スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「千葉正也 生きていたから素晴らしい世界」 ShugoArts

千葉正也
≪タートルズ・ライフ≫2010年 oil on canvas 76.7×116.7cm

ShugoArtsで3月12日まで開催中の「千葉正也 生きていたから素晴らしい世界」に行って来ました。
詳細はShugoArtsのサイトをご参照ください。
http://www.shugoarts.com/jp/current.html

千葉正也は1980年生まれ。ギャラリーのサイトで経歴を拝見すると、2009年越後妻有トリエンナーレの福武ハウス、2010年「ネオテニージャパン高橋コレクション」など、間違いなく過去に彼の作品を目にしているのだけれど、なぜか名前も作品も私の印象に残っていなかった。

しかし、今回の個展では大小合わせて最新作が約10点展示されていたが、展示方法も面白く、更にこれまでなぜ記憶に残らなかったのか我ながら不思議なくらいインパクトのある絵画作品だった。

画面の中に、多くの情報、モチーフがひしめいているけれど、決して雑多な感じはなく不思議なくらい調和している。時に非現実的な画面構成であったとしても、なぜか違和感なくおさまっているのは、画家の力量ゆえだろうか。
更に、非常に技術的にも高いものを持っている(と、素人の私の眼にはそう捉えた)。いかにもという写実ではないのだが、リアルな画面。実際画中に写真や絵画が描かれていて、画中画の面白さまで含んでいる。

サイズが大きくても小さくても、見どころが多く、平面でありながら立体的な印象を受け、鑑賞者の視覚作用に強く訴えかけて来る。

そうかと思えば、画家の頭の中での想像を表現化したような作品もあり、そちらはやや嫌悪感を催したのだが、やはり同様に刺激的な強さがあることには変わりない。

ここまで、面白いとは。。。
受付カウンターの向こうに展示されていた中サイズの作品が一番気に入っている。

できれば再訪したいが、ちょっと時間が取れそうにないのは残念。

*3月12日まで。お薦めです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。