スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暗がりのあかり チェコ写真の現在展」 資生堂ギャラリー

資生堂ギャラリーで8月8日まで開催中の「暗がりのあかり チェコ写真の現在展」に行って来ました。

今年に入ってから、「チェコ・アニメもうひとりの巨匠 カレル・ゼマン展」(刈谷市美術館)、チェコ舞台遺書デッサン展(早稲田大学坪内博士記念演劇博物館)と立て続けにチェコ関連の展覧会を観て来た。
今年は、チェコ共和国記念の年?
いや、そういう訳ではないだろうが、以前にも増してチェコ芸術文化への静かな人気が高まりを感じる。

本展は、その独特な表現と作品水準の高さで世界的に注目を集めるチェコ写真の現在を紹介する、日本初の展覧会。モノクローム写真を主流に、独自の発展を続けてきたチェコ写真を、現在最も注目を集める10名の写真家の作品約50点を通して紹介するものです。

出展写真家は次の10名。作品画像の一部を、資生堂ギャラリーのホームページ(↓)0でご覧いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/gallery/exhibition/index.html
ウラジミール・ビルグス、 ヴァーツラフ・イラセック、 アントニーン・クラトフヴィール、
ミハル・マツクー、 ディタ・ペペ、 イヴァン・ピンカヴァ、 ルド・プレコップ、トノ・スタノ、
インドジヒ・シュトライト、テレザ・ヴルチュコヴァー

・・・と挙げてみたが、写真に相当詳しい方、もしくはお好きな方でなければ、名前と作風が一致しないのではないだろうか。もちろん、私も上記10名の方のお名前も今回初めて知り、過去に作品を拝見したことも恐らくないt思う。

フラットな気持ちで約50点を楽しんだが、特に好みの写真家が数名いた。以下。

・テレザ・ヴルチュコヴァー Tereza Vlčková 1983年生まれ

出展写真家中、最若手。1946年生まれの写真家からテレザの1983年生まれと出展写真家の年代は幅広いが、1960年代生まれの写真家が中心で、むしろ飛びぬけてテレザのみが若い。
それだけ期待されているのかもしれないが、今回展示されている作品シリーズ「Two」にはぐっと惹き込まれた。
被写体になっている双子たちは、人形なのか本当の人間モデルなのか、一見だけでは判断しかねた。まるで作り物のような表情で、気が付くと、双子たちの間違い探しをやっている自分がいて思わず苦笑してしまった。
1人を双子であるかのように見せて、撮影しているのではあるまいか。
そんな疑問もわいてくる。

お人形のように愛らしく、時に怖い双子の少女たちを見て欲しい。

・トノ・スタノ Tono Stano 1960年生まれ

女性の身体をモチーフにしたモノクロ写真が数点展示されているが、驚くべきは女性の身体の捉え方である。人体も物質のひとつなのか、と女性の身体のラインを極限まで美しく芸術的に見せる術を知っている写真家であるように思った。
こちらも今年になって拝見した「ジャンルー・シーフ」とはまた違った崇高な芸術性を持った写真を展開している。≪Sence≫1992年、≪Art Nouveau Too Late ≫1986年などは目が釘付けになってしまった。

上記2人の写真家が強く印象に残ったが、私自身の好みによる所も大きい。
他に、イヴァン・ピンカヴァIvan Pinkava のモノクロ写真が気になった。彼の写真では、人物でなく、静物画のような物を被写体にした作品に惹かれた。これらは、とても抒情的であったと思う。
また、ヴァーツラフ・イラセックVáclav Jirásekは、4点で一連の写真となる"The narcis II”など、美しい風景はいのだが、中に必ず裸体の女性がいる必要性はあるのかと疑問に思った。だから、分かってないな~というお叱りをいただきそうだが、率直な感想です。

なお、図録も黒の表紙と装丁デザインがカッコよく、写真印刷も良いのでお手にとって見られることをオススメする。
チェコらしさというものは一部の作品に感じられたが、特にチェコを意識しない方が楽しめるように思った。

*8月8日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暗がりのあかり チェコ写真の現在 【資生堂ギャラリー】

先週の土曜日に、新橋・銀座・有楽町あたりの美術館・ギャラリーを巡ってきました。今日はまず資生堂ギャラリーの「暗がりのあかり チェコ...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。