないです。
でも、この展覧会は記録に残したいので敢えてご紹介。
今、話題になりつつある埼玉県近美で開催中の小村雪岱に関する展示物や大正版画で見た橋口五葉、同じく宇都宮美術館で開催中の杉浦非水の装幀本なども展示されていた。

1.弥生美術館「少女の友展」
yayoi

サブタイトルは中原淳一を生んだ伝説の少女雑誌の48年。文字通り「少女の友」の創刊から廃刊までの歴史をたどる内容。
注目したのは、先日日経朝刊で紹介されていた「少女の友」の付録たち。当時、紙製のものしか付録としてはいけなかった。このしばりがある中で、よくぞこれだけのものをというくらい凝った付録を付けていた。
その代表が「彦根屏風畳紙」。現代風に言えば、小さなポケットを何個も付けた和風小物。しかし意匠は彦根屏風で、ポイントになる絵は村上三千穂という本格派画家。いやはや、新聞で見た写真だけでも凄いと思ったが、実物を見られるとは~。言うまでもなく、リアル付録は写真以上の迫力だった。細かい絵、思ったより大きい。
他にも手のこんだ歌留多セットなどが並び、目がくらんだ。

更に、「主筆」と言われた編集長(特に内山基の存在は印象深い)と読者との交流も「少女の友」ならでは。この雑誌があったから田辺聖子の現在はあるのかもしれない。
挿絵画家争奪や人気画家を見つけるまでの苦労、戦前、戦後と時代を反映せざるを得ない雑誌の姿も伝わって来た。
「少女の友」の挿絵画家で有名なのは中原淳一だが、最初の挿絵ではやや垂れ目になってる少女の絵が、丸く潤んだものになっていく過程がよく分かった。
他の挿絵画家では、松本かつぢと初山滋に注目。特に初山滋の作品は雰囲気が全く違う。この方の回顧展を2年くらい前に「いわさきちひろ美術館」で開催していなかったか。どうにも気になるので、図録を探してみようと思った。

ところで、「少女の友」表紙原画の所蔵先の多くが早稲田大の演劇博物館だったのはどういう訳だろう?「少女の友」と演劇とはまるでつながらないのだが。どなたかご存知の方があれば、ぜひご教示ください。


2.竹久夢二美術館 「夢二装幀事始」「明治、大正、昭和の美本」
夢二が著した57冊の著書をはじめ、彼が手がけた装幀本を展示するとともに、「本」が取り持つ縁で親交した恩地孝四郎<版画家>らをはじめとする画家、作家との交流の足跡を紹介するもの。併せて、装幀史に名を残す美本や、装幀、挿絵の原画を特別に展観する。

夢二の装幀本は何度も見ているけれど、今回嬉しかったのは、夢二以外の画家の装幀、挿絵原画を見られたこと。
特に、先週行ったばかりの神奈川県近美「白樺派の愛した美術」で深く感銘を受けた河野通勢の挿絵の続きと陶芸に関心を持つきっかけを作ってくれた青山二郎の装幀本の原画下絵があったのには感動した。

更に恩地孝四郎の木版画だけでなく、「白黒」と題した木版画作家の雑誌も展示されていて、川西英や川上澄生らの作品もあり。版画ファンなら、必ず楽しめるはず。

そして、話題の小村雪岱の貴重な新聞挿絵原画も埼玉でも資生堂でも展示されていなかった作品が出ていた上に、宇都宮美術館で見た杉浦非水の作品も、他の画家たちの挿絵と比較すると、やっぱり時代の先端、斬新なデザインだと改めて感じた。

3.安野モヨコ展 レトロモダンな世界 弥生美術館3階
いつもは、高畠華肖のコーナーが今回は特別に安野モヨコ展になっていた。安野と言えば原作漫画が映画にもなってるくらいで、私も存在は認識しているし、漫画も読んだことはあるが、原画の魅力ってやっぱり大きい。
色が全然違うのだった。安野も時代は違えど、現代の人気画家には違いない。1階で販売していた絵はがきセットはかなり魅力的だった。
3階にあった大きな模型風の作品は、幻想的で前述の雑誌付録の拡大版みたいで、これも面白かった。

ぎりぎりだろうが、やっぱり行って良かった。

1月3日からは「鰭崎英朋展」が開催される予定。今度は早めに見に行きます。

*展覧会は12月23日に終了しています。

歌舞伎座さよなら公演 十二月大歌舞伎 夜の部 

ついに、憧れの歌舞伎座で歌舞伎デビューを果たした。

小さい頃、NHKで放送されている歌舞伎を見て「つまんない」と思っていた私。
大人になっても、歌舞伎への関心はまるでなかった。今年のはじめまでは。

歌舞伎座に行きたいと思ったのは、来年4月講演を最後に建て替えが決定したことである。
建て替え案を見たら、今の歌舞伎座の面影はほとんどいや全くと言って良いほど失われてしまう。
その前に何としても中に入って、歌舞伎を見てみたいと日に日に思いは強くなるばかり。

職場で私が「歌舞伎座で歌舞伎を見たい。」と言ったら、入社3年目になるTちゃんが「母が歌舞伎の会に入っているのでチケット取れますよ。」とありがたいお言葉をかけてくれるではないか。
Tちゃんは、自身も大学1年の時から歌舞伎座通いをしていたという歌舞伎通。

「全く歌舞伎のことは分からないので良さそうな演目があったら教えてね」と頼んでおいたら、数ヵ月後「12月の大歌舞伎が良さそうです。いつなら大丈夫ですか?」とTちゃんから声がかかる。
話はトントンと進み、あれよあれよという間に、12月22日(祝日前日)夜の部の3階A席で前4列目の中央左袖に近い良い席をおさえてくれた。

最初から見られれば良いが、仕事は休めないので終わって猛ダッシュ。何とか17時45分には滑り込んだが、まず3階にどうやって行けば良いのか分からない。見るもの全て新鮮なので、キョロキョロと挙動不審な人になってしまった。
階段を上がると、和田英作の1905年の油彩画があり、さすが歴史ある場所に相応しい作品だと感心した。

3階の係の方にチケットを見せ、席まで案内をいただく途中、何やら香ばしい美味しそうな香が漂って来た。既に空腹状態の私はこの香を捨てておけず、香の出所を振り返って確かめた。
屋台風出店で、鯛焼にお餅かお団子が入ったものを焼いているではないか!
係の方に、「あれを買って来ます」と踵を返し1匹GET。ほかほかの焼き立て。う~ん美味しそう。

漸く席に着いた。
最初の演目:双蝶々曲輪日記 引窓(ひきまど)
  配役:南与兵衛後に南方十次兵衛 三津五郎
           濡髪長五郎  橋之助
            平岡丹平  秀 調
            三原伝造  巳之助
             母お幸  右之助
              お早  扇 雀

最初の演目は、舞台装置に目が行って、長五郎のほくろがとれたり、役者の白塗りの顔を双眼鏡で見たり、お囃子の方を見たりと忙しい。途中から見たので10分程で終り、幕引きさんがたたたたっと走って幕を下ろした。そんなことに感動してしまった。
幕間になって、周囲のお客さん達は半分ほど外に出て行き、中に残った方たちはガサガサとお弁当を食べ始める。「えっ、中でお弁当食べていいんだ~」。早速私も先程買った鯛焼餅を食べる。珈琲を入れた水筒を持っていたので、これでかなりお腹は膨れた。お餅が入った鯛焼は初めて食べたが、腹もちが良いし美味しかった。もう1つ買おうと思って2回目の幕間に行ったら完売で、先に買っておいて良かった。

次の演目:御名残押絵交張(おなごりおしえのはりまぜ) 雪傾城(ゆきけいせい)
配役:     傾城  芝 翫
     役者栄之丞  勘太郎
   芝居茶屋娘お久  七之助
      新造香梅  児太郎
     雪の精 奴  国 生
     雪の精景清  宗 生
     雪の精 禿  宜 生

歌舞伎というだけあり、雪傾城は踊りが中心。雪の精は子役が3人出てきた。禿の女の子がかわいい。勘太郎の栄之丞は色気があったが、お久はイマイチ。傾城役の芝翫は怖かった。
客席から「なりこまや」とか声がかかるが、あれは誰が叫んでいるのだろう?
こちらもあっという間に終わってしまって、また幕間。次の幕間は食べるものもないので、外を徘徊したり、1回の桟敷を見下ろしたり、歌舞伎座を見学して終了。

最後の演目:野田版 鼠小僧
主な配役:棺桶屋三太  勘三郎
        お高  福 助
        與吉  橋之助
     大岡妻りよ  孝太郎
      稲葉幸蔵  染五郎
    目明しの清吉  勘太郎
       おしな  七之助
       おらん  扇 雀
     大岡忠相  三津五郎

勘三郎は汗だくで熱演。台詞の多い野田秀樹の脚本を連日演じているためか、声が枯れていた。それでもアドリブ連発で笑わせてくれる。海老蔵と婚約した小林麻央の名前や亡くなった兄とのからみは、絶対アドリブだったと思う。
野田秀樹は言葉遊びが、脚本の至る所で出てくるので、気を抜けない。主役(勘三郎)は棺桶屋の三太だが、三太をサンタにひっかけてるところがクリスマスらしい洒落。
勘三郎も上手いが、脇も良かった。
特に、お高役の福助やおしなの七之助、大岡忠相の三津五郎は渋い演技で光っていた。主役だけじゃ舞台は成り立たない。

舞台衣装はひびのこづえが担当していたので、衣装にも注目。黄緑を効果的に使って、着物と足袋の色の取り合わせや鼠小僧の早変わり衣装など、色の使い方が上手かった。
舞台装置にも注目。最初の方で、国芳の浮世絵(壁の落書き風の作品)が垂れ幕になって出て来たのにはびっくり。
回り舞台を使ってどんどん場面が展開し、スピード感あるお芝居。
歌舞伎というよりほぼ現代演劇と言ってよく、初心者の私にはとっつきやすかったし、とても面白かった。
橋之助、勘三郎も初めて双眼鏡越しではあるけど、本人を見たのも初めて。

残念だったのは、チビ三太役の子役の声。甲高くて何を言っているのか分からない。最後の締め台詞も聞き取れず終わった。

もうひとつ予想外だったのは香水の香(多分他のお客さん)。最後の演目半ばあたりから、強烈な香水の匂いで頭痛が悪化。舞台が終わる頃には強烈な痛みになっていて、すぐに会場を出た。

こうして、高揚した気分と頭痛と共に歌舞伎デビューは終わった。吉右衛門様が出演予定の3月にもう1回行ってみたい。ちょっとだけ、江戸時代の人々の気持ちが分かった。

チケットやいろいろ教えてくれたTちゃんにこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとう!

「Hollow」 小谷元彦展 メゾンエルメス8階フォーラム

メゾンエルメスで開催中の「Hollow」小谷元彦展に行って来ました。

小谷元彦は実に多才。
彼の作品を一番最初に見たのは5~6年前だったかもしれない。
場所はなぜか大原美術館。
他にも現代アートの作品が何点かあって、私は小林孝亘さんの作品が目当てだったように記憶している。
大原で見た小谷さんの作品は映像作品「ロンパース」(下)だった。

otani
注:本展には出展されていません。

非常に不気味な世界を明るい色彩で撮影。気持ち悪いけど目が離せない映像作品で、最後まで見いってしまった。

更にその映像とほぼ同時期(?)に見たのは少女の写真で、これは手が赤く染まっていて、痛い感じ。

そのせいか、小谷元彦が東京藝大彫刻科出身だなんて思ってもみなかった。

デビュー10年目にあたる2年程前から、本来の彫刻作品に回帰されているようで、一番最近では東近美での「木に潜むもの」2009年3月14日(土)ー 6月7日(日)での能面のような作品が記憶に新しい。

そんな小谷元彦のエルメスでの個展。
これが、実に素晴らしかった。
個展リーフの作家自身による本展のキーワードは次の通り。これが全てを表していると言って良い。

- 存在が真理とする透明性。
- エクスタシーという状態における痛覚
- クラゲは95%の水で出来ている。水の形とはクラゲの形とも言える。
- 本体ではなく、ドッペルゲンガーや鏡における分身または分裂を彫刻化する。
- 一つの彫刻に対し、各々のパーツにGをかかったものを構成することで、水中と似た中世浮力の状態をつくる。
  Gのキュビズム。
- 反重力のスローモーションモデル。
- アポロンとダフネ=植物化する身体
- 空気の襞
- オーラの形、気配の形、亡霊の形。
- 垂直軸=落下と浮上には身体だけでなく、精神のエクスタシー状態がある。
  そこには生と死、エロスのダイナミズムが備わっている。


会場で精神のエクスタシーを感応できる。
展示会場の様子はブログ「フクヘン」でご覧いただけますが、行かれる予定のある方は画像見ないで行った方が楽しめると思う。

来年(2010/11/27-2011/2/27)には、森美術館で個展の開催も決定している。これは本当に楽しみです。

*3月28日まで開催中。
月~土曜11:00~20:00 (最終入場19:30) 日曜 11:00~19:00(最終入場18:30)
会期中無休 (但し1月1日(金)、2日(土)、3月17日(水)除く)
入場無料

「誕生100年 ローズオニール キューピー展」 松屋銀座

kyuoie
*裏面は赤地にキューピーのクリスマスカードが掲載されている。

kyupie2
*右端が切れているのは、入場時にもぎられたため。

松屋銀座8階大催事場にて開催中の「誕生100年 ローズオニール キューピー展」に行って来ました。

開催される予定も知らず、たとえ知っていたとしても敢えて行こうとは思わなかっただろう展覧会に行ったのには、大きな理由がある。
とあるお店で、この展覧会のチケットを見つけた。
そのあまりの愛らしさに思わず言っていた「これ1枚ください」。
チケットがハート型(上画像)になっていて、更にチケットそのものが展覧会チラシを兼ねる(下画像はチケットを開いた内側)というデザイン的にも画期的な代物。展覧会より、このチケットが欲しかったと言っても良い。

今でこそキューピーって、当たり前のように知っていて、何しろマヨネーズのブランドに使用されている位だから日常生活で目にする機会も多い。
でも、考えてみたらキューピーがいつ、どこで、誰が作ったの?ということをまるで知らないことに気付いた。

チケット兼チラシによれば、キューピーは1909年12月にアメリカの婦人雑誌で誕生し、今年の12月に100歳の誕生日を迎えるそうです。
愛らしいキューピーも実はご長寿100歳とは!
キューピーの生みの親は、1874年アメリカ・ペンシルバニア生まれのローズ・オニールという美貌の女性アーティスト。彼女はイラストレーターとしてだけでなく、絵画、彫刻、小説、詩も作成と活動分野は多岐にわたっている。
曰く、「Cupidは愛のいたずらをするけれど、私のKewpieには愛だけを選んでほしい」と願ってキューピーを制作。

本展では、キューピー誕生の原画から、人形、カード、ポスターまで約400点を展観。
もう、会場内は至る所キューピーが。

雑誌掲載のキューピーやクリスマスカードキューピーなどアメリカ国内でのキューピーは原画を損なわず、現在わたしたちが目にするキューピーとはちょっと違う。
これがアメリカで大ブームになり、いよいよ平面キャラから立体人形制作の話が持ち上がる。
作者のローズ・オニールは妥協しなかった。
当時人形制作で最高の技術を持っていたドイツにキューピー人形制作を依頼。
第1号キューピー人形だけは両足が分かれているのが特徴。その後発売されたスタンディングキューピードールたち(ドイツ製)の両足は皆くっついているのだった。更にローズのこだわりは、人形だけでなくその箱にまで至る。
人形を入れている箱(パッケージ)にもローズの描いたイラスト付。

この後、ついに日本にもキューピーが上陸するが、そこからが大変。
なぜか、日本ではローズのキューピーを模倣した海賊版キューピーが大量に出回る。
新聞などメディアの様々な店の広告にキューピーが登場し、ついには当時人気のビリケンとキューピーのジョイントポスターまで作成されていた。

懐かしのセルロイドキューピー人形もずらりと勢揃い。TV番組「何でも鑑定団」に出したらさぞや高額な値段が付きそうなレアものばかり。大きさも実に様々、肌の色が違うキューピーもいっぱいあった。
キューピー人形を作るための金型まで展示されているではないか。
ちっちゃなキューピーが金型にびっしり。

しかし、著作権でよく訴えられなかったなぁ。
年表を見たら、ローズが日本に対して抗議をしたとあったが、結果的にこの抗議はまるで受け入れられなかったのだろうか。

最後にはご当地キティならぬご当地キューピーグッズが目白押し。
これだけ、キューピーグッズを集めれば400点という数にも納得した。

もちろん、会場を出るとそこには、リアルキューピーグッズの販売が行われており、大勢のお客さんがグッズを買い求めていた。
キューピーの原点と日本での変容を目の当たりにすることができる面白い内容だった。

*12月24日(木)まで開催中。

「‘文化’資源としての<炭鉱>展」 目黒区美術館

tankou

目黒区美術館で開催中の「‘文化’資源としての<炭鉱>展」に行って来ました。
展覧会の詳細は美術館HP掲載のプレス用資料が詳しいです⇒こちら

この展覧会は、最近新聞紙上で美術専門家が挙げる今年の展覧会「私の3点」に選ばれ、急に注目を浴び始めている。
事実、私が会場に行った際も、他の観客の方が「この展覧会は新聞で紹介されていて・・・」と同行者に説明されている姿も見かけた。

では、混んでいるかと言えばそうでもなく、いつもの目黒区美術館と変わりはない。
図録は先週完売(再版予定なし)してしまったというが、来館者の購入率が高かったのだろうか。何しろPart.1の<ヤマ>の美術・写真・グラフィックは、約60作家による炭鉱に関する400点もの作品(絵画、彫刻、写真、ポスター他)を展示しており、館内の階段通路まで使用して作品が展示されていた。
なお、図録は図版と文章(作家との対談など)がほぼ半々か文章の方が多い程で、資料性の価値が非常に高い。

Part.2は現代アート作家である「川俣正コールマイン・プロジェクト 筑豊、空知、ルールでの展開」が企画展で使用されたのを見たことがない目黒区美術館区民ギャラリーをまるっと利用して、新作インスタレーション(炭鉱町の再現だと思う)を見せる。

更にPart.3は特集上映<映像の中の炭坑>と題して、会場のポレポレ東中野にて炭鉱が登場する映画を中心に上映。
ところで、展覧会タイトルは「炭鉱」なのに、Part.3のサブタイトルだけ「炭坑」が使用されている。
紛らわしいので統一して欲しかった。炭坑と炭鉱は同義であれば、尚のこと。

そして、これらの展示に加え、スペシャル講座として<夜の美術館大学コールマイン・アート学科>が全15講座にわたり開催されていることも特筆すべき試み。*コールマインは英語で「炭鉱」の意。

Part.3の映画作品は見ていないが、Part.1、Part.2は見て来たが、残念なことにこの途方もなくスケールの大きな展覧会には作品リストがなかった。図録も完売、リストもなしで、あの作品群を如何にして紹介すれば良いのか。
やはり、作品リストはせっかくの貴重な展覧会なので作成していただきたかった。

とやや愚痴めいたことばかり書いてしまったが、炭鉱を視覚芸術による文化<資源>化しようとするかつてない規模の展覧会。更に旧炭鉱地ではなく、東京で開催された意義は非常に大きいと思った。
例えば、私のような炭鉱に関心のない人間であっても、本展に足を運び多数の作品に触れることで、考えさせられ、感じるものは十分過ぎる程にあった。
あまりにハードかつ重い、更にかつて見たことのない多数の作品に圧倒され、全作品を見終えるのに約2時間。

私がイメージする炭鉱は、今年読んだ本に起因する。
その本は既に何度かこのブログ上に書いているが「鈍翁・益田孝」白崎秀雄著。
益田孝は三井物産を興した人物で、三井グループを牽引した大実業家であるが、三井財閥と言えば三池炭鉱の存在あってこその繁栄。上記著書は益田孝の実業家としての側面、数奇者としての側面、いずれにも焦点を置いて書かれているが、益田孝の中でこの三池炭鉱の存在とそこで働く人々の問題は、彼が年を重ねるにつれ重くなり気にかけていたようだ。
文中に記載された炭鉱労働の実態は、私が今日美術館で見たものを遥かに超えたすさまじさがあった。
時代背景が明治期から大正あたりなので、尚更だろう。

そんな自分の中でのイメージを持つ中、展覧会タイトルやパンフレットを見ても、この展覧会の内容が私にはイメージできなかった。炭鉱と芸術が結びつかないのだ。しかし、行って漸くこういうことだったのかと理解できた。

もし、本展に行こうかどうしようかと迷われている方があるなら、ぜひとも足を運ばれることをお薦めする。
これだけの規模の展覧会は、もう2度と開催されないのではないだろうか。

Part.1で印象に残った作家を挙げる。
第1章、第2章 
・井上為次郎
・千田梅二
・上田博
・山本作兵衛
・菊畑茂久馬
・岡部昌生
・倉持吉之助
最後の倉持の日本画は非常に芸術性の高さを感じた。精細さと遠近感の取り方、構図のアンバランスさが不思議な印象を与える。菊畑の巨大壁画は山本作兵衛の1作1作を大画面におさめた、炭鉱曼荼羅のようで圧巻としか言いようがない。岡部昌生の巨大フロッタージュは、とても鉛筆とは思えない。真黒なコールタールを感じさせた。
・横山操
・野見山暁治
・立花重雄
・熊坂太郎
・風間完
・築山節生
・若松光一郎
・富山妙子
富山妙子は女性画家として、ただ一人(だった筈)炭鉱町にて制作を行っている。彼女の作品は今夏、越後妻有トリエンナーレで作品を見、感銘を受けた。数は少ないが、油彩より版画風の作品が印象深い。

第3章 写真
・奈良原一高
・佐藤時啓
炭鉱と言えばの土門拳の写真ももちろんあったけれど、この2人の写真は記録写真とは違う何かがあった。


書けば書くほど上滑りにな内容になり、私自身の浅薄さが露呈しそうなので、このあたりでやめておく。果たして「炭鉱」が日本の文化資源となりうるのか、大いなるテーマを追った本展は様々な疑問や感慨をもたらしたことは間違いない。

夜の美術館大学にも参加され、20年にもわたり炭鉱を追い続け、軍艦島にも行かれているテツ様のブログ「中年とオブジェ~魅惑のモノを求めて~」をご紹介します。
‘文化’資源としての<炭鉱>展
夜の美術館大学コールマイン・アート学科
炭鉱展 岡部昌生のユウバリマトリックス
炭鉱展 写真に見る炭鉱

更に目黒区美術館のブログ「黒スイーツ百科」で、夜間大学で供された炭鉱地のスイーツが紹介されている。ここまで黒にこだわればお見事!

*12月27日(日)まで開催中。

「白樺派の愛した美術」 神奈川県立近代美術館 葉山

shirakaba

神奈川県立近代美術館 葉山で明日(12/20)まで開催中の「白樺派の愛した美術」を見て来ました。

この展覧会は、京都文化博物館⇒宇都宮美術館⇒ひろしま美術館と巡回し、神奈川近美葉山が最終の巡回先である。
京都でご覧になっている遊行七恵様から本展の評価の高さは聞き及んでおり、早く行かねばと思っていたが、結局会期最終日前日になってしまった。

しかし、やはりはるばる葉山まで行って良かった。
ここ最近展覧会が入れ替わるたびに葉山へ行っているが、いつも作品リストが作られておらず、どうせ今回もないだろうと思っていたら、今回は作品リストがしっかり作られているではないか。展示作品数が200弱ほどあると思われるので助かった。今日は図録購入を見送ったけれど、次回葉山か宇都宮美に行った時に買っておこうと思っている。

本展の主旨は、雑誌『白樺』創刊100年を迎える本年、その同人たちや『白樺』に関わった人々「白樺派」が、園時代に何を刻み、私たちの時代に何を残してきたのかを改めて考えてみようというもの。

良い展覧会だと感じるか否かの判断基準は、私の場合、展覧会主旨が展示を見て行く中で鑑賞する側(私たち)に上手く伝わってくるかどうか。本展はこの基準から行けば、最初から最後まで『白樺』とは何か、そこに関わった人々の画業、夢、考え等が展示を見て行く中でつかむことができた。

私が思う本展の見どころ

1.雑誌白樺の表紙
これがずら~っっと並べられた様は実に壮観な景色だった。冒頭にこの表紙群が展示されていたが、一番ここで時間を取られた。表紙で取り上げられた作品数の多さ第1位の作家はレンブラント!第2位はセザンヌ、第3位がゴッホである。
西洋美術が日本に漸く入り始めたばかりの頃で、白樺でのセザンヌ、ゴッホの高評価が今日まで日本での人気の高さの源だというのは興味深い指摘だった。
しかし、彼らが何故とりわけセザンヌ、ゴッホに傾倒したのか、このあたりをもう少し知りたい。
現在人気の印象派作家は、白樺派には不人気で、彼らはどちらかと言えば表現主義の作家を好んで選択していた。
この展覧会と松戸市博物館で開催中の「日本の表現主義」展と合わせて見るとより、理解が深まるかもしれない。

これら表紙に採用されたゴッホ、セザンヌの油彩も展示されているが、私は一番のお気に入りのレンブラントの版画で恐らく一度も見たことがない≪アルミニウス派説教師ヤン・アイテンボハールト≫町田市立国際版画美術館にいたく感動した。やはりレンブラントは版画であっても格が違う。

また、ロダンの存在も忘れられない。
今日、当たり前のように私たちが目にすることができるロダンの彫刻も、白樺メンバーにより日本に初めてブロンズ像が紹介されることとなったのだ。

まさに、全てはここから始まった。

2.西洋版画の名品
前述のレンブラントの版画だけでなく、白樺派が採用した作家の版画作品が多数出展されている。
・ウィリアム・ブレーク
・フランシスコ・デ・ゴヤ
・ピーテル・パウル・リュベンス(ルーベンス)
・アルブレヒト・デューラー
・マックス・クリンガー
・オーブリービアズリー
・ハインリヒ・フォーゲラー

中でも、最後の3名クリンガー、ビアズリー、フォーゲラーの版画の素晴らしいことと言ったら・・・。あぁ、何で今日図録買うのやめたんだろう私。ビアズリーの『サロメ』の挿図のための素描集からの作品は、ちょっと町田久美さんの作品に通じるところがある。
更に私を狂喜させたのはフォーゲラーだった。
わずか2点≪早春≫≪愛≫だが、≪愛≫は女性の着衣の模様から作品周囲を飾る模様まで精緻で美しい。

版画好きにはたまらない展示内容だった。

3.白樺派の画家及び白樺派に関わった画家たちの作品
白樺派同人の作品より、白樺の活動に何らかの形で関わったという作家の作品が良かった。
岸田劉生、河野通勢、バーナード・リーチ。
彼ら3人の表紙絵や挿絵作品は、油彩とは違った魅力がある。

劉生やリーチの表紙や装丁作品は過去に何度か見ているが、河野の≪長與善郎『項羽と劉邦』挿絵原画・下絵≫豊橋市美術博物館は本当に素晴らしかった。松濤美術館の回顧展にもこれは出展されていなかったように思う(後で確認する)。水墨による挿絵だが洋画家とは思えない筆使い。
劉生もそうだが通勢も日本画であってもその力量は抜群だと思う。

白樺展のポスター類や実現することなく終わった白樺美術館に関する各種資料も見逃せない。
白樺美術館のために、セザンヌ作品が寄付金で購入され、兵庫の実業家が購入したゴッホの「向日葵」(戦災で焼失)まで用意されていたが、この後松方コレクションや現大原美術館のコレクションの存在が明らかになり計画は頓挫した。

この時代の最先端を行っていた雑誌『白樺』は、今の私たちの目から見てもかっこ良かった。

*12月20日(日)まで開催中。オススメです。

「ロートレックコネクション 愛すべき画家をめぐる物語」 Bunkamura ザ・ミュージアム

bunkamura

Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「ロートレックコネクション 愛すべき画家をめぐる物語」に行って来ました。
行く前から、「あぁ、またロートレックか」とエコ・パリ作家の中でもロートレックの展覧会は多く、一番直近で思い出されるのは、愛知県美術館で開催された2008年1月の「ロートレック展」。
*過去ログ:http://memeyogini.blog51.fc2.com/blog-entry-226.html

本展の特色は、ロートレック作品だけでなく彼を取り巻く様々な人物、師であり、仲間の画家やモデルとなった人々との関係からロートレック作品を読み解こうとするものです。

ポスター類、リトグラフが多いのは「やはり」といった感がありますが、私が気になったのは厚紙に描かれたロートレックのドローイング、デッサン類の数々です。
これらの所蔵先の大半は、本展監修者のドゥヴァンク氏が館長のトゥールーズ・ロートレック美術館となっています。

油彩も無論良いのですが、ロートレック作品の魅力の一つはこれらの何気ないドローイングだと私は思っています。
特に厚紙という画在を好んでいたのか、かなりの頻度で登場しています。
bunkamura2

そこに描かれた人物達の線は少ないながらも的確に、人物の特徴を表現しているのが見事。

彼を取り巻く作家の作品の中で一番良かったのはモーリス・ドニ≪ランソン夫人と猫≫モーリス・ドニ美術館、エドガー・ドガ≪入浴後の朝食≫トリトン財団、そしてオルセー美術館蔵≪エドゥワール・ヴュイヤール≫でしょうか。
特にドニは、最近好きでもう1枚の岐阜県美所蔵≪なでしこを持つ若い女≫も良かったです。

≪ロートレックの肖像≫ビュイヤール作は、もっとも本人に似ているような気がしたし、前半ではシュザンヌ・ヴァラドン≪自画像≫(この作品は以前見たことがあるような)大阪市立近代美術館建設準備室倉も強烈なインパクトでした。
ヴァラドンはじめ、ゴッホなど浮世絵が当時の西洋絵画家に与えた影響は大きく、ヴァラドンの場合、上手く昇華しているなと感じました。

ポスター類のほとんどは川崎市民ミュージアム所蔵のもので、これらは前述のロートレック展と重なるところもあり、割愛します。いくら好きでも、ちょっと新鮮味はなかったかな。

*12月23日(水)まで開催中。土曜日は21時まで開館(入館は30分前まで)しています。

日本文化に見た夢 お雇い外国人建築家コンドル先生 重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」 京都大学総合博物館 はじめての美術館64

kyoudai

京都大学総合博物館で12月24日(木)まで開催中の日本文化に見た夢 お雇い外国人建築家コンドル先生 重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」に行って来た。

建築ド素人の私が、この展覧会を見たかった理由はただ一つ。コンドル先生に関心があったため。
元々コンドルはイギリス人建築家として来日したが、幕末から明治にかけて活躍した河鍋暁斎に師事し、「暁英」の画号を貰う程日本文化へ関心と共感を寄せ、自ら日本文化の研究に励んでいた。

そんな彼の設計した建物のいくつかに私はずっと以前から縁があって、それらの建物が大好きだった。
綱町三井倶楽部(旧三井家迎賓館)、御茶ノ水ニコライ聖堂。
これを設計したのがコンドルと知ったのはごく最近のこと。
今回重要文化財のコンドル直筆設計図面が公開されると聞き及び、やはり門外漢だが一度この目で図面も見てみたかった。

展示構成は次の通り。
Ⅰ.ここだけメモを忘れました。
Ⅱ.日本文化の受容
Ⅲ.邸宅建築家としての活動
Ⅳ.日本文化の見た夢
Ⅴ.コンドル建築図面の美

印象に残ったのは、日本文化を紹介したコンドルの著作。
彼は日本の生け花や日本庭園についての研究を行っていた。
この本の中にあったのは、暁斎の「二美人図屏風」の右隻に描かれた女性(赤い着物を着て高い髷を結っている)で、現在印刷されている図版と並べて当時(明治期)の本に著された図版とが並んでいたが、断然明治期のものの方が線も色も美しかった。あれは本当に版画だったのだろうか?雲母も使用されていたような気がする。
あまりの美しさにみとれてしまった。

この「大和美人図屏風」(08年の暁斎展にも出展されていた)は暁斎がコンドルの成長を歓び、1年をかけて制作しコンドルに贈ったもの。コンドルの娘の代まで伝わったが、その後日本人の個人蔵のものとなり、現在は京都国立博物館に寄託されている。
大英博物館も同作品を入手しようとしていたが、この名品が幸いにも日本国内に残ることとなったのは嬉しい。

暁斎は日本よりヨーロッパで評価が高いのは上記コンドルの著作の影響が大きいという。なるほど、あのような美しい美人画とコンドルの師であったという事実をもってすれば高評価を得られるのも当然のような気がする。

コンドル自身が手がけた図面も忘れられない。
特に赤星家大磯別邸立面図、岩崎家箱根湯本別邸透視図は水彩画のようだった。
時折コンドルは図面に色を付けていて、その淡い色遣いと邸宅の図は、建築図面のひとつであることを忘れさせる。

更に、忘れられないのが関東大震災を経た後、コンドルの設計する住宅の構造が地震を意識したものに変化していること。震災後手がけた成瀬邸は、鉄筋コンクリート造であり地震が与えた影響が如何に大きかったかが分かる。

最終章では、コンドルの図面の修復と拡大を行う成果の発表の場となっていた。
そこで取り上げられたいたのがニコライ堂である。
私はまだ一度も中に入ったことはないが、先に図面を見ることになったのは面白い。
ドームの図面が大きく引き伸ばされていたが、図面を見て中の状態がおぼろげに想像することができた。
そして、図面を見たことで、やはり中に入ってみたいという思いが強くなった。

前々からコンドルが書いた暁斎の著書を読みたいと思っていたが、今回の展覧会を見て、ますますコンドルに関心がわいた。
チラシの図面は、ドイツ大使館 1894年設計 1897年竣工

*12月24日(木)まで開催中。

「国宝 青不動明王 御開帳」 青蓮院門跡

hudou

記録として留めておきたいので、やはり書いておくことにしました。
「国宝 青不動明王 御開帳」をついに眼前にお参りしました。

既に多くの方がご覧になっておられるので、今更感がありますが平安創建以来初めての青不動御開帳というのですから、この機会を逃したらもう一生見ることはできないのではないかと、一種の脅迫観念にかられた感じです。

場所は東山駅徒歩5分。ここをまっすぐ行くと京都近美や京都市美などの岡崎方面は徒歩10分かかりません。
更にこの青蓮院門跡へ行く途中、現在松戸市博物館で開催中の「日本の表現主義」展にも作品を多く出品されている「星野画廊」さんを発見。
ここで、素晴らしい絵画の数々を拝見させていただいた後、青蓮院へ向かいました。
どうやら夜間も「国宝 青不動明王」は拝観可能だったようですが、てっきり夜間はライトアップだけで拝観できないと思い込んでいたので、昼間に青蓮院に入りました。
中には大勢の拝観客が。
こちらも池泉回遊式庭園の名庭園として有名で、小堀遠州作の霧島ツツジの名所として知られる「霧島の庭」、室町時代の「相阿弥作の築山泉水庭園」など美しいお庭を楽しむことができます。
昨日アップした並河靖之邸を手がけた七代目植治はこの青蓮院門跡の庭の修復に携わったようで、名庭師あるところ名庭園ありと言えるでしょう。

さて、私のような仏画好きにとって、今回お庭は二の次。
お目当ては国宝 青不動明王 これだけです。
不動明王+二童子像は11世紀に描かれ日本三大不動の一つと言われています。
*日本三不動⇒ 青蓮院の青不動・高野山の赤不動・三井寺の黄不動

想像以上に大きい仏画で、青不動からの距離は離れているものの大きいために見えないということはありませんでした。単眼鏡で覗いてみると、さすがに秘仏中の秘仏だけあって、損傷、退色などはほとんどなく非常に保存状態が良いためくっきりと描かれている不動明王の姿と矜羯羅(こんがら)童子・制多伽(せいたか)童童子の姿を肉眼視できました。

不動明王は大日如来の化身とされ五色(青・黄・赤・白・黒)とある中で、青不動は最上位に位置するもの。以前拝見した同じく日本三不動の一角をなす三井寺の黄不動を拝見したので、ぜひ次は高野山の赤不動を拝観したいもの。

しかし、燃えるような炎に憤怒の表情で描かれた不動明王は間違いなく平安期の仏画の最高傑作と言えるでしょう。
見ているだけで、オーラが立ち上っていました。

やはり行って青不動をこの目で見ることができて本当に良かったです。

*12月20日(日)まで。まだご覧になっていない方、お早めに!

「七宝と庭の緑-靖之と植治」 並河靖之七宝記念館 はじめての美術館63

namikawa

並河靖之七宝記念館に行って来ました。
訪問したのは真夏の8月。

通常こちらの美術館は夏季休館ですが、今年は京都に行こうキャンペーンで夏季期間も特別に開館していたのです。
ちょうど開催されていたのは秋季特別展「七宝と庭の緑-靖之と植治」(12月6日に終了)で、植治とは、名庭師として鳴らし、多くのの名庭園を手がけた七代目小川治兵衛のこと。
小川治兵衛の業績について詳しく知りたい方はこちら(Wikipedia)をご覧ください。
無鄰庵(山縣有朋公邸)やら円山公園、平安神宮など、彼が作庭した庭は枚挙にいとまがありません。

その植治が手がけた庭をここ並河靖之七宝記念館で拝見できます。

並河靖之は、有線七宝で明治・大正時代に活躍し帝室技芸員にも任命された工芸家。今年「皇室の名宝展」第1期をご覧になった方なら黒くガラスのような輝きを持ち精緻な絵柄が付けられていた七宝作品を覚えておられるのではないでしょうか。

元々彼の自邸や工房、窯場を利用し公開しているのがこちらの記念館。
建物は明治27年竣工で、京町家特有の表屋に御殿造の主屋が続く構造で、工房、窯場を含め国登録有形文化財に指定され、植治の庭は京都市指定名勝となっています。
館内の案内図は以下。

mitorizu

もちろん、建物内では並河靖之の七宝作品をはじめ下絵、制作資料などが展示され、建物、庭、七宝作品と3つの楽しみがあります。

七宝作品であれば、他館でも鑑賞することはできますが、七宝下絵となるとなかなか目にする機会はないもの。
しかも、驚いたことに靖之の七宝作品の下絵は本人ではなく、中原哲泉という靖之の右腕となる職人?助手の存在を知りました。中原は作品イメージを並河が伝えると、様々な制約をものともせず下絵で再現したと言われており、実際今回もその下絵が展示されていました。

なるほど、あの美しい七宝作品は並河一人の力によるものではなく、中原の下絵があってこそだったとは。

建物では町家特有の縦に長い台所や、ちょっとハイカラな応接間(下)などが記憶に残りました。
ueji1

植治の庭は、七宝研磨のために引かれた水が琵琶湖疏水を利用した初めての例として有名で、小さいながらも水量豊富な池から流れる水が棗形の手水鉢で二手に分かれる流水が躍動感に富む斬新な構成(パンフレットによる)。
また、庭石へのこだわりも見どころの一つです。

ueji2
isi2
石

■並河靖之七宝記念館
開館時間:午前10時~午後4時半 
休館日:月曜・木曜 *夏季・冬季は通常休館のため、お出かけ前にご確認ください。
交通:地下鉄東西線東山駅下車1番出口より徒歩3分
   市バス「東山三条」「神宮道」下車徒歩5分

「パウル・クレー」 清水三年坂美術館 はじめての美術館62

sannnennsaka

清水三年坂美術館は、最近私の京都でお気に入りの美術館のひとつになっている。
最初に行ったのは今年の秋頃だったかと思う。
この時の展覧会も良かったが、今日書こう、明日書こうと思っているうちに展覧会は終了し、結局記事は書けずじまいになってしまった。

今回は2回目の訪問となる。
場所は市バス「清水道」で下車し、てくてく清水坂を登って行き、三年坂との分かれ道で左に折れ三年坂を今度はゆるゆると下っていく。途中、京都でお馴染の「イノダコーヒー」店を通り過ぎるとすぐに清水三年坂美術館が見える。

こちらは、幕末、明治の金工、七宝、蒔絵、薩摩焼を常設展示する日本で初めての美術館で、2001年9月に開館。「皇室の名宝展」1期以来、明治の工芸に脚光が当たる昨今、それ以前からその先鞭を果たしていたと言える。
館長は、美術館開館前までは村田製作所の専務取締役の要職に就いておられた村田理如氏である。
同館への思いや元々村田氏のコレクションが美術館コレクションとなっているため、明治の工芸品を蒐集するに至った過程、経緯などの詳細は村田氏のインタビュー「人に陶あり」をご覧ください。⇒こちら

企画展は3カ月に1度開催されているが、今回は明治の工芸とはかなり趣を変え、パウル・クレーである。
こちらも村田館長の蒐集品。
更に、前日に行ったMiho Museumの「若冲ワンダーランド」展でも同館所蔵の「人物図」双幅を拝見したばかり。
明治の工芸だけでなく、村田館長の審美眼と嗜好に合った作品を集めておられるのだろう。今回はお姿を拝見したが、いつかお話しを直接伺ってみたいと思う。

2階が企画展示室になっていて、今回は「パウル・クレー~色彩のグラデーションとリズミカルな線で描く不思議な世界~」展が12月20日まで開催されている。

クレーの水彩画を中心に10点程が展示されていた。
私のお気に入りは、展覧会チラシにも採用されている「Schling-gewaechse / よじ登る植物」と「Christliches Grabmal / クリスチャンの墓」、「カイルアンの街角のスケッチ」、「不運な船たち」。

特に「クリスチャンの庭」は私がもっとも好きな■を使用したモザイク風の水彩画。この色のグラデーションが絶妙に美しい。色の組み合わせはクレーの天性のセンスが感じられてならない。

1階では、常設展示でお得意の明治の工芸、七宝、金工、漆、京薩摩焼などの名品が沢山展示されている。左程大きい物はないが、質の高さは皇室の名宝展に並んでいたものと同等レベル。作家も金工では海野勝、七宝は並河靖之、浪川惣助らの皇室技芸員らの作品に加え、無名作家のものであっても非常に高品質、高度な技術の作品が並び、明治の工芸のレベルの高さにいつも感動する。
namikawa
並河靖之「蝶図瓢形花瓶」(上)

今回は京薩摩、中でも司山の作品に目を奪われた。まるで宝石のような薩摩焼である。薩摩焼は桃山時代に、薩摩や鹿児島県の大隈で作られたやきもので、幕末には金彩色絵の細緻な絵がつけられたもの。それが海外で大変な人気を呼び、京都、大阪、東京などで薩摩風のやきものが作られるようになり「SATSUMA」ブランドとして輸出された。
特に京都で作られた薩摩焼を京薩摩と呼び、京都らしい美的センスが活かされ、非常に精緻な紋様が描かれているもの。過剰な装飾を排除し、緻密にシンプルにかつ華やかな所が、通常の薩摩焼と大きく異なっていると思う。

ぜひ、京都清水寺近くまで行かれた際には、この清水三年坂美術館で明治期工芸の美を堪能していただきたいと思う。
必ず驚くような美しい作品に出会えます。

*パウル・クレー展は12月20日まで開催中。12月23日~2/21まで「鉄鐸の美 part1」また2/26~5/23は「明治の万国博覧会の再現美術展」、5/28~8/22「小村雪岱の世界」と今後も楽しみな企画展が予定されています。

■清水三年坂美術館
〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
TEL: 075-532-4270 FAX: 075-532-4271
開館時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日: 月、火曜日(祝日の場合は開館)
年末年始のお休みは、2009年12月28日から2010年1月3日までとなります。※1月4日(月)、5日(火)は臨時開館
入館料: 大人500円、大・高・中学生300円、小学生200円

「小村雪岱展 遥かな江戸の面影」 資生堂アートハウス

settaiomote

settaiura

掛川市の資生堂アートハウスで開催中の「小村雪岱展」に行って来ました
展覧会HPはこちら(作品画像を一部ご覧になれます)。

小村雪岱は、資生堂初代社長の福原信三に是非にと請われて、同社の「意匠部」に5年間在籍し、資生堂のロゴなどの制作や香水瓶デザインに携わっていた関係で、作品などが集められている。
今回はその所蔵作品の中から新発見作品4点の肉筆画を含め約80点で構成されている。

なお、15日(本日)から埼玉県立近代美術館でも「小村雪岱とその時代」展が始まっており、ファンとしては埼玉に行く前に資生堂アートハウスの展示も見なければと向かった(ファン心理というのはさもしいものだ・・・)。

雪岱の木版画は過去に埼玉県近美の特集展示や川越市美などで何度か目にしているので、新鮮味はそれほどなかったが、私にとって本展の一番の目玉は前半部の作品、肉筆画であった。

・「椿図」 1904年頃 
東京美術学校日本画専攻時代に描かれた一枚。本作1点を取って見てもその力量は明らかである。敢えて「椿」の作品を資生堂が所蔵していることにもその意義を感じる。資生堂と言えば「椿」のイメージが強い。

・「おせん」新聞挿絵原画 4点 3回、4回、43回、58回
これらの新聞挿絵原画が今回新たに見つかり公開されている作品。やはり、版画や印刷物とは違う原画そのものの味わいが感じられる。線の一本一本の濃淡や太さ細さにも要注目。
第3回の挿絵原画は新聞発表当時のもの。この後、この原画は草むらが追加され、修正が施されたものだけが残っていた。
個人的には嫉妬に狂う女の姿を描いた作品にしびれた。
鈴木春信の模倣と言われているが、雪岱の方がキレが良くモダンな作風になっている。このキレ味の良さが雪岱を好きな理由なのだ。

・「法華寺十一面観音」「東大寺三月堂月光菩薩」
雪岱の仏像デッサンである。初めて見た。元々絵の基礎ができているから、何を描かせても上手いのである。
この仏像デッサンも極めて簡略に描かれているが、特徴は十分とらえられており、壁に貼っておきたいほど。

・「一本土俵入り取手の宿」他
雪岱の言えば舞台美術にも携わっていたことで著名。舞台装置下図(原画)も過去に埼玉県近美で見たことがあるが、今回は8点が展示されていた。どれも、この上なく美しい。これが実際に舞台で作られた場面を想像するだけで、さぞや臨場感あふれる舞台となることが想像できる。
いや、絵の方が美しいかもしれない。
中でも最初にあった「一般土俵入り取手の宿」は原画というより一幅の絵である。

後半の展示は木版画、もちろんこちらも素晴らしいが、過去に見た作品が多いので割愛。
小展示室では、雪岱が手がけた装丁本の数々がズラリと並んでいた。ここでは、デザイナーとしての力量を見る。

そして、企画展示室から小展示室へ向かう途中にあったのは、資生堂時代の仕事である香水瓶が3点と、包装紙(実際には採用されず)が展示されている。
香水瓶は「梅」「藤」は1919年デザイン。蓋が笄の形をして瓶自体は末広がり。瓶の表面には金字で院刻がされている。
箱やレーベルは同じ資生堂意匠部の矢部季が担当したそうだが、瓶とケースはマッチしていた。


今日から開催されている埼玉県近代美術館の雪岱展ではどんな作品が展示されているのか、早く行って比較してみたいが、香水瓶や資生堂発行の小冊子などは恐らく展示されていないことだろう。

資生堂アートハウスの作品リストは毎回高級和紙でにプリントされているので、容易には捨てられないのであった。こんな些細な所にも美への追求心を感じる。
この美へのこだわりは、本展図録(2000円)にも感じられ、非常に美しい印刷で、刷りたてなのではないかという程、発色が美しい。印刷会社は後付けを見ても不明で、プリンティングディレクターなる方のお名前があった。

*12月20日(日)まで開催中。入館無料です。
なお、資生堂アートハウスまでは徒歩で20分以上。タクシーを利用した方が良いと思います。

坂本真澄 「愛のむきだし」展 ギャラリーエフェメール(大阪)

sakamoto

坂本真澄「愛のむきだし」展(12/21まで)に行って来た。
京都から大阪にわざわざ向かった理由は、前回の藤田美術館の秋季展見たさもあったが、この坂本真澄展を見たかったことも理由のひとつ。

坂本さんを知ったのは今年のGALLERY MoMo 六本木での個展「体育のじかん」展であった。
過去感想記事:http://memeyogini.blog51.fc2.com/blog-entry-684.html

ここで、一気にファンと化した私は大阪での個展開催を知り見に行きたくなったのだ。
会場のギャラリーエフェメールは長堀鶴見緑地線「西大橋駅」徒歩1分のエスモードジャポン大阪校1階にあるスペースで、本展がオープニング第1回目の展示である。
詳細はこちら

Momoよりも狭い空間だからか、開放的過ぎるせいか、今回の展示はちょっとピントが合っていなかった。
ピントが合ってないのは、作品に描かれている人物達も同じで、大半の人物の片方の目は全て白くなっていて瞳が描かれていない。
無論、坂本さんの意図的な理由があるからだと思うが、私個人としては瞳のない人物作品は好みではない。
せっかくの坂本さんの美しい瞳が描かれていないのは残念でならなかった。

瞳を描かないことでひねりや変化を入れるのではなく、もっと別の形でらしさを表現して欲しいと切に願う。

展覧会テーマに沿った作品、空間の完成度は明らかに「体育のじかん」展の方が良かった。
時間がなかったのか、私の気のせいか作品もやや粗く仕上げているように感じ、その点でも残念だった。

新作を見られたのは嬉しかったけれど、内容的には不満が残る。

次回展に期待したいと思う。

*12月21日(月)まで開催中。
Galerie ephemere(ギャラリーエフェメール)
大阪市西区北堀江1-21-25エスモードジャポン 大阪校1F
10:00~19:00 日・祝休み

「日本のやきもの・アジアのやきもの」 藤田美術館 はじめての美術館61

藤田美術館で12月13日(日)に終了した平成21年秋季展「日本のやきもの・アジアのやきもの」を見て来ました。

藤田美術館は、昭和29年開館の歴史ある美術館。
関西財閥の重鎮である藤田傳三郎とその長男の藤田平太郎(1869-1940)、伝三郎の二男の藤田徳次郎(1880-1935)のコレクションを展示している。

不思議なのは、藤田美術館HPの運営を行っているのは所在地がある大阪市ではなく、岡山市 企画局 情報企画課が携わっていることであった。しかし、藤田傳三郎の略歴をWikipedia(前述の名前をクリックすると該当頁に飛びます)で見て納得。岡山市の干拓事業に深く携わった功績故のようだ

藤田傳三郎は、先頃読んだ白崎秀雄の「鈍翁 益田孝」にも関西古美術蒐集家として登場する。
前から気になっていたのに、この本を読んでますます気になって来た。

やっと初訪問することができた藤田美術館は驚いたことに土蔵を改装した建物だった。
戦災の中で焼け残った貴重な土蔵。しかし、これは古かった。
永青文庫も古い建物だが、あちらは元使用人のための館。この藤田美術館は土蔵そのもの。
したがって、窓も小さく全て格子と鉄の鎧戸が付いている。

この古さゆえ、展示作品を劣化させる恐れがあるからか、5000点もの所蔵品(うち国宝9件、国の重要文化財50件)と素晴らしいコレクションをもちながら春と秋しか公開していないのは残念でならない。
今年リニューアルを果たした同じ富豪の根津嘉一郎との差は一体何だろう。

なお、藤田財閥は私にとって「椿山荘」「ホテルフジタ京都」でお馴染の藤田観光がもっとも近しい。
あの、藤田がこの美術館の系列なのかとこの記事を書くにあたり初めて知った。

さて、今回の秋季特別展は「日本のやきもの・アジアのやきもの」である。
茶碗や茶入を中心に、日本とアジアで作られ、互いに影響を与えたと思われる 「やきもの」を比較展示するもの。

展示室は1階と2階からなるが、それほど広さはない。
展示方法として特筆すべきは、茶入れの仕覆について古裂の名前も全て明記されていることだ。
最近古裂に関心が高まる身としては、非常に嬉しい。
「清水裂」「漢東」(漢東も何種類もあり全て柄は違う)やちょっと高貴な感じの茶器には「緞子」「金蘭」など器に応じて洋服(仕覆)も変わる。
このTPOの使い分けが見ていると面白いのだった。

茶器や茶碗より仕覆の数々を眺めているのが楽しかった。中にはひとつの茶入れに4つの仕覆が用意されているものも散見され、着せ替え人形さながらだなぁと思いつつ眺める。

印象に残ったやきものは次の通り。
ベスト2は、「菊花天目茶碗」(重文)室町時代と香合番付5位(だったと思う)の「交趾中亀香合」明~清時代の2点。特に亀香合は上から見た時、ちょうど亀の目が私の目と合って、かわいいったらなかった。

菊花天目はその名の通り、菊の花びらのような茶碗で、色も美しかった。

他には「渋紙手肩衝茶入 銘 春霞」桃山~江戸時代、「油滴小天目茶碗」金字第、貫入の入り方が美しい「白天目茶碗」室町時代、「天目窯十王口茶入」宋時代、「田村文琳茶入」宋~明時代、「本手瀬戸唐津杉形茶碗」江戸時代、「雲鶴青磁筒形茶碗 銘東雲」、「黒楽茶碗 銘大ふく 宗入作」、「塩笥茶碗」李朝時代、「熊川茶碗 銘白菊」李朝時代、などなど。
茶碗は形単位に紹介され、茶入はも形単位に並んでいたが、肝心のアジアと日本のやきもの比較はちょっとピンと来なかった。

次回の春季展は「歴史を彩る 教科書に載る名品」である。これも楽しみ。

*本展は既に終了していますので、ご注意ください。

「画家としての藤井達吉-創作の原点を求めて-」 碧南市藤井達吉現代美術館 

hujiiomote
ura

碧南市藤井達吉現代美術館で開催中の「画家としての藤井達吉-創作の原点を求めて-」に行って来ました。

本展は11月3日(火・祝)から開催されており、私はとて開催早々に訪れていたにも関わらず、すっかり感想のアップが遅くなってしまった。
結論から申し上げれば、本展は非常に素晴らしい内容でますます藤井達吉作品の魅力、総合芸術に魅了されることになった。こんなに素晴らしい芸術家の存在を碧南市や愛知県だけにとどめておくのは惜しいので、ぜひ東近美あたりで展覧会を開催していただけないものかと切に願っている。

碧南市碧南市藤井達吉現代美術館(下画像)の館長は、愛知県美術館学芸員のご出身でその頃より藤井達吉研究をされていた方。
何しろ、郷土の偉人藤井達吉の名前が美術館名に入っている位だから、美術館のオープニングももちろん藤井達吉だった。

hekinanmuseum

しかし、本展では特に藤井達吉の画家としての側面をピックアップし取り上げていることに大きな価値がある。
展覧会の構成は次の通り3つの章からなり、作品点数は約60点。前期・後期(12/8~1/11)で6点が入れ替わる。

第1章 初期の絵画 大正4年頃 大正時代前半
達吉の油彩画というのは非常に珍しい。キャンバスでなく紙に描いた油彩「風景(日の出)」は印象的。
この他初期作品では二曲一双の「山草図」(絹本、著色)、「「静物・花」などが良かった。後者「静物・花」はルドンを思い出させるような幻想的な雰囲気を持った日本画。
彼の画家としての力量はここから既に伺われるのだった。

第2章 伝統技法への取り組み 大正後期
ここから、藤井らしさが作品にいよいよ発揮されてくる。
・「山芍薬」岡崎市美術館蔵 溢れんばかりの緑。
・「草花図」
・「立葵」 
など、草花を題材にした作品が非常に多いのも特徴的。
その真骨頂と言えるのが「日光」シリーズ(朝)(昼)(晩)や「四季草花図」シリーズ(春)(夏)(秋)(冬)であろう。
「日光」シリーズは第2章のベスト。幽玄な景色とそこに屹立する樹木の様子が素晴らしい。
また、「四季草花図」はこの頃から琳派の影響が感じられる作品である。

第3章 独自の境地へ
「相模灘波上旭日」「アルプス山上の弦月」「線場ケ原の明星」などは当時のフュウザン会主宰岸田劉生の影響が色濃く出ている。

また、一転して「夕映」では印象派風の日本画で別の一面を見せる。
総じて草花を描く場合、琳派に近い画風になっていることが多く、後年昭和に入るとますます拍車がかかる。
しかし、単なる琳派の模倣ではない所が藤井達吉の素晴らしい点であろう。
今回のマイベスト「紅白梅図」は明らかに光琳の「紅白梅図屏風」を意識したであろうと思われるが、全く別物。むしろ水墨画に近い。
達吉の水墨画がこれまた素晴らしい出来栄えで「行雲流水」は南画風だし、この器用さは天性のものなのか。
古今東西様々な筆法を自身のものにしている。

「水・火」は各169.5×363.0の大作である六曲一双屏風。
この作品に見られるような天地・天体宇宙を意識したような作品も手がけている。左隻の炎、右隻の波、炎には金箔を、波には銀箔をうねるように二つを描き、箔を散らすことで単なる絵画におさまらずやはり工芸的な香(コラージュに近いか)を感じる。

藤井達吉は本阿弥光悦を尊敬していたようで、「扇面流し」や前述の「水・火」は晩年の大作、代表作である。
「扇面流し」は、三河湾とそこに浮かぶ島々のイメージを扇面に描いて、継色紙の技法を使い装飾性豊かな画面を作り出した傑作。これを見た時、その場を離れられないほどの衝撃を受けた。

藤井達吉が作り出した継色紙の美しさは、紙・布・螺鈿まで使用し、まさに藤井が目指した総合芸術のひとつの到達点と言えるだろう。昭和の30年代にこんな美しい物を作り出した作家がいたとは。

好きな作品だらけで、見る作品見る作品、それぞれ良さがある。
最後に速水御舟を彷彿とさせるような「炎」この宗教的な美しさ、そしてやはり天体が描かれ、藤井達吉の思想を表現した作品として心に残っている。

図録の図版は美しいが、作品個々の解説が不足しているのが残念。でもお値段は1200円はお値打ち!今も取り出して眺めているが、やはり美しいし、癒される作品たちである。
藤井達吉、本当に尊敬すべき芸術家だと思う。今回は絵画がメインだが工芸での彼の作品群がまた素晴らしい。天賦の才があったのだろう。
開館記念展も良かったけれど、今回は藤井達吉作品だけに的を絞り非常に充実した内容で、驚きの連続だった。画家としての藤井達吉の才能を再認識できた。

惜しむらくは展覧会チラシ。「水・火」や「扇面流し」のような大作をチラシ表に採用した方が良かったのではないだろうか。「山芍薬」も素敵な作品だが、チラシにするにはちょっと地味な感じを受けるので、勿体ない。

*来年1月11日(月・祝)まで開催中です。ぜひご鑑賞ください。お薦めいたします。

「若冲ワンダーランド」3回目 Miho Museum

Miho Museumで開催中の「若冲ワンダーランド」3回目に行ってきました。

本当は、2回目になった11月が行くかどうか微妙だったのですが、今回の3回目の最終会期は最初から必ず行くと決めていた。
作品リストと展示期間が公開されてすぐ、いつ見に行くか検討した結果、6期(11/25~12/13)の中でも12/1~が一番見たい作品や未見作が多かったため。
3回通っても見られなかった作品、たとえば「蔬菜図押絵貼屏風」(個人蔵)などあるが、これはまた出会える機会を待つとしよう。

さて、3回目の最終会期も素晴らしかった。
全く同じ展覧会なのに、行くたびに新しい発見と感動がある。こんな展覧会は、そうそうあるものではない。
今回がもっとも見ていない作品が多く出展されていたように思う。1回目も同様だが、その点では2回目は若冲よりむしろ池大雅の大作など他の作家の作品で大いに喜ばせてもらったので、これはこれで行って良かった。

3回目に印象に残った作品たちは次の通り。
・「白澤図」個人蔵
本展は個人蔵の作品出展が非常に多かった。冒頭にこの「白澤図」が配置されていたが、いきなりびっくり。こんな妖怪みたいなものまで描いてたっけ?白い獅子のような動物の姿をしているが、顔は3つ目、背中あたりにも三つ目がある。う~ん、今日は旅先(名古屋)だから図録がないので、帰ったらよく解説を確認しよう。中国の伝説の動物か何かなのだろうか。

・「牡丹孔雀図」個人蔵
孔雀の身体と首から顔にかけてのひねり具合が妙に色っぽい。この色っぽさを引き立てるかのように牡丹が配されている。これも見た記憶がまるでない作品。

・「人物図」 清水三年坂美術館
若冲の人物を描いた作品はそんなに多くない中で、本作は非常に貴重だと思う。双幅の人物図で右幅は釣りをする2人の人物を、左幅は皿回しと薪を集める女(?)2人の計3人が登場。特に気になったのは左幅。構図が絶妙で左の人物は横を向いて釣り糸を垂らす姿を描くが、顔は鑑賞者の方を向いておらずやや半身となった後ろ姿だけが描かれている。このため、この人物の顔はどんなことになっているのか、見る側としては大いに想像が膨らむ。
とても面白い作品。今日、清水三年坂美術館に行った折、この作品のことをお聞きしたが、係の方も若冲作品をオーナーが所蔵されていたことを知らなかったとおっしゃっていた。
話はそれるが、清水三年坂美術館は江戸→明治の工芸作品を扱う小さいながらも毎回高質な作品を見せてくれる貴重な美術館である。

・「白鶴図」 個人蔵
こちらは一層照明を落とした室内にぼうっと白い2羽の鶴が浮かび上がる作品。特に気になったのは鶴もさることながら背景に描かれていた波の描写。「象鯨図屏風」のような波頭の描写が面白い。これも若冲らしい工夫。更に彼らしいのは鶴の側に描かれた樹木のうねり。枝は狂おしいほどうねり幹に巻き付いている。
ため息が出そうな作品だった。

・「枯木鷲猿図」 個人蔵
こちらも見た記憶がない。猿が右下に小さく描かれ鷲を見上げる。

・「花鳥蔬菜図押絵貼屏風」、「群鶏図押絵貼屏風」いずれも個人蔵
この屏風2つが並ぶ様は圧巻だった。まるで一連の作品であるかのようだ。
花鳥蔬菜図も良いが、やはり群鶏図の連続した鶏の描写は素晴らしい。
遠くからこの2つの屏風を眺めると、動画のようみに見えた。

・「象鯨図屏風」
これで、当分見納め。それにしても3回見てもまだ見飽きないところがすごい。今回は背景のぼんやりした雲か波の様子も気になった。

・「鹿図」 個人蔵
クローズアップされた鹿の構図は絶妙。

・「百犬図」個人蔵
これは過去に1度見ているはず。しかし、かわいいわんこ達だなぁもう。顔というより動作が全部違うんだもの。
ずるすぎる。

・「猿こう摘桃図」 個人蔵
これも初めて見たと思う。今回印象に残った作品ベスト3の一角。
長谷川等伯の作品を思い出した。猿がつながっているのだが、妙にかわいい。子猿かな。

今回のおまけは与謝蕪村。銀箔貼「山水図屏風」とも久々に再会。目の前には1期にもあった同じ蕪村の金地「老松図屏風」が。
これぞ金銀対決。
この余波で、ミホ与謝蕪村展の図録はあと4冊で完売。金曜日午前中時点だから、今頃は完売したことだろう。
最後になって、いきなり映像解説23分が制作されていて、これも驚いた。二回目の11月上旬にはなかった。辻先生はじめ、象鯨図屏風の修復の様子をカメラはとらえていたが、興味深い内容だった。
明日が最終日。特に関西一円の皆様はお見逃しなきよう。

「近代の東アジアイメージ」 豊田市美術館

asia

本日12月8日の朝日新聞朝刊紙上において、今年の展覧会「私の3点」として北澤憲昭氏が豊田市美術館で開催中の本展「近代の東アジアイメージ」を挙げられていらっしゃるそうだ。
前期・後期と2回見て来た私は、この結果を聞いてあり得るなと思った。

何がすごいかと言えば、
第1にボリュームと展示作品の質 ⇒総展示作品数は約300点、しかも107作家を網羅 
第2に展覧会主旨が明確で展示内容から主旨が観賞者によく伝わって来たこと
第3に近代日本画、近代洋画、写真家と広範囲に日本近代美術を網羅していること
が挙げられる。

本展主旨はチラシ記載の「日本近代美術はどうアジアを描いてきたか」が端的に表現している。
日本近代の日本画家、洋画家、さらには写真家たちが、どのようにアジアをイメージしていたかを広く紹介する。

本展の担当は、馬喰町のムサビ主催の「gallery αM」でもキュレーターをされている豊田市美チーフキュレーターの天野一夫氏である。
本年度は豊田市美も潤沢な税制収入が激減し、予算的にも厳しかったと思われるが、総力を全て本展に結集したのか、前後期と大幅な作品展示替えを行い、上記のような作品数、作家数は市立美術館の単独開催として通常考えられないような内容になっている。

本展は巡回なし。豊田市美術館単独開催です!

これだけ展覧会に行っていても見たことのない作品が非常に多く出展されていて、この作家でこんな作品があったのかの連続であり、作品の所蔵先は宮内庁三の丸尚蔵館から個人蔵まで図録の協力先一覧に記載されている数は非常に多い。

展覧会は次の8章から構成されている。
1章 明治期段階-文人画・歴史画から現実へ
2章 エキゾチシズムの諸相
3章 アジアの女性像
4章 中国で開花した「日本美術」
5章 カメラアイを通して
6章 場末への眼差し
7章 内的荒野・大地からの幻影
8章 現代にて

特に印象に残った作品のみご紹介。

1章では、前期に展示されていた高橋由一の「上海日誌」(東京藝大)-これぞまさしくこんなものがあったのかの好例!-、西郷狐月「台湾風景」(松本市美)、山本芳翠「唐家屯月下歩哨図」後期展示(宮内庁)。

2章では、前期展示の山本蓬春「市場」(東京藝大)、朝井閑右衛門「上海バンド」(個人蔵)通期展示。朝井は、本展を見て一気に気になる作家になった。

3章では、藤島武二「花籠」(チラシ表紙掲載)京近美・通期、津田正太郎「妓生」京都市芸術大学資料館・通期、島成園「上海にて」大阪市美・後期展示。

4章では、川島理一郎「広東大観」足利市美・通期、前期展示の竹内栖鳳「南支風色」前田育徳会。

5章は写真作品が並ぶ。大好きな福原信三「西湖風景 中国杭州」日大芸術学部・通期、小石川清、淵上白陽、そして極めつけは、恩地孝四郎「中国にて、九江」横浜美・通期と木版画の代表作「円波」とを並べた両者の比較だった。

6章は、柳瀬正夢の一連の作品群。柳瀬は「日本漫画史」を読んでから気になって仕方のない作家。治安維持法違反で投獄され、保釈後に一年に及ぶ満鉄北支事務所招聘時のプライベートな旅で撮影した写真は、本当にすごい。
画家、漫画家としてだけでなくそのカメラワークからは天性の才能を感じた。他にスケッチや油彩、水彩といずれを見てもただただ感動。
なお、前述の恩地の写真も私の好みで、これらの展示作品を手元に残しておきたいがため、図録購入を決意した。

猪熊源一郎「長江埠の子供達」丸亀市猪熊源一郎美術館・通期や後期展示の藤田嗣治「北平の兵士」平野政吉美術館も印象深い。

7章は特に清水登之ファン必見。彼の作品が栃木県美中心に出ている。ただし、清水の作品は2章にも栃木県美およびそれ以外の所蔵品も含め出展されている。

8章は現代アートにまで目を向け、会田誠、高嶺格の両名作品が取り上げられている。

全体を通じて、東アジアのイメージが日本人作家にどのように捉えられ、作品に表現されていったかを見ることで、私自身が当時の東アジアを旅しているような感じを受けた。
それほどまでに、どっぷりとアジアの景色や風俗に浸ることになる。
留学や旅を通し、日本の異文化、異風景に接することでアーティストとして飛躍した作家も大勢いたのだ。
その影響の大きさを壮大な展示で呈示してくれた稀有な展覧会だった。

なお、図録はこのボリュームで2300円です。お得感あり。

*12月27日まで開催中。同時開催で高橋節郎館「天球局」も鑑賞できます。

関西地方の大学付属博物館鑑賞記録 2009年11月28日

このまま放置していると、いつになっても記事にできそうにないので、先週関西へ出向いた際に行った大学付属博物館で開催されていた展覧会の感想をいくつか。
既に会期が終了しているものがありますので、ご容赦とご留意くださいませ。

1.花園大学歴史博物館 2009年度秋季企画展 「上方ゆかりの絵師たち」 12/26(土)まで開催中。
hanazono

花園大学歴史博物館は今回初訪問。「太子道」の市バスのバス停から徒歩5分だった。
前期後期とで大半の作品に展示替えがあり、私が行ったのは前期最終日。
・呉春「雪中人物図」
・森寛斎 「狗子図」
・米山人・岡田半江 「岩に百合図」
・竹内栖鳳 「遊妓図屏風」
森派の作品が多かった。これ以外に雑誌「大阪パック」14冊も展示されている。
「大阪パック」は現存数が極めて少なく幻の漫画雑誌と言われている。確かに「東京パック」は聞いたことあったが、「大阪パック」もあったのね。「東京パック」を見る前に「大阪パック」を先に見た。

悲しいかな総展示作品数が雑誌を除き20点弱と少ないので、ちょっとものたりなく感じた。

2.大阪青山歴史文学博物館 「開館十周年記念所蔵名品展」 12/6に終了
aoyama

ここも初訪問。阪急宝塚線で「川西能勢口」駅でのりかえ、能勢電鉄「一の鳥居」駅下車徒歩数分。
驚いたことに、お城が博物館になっていた!
展覧会チラシによれば、同大学が長年収集してきた文化財は約5000点、うち国宝1点、重要文化財14件、重要美術品41件にのぼる。
今回はこのお城の博物館開設10周年を記念しての名品展。こちらも、前期後期と全ての作品が展示替えとなっていたが、私が行った時は後期展示だった。
メインは、「宸翰・書跡」と「典籍」類が中心で絵画作品は少ない。
後期は、この古典籍に交じり、なぜか「ベートーヴェン自筆書簡」、「シューベルト自筆楽譜」や「ウルガタ聖書」「ラテン語時祷書」などワンダーランドと化していた。
特に印象深かったのは「リチャード・ゴードン・スミス日記」と「リチャード・ゴードン・スミス日本昔話民間伝説集」でいあうzれも絵入で非常に大きな本であった。
リチャード・ゴードン・スミスは明治時代に日本に滞在し日本での生活を日記に書き、民間伝説を研究していたようだ。

絵画では、「浄瑠璃姫物語絵巻」(室町時代)「太平記図屏風」江戸時代に見ごたえがあった。

古筆切れはほぼ全て文化財指定を受けているものばかり。
「大江切」「広沢切」「安加多切」などあり。
典籍は「前十五番歌合」「夜寝覚抜書」特に後者は素晴らしい書作品であった。本展のマイベスト。

3.大谷大学博物館 「祈りと造形 韓国仏教美術の名品」 11/28に終了
ootani

約60点で、Ⅰ.三国時代~統一新羅時代、Ⅱ.高麗時代、Ⅲ.朝鮮時代と時代を追って東國大學校博物館所蔵作品を中心に韓国仏教美術品をたどる展覧会。
韓国仏教美術品だけを集めた展覧会はなかなかないので、今回は貴重な機会だった。
展示風景は博物館HPより、動画で見ることができます。⇒こちら

仏教美術の作品といえば、仏像、仏画が挙げられる。以下所蔵先のない作品は東國大學校博物館所蔵。
私は韓国の仏像のちょっと柔和な表情が好きなので、今回もお気に入りを見つけることができた。
・「誕生仏立像」 三国時代 頭でっかちな、アンバランスさが逆に魅力になっていた。顔の表情も素朴。
・「阿弥陀三尊仏龕」高麗美術館 朝鮮時代 ぐっと時代は下り1600年代だが、ふくよかな顔が良かった。

仏画は、高麗時代のものに名品が多かった。
・「阿弥陀如来図」高麗時代 禅林寺
・「阿弥三尊図」高麗時代 禅林寺
・「水月観音図」 高麗時代 奈良国立博物館 
・「水月観音図」 高麗時代 泉屋博古館
水月観音図は優美なのだが、やや損傷がひどいのが残念。

この他、「慶州奉徳寺鐘」拓本 統一新羅時代 大谷大学博物館
他にも拓本が数点あったが、拓本は東アジアの石碑や中国の書の拓本などで見られるように、日本よりむしろ大陸で盛んだったのだろう。韓国も中国の影響を大きく受けていると感じた。
日本の仏教美術の展示で大きな拓本を見ることはあまりない。最近だと同じ京都で見た法隆寺の仏像の拓本(黎明教会の名品展)くらいだ。

経典では、「御製仏賦・栓源歌」(南禅寺-一切経・高麗版初雕本)<重文>の見返しに描かれた絵の細かさ、「大宝積経」巻三十二 京都国立博物館蔵<重文>紺地に金泥も鮮やかな日本の経典とどこが違うのか?と思う程同じ。
そもそも経典は、大陸から僧が持ち帰ったものを範としているのだから、似ていて当然か。

「没後90年 村山槐多 ガランスの悦楽」 松濤美術館

kaita

22歳で夭折した村山槐多の回顧展「没後90年 村山槐多 ガランスの悦楽」を見に松濤美術館に出かけた。

明治・大正・昭和の夭折画家の中で私がもっとも好きなのは関根正一なのだが、この村山槐多の作品も今年になって三重県立美術館でデッサンやら詩やら今回も出展されている≪ピンクのラブレター≫などを拝見し興味が高まっていたところ、ちょうど良いタイミングで回顧展の開催を知り、矢も楯もたまらず出かけて行った。
(参考)過去ログ「未来への贈りもの 岡田文化財団寄贈作品展」三重県立美術館

本展でも過去ログの通り、三重県立美術館で拝見した村山槐多の一連の素描作品が展示されていたが、かの≪ピンクのラブレター≫の槐多が恋した相手は同じ中学の同級生であった美少年だっとは。。。
三重県美でこのラブレターを拝見した際には、「きよし」という名の女子生徒だとばかり思っていた。
まさか同性愛だったとは。
まぁ、美少年なら分からないでもないが、やはり早熟な人だったのだろうか。
しかし、槐多は同性愛嗜好であったわけでは決してない。
この後、モデルや三味線ひきの≪おばさん≫やらに恋をしているが、道ですれ違った女性に突然接吻を求めるなど奇矯な行動も目立つ。

ところで、22歳で亡くなってしまった槐多の作品数がそんなにあるのだろうか?という危惧は全く無用だった。

本展を拝見するまで知らなかったことが、いくつもあった。

<その1>村山は画家や詩人としてでなく作家としての仕事もいくつか残していた。
特に彼が作った詩と目の前にある絵画作品はどこか不一致な感じを受けたのは私だけだろうか。
彼の思いを詩に託し言葉にすると、若干その熱い思いが和らいでいるように思うが、キャンバスや紙に向かった時、彼の感情はそのまま作品にストレートに伝わっているのだ。
かの江戸川乱歩は槐多の殺人と怪異な小説作品に対し、「日本の最も優れた探偵小説のひとつだと考えている」と評価し、実際に槐多の≪二少年図≫を生涯書斎に飾っていた。
すっかり忘れていたが、先日神奈川県立文学館の「乱歩展」でこの≪二少年図≫を拝見したばかり。

<その2>版画家と言って良いのか山本鼎の従兄弟であり、山本の理解と協力を得て、小杉未醒に世話になっていたこと。
山本鼎なくして、槐多の短期間での美術活動や評価はあり得なかっただろう。

<その3>私が目下気になっている槐多と同時代の画家であった柳瀬正夢と交流があったこと。
この2人の交流については、著作もあるようなので一度読んでみたいと思う。

作品について感想をあげれば、油彩画や水彩画の彩色作品よりも、感銘を受けたのはデッサンであった。
彼のコンテ使用のデッサンの力強さはどこから来るのか。
特に、感じ入ったのは裸婦をはじめとする女性をモデルとしたデッサンである。
風景作品も秀作は多いが、やはり村山槐多の裸婦は彼にしか描けないように思う。
もっちりとして、肉感的で、作者の気持ちはモデルに伝わっているのか?

また、自身の自画像が何点かあったが、岸田劉生の影響が色濃く出ていたように思う。
槐多終焉の地になった代々木は劉生が写生をした場所としてつとに有名で、当時の画家たちに劉生がいかに影響を与え
ていたかを痛感した。

好きな作品は、≪スキと人≫、≪風船をつく女(A)≫、≪裸婦≫、≪自画像≫、≪天平の村≫、≪女の顔≫。
油彩では、≪芍薬≫、≪カンナと少女≫(下画像)、≪瓶のある静物≫。
kannna

解説パネルや略歴を見ると、村山槐多は常に恋をし、恋に破れ、精神と肉体を病んでいった男のような気がする。
恋に生き恋に死んだといったら極端に過ぎるだろうか。
無論究極的な貧乏生活も、健康をむしばむ要因だったことは違いないが、晩年の村山の詩や遺言には既に自分の命が長くないことが見て取れる。
そして、この命の短さ、生への執着を詩に託し、1日でも長く生きていたいという強い願いにも関わらず、最後は流行していたスペイン風邪が直接要因となって神に召された。

早熟の天才。

展覧会タイトルに使用されている「ガランス」は茜色のこと。
冒頭に紹介した関根正二が頻繁に使用した色は「ヴァーミリオン」。
同じ赤でも二人の夭折の天才が使用した赤色は微妙に違うのだった。

作品を比較すると、関根正二の方が繊細かつ神経質な性格だったのではないかと想像する。
両者の作品から受ける印象はまるで違う。

これでもかこれでもか!という気魄のような強く熱い精神性を村山槐多の絵には感じるのだった。
極貧の生活もガランスという色で塗りつぶせるかの如くタッチは強い。

会場には絵画だけでなく、多数のドローイングや手製ハガキなども多数出展されているので、絵画だけでなく村山その人の全仕事を振り返る内容になっていることが良かった。
また、展示室内のあちこちに村山槐多が作った詩が絵画作品と合わせて展示されており、彼がどんな気持ちで絵を描いていたのか、何を考えていたのかを観賞者も考えながら作品を見て行くとよいのではないだろうか。

私が訪問した日は、著作「詩人たちの絵」などでおなじみの信濃デッサン館主窪島誠一郎氏による講演会が開催されていた。何とか最後には間に合ったが、既に会場に入りきらないほどのお客様が聴講されていた。
しかし、この日は図録を購入すると窪島氏のサインを頂戴できたので、非常に嬉しかった。
こんなことなら自宅に置いてあった「詩人たちの絵」も持参すれば良かったかなとちと残念。
展示作品中デッサンの多くは信濃デッサン館所蔵のものだったので、折を見て行ってみたいと思う。

なお、本展図録がまた出来栄えが良くこれで2000円ならお買い得だと思う。会期終了近くなると売り切れの可能性もあるかも。また、前期・後期(以下)で数点の作品替えがあります。
また、展覧会チラシや図録のデザインが素敵なのだが、これは展示資料のひとつで槐多の絵葉書のデザインをモチーフにしているようだ。黒い太枠に×印で△面を4つ作り出した。槐多の名前のレタリング文字もかっこいい。

■会期 前期:平成21年12月1日(火)~27日(日)後期:平成22年1月5日(火)~24日(日)
■開館時間:10時~18時(入館は閉館30分前まで) (注)金曜日は、10時~19時です。
■休館日
平成21年12月7日(月)・14日(月)・21日(月)・24日(木)、平成21年12月28日(月)~平成22年1月4日(月)、1月12日(火)・18日(月)

「玉川学園創立80周年記念特別展 イコン-聖像画の世界」 玉川大学教育博物館 はじめての美術館60

ikon
「玉川学園創立80周年記念特別展 イコン-聖像画の世界」に行って来ました。
会場は、玉川大学構内にある教育博物館2階第2展示室で、入場無料です。

本展では、玉川学園が所蔵するイコンコレクション全71点が初めて一挙に公開されます。
なお、イコンとは、ギリシア語のエイコン(肖像・似像)を語源とし、特に東方正教会で発達した聖像画のことをさします。ビザンティン美術の一流として発達したイコンは、8世紀のイコノクラスム(聖像破壊)の受難を経たのち、11世紀頃からのイコン崇拝の高まりとともに、ロシアやそのほかの東方正教会圏に広まりました。
~展覧会HPより~

展示は、「キリスト誕生まで」「イエス・キリストの生涯と復活」「聖母マリヤ」「キリスト像」「聖母子像」「祝祭のイコン」「天使と聖人たち」の7つのテーマから構成されています。
主としてロシア正教会のイコンがもっとも多く、他にギリシャのものが何点かあり、比較してみるとロシアのものとギリシャのものとでは、明らかに雰囲気が異なることが分かります。
ざっくりですが、ロシアのイコンの方が、画が細やかに描かれているものが多かったです。ギリシャはやや大ざっぱというか素朴な感じで洗練さではロシアのものには叶いませんが、逆に洗練されていない分力強さはありました。

今回展示されている71点のうち30点は、玉川大学HPよりご覧いただけます。⇒こちら

最初に、展示されていた本展でも最古のイコン「聖三位一体」16世紀 ロシア・イコンの美しさにはっとしました。
確かにこのイコンが目の前にあったら、祈りを捧げそうな神聖さが漂っています。

元々イコンの制作は原則として、専門の修道士によって描かれるそうです。制作に入る前に祈りを捧げ断食をし心身の浄化を行い、更に使用する材料、道具も清めます。
構図や色彩などの画像表現には教義による厳しい規則があり、今日まで受け継がれているが、描かれた時代や地域によって様式には違いがあります。

イコンの支持体としての木材は、カシ、イトス、ブナ、シラカバ、ポプラなどが使われているそうです。今日は運良くギャラリートークが開催されていたのですが、あまりにも参加者が多かったため、ギャラリートークの流れの前の静かな状態で展示を拝見したのですが、解説の方のお話がモレ聞こえてきました。上記内容はギャラリートークで使用された資料より記載しています。

イコンはいわば、日本で言う仏画か神像、御神体のようなもの。
洋の東西を問わず、こうした絵画(仏教でいえば仏画や曼荼羅に近い)が信仰の対象とされているのは非常に興味深かったです。
そして、描かれているものはキリストや聖母マリアであっても、仏教にそのまま置き換えられそうな共通点があります。
例えば、最後に展示されていた「最後の審判」18世紀 ロシア・イコンは、曼荼羅か地獄絵ととても似通っています。
教義の違いはあれど、東西宗教文化にこうした共通点を見出せたことが収穫でしょうか。

ただし、イコンでも銀製のリザ、鉄製バスマーなどテンペラ絵画に飾りを凝らしたイコンなど珍しいものが何点かあり、印象深かったです。
以前、損保ジャパン東郷青児美術館の絵本展で見たような3枚折祭壇イコン「薔薇の聖母」17世紀ロシア・イコン(下画像)もあり。薔薇は聖母のシンボルです。思わず目をほそめて、その細かい聖母や薔薇など小道具、背景に見入ってしまいました。
bara

様々なイコンを見ているうちに、今年2月にロンドン・ロイヤルアカデミーで拝見した特別展「ビザンティン」を思い出します。この特別展でもイコンが多数出展されていましたが、それらと比較しても玉川コレクションは決して引けを取りません。
かなり大きな「十字架イコン」(下画像)はぜひ目の前で見て大きさやその神々しさを感じていただきたい逸品です。
jyujika

日本国内でこれほど沢山の正教会イコンを目にする機会はそうそうあるとは思えません。
輝かしいイコンの美しさと神聖さを是非ご堪能ください。

図録も作成されていますが、頁数を考えると2000円とちょっとお高いです(ただし図版は大きく美しい)。

なお、会場となっている教育博物館へは最寄り駅の小田急「玉川学園前駅」の南口から行かれた方が近いように感じました。正門までは駅からわずか3分ですが、大学構内のあまりの広さにびっくり。しかも教育博物館は駅から遠い方角に位置しているので門に入ってからが長かった(徒歩10分以上)です。

この展覧会は、土曜・日曜は休館日ですが、12月6日(日)は特別に開館しています。

*1月29日(金)まで開催中 休館日:土日(12/6は開館)、12/17~1/11
時間:9:00~17:00(入館は16:30まで) 入館無料
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。