スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上條花梨 ”Stray Dog” -New Paintings- MEGUMI OGITA GALLERY

KAMIJYO

MEGUMI OGITA GALLERYにて12月18日(土)まで開催中の上條花梨 ”Stray Dog” -New Paintings-に行って来ました。
作家のプロフィールなど詳細はギャラリーのサイトをご参照ください。⇒http://www.megumiogita.com/
アーティスト・イン・レジデンスの訪問先であるフィンランドで作成した新作約10点を中心にした個展で、SHOWCASEでの個展を含めると今回で3回目の個展開催となります。

最初の個展からずっと拝見しているが彼女特有の技法「スパッタリング」は一目で彼女の作品と分かる強い個性を作品に生み出している。
一貫してその高度な絵画技術は変わらず、今回も見事に上條さんの世界をギャラリーに生み出していた。

そして、彼女の作品にフィンランドで目にしたモチーフはマッチしている。
いつも作品を拝見する度に思うのだが、上條さんの作品は冬の季節がとても似合う。似合うというより、冬や暖房のきいた室内、そんなほんわかした温かさが伝わって来る作品なのだ。

それを前提にしてみると、北欧フィンランドと間もなくいや既に突入しているクリスマスシーズンに持って来いの個展なのだ。

私が気に入った作品はギャラリー入って右奥の壁にかかっている割合に小さめの作品2点。
1点は白を基調にトロールが描かれている。
これが、一番好き。赤と白でクリスマスカラー風なのだけれど、トロールって人形なのかな、とても愛らしい。
その右隣の作品は、他の作品とは一風異なっていて、次へのSTEPを予感させるような仕上がりとなっていた。
周囲の家具に比べて、ミニチュアサイズの女の子の描き方がいつものとはちょっと違う。
コラージュ風に写真を張り付けたように写実的になっていて。
この女の子がやたらと存在感があった。
他の作品の一本調子な雰囲気とは一味違う、新たな魅力。
こんな調子で、少しずつ作品が変化していくのかもしれない。

いつものように、階段下のスペースが楽しい。
知らない間に、立派なソファが置かれていて、仮想室内展示空間が生まれていた。
上條さんの作品とジョイントしていた作品は誰のものだったか。。。

「こんな風に応接間に飾ってみたらどうですか」といった提案が、ソファや壁に囲まれた小空間によって可能になっている。

もう1点大きめの作品で気に入ったものが。こちらはおもちゃが沢山描かれていて、見ているだけで楽しい気持ちにさせられる。

上條さんの絵画作品で思う存分フィンランドを堪能できます。

*12月18日まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。