スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120年ぶりの再会 若冲展 相国寺 承天閣美術館

5月3日、東京から帰宅した私のもとに吉報がもたらされていました。
京都相国寺承天閣美術館で本日より開催の「若冲展」先行プレビュー参加者の一人に選ばれたとの由。
先行プレビュー募集についてはかのmixyサイトによる書き込みで知り、募集資格が①ブロガーであること②プレビュー参加後3日以内にブログにて感想等アップすること、であったため駄目もとで申し込みしたのです。

まさか自分が選ばれるとは・・・夢のような知らせに浮き足立つ私。
事務局の方によれば申込は50名、選ばれたのは15名で私のブログでホントに良いのか?!と思いつつ、昨日「若冲展」先行プレビューに参加させていただきました。その模様を早速ご報告させていただきます。


会場となる相国寺承天閣美術館には5年程前に、やはり若冲作品を見るために出かけました。
今回の特別展にあたり、襖絵等を飾る為もう1つ新たな展示室が建設されていたのには驚きです。そのおかげで見応え更にアップです。
承天閣美術館の開設(昭和59年)にあたり、「釈迦三尊像」(相国寺蔵)3幅を中心にその両サイドに「動植綵絵」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)30幅が左右15幅ずつ並ぶという前提のもと設計プランが立てられていたといいます。

明治22年の廃仏稀釈の波により相国寺存続のため「動植綵絵」30幅のみ皇室に献上され、それから120年。
ついについに、承天閣美術館にて世紀の再会が果される・・・。
これを見ずして何を見る!
次の再会がいつになのかは全く不明なのです。何しろ120年に1度ですから。

このあたりの説明は、若冲展公式HPにも掲載されていますので、是非ご一読下さい。

若冲展
会期:2007年5月13日(日)~6月3日(日)会期中無休
会場:相国寺承天閣美術館
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)

次回へ続く。
写真は、世紀の再会風景です。広報用画像より掲載しています。
20070513153932.jpg

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仏教によるテイスト ~若冲展 in 相国寺~

見所が多い「若冲展」。僕のように“素人”であっても、「動植綵絵」や「釈迦三尊像」など、眺めてるだけでも十分楽しめます。でも、でも。学芸員の村田氏から聞いた話は、これまでに意識したことがなかった“仏教的な観点”からの説明。とても新鮮であったと同時に、これま

若冲展(ブロガー先行プレビュー)

本日のパノラマムービーは非常に貴重ですヨ。 明日5/13から始まる、烏丸今出川の...

コメントの投稿

非公開コメント

ごめんなさい。

kurohaniさま、何度もtryしていただいたのに、TBできずごめんなさい。

特に拒否設定はしていないのですが、どうしたんでしょうね。

再度お邪魔します

どうもTBが上手く行かない様です、、。コメントありがとうございました♪

kurohani様

コメントありがとうございます。
TB入っていなかったのですが。。。失敗???

懲りずに、また遊びに来てくださいね。

こんばんは

先行プレヴューでご一緒させて頂いた者です。memeさんの記事、しっかり書いてあって又感動が蘇りました!私も記事をアップしたので勝手ながらTBさせて頂きました。宜しくおねがいします♪

女子美大生様

コメント残して下さって有難うございます。
このような駄文をお褒めいただいて、片腹いたし、恥ずかしです。

今思えば、何やら夢のよう。。。
皆様のブログを拝見するたびに、あの日の感動が蘇ってまいります。
ブロガーによるプレビューが今後も企画されるといいですね!

須磨人様

コメント有難うございます。
私はデジカメ持ってなくてカメラ付携帯電話のみ持参。
あの時は肩身が狭かったです。

めげずに携帯で写しましたが、ブログ用というより自分の保存用。
「私利私欲に走りました~」というブロガーの風上にもおけない人間も混ざっていたのでご安心下さい。

こんにちは

プレビューでご一緒させていただきました。幸せな1日でいまでもうきうき気分が消えません。ほんとうにみなさん文章が上手なので、読んでまた感動にひたっています。多くの方に観ていただきたい展覧会ですよね。恥ずかしながら、私も記事をアップしました。よろしかったら遊びにいらしてください。TBさせてくださいね。

はじめまして

 会議室に集まって最初の印象は、やっぱりブロガーっていう人はすごいカメラを持っていて、メモも一生懸命とって、若冲に関する知識もいっぱいあるみたいだし、関東から多分1泊でくるくらい熱心で・・・ 

それに引き換え、たまたま去年の若冲展を京都で観て、単純にすごいなって思って。
今年も京都で観られるのだなあ、なんて呑気にホームページを観ていたら、募集記事を見つけて応募した者からすると、参加させていただいただけで申し訳なく、皆さんのレポートに関心しきりです。

これからも時々、お邪魔します。

crystal様

はじめまして。
コメント、ありがとうございます☆

ブログにも書きましたが、こんな内容なのに選ばれてしまって他の方々に申し訳ないです。
本当にラッキーなことで、ブログやってて良かったと思いました。

海外から若冲展、確かにお金はかかると思いますが後悔はしないと思います。
私も美術館見たさにはるばる海外まで飛んだこともありますが、
それなりの内容であれば納得できました。

そして、この若冲展はそれなりの内容です。
動植綵絵もさることながら、障壁画を中心とした水墨画も素晴らしいため見応え十分なのです。

ぜひぜひご検討くださいませ。
無事若冲体験した暁には、ご一報を!

DOG様

下なんて、とんでもないです。
私も書いてて、上手く思いが伝わらなかったり、思い込みが強すぎたりで試行錯誤の連続、自分がもどかしかったです。

読んで下さってありがとう☆

転勤先でも素晴らしい展覧会に巡りあいますよ、きっと。
でも、今回のはちょっと特別ですよね。
何しろ120年ぶりだから。

私はもう一度行って、もっとじっくり見てきます。

プレビューに選ばれた方々、本当にラッキーな皆さんですね。うらやましいです。

実は私は海外に住んでいるのですが、次回がいつあるか分からないということなので、この展覧会ために、一次帰国を考慮中です。。。でも高い。。。悩みます!

思う事は一緒ですね。

大丈夫です。下には下がいますよ(笑)

僕はたまたまホームページで募集をかけている時に見つけ、勢いで応募してしまったのですが、会場でのあの皆さんの真剣な態度、そして、こうやって皆さんのブログを見て廻っていると、自分の文章の稚拙さ加減に失望してしまいます。

情報発信者限定という事を胸におき、作品を観るべきだったなぁ。作品を楽しみすぎたのかもしれません。
少し反省してます。

来月から転勤で関西圏を離れてしまうので、最後にすばらしい展覧会が観れて本当に良かったです。

にのみや様

早速コメントいただき有難うございます。

あっという間の時間でしたが、本当に幸せなひとときでしたね。
今も目を閉じると第二会場の展示風景が蘇ってきます。

私のブログでこの感動が少しでも伝わればいいのですが。
明日以後も記事は続きますので、よろしければ
ご一読下さいませ。

至福の時間でしたね

初めまして、こん◯◯はぁ!
ネット先行プレビューでご一緒させていただいた、
変なパノラマ機材で撮ってた者です。
早速、TB打たせて頂きました。

あんな贅沢な空間は、暫く無いやろなぁ....
と思えるぐらい、本当に至福のときでしたね。
今まで参加した数多有る「内覧会」の中でも、一番の人の少なさです。
本当に有り難かったなぁ。
この感動を伝えるのが、我々ブロガーの努めなんでしょうね。
お互い、頑張りましょう!(笑
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。