スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下鴨 「宝泉」

ほうせん1


2泊3日関西美術館巡りから帰って来ました。
展覧会の感想は明日以後ぼちぼちアップしようと思いますが、今日は京都ネタを1つ。

最終日の今日は午前中下鴨神社周辺をお散歩しました。
お目当ては和菓子処「宝泉」(ほうせん)さん。
洋菓子より和菓子へと嗜好が移りつつある今日この頃、先日行ったお花の教室で話題に上がっていたのがこちらの「宝泉」さんでした。

師の奥様曰く「わらびもちの概念が変わる!」。

どんなわらびもちなの???

宝泉は、下鴨神社北側の住宅地にそれはそれはひっそりとあります。
近くには泉川がさらさらと流れていました。
京都の川はどこもお水がきれいです(名古屋とは大変な違い)。

夏の麻製のれんをくぐると漸くお店なんだと分かります。


こちらではお座敷に上がって、素晴らしいお庭を見ながら和菓子やお茶をいただくことができます。
注:お子様連れは立礼席のみの利用となります。

ほうせん庭


この日は雑誌(多分HANAKO)の取材が来ていて入口手前のお座敷に通されました。
お部屋は奥のお部屋がメインのようです。

最初にお店の人がケーキのように生和菓子が並んだケースとメニューを持って来られました。
和菓子にもひかれましたが、やはり最初はわらびもち!

何と注文が入ってから1つずつ作られるそうです。
という訳で少し待ちますが、待てば待つほど期待高まる?!

そして、しばらくして心待ちにしたわらびもちが。
わらびもちって、黒いのでしょうか?
私がこれまで見てきたわらびもちは白っぽい色だったように記憶しています。

ほうせんわらび


「最初は黒蜜をつけずに1つ召し上がってみて下さい。」と店員さんに言われ、まずはそのままパクリ。
・・・このモチモチプリプリ感は一体何!初体験の食感です。
噛めば噛むほど、じわじわとほのかな甘みが出てきます。

次は黒蜜をかけて。
う~ん、美味しい。
黒蜜も甘すぎず自然な甘さです。


こちらのわらびもち840円。
高いけれど、それだけの価値はあります。

京都の奥座敷のようなお店。時間が経つのを忘れます。
下鴨神社からのお散歩コースにはぴったりです。

*「宝泉」 水曜休み 10時~17時
 近くに「宝泉堂」というお持ち帰りのお店(系列店)があります。
 お間違えなく。

コメントの投稿

非公開コメント

みちる様

こんばんは!
このお店はまだ割と新しいみたいです。

和系甘味で私の一推しです。

あ、わらびもちは季節商品だったような気がしますよ。
ご注意を。

うひゃー

このぷりぷりわらびもち、ぜひ食べてみたいな!
どうも美術より食べ物に反応してすいません。ナイス情報、
いただきです!!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。