スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「歴史を彩る 教科書に載る名品」 藤田美術館

藤田美術館で開催中の「歴史を彩る 教科書に載る名品」展に行って来ました。
展示作品リスト ⇒ こちら

藤田美術館に行くのは今回で2回目。「教科書に載る名品」というタイトルに釣られて出掛けましたが、文字通り素晴らしい作品に出会うことができました。

・「刺繍釈迦阿弥陀二尊像掛幅」 鎌倉時代 13世紀 重文
展示順最初に登場するこの刺繍阿弥陀は、驚く程状態が良い。鎌倉時代のもので、これだけ色や刺繍そのものに損傷がなく元々刺繍絵がはっきりと肉眼視できることはめったとない、いやこれまで見たことあっただろうか。状態の善し悪しに関わらず鎌倉時代までさかのぼる刺繍仏画自体、目にする機会はほとんどないのだから、本当に驚くとともに感動した。解説によれば、5色の絹糸が表面には使用されているが、その下地のような黒い部分は絹糸でなく頭髪。昨年あった「尼門跡寺院の世界」が思い出される。
この釈迦阿弥陀二尊像の刺繍は細かい部分まで実に丁寧。上部の飛天、お釈迦様や阿弥陀を飾る光背や天蓋飾りの細かいことと言ったらもう、単眼鏡で見ると更に細部までしっかりと刺繍されていることがよく分かります。
もう一幅同じく鎌倉時代「刺繍阿弥陀三尊来迎図」が並んでいて、こちらは重文していなし、素人目にはどちらも状態も細部の刺繍も素晴らしく評価の違いは何だろうと疑問が浮かんだ

・「玄奘三蔵絵 第1巻」 鎌倉時代 国宝
展示替えで第1巻は4/4迄の展示。以後第2巻、第3巻と6月13日までの会期中3回に分けて展示される。西遊記で著名な玄奘三蔵の一生を描いた絵巻物。極上の絵具を使用したのか、美しい色彩は今もあせることなく残っている。こちらも登場人物の描写は上手く、背景も細かいところまできっちりと丁寧に描きこまれ、飽きることなく眺めていた。高階隆兼が描いたと考えられている。

・「仏功徳蒔絵経箱」 平安時代 国宝
4つの側面の絵が全て異なる。法華経の説話をそれぞれの面に描いている。平安時代の蒔絵経箱は昨年だったかサントリー美術館で見たものが直近だと思うが、元々数が非常に少なく貴重。更に法華経説話を描いたものは、他に類例がないという。これまた平安時代のものとは思えない。現在の作品と言っても通用してしまいそう。赤色の蓮華が舞う姿やたなびく雲。優美な世界を作り出す。

・「柴門新月図」 室町時代1405年 国宝
制作年が分かる最古の詩画軸。絵と序文の間に18人の禅僧が相別を題材とした漢詩を寄せ書き。全体の中で絵の部分より送別を題材とした漢詩部分の方がスペースが多かった。水墨画の方は作者不明、ひょろひょろした背景の木々、空のぼかし、これが当時の水墨スタイルだったのだろうか。

・「桜狩蒔絵硯箱」 尾形光琳 江戸時代 17~18世紀
尾形光琳の蒔絵硯箱など蒔絵芸や螺鈿細工の組み合わせした本作品で、本作品は初めて拝見。レリーフのような立体感や構図案、意匠デザインが秀でていると思う。上記作品の優美さが印象に残っている。

・「紫式部日記絵詞」 鎌倉時代 国宝
ずら~っと横に広げられた絵巻の風景に驚く。徳川美術館、五島美術館所蔵の紫式部日記や絵詩は残念ながら、痛みがあるか、状態が悪くて認識できないこともある 色彩、料紙装飾、全体的に紫式部関連作品ではもっとも状態が良いのではなかろうか

・「深窓秘抄」 平安時代 国宝 4月25日まで展示
注目したのは料紙装飾。装飾といってもデコラティブでなく、紙を青や紫に染めた繊維を散らしている料紙文様は「大飛雲」。上品で奥ゆかしい装飾に優美な細い線のかな文字がピタリとはまる。

・「曜変天目茶碗」 南宋時代 国宝
ついに、2個目の国宝「曜変天目茶碗」と対面。虹彩部分が静葭堂美術館の方が、より斑が大きく、数も多かったように感じられる。3個目の大徳寺の所蔵品はいつ見られることやら・・・。

以下他に印象に残った作品。
。「芦屋小屋小丸千鳥釜」、・「蔦鴨図」 円山応挙、「幽霊・髑髏仔犬・白蔵主」長澤蘆雪、「織耕図屏風」右隻(4月25日まで)英一蝶、・「柿蔕茶碗 銘大津」朝鮮時代。

さすが、大富豪。絵画、焼き物、工芸と幅広い分野ででこれだけコレクションしているのは素晴らしい。戦後までコレクションが残せたということが凄い。

*6月13日(日)まで。一部作品に展示替えがあります。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。