スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田学展 「焦点」 Mizuma Art Gallery

Mizuma Art Galleryで1月15日まで開催中の池田学展「焦点」に行って来ました。

「ネオテニー japan 高橋コレクション展」で彼の作品を初めて観て衝撃を受け、2009年にはおぶせミュージアム・中島千波館まで美術館初個展だというので、足を運んだ。
過去ログ:http://memeyogini.blog51.fc2.com/blog-entry-819.html

これまで、拝見したのは大作中心。

しかし、今回の個展では全て22×27cmという小さな画面の作品を20点出展されている。

大作にはない面白さが小画面にも渦巻いていました。
結局、池田学の場合、画面の大小は関係なく大きくても小さくても、それぞれの楽しみ方が可能だというのが今回の結論。特に、3Dのような視覚効果さえ感じた。平面なのに、立体感ある作品、構図の妙であの3次元的効果が生まれているのだろうか。

20点のうち、私が最も好きだったのは、最奥にあった「波/Wave」だが、なぜかこの作品だけnot for sale(非売品)になっていた。

緻密な作品に描かれているのは全て空想世界だが、モチーフとして多いのは虫や魚にヘビなどの生きもの。
そう言えば、私がなぜ彼の作品が気になったかを思い出した。
海中を克明に描いていた作品を観たからだ。

数年前までスキューバダイビングに頻繁に行っていた私にとって、海中風景はとても懐かしい世界。
残念ながら足を怪我してから、ダイビングから遠ざかってしまった。
そんな私に楽しい海の風景を久々に絵画で見せてくれて、何より海藻の動きがリアルだなと。

画中に人物は白で描かれていることが多い。
あれは、後から白で描いていると思って良いのか?あまりに、基本的な質問過ぎて聞けなかった。
一見、塗り残したのか?とも思ったけれど、あまりにも線が細いので下地を活かしてとは考え難い。

この個展の後、池田学は文化庁海外研修制度によりカナダへ留学する。
そして、今週の1月14日(金)19時~ 於:紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F)にて、池田学×三瀬夏之介トークショーが両画家の作品集刊行記念として開催される。
■電話予約・お問合せ 紀伊國屋サザンシアター(03-5361-3321/10:00~18:30)

ikeda

このお2人の対談は面白そうです。

2011-01-G2

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

池田学展「焦点」 @ミズマ・アートギャラリー

 しばらく極寒休眠中だった「とら」が美術散歩を再開した。題して「中央線美術散歩」とでもしようか。まずはミズマ・アートギャラリーへ。目黒にあった時に「山口晃 ラグランジュ・ポイント」展を見に行ったことがあるが、あまりに老朽化した建物なので、わが国の現代ア...

ミヅマアートギャラリーで「池田学展 焦点」を観た!

「池田学展 焦点」案内板 「ミズマアートギャラリー」建物外観 ミヅマアートギャラリーで「池田学展 焦点」を観てきました。市ヶ谷へ移る前、中目黒の頃からこのギャラリーの名前は知っていましたが、結局は足を運ぶことはありませんでした。今回、「池田学...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。