スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若冲展 番外編  相国寺

先行プレビューの後、希望者のみ相国寺にある若冲のお墓に案内していただきました。
相国寺のお墓には若冲の遺髪がまつられているとのこと。
遺骨は同じ京都市内の石峰寺(せきほうじ)に埋葬されています。

若冲のお墓は左から藤原定家(書家)、足利義政と並び右端にひっそりとありました。
事務局の方から指摘されて気付いたのですが墓碑にある若冲の名前が「にすい」でなく「さんずい」の「若沖」になっていました。

墓碑を間違えるなど考えられないこと、これもまた不思議であります。

若冲展を見て多くの方に若冲やその家族の方の冥福を祈り、この特別展が何よりの供養になればいいなぁとお墓の前で手を合わせました。

次の機会には石峰寺へ赴こうと思います。
この石峰寺は天明の大火後、その門前で若冲が晩年を妹と共に過ごしたお寺で、竹林には若冲が下絵を描いて石工に彫らせた「五百羅漢」があります。

また、夏には金毘羅宮の若冲障壁画「花丸図」も公開が予定されています。
まさに若冲YEARと言える一年となりそうです。
「金毘羅宮書院の美」詳細は以下サイト参照下さい。
http://www.asahi.com/konpira/

コメントの投稿

非公開コメント

matsu-hyou2様

こちらこそ、コメント有難うございます!
リンク集にまで仲間入りさせていただき光栄です。

三重県立美術館は東海圏にあるにもかかわらず、いまだ一度も行っていません。

シャガールも良いでしょうが、その後のコレクション展(水彩画)や日本の近代彫刻展も面白そう。
割と最近改修されてきれいになったのでしょうか?

若冲が三重県立美術館に巡回した際は、万難を排して行く所存です。

こんにちは。

先行プレビューでご一緒させていただいたmatsu-hyou2です。
ブログにコメント頂き、ありがとうございました。

名古屋で開催中の「若冲と江戸絵画展」、この週末に観にいく予定です。
また「金毘羅さん」は来年になりますが、三重県立美術館に巡回してくるのでこちらも楽しみ♪
若冲YEARがこれからもず~~っと続くといいですね。

(追記:事後承諾になりますが、うちの記事のリンク集に入れさせてもらいますね。)

MaMiMu様

ご訪問いただき感謝しております。
今回の展覧会ではいろいろな謎を提示していただいたような気がします。
並び順も確かな所は分からないし、この墓碑もそう。

とにかく若冲様のご冥福をお祈りするばかりです。

プレビュー参加したMaMiMuです。
墓碑さんずいはミステリーですね。これを読み解くことができるとまた興味が深まりますよねぇー。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。