スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュ 今津景 山本現代

白金の山本現代で開催中の「フラッシュ 今津景」に行って来ました。

今津さんと言えば、2009年VOCA展の作品が印象的で記憶に残った作家の一人。

本展では、大型作品を中心に良い意味でVOCA展の作品イメージを見事に払拭し、作家の力量、底力を見せつけてくれたように思います。

私がもっとも意外かつ忘れられないのは、タイトル「中庭の奥」2010年
本作品だけ、他のものとは別のタッチで制作されていて、かつ画面に使用されている色が他は青や黒、紺ベース中心なのに比較すると、ややオレンジで一層違和感を創り出していた。
しかし、この違和感は決して悪い意味ではなく、他と違っているために一層個性的で作家の幅の広さを見せてくれていた。
他の作品は「S・O・S」、「ジョイライド」など見ていると不安を掻き立てられる。
特に{S・O・S」はノアの箱舟からイメージしたのだろうか、生き残りをかけた人々の海での様子が写実的に精緻に描かれている。
一見写真のように見えなくもないが。よくよく見ていると絵具はきっちり使用されている。


大作が多いがゆえ、日本の家屋に奥にはちょっと大き過ぎる気がし、そのせいか私が行った数週間前には2点前後売却済だっただけで。。
しかし、クオリティーを考えると今回のケースを除くと来年までこれ!と行った展覧会はありません・

6月20日まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。