スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安宅英一の眼」  大阪市立東洋陶磁美術館

安宅1


安宅2



つい先頃、世田谷美術館にて「青山二郎の眼」展を鑑賞したのは本ブログ上にてご報告した通り。

同時期に同じような安宅コレクション・美の求道者「安宅英一の眼」と題する展覧会が大阪で開催されていると知り、比較して見物するのも面白かろうと早速出かけてきました。

以前なら陶磁の特別展など素通りしていたことは間違いない所ですが、人間年を重ねると変わって来るものです(しみじみ)。


さて、この展覧会結論から申し上げますと展示品数が並外れて多い!

なんと200点です。

会場入口で展示作品リストをいただいた時、その分厚さに驚いたのですが、展示は続くよどこまでも・・・と果てしなく続く陶芸作品に最後の最後まで圧倒されていました。


青山二郎との比較でこの展覧会を見た結果、美の求道者として二人は違った鑑識眼をそれぞれ持っていたように感じました。

青山好みの作品と安宅好みの作品は明らかに違う。
青山二郎の展覧会の感想として「枯れの美」という言葉を使いましたが、安宅氏のそれには「銘の美」とでも名づけましょうか。

「銘」には陶芸によくある「銘」という意味もありますが「名品」の意を含んでいます。

言葉は悪いですが、金に糸目をつけず、タイミングを逃さず、礼を尽くし、収集し尽くしたコレクター魂を見たというのが率直な感想。


展示は以下のような流れになっています。

 ・第Ⅰ部 コレクションの形成
  第1期(草創期)
  第2期(発展期)
  第3期(成熟期)  
  第4期(整理期)

  → ここまでで108点です。

 ・第Ⅱ部 美の選択 -ものは三顧の礼をもって迎えるべし

 ・第Ⅲ部 安宅コレクションの小品 -小さきものへの眼差し


第Ⅰ部は安宅コレクションが時を経るに連れ、著名な骨董商を通じどんどん名品を買い入れていく様子が作品を通じ、つぶさに分かりました。
特に第3期は重要文化財、国宝指定となる作品の買い入れに成功しており、コレクションの核となる作品と出会えます。
 

作品リストを片手に気に入った作品に印を付けていきましたが、全部で20個ほどになりました。

マイベストを1つ挙げるのは難しいのですが、欲しいと思ったのは
 ・青磁彫刻 童女形水滴&童子形水滴 (おそろい)(第1部第2期)
 ・青磁象嵌 海石榴華文 水注 (第1部第2期)
 ・青花 山水文 角瓶 (第Ⅲ部)
 ・青花 条線文 段重 (第Ⅲ部 展覧会の最後を飾っていた作品)

童女、童子形水滴は下記三井記念美術館HPに掲載されていますので、関心おありの方はご参照ください。


この展覧会はこの後、三井記念美術館(東京)、福岡市美術館、金沢21世紀美術館に巡回します。

会場によって出品されない作品もあるようなので、全ての会場で200点と会することはできないようですが、陶芸に圧倒されるという体験を味わうには絶好の機会と言えるでしょう。


大阪市立東洋陶磁美術館で、何より残念だったのは作品の正面しか鑑賞できなかったことです。
作品によっては正面から365度図柄が異なる作品も多く、背面の絵が鑑賞者から全く見ることができません。

何度もサイドから覗きこんだのですが、無理。

先日行った三井記念美術館では、入口すぐの展示室で一点一点ショーケースに入れられ、ぐるりと一周することができたので、東京では365度鑑賞できる作品もある筈。


*「安宅英一の眼」展 大阪市立東洋陶磁美術館で9月30日まで開催中。

(ご参考)
三井記念美術館 次回企画展案内HP 
*こちらのHPに安宅氏のプロフィール、コレクション概要などの説明がまとめられています。
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition_02.html

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特別展 「安宅英一の眼 安宅コレクション」

三井記念美術館で開催中の 特別展「美の求道者 安宅英一の眼 安宅コレクション」に行って来ました。 焼き物に興味関心なくてもこの展覧会は行っておいて損はありません。というか行っておかねばなりません。それだけの価値十二分にある素晴らしいコレクションを紹...

「美の求道者 安宅英一の眼 安宅コレクション」 三井記念美術館

三井記念美術館(中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階)「美の求道者 安宅英一の眼 安宅コレクション」10/13-12/16珠玉の東洋陶磁コレクションが何と30年ぶりに大阪からやって来ました。三井記念美術館で開催中の「安宅英一の眼 安宅コレクション」展です。実業家、安宅英

特別展 美の求道者 安宅英一の眼 @三井記念美術館

特別展 美の求道者 安宅英一の眼安宅コレクション2007年10月13日から12月16日三井記念美術館大阪市立東洋陶磁美術館は開館25周年を迎え、この10月から改装ということで、安宅コレクションの巡回がはじまった。わたしのように、安宅コレクションをきちんと拝見したことがな

「安宅英一の眼」展

大阪市立東洋陶磁美術館へ行ってきました。いまや絵画鑑賞は私の生活の一部となっていますが、絵画以外は、私はまったくの素人です。陶磁器といわれても知識はほとんどありません。しかし、この展覧会はぜひ訪問したいと思っていました。そもそもこの展覧会に最初に興味を持

コメントの投稿

非公開コメント

よし様

2007年7月15日のエントリーです。
ブログ内の検索欄で世田谷美術館と入れていただいても
2ページ目に出てきます。
この展覧会の図録は宝物です。

No title

すいません、そちらの青山さんのupをみせていただきたいのですが、さがせませんでした。何月のupなのでしょううか。 パソコン不慣れで読みにくいと思います、すみません。

よし様

はじめまして。
こちらの美術館、最近とんとご無沙汰しています。
今、開催されている展覧会も良さそうで気になっているので
近々行ってみようと思っています。
「美の猟犬」私も買いました。

No title

。はじめまして、。日曜日、行った者です。青山さんの随筆が好きで。特に全文集下の後半、美についての文章が好きで。それで安宅さんの美というものを経験したく行ってまいりました。美のリヨウケンもかいました。が、彼自身の言葉に耳を傾けたかったですね。お品はもう第一級なのだろうな、の一言ですね。青山さんの影がちらちら。ふこくさいさんのお話も聴けてやはり繋がりあるんですね。それと、宋の作品を見ることができてよかったです。一目りょうぜんとお聞きしていたので。

はろるど様

こんばんは。
記事にも書いているように、大阪では360度展示
が全くなかったように記憶しています。

三井では、1周できる楽しみ方ができるのですね。
あの空間にあると、作品も輝きが一層増すように
思います。

こんばんは。200点とは大変な量ですね。三井ではせいぜいそれの半分程度でしたが、それでもかなり見応えがありました。

>東京では365度鑑賞できる作品もある筈。

この辺りの演出は三井ならではのものがありました。
天目は表情も豊かですし、やはりぐるりと一周楽しみたいですよね。

こちらこそ

コメント有難うございます。
大阪の展示数はホント凄かったです。

200点でへろへろになったのはご推察の通りです。

しかし、記憶とはおぼろげなもの。
今ではほんの数点の記憶しかありません。

トラックバックありがとうございました

天目茶碗もステキでしたが、「紫紅釉の盆」の
紫の美しさに心を奪われました。
あの紫色の移り変わりの様子、じっと眺めていても
飽きません。
でも、200点すべて、じっくり見たら、疲労困憊
してしまいそうですね。

あべまつ様

こんばんは。

あべまつ様の目がくらみつつ、作品を堪能されているお姿が目に浮かびます(と言ってもお会いしたことはないので、あくまでイメージですが・・・)。

あれだけの点数が一挙に展示されることなど、そうそうないですよね。
図録は確かに貴重かも。
私は買わなかったので偉そうなこと言えませんね。
画像と記事楽しみにしてます!

行ってきました★

とろけそうに暑い大阪に行って、念願のコレクションをバッチリ見てきました。
最高にすばらしいもの逸品ばかりに目がくらんでしまいました。懐かしいもの、何度見てもすばらしいもの、
初めてのもの、ともかく心はときめくばかりでした。
図録も手に入れ、疲れをいやしながら、エピソードなども含めて楽しんでいます。三井に来たら、また、行くでしょうね。どれが来なかったか、気になりますしね。
画像も撮ってきましたけど、まだ、記事と一緒に未処理です。

Tak様

そうなんですよね~。
写真撮影OKだったのです。

ただ、私は携帯電話のカメラしか所有しておらず、
シャッター音が鑑賞のお邪魔になっては・・・と撮影は
諦めました。

Takさんのアルバム写真の中に、私が好きな重要
文化財「法花 花鳥文壺」「緑釉黒花 牡丹文 瓶」
「木葉天目茶碗」があって嬉しくなりました。

あの光景が甦りましたよ。
ありがとうございます。

こんにちは。

大阪市立東洋陶磁美術館良いですよね。
数年前に一度足を運び一気にファンに。
その時の拙い写真です。↓
http://www.photohighway.co.jp/tp/15_f.asp?key=1373649&un=13159&m=0&pa=&Type=15
写真撮影okだったのも嬉しかったです。

あべまつ様

是非是非大阪に行かれることをオススメします。

三井記念美術館では135点出品とHPにあったので、約60点は見ることができません。
せっかくの機会なので、ぜひ200点と対面していただきたいです。

どちらに行かれても十分時間に余裕をもってお出かけ下さいね。

私は予想以上に鑑賞時間がかかりました。
こんなに一生懸命陶芸を見たのは先日の青山二郎に続き2回目です。

陶芸にはまったかな?!

Minnet様

私とほぼ同じ行程を逆に行かれたようですね。
もしや、陶磁美術館では同じ時間にいたかもしれませんね(私は日曜の午前中です)。

しかし凄いコレクションでした。
Minnetさんのブログを読みつつ復習してます。





憧れの安宅コレクション

こんにちは~
いいなぁいいなぁ~~
何しろ、大好きなところなのです。東洋陶磁!!
夏休みに大阪に行かれたら、ぜひぜひ立ち寄りたいのですが、無理ならば、三井に上京するのを待つつもりです。
全体に品と威厳が貫かれつつも、人肌も感じるのです。って、また力入ってしまいました。
今一度李朝の逸品との遭遇が巡ることを楽しみに致します!!v-238

こんばんは。コメント&TBありがとうございました。
今回はすっかり陶磁器の勉強をしてきました。
私も365度鑑賞できたらいいなと思う作品ありましたよ。
それから、東洋陶磁美術館のあとに、大山崎山荘美術館に行ったので、後で記事を書きたいと思います。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。