スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くころ  アサヒビール大山崎山荘美術館

梅雨のさなか、アサヒビール大山崎山荘美術館へ行って来ました。
お目当ては、須田悦弘さんの木彫作品とお庭の睡蓮。
私が初めて須田さんの作品実物と対面し感激したのが、この美術館でした(教育TVで見たのが知ったきっかけ)。

さて、あいにくの曇り空ではありましたが、美術館に至る坂道は雨に濡れた緑の匂いがいっぱいで、思わず深呼吸してしまった程です。

久々の大山崎山荘美術館ですが、その姿と庭園は変わらず外観だけでも趣きある風情。

中に入って早速作品鑑賞です。

まず、須田さんの作品「百合」(写真→写り悪いです)と尾形乾山の「百合図」(写真)がお出迎え。

百合須田


乾山



次の暖炉のお部屋で眼を引いた作品は、やはり須田さんの作品「チューリップ」と宮本三郎の「けし」です。
「チューリップ」は縦長のガラスケースをうまく活かした作品で、チューリップの散り落ちる瞬間を花びらで縦に流れを作り見せています。

「そう、チューリップが散る時ってこんな感じ!」と手を叩きたくなるような上手さです。

宮本三郎の「けし」は「チューリップ」の反対側に飾られていましたがはっとする程、色のコントラストが良かったです。


2階のバスルームに展示されていた澤登恭子さんのビデオ作品「指先に咲く花」(写真)は浴槽に入った女性がろうを溶かし指で花びらを作っていく過程を映像化したもの。

澤登


澤登さんの作品は初めて見ましたが、蝋が熱くないのかと気になり、淡いピンクと蝋の白があいまってファンタジックな景色を展開していました。

同じ澤登さんの作品「献花~花を産む」も新館で見ましたが、私はこの「献花」の方が良かったと思います。
逆回しで花を口から産み出す映像なのですが、演じているアーティスト本人が産みの苦しみを表情に表して、パフォーマンスとしてはこちらの方が優れているように感じました。


安藤忠雄設計の新館はパリのオランジュリー美術館を思わせる円柱形ですが、その天窓と同じ大きさの黒い円(館内中央)に須田さんの作品「睡蓮」が展示されていました。
ここだけ靴を脱いで作品を座って鑑賞できます。

黒い人工池に浮かぶ須田さんの睡蓮はやはり可憐で美しかったです。


この新館にはお馴染みモネの「睡蓮」が3点、他にはルノワール、入口正面にはウォーホルの「4フィートの花」が出迎えてくれましたが、これら名画の中で、私を惹き付けたのはビュッフェの「アネモネ」という小品でした。

このビュッフェの小品は一番最後に鑑賞する順序なのですが、その小ささと凛とした潔さがモネの「睡蓮」よりも私を圧倒したのです。
今年に入って静岡県のビュッフェ美術館でビュッフェ作品はかなり見たのですが、ビュッフェだけをまとめて見るより他の画家の作品と並べて置かれていると良さが際立つように思います。


大山崎山荘美術館では河合寛次郎や濱田庄司、バーナード・リーチの陶芸作品(写真=リーチが手がけたタイル)が多く展示されています。
今回はリーチの陶芸が今風で私の好みに合いました。

リーチ



お庭の睡蓮はちらほらと咲いていて、こちらも鑑賞者の眼を楽しませてくれます。
もう少しお花の近くに寄れたら最高でしたが。。。。残念。

庭睡蓮

池



帰りに庭園を散策。
久々に梔子の甘い香を味わい、夢見心地のまま帰路につきました。


「花咲くころ」~モネ、ルノワールから須田悦弘、澤登恭子まで~
アサヒビール大山崎山荘美術館にて9月17日(月・祝)まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

Minnet様

こんにちは。

須田さんは、私の一押しアーティストの1人です。
今回はチューリップの作品に一番やられました。

満開の頃でなく、散り際を作品化されるとは・・・。
まさに、一瞬を形に残された素晴らしい作品だったと思います。

昨日まで東京のギャラリー小柳で個展が開催されていましたよ。

こんばんは。
memeさんの記事を読んで、館内の様子をいろいろ思い出しました。結構忘れてました。
バスルームは今度は必ず見ようと思います。
須田悦弘さんの作品が好印象だったので、今後も注目していきたいと思います。

はろるど様

こんにちは。
忘れずに、ブログにお立ち寄りいただき光栄です。

大山崎山荘美術館は新館と暖炉のある部屋は写真撮影禁止ですが、それ以外はOKでした。
このガラスケースには、もうひとつ色絵磁器(?)の小さな壺が展示されていました。

景色も良い、安らげる美術館です。
気になる企画展開催時にぜひどうぞ。

こんばんは。乾山と須田の展示を話には聞いておりましたが、
実際にお写真を拝見するとその雰囲気が良く分かりますね。ありがとうございます!

東京の小柳の個展ももう終わりです。
今日が最終日なので、また見てこようかなと思いました。

p.s 次回関西へ行った際は、必ず大山崎に行きます!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。