スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「建築家 白井晟一 精神と空間展」 パナソニック電工汐留ミュージアム

白井

パナソニック電工汐留ミュージアムで3月27日まで開催中の「建築家 白井晟一 精神と空間展」に行って来ました。

白井晟一(1905-1983)は、哲人あるいは詩人と呼ばれ、孤高あるいは異端と形容され、生前から神話化されていた建築家とされている(展覧会チラシより)。
私が、この建築家の存在を知ったのは我がバイブル『藤森照信の特選美術館三昧』TOTO出版刊で、白井が設計した松涛美術館が紹介されていたからだった。
同著によれば、松涛美術館は「濃厚美術館」として藤森氏に評されている。
藤塚光政氏の美しい写真で、私の目に訴えかけたのは美術館正面のファサードであった。軒の長いこと、そして壁面に使用されている花崗岩の重厚感。
ペラペラな某市の美術館とはえらい違いだなとつくづく思った。
更に驚くべきは、2階のカフェミュゼの存在。残念ながら、かつては2階の黒革のソファで極上の紅茶やコーヒー、そして飛び切り美味しいクロックムッシュをいただくというのが、上京時の楽しみであったが、今現在喫茶室は閉鎖され、お茶を飲みつつ名画を楽しむことはできなくなってしまった。

藤森氏は、白井のロマネスク様式を模した建築にクササを感じて、その建築から遠ざかったと記しているが、私は逆にそのクササを愛していて、松涛美術館は都内でも好きな美術館の3指に入る建築で、ましてその設計者たる白井晟一への関心も強かった。

彼は単なる建築家であっただけでなく、書もし詩も書き、そして様々な文章を遺している。
本展では、その一部ではあるが、彼の多面的な足跡をたどることができる。あの狭い空間に約150点もの関連資料が展示されており、通常より解説パネルの文章も長めなので、時間には余裕を持って出かけた方が良い。

展覧会の構成は次の通り。
■序
冒頭に、小さな窓がたった一つ、しかもめったと開けられないという白井の自邸虚白庵の書斎が再現されている。その薄暗さは日本人が好まない、寧ろ西欧の人々が愛する暗さのように思う。とかく日本人は外光を求める。住宅に置いても必要以上に日当たりや外光を求める傾向が強い。そんな中、白井晟一は真逆を行く書斎を求め、そこを愛していたのだ。それは彼のヨーロッパ滞在によるものなのかどうか。
しかし、彼にはその暗さ、重厚さが似つかわしく思えてならなかった。
書斎が白井そのものをあらわしているように感じた。

■虚白庵 エッセイ:「めがね」「無塵無窓」
この虚白庵を撮影した6点の写真は野村佐紀子撮影である。

■書 エッセイ:「書について」
白井の書は、展示室のあちこちに点在している。北魏の石碑や拓本を倣ったと最後の方で解説にあったが、北魏様式の書には見えなかった。展覧会チラシでは顔真卿や黄庭堅の書を学んだとあるが、寧ろ後者の影響を強く感じる。
二文字の書より、手書きの長い原稿の達筆さが目を惹いた。

■住 エッセイ:「箸」
白井の手がけた住宅建築を設計図や模型などで紹介。
白井の義兄はあの日本画家の近藤浩一路である。私の好きな画家の一人でもあり、この関係性は興味深い。
彼の住宅建築で印象深いのは切妻屋根。

■塔 エッセイ:「聴書 歴史へのオマージュ(部分)」
親和銀行(現存しないものがほとんど)やこちらは現存する都内のNOAビルなど、塔を作った建築例を紹介。
銀行という金融業界の社屋とは思えない精神性を内部の写真から見てとれる。内観的と言ったらよいのだろうか。サロンや客室の重厚さは、ちょっと通常の企業建築ではお目にかかれないような存在感がある。

外に開かれず、内に内に籠るといった感じ。彼の書斎に通じるものがあった。

■原爆堂 エッセイ:「原爆堂について」
丸木位里、赤松俊子の≪原爆の図≫にインスパイアされて計画された原爆堂。強い祈りの精神を感じる造形である。

■幻 エッセイ:「思索の空間」
ここでは、計画段階で終わってしまった建築計画プランや現存しない建築などが紹介されている。
中でも、横手興生病院の写真4点は、畠山直哉氏の撮影なので、要チェック。

■共 エッセイ:「秋の宮村役場」
ここでは、白井が手がけた公共建築を紹介。
件の松涛美術館をはじめ、秋の宮村役場、松井田町役場、個人的にはこの松井田町役場は一度観てみたいと思う建物だった。この役場の写真は石元泰博による撮影。

そして、白井が手がけた美術館がもうひとつ国内にあった。
静岡市の芹沢介美術館石水館である。静岡県内の美術館は、大半訪問しているが、この芹沢介美術館は未訪。石を使った白井らしい建築で、これは是非早目に行ってみようと思った。

■祈 エッセイ:「サンタ・キアラ館」
茨城県日立市の茨城キリスト教学園, サンタキアラ館を紹介。ここも、一度行ってみたい建築のひとつ。
日立市であれば、行けないことはない。精神性の強い白井の建築がキリスト教という宗教、祈りの場を作り出したその成果を空間として味わってみたい。
私のような素人には図面や模型だけでは、その建築の持つ力や造形美、建築家の思いはその建物に入る、外観を実際に眺めるという体験を通してしか感じ取れないのだ。

■装丁
最後に、白井晟一が手がけた本の装丁デザインが紹介されている。

会場内には、白井の愛聴盤であったベートーヴェン弦楽四重奏曲第12番変ホ長調作品ブダペスト弦楽四重奏団が低く流れている。

*3月27日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

汐留ミュージアムで「建築家白井晟一 精神と空間」展を観た!

「建築家白井晟一 精神と空間」展、チラシ 汐留ミュージアムで「建築家白井晟一 精神と空間」展を観てきました。昨年、八王子の東京造形大学附属横山記念マンズー-美術館で「SIRAI,いま 白井晟一の造形」展を観ました。造形大の「マンズー美術館」を白井が基本計...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。