スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“水”七変化 ―デザインされた水の形― 徳川美術館

徳川


徳川美術館に出かけたのは実に15年ぶり。
初めて行った時は、面白くない・・・という感想を持ちました。

しかし、15年も経過すると人間変わるものです。
美術館自体も変貌を遂げたと思いますが、やはり私自身の変化が大きいのでしょう、今回行ってみたら面白かった!
人生分からないものです。

常設はいまひとつ感は否めませんでしたが、特別展の水”七変化は見応えが十分。
特に印象に残った作品は以下の通りですが、約1週間後の今思い起こしてみれば、一番に浮かんだのは丸山応挙の「浜松図屏風」。
地元近くの浜松の海岸べたを描いた大作です。

左右で動の海、静の海を対比し描いています。

展覧会の流れは
Ⅰ.浄土の水
 鎌倉時代の阿弥陀浄土図が保存状態も良く美しかったです。

Ⅱ.さまざまな水の姿
 ・雲と雨
 牧谿柳燕図からは雲と雨というより風を感じました。
 長谷寺縁起絵巻はコミカルで風神雷神がマンガちっくに描かれてかわいらしかったです。
 ・雪
 ・露

この順に関連作品が展示されていました・

Ⅲ.水辺の情景
 ・庭の水
 ・川
 ・湖
 ・瀧
 ・海 → 前述の浜松図屏風はここにありました。

 この他印象に残ったのは明治天皇御物であった唐子形文鎮です。
 小さな子供が小船に寝そべっている文鎮ですが、思わず欲しいと口にしてました。

Ⅳ.水と物語

Ⅴ.水のデザイン

後半になるに従い、工芸作品が多くなっていました。


国立博物館の展示と比較するのは、あまりにむごいので避けますが、私設美術館でこれだけの規模・質の作品を拝見できて、とても嬉しかったです。


併設の蓬左文庫で開催されていたお亀の方(尾張徳川家初代の生母)を偲ぶ一連の作品を見たのですが、お亀の方を含む親族一同で描いた合貝がへたうまといいますか、素人っぽいのですが家族の愛情が溢れていて他の合貝とは一味もふた味も違っていました。


*水七変化は7月16日まで名古屋の徳川美術館で開催中です。
徳川美術館には徳川園という日本庭園もあります(別料金)。
お時間あれば是非。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。