スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

αMプロジェクト2010「複合回路 vol.2 早川祐太」展 galleryαM

hayakawa
apple,2009 PET bottle water and string 6.15×6.15×18cm

gallery αMで7月10日まで開催中の「複合回路 vol.2 早川祐太」展に行って来ました。
個展の詳細はこちら(ギャラリーのサイトに飛びます)。

複合回路シリーズ2回目となる今回は、田中正之氏(武蔵野美術大学教授)による「認識の境界」をテーマに早川祐太による個展が行われている。

早川祐太の作家プロフィールは次の通り。今春、武蔵美の大学院彫刻コースを終えたばかりの若手作家さん。
1984年岐阜県生まれ。
2008年武蔵野美術大学彫刻学科卒業。
2010年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了。
<主な展示>
2010年「5th Dimension」フランス大使館旧庁舎
   「スチューデントナイト」blanClass 
2009年「from/to#5」WAKO WORKS OF ART
   「 NO FUTURE, NO FUTURE」Art Center Ongoing
   「Re:Membering - The Next of Japan」Alternative Space LOOP(ソウル、韓国)
2008年「アートプログロラム青梅 ポストシアター」青梅市街  など

今回初めて作品を拝見するが、それもその筈。早川さんご本人にとって初めての個展なのだそう。
展示が行われる前のgallery αMは、こんな空間(下)。

割と広い地下空間なので、このスペースを作家さんがどう活かすか。それが昨年来からの楽しみになっている。

中に入った途端、いつもの白い空間がより白く、そしてまぶしく感じられた。
受付のあるカウンターから奥行きのある展示空間を見渡す。
結構長時間、じっと展示空間を見つめていた。
何だろう、この感覚は。
最初の印象は、石庭。京都で見られるようなお寺の石庭のような禅的、哲学的な感覚を覚えた。

その理由は、個々の展示作品にある。

床には白い石膏で作られた膨らんだ風船上の彫刻≪I am you≫がほぼ等間隔に置かれている。風船状の彫刻の大きさや形は微妙に異なる。この彫刻が、石庭に点在する石のように見えた。
手前に配置されているのは、水の入った直方体のアクリル水槽品《The moon is a big rock》。中には2つの白い輪ゴムが、透明チューブから創り出される水泡の間でプカリと浮いている。
長い透明チューブから送りだされる水泡は小さくて、推定不能な動きをする。泡の動きを見ているだけでも飽きないが、そこに輪ゴムがあることで、何らかの意味があるのだろうかと考える。
昨年銀座エルメスで拝見した名和晃平「L_B_S」展のLiquidの泡ブクにも惹かれたことを思い出した。
名和さんが創り出していた泡より、今回の水泡はごくごく小さい。

そろそろと展示空間の方へ移動する。
入口から向かって左の宙には≪apple≫と題した水入りのペットボトルがくるくると勢いよく回転。
そして、最奥には恐らくFRPで造られた白く平たいボートのようなものが絶妙なバランスで浮いている。作品タイトルは≪about us≫。
そのそばには天井によくある細長い蛍光灯が左右に3本ずつ配されている。

そして、やや入口近くの中央には真っ白な直方体の立体が展示されているが、これも透明チューブがつながっている。立体の表面には小さな穴があいていて、透明チューブから送りだされる水滴(多分)がまっすぐにその穴をめがけて立体の表面を滑り落ちて行くのだった。
ただ、それだけなのにとても美しい動き。
水滴と思われるものは本当に液体なのだろうか?もう少し粘着性のある水以外の液状物質なのか?と疑いたくなるくらいチューブから送りだされる粒の形は等しい。
作品タイトルは≪if the ground were round≫。

再び水槽に戻ると、「もしや水槽に浮かぶ水泡が、この水滴に生まれ変わったのではないのか」と思った。
水槽につながっている透明チューブと≪if the ground were round≫の透明チューブが、実はつながっているのではないか、よくよく確かめてみたが、それらはつながっていない。
結果的に、作品それぞれのチューブがつながっていようがいまいが、私の脳はそれらがつながっているように認識した。


展示空間全体をじっくり眺めるという行為に戻る。
「輪廻転生」「宇宙(Cosmos)」そんな言葉が浮かんでくる。

見れば見るほど不思議な感覚に囚われ、そこから離れがたい気持ちにさせられた。
小さくて美しい水滴と水泡は今も忘れ難い。
視点を絞っても、全体を俯瞰しても楽しませてくれる素晴らしい展示だった。

*7月10日まで開催中。オススメします。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。