スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 常設特集ベスト

続けて2013年常設特集ベストをあげます。
各地の美術館を訪れる楽しみは企画展もですが、常設展示も大きな要素のひとつです。むしろ比重は半々か常設の方が大きいかもしれません。企画展が予想外でがっかりしても常設が素晴らしければそれだけで十分来た甲斐があった!と喜びを得られます。美術館や博物館の建築もまた美術館巡りのお楽しみの一翼を担っていて、近いところでは豊田市美術館、遠方ではミホミュージアムや丸亀の猪熊弦一郎美術館、松濤美術館など建築空間、展示空間そのものも鑑賞を左右することもしばしば。

前置きはこのあたりにして常設特集ベストです。常設特集の場合、図録が作成されるケースは珍しく小冊子程度、下手するとチラシや作品リストだけの場合がほとんどなのが残念。こういう展示こそブログで詳細書いておかないと記憶の彼方に消えてしまいます。

順位は付けず良かったと思うものを。

・出来事(イヴェント)がアートになる時ー特集展示・塩見允枝子と林三従ー 倉敷市立美術館
・塩見允枝子とフルクサス 国立国際美術館
いずれも塩見允枝子とフルクサスの活動を展観していたが、倉敷市美では地元アーティストの林三従と塩見との関係を絡めた展示で個人的には倉敷市美の方が面白かった。林三従さんを本展で知る。1987年より備前アートイヴェントを企画プロデュース。精力的な活動、活躍に深く感銘を受ける。昨年「日本の70年代1968-1982」展でタージマハル旅行団が紹介されていたが彼らのイヴェントにも林さんはパフォーマーとして参加していた。
もっと詳細な資料が観たかったので、鳥影社刊『林三従アート集成』を彼女のアトリエだったホワイト・ノイズ<林三従ミュージアム>に連絡し取り寄せた。次に岡山に行くことがあれば、事前に予約のうえ、林三従ミュージアムを訪れたい。

・再発見! 小林徳三郎 ふくやま美術館 2013年12月21日〜2014年4月6日 前後期一部展示替えあり
能公演で福山市を訪れたので未訪だったふくやま美術館へ初訪。企画展の開催はなかったが、企画展と言って良い小林徳三郎特集が開催されていた。未知の画家であったが、フュウザン会に参加し萬鉄五郎や木村荘八と親交があったというではないか。ドストライクゾーンの展示で嬉々として見入った。広島県美所蔵品と作家の遺族より寄贈された作品で構成され約80点。油彩に水彩、スケッチブックに墨絵まで堪能。良かった良すぎた。なのになぜ2013年ベストにあげなかったのか。
いや入れても良かったかもしれない。木村荘八展と同年にこの展示を拝見できたことに感謝したい。『西瓜』や『金魚を見る子供』、『ダンスホール』は木村荘八とはまた違った構図で油彩に関しては荘八より小林徳三郎の方が私の好みだった。

・下絵を読み解くー竹内栖鳳の下絵と素描 京都市美術館
これは常設特集に該当するかどうかやや疑問だが隣で同時開催されていた竹内栖鳳展とは別に500円で入場できたので常設扱いする。展覧会タイトルの前には京都市美術館開館80周年記念展とあるが一部個人蔵の他はすべて京都市美所蔵品。
1.絵を躍動させる要素:動き
2.巧みな構図づくり:モチーフの集合と分散、余白の活用
3.組み合わせの妙
4.空間の広がり
5.京都画壇と下絵
で栖鳳の下絵の特徴と魅力を展観。圧巻は東本願寺大寝殿の障壁画の試作。下絵で栖鳳がどの線を何度も引き直したかよく分かる。同一モチーフを写生帖で繰り返し繰り返し描く。あの迫真の絵は修練の賜物。企画展のチケットがあれば200円であったこの展示は隣が大盛況であったのになぜか空いていたのは残念でならない。

・信濃橋画廊コレクションを中心に 兵庫県立美術館
兵庫県美の常設展示も毎回のお楽しみ。中で今年は信濃橋画廊コレクションが一挙公開されていたのは記憶に残る。1965年に大阪市西区の地下に開廊し、2010年に閉廊。貸し画廊だったが、画廊独自の企画展も開催し河口龍夫、福岡道雄ら新進気鋭の作家たちの作品発表の場であった。オーナーの山口勝子氏のコレクション583点が同館に寄贈された記念として約160点と同画廊の関連資料を1965年〜2010年まで時系列に紹介。ほとんど知らない作家の作品だったが同画廊の資料は興味深いものがあった。地下スペースが時代とともに壁の仕切りを動かし変化していく。作品形態、展示形態にあわせたリノベであったのだろう。しかしすごい量でしたが常設の小パンフレットひとつとリストしか手元に残っていない。

・都市の無意識 東京国立近代美術館
東近美の常設特集も毎回のお楽しみだが、2013年はこれがベスト。冴え渡るキュレーションで作品を通じ都市の無意識(隠れた構造)をアンダーグラウンド、スカイライン、バランプセストの切り口で鑑賞者に考えさせる。映像『東京もぐら大作戦』が傑作であった。地下の垂直からスカイラインの水平、落書きに見る表層の多層の切り口に都市をどう捉えるのか問われ、受け手の自分の未熟さを大いに痛感。高度成長期の東京、昨年の同館で開催された「実験場 1950s」の続編であるように思った。企画展への展開を期待したい。リーフレットあり。

・謄写版の冒険 卓上印刷器からはじまったアート 和歌山県立近代美術館
プリントごっこで御馴染みの謄写版の歴史を振り返りつつ現代の謄写版を考察する素晴らしい内容。これで常設料金で良いのかと疑う。A4サイズ31頁のカラーパンフレットも無料配布。花王芸術・科学財団の助成を受けて実現。昔懐かしいガリ版や鉄筆にローラーも展示され、隣にいた見知らぬご婦人と「懐かしいですね〜」と思わず会話が弾む。謄写版でしかできない版芸術もある。実用から芸術へ、残って欲しい版技法。ガリ版文化が日本固有の印刷の歴史だったとは本展で初めて知った。

・江戸時代がみた中国絵画 東京国立博物館
東博の特集展示は古美術好きなら欠かさずチェックする展示だと思う。「江戸時代がみた中国絵画」は目から鱗が落ちる内容でとりわけ記憶に残った。展示作品だけでなく付属品もあわせて展示することで中国絵画が日本でどのように受容されていたかを紹介。作品を保管する箱そのものに書かれた箱書きなど拝見する機会はこれまで皆無。本当に珍しいものばかりでこれから場所は取るけど一部でも良いので軸物は箱や付属品と一緒に展示して欲しいと思った。リストのみ。

・わたしたちの90年 1923−2013 2013年6月29日〜9月8日 東京都現代美術館
東京都現代美術館の公式サイトを今確認したところ、現在も同名での常設展示が行われているが、会期が異なっているため展示作品も重複していない。同館の通年企画だが会期によって展示替えされている。
1.震災と戦争
2.変わりゆく東京
3.終わらない戦後
4.遠くて近い場所
以上4部構成。昨今の日本の現況を鑑みると時代は歴史は繰り返すのではないかそんな危惧や不安に苛まれる。終わらない戦後の作品群を観つつデマンドの『制御室』で新たな恐怖を覚えた。リーフあり。


年明け早々に三重県立美術館で福井美術館との連携により福井県美所蔵の岩佐又兵衛が三重県美の蕭白とあわせて常設で紹介される。来年も常設特集の一層の充実を楽しみに待ちたい。

新年の展覧会はじめは名古屋ボストン美術館の北斎展になる予定です。
来年は都市圏以外の展覧会で良かったものはできるだけ記事にできればと思っています。

皆様どうぞ良いお年をお過ごしくださいませ。
スポンサーサイト

2013年私が観た展覧会ベスト

ブログ休止の状態でベストだけあげるのは大変心苦しいですが、1年の振り返りということでご容赦ください。

今年は同い年の女性アートブロガーさんが急逝され、いつも彼女と一緒に展覧会を観るつもりで美術館・博物館・ギャラリーに足を運びました。例年になくダンスやパフォーミングアーツに足を運んだのも彼女の影響が大きく働いたためです。
私のような人付き合いの悪い人間ともおつきあい下さって(恐らく同年齢ということが大きかったのだと思います)、今また彼女を思い出すだけで落涙を禁じえませんが、ただただご冥福を祈りたいと思います。


今年の美術展は常設特集の充実が例年になく顕著でした。ということで、ベストは企画展・特別展・常設特集を含めた美術館・博物館開催のものから20選出しました。観ている数が多いので別途、常設特集・常設展示だけのベストも選出しましたので長くなりますが、ご関心ある方はお読みいただければ幸いです。私の場合、各地の美術館に行く楽しみは常設と言っても過言ではありません。
選出基準は私にとって感動が大きかったもの、影響が大きかった展覧会です。

1位:狩野山楽・山雪展 京都国立博物館
京狩野の展覧会は静岡県美で近年開催されましたが、山楽・山雪のこれだけ大規模な展覧会は史上初。期待に違わぬ内容でチェスタービューティ蔵の絵巻やラストの「雪汀水禽図」は今も忘れられません。山楽の作品数は少なかったですが、山楽があったことで山楽→山雪の流れが理解でき鑑賞する上で役立ちました。

2位:生誕100年 船田玉樹展 広島県立美術館 
練馬区美術館での展覧会が前後期に分かれていたため消化不良で、広島県美に再訪し一挙に全点拝見。日本画家の枠を超えた画業に感服です。

3位:陶家の蒐集と制作Ⅰ 清水六兵衞家 −京の華やぎ− 愛知県陶磁資料館
Twitterにもあげましたが、陶芸はもう観るのやめようと思っていた矢先にがつんと来る内容で再び舞い戻ることに。陶芸は美術と切っても切り離せない関係であることが清水家に残された絵画や下絵の数々を観ているとよく分かります。現代になると器から彫刻へと時代とともに作品も大きく変化。歴史ある陶家の変遷が実に興味深かったです。清水家の蔵に空いた穴から手を突っ込んで陶片を搔き出すなど、担当学芸員の方の熱意が伝わる展示でした。

4位:風が吹けば桶屋が儲かる 東京都現代美術館
昨年、賛否両論話題にあがった現代美術の展覧会。状況、出来事。行為を扱う作家をとりあげた国内では画期的と言える展覧会でした。個々の作品云々よりも展覧会全体を作品として評価したいと思います。

5位:根来展 MIHO MUSEUM
台風さえなければ前半の展示も拝見したかった。これほど根来の魅力を堪能できる機会はもうないと言って良いでしょう。ミホミュージアムだからできる展示状況で「かたちの美、色の美」を絵画や古美術との組み合わせで味わいました。

6位:和様の書 東京国立博物館
豪華絢爛、かなの書よりも料紙や料紙装飾に目を奪われた展覧会。こちらも手鏡勢揃いしかも手鏡全部を広げて観る機会を得られた幸せ。夢のような体験。

7位:夢か、現か、幻か 国立国際美術館
夢と言えば、このコアな映像オンリーの展覧会は外せませんでした。図録も作成されず、展覧会タイトルはそれも踏まえた上で付されたものかと思います。グリモンブレはじめ面白い映像作品が多く、開館と同時に入ってほぼ1日2回通って全部の作品を鑑賞できた映像好きとしては満足ですが、現実と虚構における真実の存在を私自身考察できたかは疑問。ただ、面白く強い印象に残る展覧会であったためランクイン。

8位:江戸の園芸展 江戸東京博物館
過去に太田記念美術館で江戸の園芸ブームをテーマにした浮世絵展があり、てっきりそれと同じような内容だろうとタカをくくって足を運ぶんだのが最終日の3日前。浮世絵展にとどまらず園芸の歴史を展観した実に興味深い内容でした。図録を買って復習しようと思いきや前日に完売!!!今年買い逃してショックだった図録2冊のうちの1冊はこれ。要らない方、ぜひ譲ってください!

9位:工藤哲巳展 国立国際美術館
好き嫌いは別として、工藤哲巳の壮絶な芸術と自己との闘いを垣間みたような気がします。観終わった後、工藤の作品が夢に出そうで怖かったです。とにかく強烈なインパクトで彼が小磯良平に油彩を教わっていたとは信じられない。。。

10位:丹下健三  伝統と創造 ~瀬戸内から世界へ~展 香川県立ミュージアム+香川県庁
丹下健三生誕100年を記念した回顧展。香川県庁内を見学する建築ツアーに参加し丹下の建築を体感した経験は強く残りました。展覧会冒頭にあった幻の建築模型は丹下建築の理念を明確に表現していたと思います。

11位:大竹伸朗展 憶測 高松市美術館
大竹伸朗の絵画をじっくり再考できる素晴らしい内容で、写真や映像で作家の記憶をたどりつつ絵画を見せ、装幀作品へとつながる構成は見事。

12位:ス・ドホ パーフェクトホーム 金沢21世紀美術館
ス・ドホの作品は何度も目にしていましたが、なぜ家を題材にするのか、作家の個人史をたどりつつこれまで観てきた布の作品だけでなく映像や立体作品など多彩な活動を観る事ができ作品理解が深まりました。

13位:コルビジェと20世紀美術 国立西洋美術館
通常の常設スペースがこれほどまでに変貌するとは!常設展を超えた企画展(でも常設料金!)。20世紀美術をコルビジェを中心に展観、コルビジェと同時代の多作家の作品により20世紀美術の歴史を改めて振り返る機会を得ました。

14位:木村荘八展 東京ステーションギャラリー・豊橋市美術博物館
待望の木村荘八展。以前より興味のある画家であり、むしろ14位は自分にとって低すぎるかもしれない。挿絵がとにかく素晴らしく大正を駆け抜けた画業を見ることができました。同時期に読んだ田中淳著『太陽と仁丹』にも木村荘八は登場、翻訳家としても活躍していた才人です。

15位:JEFF WALL PHOTOGRAPHS イアンポッターセンター(メルボルン)
国内の写真展ではグルスキーをはじめクーデルカ、スタイケン、キャパと著名な海外写真家の展覧会が開催されたのも2013年の美術界を振り返る上で欠かせないように思います。反則ですが、年初にオーストラリアで観たジェフ・ウォールが本年度写真展のマイベスト。海外なので控え目に15位にしたものの感動はもっと上のランクです。

16位:美作の美術 岡山県立美術館
気になる鍬形恵斎の作品を一挙に拝見できる好機会。絵画だけでなく仏像・神像、津山神学に関する資料も盛りだくさんで面白かったです。

17位:中世の古文書展 国立歴史民俗博物館
古文書なんて読めないし分からないからつまらない・・・をわずかでも払拭できたような気がする。この展覧会をもっと早く観ていたら・・・と思うことしばし。

18位:出雲阿国展 島根県立美術館
歌舞伎図から風俗画の変遷を展観する内容。狂言方能楽師の方の出雲の阿国に関する講演も興味深く拝聴。島根県美は企画展だけでなく京狩野と盧雪と奈良原一高を同時に拝見できる常設が素晴らしかったです。特に奈良原の写真はかなりの広さの展示室1室を使ってオリジナルプリントを紹介。宍道湖の夕陽も忘れ難い思い出。

19位:練り供養を巡る美術 龍谷ミュージアム
龍谷ミュージアムは毎回充実した企画展を開催。昨年は「絵解きってなぁに」で今年は「練り供養を巡る美術」で驚かせてくれました。被り物の等身大仏像があったとは・・・。展示室すぐ横に映像シアターがある施設も魅力のひとつ。展示内容を観て、実際の練り供養を大型スクリーンでゆっくり座って観られる点が気に入っています。

次点:野中ユリ展 神奈川県立近代美術館鎌倉 
スペインアンフォルメル 国立西洋美術館
野中ユリさん、恥ずかしながら本展開催まで作品を知りませんでした。作品が自分の好みで詩的世界に耽溺したくなります買い逃した図録2冊の残り1冊は野中ユリ展のもの。こちらはまず入手困難だろうな。。。
スペインアンフォルメル展も常設コーナーの一画での企画。作品数は少ないながらも大型作品の展示でスペインアンフォルメル作品を紹介。気持ちの良い空間で2回通いました。

以下順不同
内蔵感覚 金沢21世紀美術館
エル・グレコ展 国立国際美術館
ジョセフ・クーデルカ展 東京国立近代美術館
加納光於展 神奈川県立近代美術館鎌倉
実験工房展 富山県立近代美術館葉山・神奈川県立近代美術館鎌倉
明治十二年明治天皇御下命人物写真帖 宮内庁三の丸尚蔵館
中原浩大展 岡山県立美術館
橋本関雪展 兵庫県立美術館
昭和モダン 昭和モダン絵画と文学1926−1936
円山応挙展 愛知県美術館
夜明けまえ 知ら北海道・東北編 知られざる日本写真開拓史 東京都写真美術館
上海美術館展 東京国立博物館
カイユボット展 ブリヂストン美術館
当麻寺展 奈良国立博物館
大神社展 東京国立博物館
五線譜五線譜に描いた夢─日本近代音楽の150年 東京オペラシティアートギャラリー

・・・きりがないのでこのくらいにしておきます。HRC展は拝見したのですが、2回行くつもりが行けず充分に観終わってないので来年に持ち越しします。
会期終了し巡回なく未見の主要展覧会は横浜美術館の横山大観展、府中市美のかわいい美術、東京都美の福田美蘭展、巡回先の多かったエミール・クラウスとベルギーの印象派、パナソニック汐留のモローとルオー、写美の米田知子展、写真のエステ、世田谷のエドワード・スタイケン、江戸東京の明治のこころ、水戸芸術館の高嶺格展、曽谷朝絵展、原美術館・山種美術館の全展と言ったところでしょうか。

東海地方のベストはTwitterで呟きましたが下記に再掲。
1位:陶家の蒐集と制作Ⅰ 清水六兵衞家 −京の華やぎ− 愛知県陶磁資料館(現:美術館)
次点:円山応挙展-江戸時代絵画 真の実力者- 愛知県美術館 以下同列です。
続き 徳川慶勝-知られざる写真家大名の生涯@徳川美、岸田吟香@豊田市郷土博、ユーモアと飛躍 そこにふれる@岡崎市美博、反重力展@豊田市美、渥美窯 国宝を生んだその美と技@田原市博、富士山の絵画@静岡県美、アジアをつなぐ境界を生きる女たち@三重県美、名古屋市博物館のマジックの時間、奥三河のくらしと花祭り・田楽も良かったです。

次の記事で常設特集ベストをあげます。
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。