スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アニメーションの先駆者 大藤信郎」 東京国立近代美術館フィルムセンター

oohuji1

東京国立近代美術館フィルムセンターで開催中の「アニメーションの先駆者 大藤信郎」伝説の動画作家-国産アート・アニメーションの源流に迫る」に行って来ました。

大藤信郎(おおふじ・のぶろう)は1900年、東京浅草に生まれ、国産動画の創始者のひとり寺内純一の助手を経て、江戸千代紙を素材に
用いた「千代紙映画」を考案。1927年には「千代紙映画社」を旗揚げし、当時「漫画映画」と呼ばれたこの分野で短編を次々発表し、注目される。
大藤は戦後さらに独自の表現を求め、色彩セロファンを用いた影絵映画の製作に着手し『くじら』1952年、『幽霊船』1956年はカンヌやヴェネチア
などの国際映画祭でも激賞される。

1961年『ガリバー旅行記』と『竹取物語』という2つの長編に取り組んでいたが61歳でこの世を去る。

本展では、大藤とともに自宅スタジオで作品制作にあたっていた姉の八重氏から1970年のフィルムセンター開館に伴って寄贈された資料を一般公開する初めての機会。独特の技法を支えた機材や道具、切絵によるグラフィック作品、海外との書簡や、未完成作品『竹取物語』のセル画の一部を世界的アニメーション作家・山村浩二氏の監修により動画化した映像を公開し、大藤のなしえなかった最後の仕事が甦ります。

今年は、刈谷市美術館の「チェコ・アニメ もうひとりの巨匠カレル・ゼマン展」、神奈川県立近代美術館・葉山館の「ロシア・アニメーションの
巨匠 ノルシュテイン&ヤールブソワ」とアニメーションの世界的巨匠の展覧会を拝見した。
そして、いよいよ日本のアニメーションの先駆者登場である。
孤高の天才作家と言われる大藤信郎のことは、本展開催まで知らなかった。

海外からの評価は高かったものの、当時の国内では同様の評価を得ることができなかったことも影響しているかもしれない。

しかし、本展で紹介されている大藤の仕事は、文字通り日本の天才アニメーション作家であることを間違いなく証明している。
チェコでもなくロシアでもない。
純粋に日本的なアニメーションは江戸千代紙を使用することで生まれた。

大藤の手掛けたアニメーションキャラクターの愛らしさ。
団子兵衛(だんごべえ)は切り抜きキャラクターだが、その顔・表情といい着物姿といい、実に愛すべき存在だと思う。着物で使用されている千代紙は、江戸千代紙と言えばここ「いせ辰」のもの。
会場内に、「いせ辰」から大藤宛の封筒も展示されている。

今回のコーナーに入るとすぐに聞こえて来るのは「きょうは、た~のしい村まつり~♪」の音楽。
大藤のアニメ『村祭』1931年がビデオ上映されているのだった。1926年の最初期作『馬具田城の盗賊』の方が一番最初に出て来るが『村祭』の音楽に惹かれて、ついついそちらから見始めてしまった。馬具田城はバグダットのもじりだろう。

驚いたのは、映画『エノケンの近藤勇』1935年でエノケンと大藤のアニメキャラが共演していること。実写映画にもアニメが取り入れられていて面白い。
大藤の作るアニメーションの台本も手作り。表紙に千代紙が使われていたりでひとつひとつ丁寧に制作していた姿勢を感じる。

戦後は、ロッテ・ライニガー『アクメッド王子の冒険』1926年など海外の影絵アニメーションに強い影響を受け、同じような作品制作を試みる。そこで使用したのが色セロハン。
安価で製作費もかさまないとセロハン紙を使った影絵アニメを独自の制作技法で編み出した。
幸いなことに、今年『アクメッド王子の冒険』を田口行弘さんの個展関連イベントで拝見したばかりで、記憶に新しい。

芥川龍之介の小説をモチーフにした『蜘蛛の絲』1946年を皮切りに、『くじら』1952年、『幽霊船』1956年と海外からの高い評価を得る
アニメーションを制作。特に、『くじら』は第6回カンヌ国際映画祭に出品され、あのパブロ・ピカソが激賞するコメントを残している。
会場では『幽霊船』1956年が上映されている。どの作品も3分程度と短時間なので、物足りない感があったが、ライニガーの影絵アニメーションに遜色ない出来栄えのように思った。

しかし、その一方で大藤は戦後、宗教的な作品も手掛けている。戦意向上に自身のアニメーションで協力したことによる後ろめたさか反省からか、宗教によりどころを求めたという推測もあるが、本展でそれらの事情は紹介されていない。

彼が生涯弟子を取らず、姉と姪の3名で家内制手工業のような制作を続けたのはなぜなのか?
いずれにせよ、謎の多い作家であることは間違いない。

8月20日~9月5日までの金・土・日に現存作品と関連作品が、計6プログラムにまとめて連続上映される。

oohuji2

場所は、京橋のフィルムセンター地下1階の小ホール
料金:一般500円、高・大学生・シニア300円、小・中学生100円

彼のアニメーションをもっと観たい。

*9月9日まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。