スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三瀬夏之介個展 「ぼくの神さま」 イムラアートギャラリー東京  

最終日ラッシュの2010年師走の土曜日17日。

東京・神楽坂ににオープンしたイムラアートギャラリー東京のこけら落としとなる展覧会、三瀬夏之介個展 「ぼくの神さま」に最終日の駆け込みで行って来ました。
詳細⇒こちら

行って良かった~。
入った瞬間、これは当たりと感じる雰囲気。
それにしても、大勢お客様がいて驚きました。作品もほぼ完売状態です。

入口入ってすぐの壁の手前に小さな小さな額縁に描かれた富士山に一目ぼれ。

大作の屏風絵「ぼくの神さま」は第一生命ギャッラりーのものより小さいですが、長さはかなりある。やはり、以前の作品と比べるとより装飾的になっているように思った。

私の好みは最奥の、以前佐藤美術館の個展で行っていたような、三瀬さんのアトリエ風スペースの展示。
このコーナーには壁中に大小様々な、かつ作品自体の形も四角ではなくオーバルだったりとバラエティに富み、更には「シナプスの小人」シリーズのミクストメディアもあって、でもそれらのすべてが三瀬さんに影響を与え、愛されている様子が伝わって来た。

気に入った作品はなぜかすべて非売品。奥のコーナーにあった具象の墨画の山水図がとても良かった。
山を背景にして湖でボートを漕ぐ人物。手前には祠が。
三瀬さんが恐らく山形に行った後に描かれたものに違いない。

冒頭の富士さんのお守りのような絵も愛らしかったし、テクスチャーの石っぽい感覚が良かった。

‘会期は本日で終了ですが、作品集発『冬の夏』売記念として年明けにはミヅマアートギャラリーで個展開催中の池田学氏とのトークが新宿・紀伊國屋サザンシアターで来年トークイベントが開催されます。
2011年1月14日(金)19:00開演(18:30開場)
事前予約必要。詳細はこちら

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。