スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月25日 鑑賞記録

クリスマスイブの夜は、東京都写真美術館の17時半以後無料の恩恵に預かり、どっぷり素敵な写真展示に囲まれ幸せな気持ちに包まれた。
その後、渋谷のシアター・フォーラムにて映画:「荒川修作 死なないこども」を鑑賞。
これを観て帰宅後、すごい疲労が襲って昨晩はブログを書かずに終わる。

そして、本日久々に10時間以上睡眠を取って、起床したら11時で驚いた。そして、朝から頭痛の予兆があり。
しかし、今日は行かねばならない所がいくつかあって、何とか起きだして出かけた。案の定、帰路から激しい頭痛、漸く薬が効いて来たので今日はさぼらず観たものを書いておく。そんな苦しいクリスマスの鑑賞記録。

<美術館>
山種美術館:「日本美術院の画家たち」12/26(日)まで
今回の見どころは、3年ぶり?だったか久々に小林古径「清姫」シリーズの8点。
古径の線の美しさが、この作品ではとりわけ引き立つ。

私の好きな小茂田青樹の「春庭」「妙高山」「丘に沿える道」と3点も出展されていたのが嬉しい。
小茂田青樹は、速水御舟と同時代の日本画家であるが、御舟ほどピックアップされず、いつも1点か2点ひっそりと展示されているので、3点は嬉しかった。しかも「丘に沿える道」はかなりの大作。私は小茂田の色が好き。

あとは、御舟の「翠苔緑芝」や菱田春草の月四題のうち「夏」「秋」など。
戦後の作家では、吉田善彦尾瀬三趣のうち「草原の朝」「水辺の夕」が日本画らしからぬヴェールをまとったような優しい雰囲気で、異色さを出して印象に残った。

森田の病める天子も怖かった。
さすがに、何度も通っていると既に観た作品も多い。今回は特にその印象が強かった。

<ギャラリー>

・「下平千夏 -implosion point-展」 INAXギャラリー2
http://www.inax.co.jp/gallery/contemporary/detail/d_001748.html 

下平さんは、今年の春の東京藝大先端芸術表現科卒業|修了制作2010"「chasm」 / BankART ,神奈川での展示が凄く良かったので、どうしてもこれだけは見逃したくなかった。
お名前をすっかり失念していたが、ギャラリーのサイトで作品を拝見し、すぐに思い出し最終日に駆け込み。
修了制作展示同様、輪ゴムを極限まで使っての三次元インスタレーション。
今回は中央部に吸い込まれるような印象を受けるが、やはり強烈なインパクトがある。若干会場が輪ゴム臭いのは致し方ない。
手前の小さなショーケースではボンド(接着剤)を使用したオブジェがあって、こちらも美しい。
元々、大学では建築を専攻されていたと今回初めて知ったが、特に輪ゴムの作品にはそれが反映しているように思う。最大の問題は、これらの作品は販売することが困難だということだろう。
ペインティングや彫刻などと違って、インスタレーションは販売が難しい。ことに彼女の作品はそれが顕著で、ミニチュアにしてしまっては、作品から受ける印象が大きく変わってしまうだろうし。
いっそ、海外に活躍の場を移したらどうかなどと勝手に思ってしまった。だから作品が売れるというのではなく、もっと発表の場を得られるのではないかという素人の浅はかな思いつきです。

・「最後の探検家 松浦武四郎」 INAXギャラリー
これは、展示も面白かったが、むしろブックレットが凄かった。このブックレットは欲しい。造本として手が込んでいる上に、ビジュアル的にも美しい。
しかも河鍋暁際に「涅槃図」を描かせるあたり、大胆というか奇人対奇人の丁々発止のやりとりが目に浮かぶ。

セラミカは省略。

・『西野達 別名 大津達 別名 西野達郎 別名 西野竜郎』西野達作品集出版記念展  アラタニウラノ
1/8まで(12/26~1/5まで冬季休廊)
西野達の作品集出版記念と言うことで、写真付特装版の写真の展示が中心。ドローイング数点、立体1点。
豆腐大仏の写真と東京タワーに一筆加える作品。
特段の魅力は感じない。西野達は、やっぱりあいトリで見せてくれたようなあっと驚くオブジェというかインスタレーションというかミクストメディアが魅力だと思う。
作品集は良い出来だと思う。

・GALLERY COLLECTION 彫刻 Takuro Someya Contemporary Art 1/29まで 冬季休廊12/26~1/3
彫刻を中心としたグループ展。
やはり、お目当ては鈴木基真の木彫と、石井琢郎の石彫。
どうにも石井琢郎の石彫のストイックさに惹かれてならない。今回は、旧フランス大使館で行われたNO Man'S Landの出展作品が入口入ってすぐに展示されていた。
やはり、これくらい大きいと存在感があって、素材になっている石自体が大きいので更に訴えかけてくるものが強い。いつものように中は空洞だというのに。。。普通なら到底持ち上げられないが、中が空洞になっているため(石井さんが彫って空洞にし、ところどころに穴が開いた表面だけにしてある)一人でも持ちあげられるらしい。

鈴木其真の作品は群馬青年ビエンナーレ入賞作品+α。袋が下についていた塔の木彫が面白いがやはり、どの作品にも人は一人もいない。

清澄白河のギャラリーに行ったら新しいギャラリーが2つも入っていて驚いた。
・「AK INOMATA “インコをつれてフランス語を習いに行く”」 AI KOWADA GALLERY
これが、件の新しいギャラリー11月に入っていたらしいが、ちょうど私が行った後に移転して来たと思われる。
今回は、“やどかりに『やど』をわたしてみる”という写真と映像(約5分)+やどかりの上に乗せる樹脂製の都市をあつらえた立体の3点セットが欲しくなってしまった。
やどかりの動きが可愛い。オブジェだけ単独で飾っても良いし。
このやどかり達は作家さんが実際に飼育している10匹もいるやどかり達の映像と写真。
都市は作家が行きたいけどなかなか行けない場所をモチーフに選んで全部で6都市だったか。樹脂の展示はそのうち2点だったが、映像はNYのもの、写真は確か4点出ていた。いずれもエディション3まで。

新作インコの映像はいまひとつ分からなかった。というより、頭はやどかりで一杯になっていた。作家さんもいらっしゃっていて、とても美しくてこちらの方がドキドキしてしまった。ここはオーナーの小和田氏もとても美しい女性だった。作品には関係ないが、ついつい美人を観ると嬉しくなる。

・「榎倉冴香 Pink Ashtray 」 SPROUT 
こちらも新しいギャラリー。雑誌も手がけている方がオーナーでギャラリーをオープンしたそう。
榎倉さんは、父、祖父、三代にわたる画家一家だとか。
そんなことはさておいて、個人的には一番奥にあった鉛筆画の作品1点が一番好きだった。ペインティングはまだまだ定まってない感じ。良いものとそうでないものの落差が激しい気がした。

・「丸山直文 透明な足」 Shugo Arts  12/25最終日
丸山さんの新作は、これまでと大きく変化していたので驚く。もちろん、独特の色遣いは変わっていないが、より抽象化されている。滲みやぼかしがより強くなって、モチーフがより曖昧になっているが、なぜか私はこれまでの作品より今回の新作群の方が好み。
全部で9点、小品は1点、に囲まれてとても良い気持ちになれた。

・LEO RUBINFIEN(レオ・ルビンファイン) タカ・イシイギャラリー 1/29まで 冬季休廊:12/30~1/6
今回が日本での初個展。ルビンファインの過去30年間の活動を振り返る、世界各地で撮影された34点のモノクローム写真・カラー写真作品を展示している。
これが、また良かった。特に、ルビンファインの写真は良かった。
過去の写真集で観る作品より、展示されている写真の方が見ごたえがあったし、ドキッとするような1枚が何点かあった。現在制作中だという作品集、完成したら買ってしまうかも。モノクロも良いけど、やっぱりカラーの方にはっとする写真が多かった。
もう1度再訪したい。

・篠山紀信|山口百恵:hiromi yoshii gallery 1/15まで
篠山紀信さんは、先日台北の台北市立美術館での個展を拝見したばかり。今回の山口百恵シリーズは台北では出ていなかった。映像と写真で見せる。

蜷川美香他は省略。

・池田亮司 ギャラリー小柳 最終日12/25まで
東京都現代美術館での展示に近い。映像とオブジェを組み合わせた展示。最終日だからか、結構お客さんは入っていた。特段、平台の動く映像作品が気になった。

コメントの投稿

非公開コメント

ヨッコ様

こんばんは。
横浜美術館の「ぽんぽんだりあ」良いですよね。私も好きです。
今日、古書店で図録を見ていたら小茂田青樹展の図録がありました。

きっと、またいつか開催してくれる筈。
その時を楽しみに待ちましょう。

No title

私も小茂田青樹好きです。川越市立美術館に行きたいと思っているのですが、なかなか・・・。横浜美術館の「ぽんぽんだりあ」・・なんだか惹かれるんです。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。