スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「林勇気 あること BEING/SOMETHING」 兵庫県立美術館 ギャラリー棟1階 アトリエ1

林勇気

兵庫県立美術館 ギャラリー棟1階 アトリエ1で3月19日(土)まで開催中の「林勇気 あること BEING/SOMETHING」に行って来ました。

本展は、兵庫県美が注目する作家紹介ブログラム「チャンネル」第1回となります。
*「チャンネル」と名付けた意味合いについては、以下同美術館のサイトをご参照ください。
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/hayashi/index.html

林勇気(1976年)は、関西を拠点に活躍する映像作家。「ファミコン世代」を自認する林の代表的な作品は、コンピュータゲームの画面を思わせる世界を人物が淡々と歩きつづける映像作品です。
私が彼の作品を初めて観たのは、恐らくギャラリー・neutron tokyo(東京)であったかと思います。
最初に観た時から、単調でゆっくりとしたリズムながらも、中毒性のある長時間観ていても時間の経過を感じさせない和やかな映像だったと記憶しています。

その後、昨年神戸のギャラリーヤマキファインアートでの個展を拝見。
この時は、映像よりむしろDVDに添えられているドローイングの柔らかさと優しさに注目していた。

本展新作の映像《あること being/something》では、初の試みとして、作品の素材となる写真や映像世界の住人(出演者)が一般から募集されていて、twitter上でも募集の呟きを何度か目にしていました。

さて、兵庫県美のギャラリー1を訪れるのは初めて。同館には何度か行っているが、ギャラリー棟が有ったこと自体気付かなかった。
いざ、入ってみればかなりの広さ。

まず何より最初に目にするのは高い天井を活かした大型3面スクリーンで上映されている《あること being/something》である。
実際に登場する様々な人物や事物、人物は一般公募の皆さまだと思われるが、私は背景の変化にも関心を持った。
過去に拝見した作品では、背景色の変化はなかったが、今回は水か空をイメージさせるように青色が変化していく。

その中を漂う人やもの。
観ているだけで心地よい。

キッチンを利用した(恐らく、個展のために設置したと思われる)Iphone?ipod?を利用し、小さな画面で映像をキッチンのあちこちに仕組む。
この手法は、大山崎山荘美術館で先日拝見したさわひらきも非常に上手い見せ方をしていたが、若干配置の上で、林さんの場合は、見づらい位置に置かれているものが何個かあり惜しまれる。

《garden》2008年は、ファミコンゲームが好きだという林を象徴するような作品。思わず、スーパーマリオを思い出した。スーパーマリオと水道管ゲームを足して2で割ったような映像。
地下坑内をめぐる、林本人?と思しき男性一人が、水の中を潜ったり、軽々とジャンプしたり丁丁発止の軽やかな身のこなし。
傍には、映像作品のもとになっているドローイングも合わせて展示。
やっぱり、彼のドローイングは素敵だ。

キッチンのある方に戻ると、奥に小部屋がある。
作業スペースのようになっているそこにも映像作品《The outline of everything》2009年があり、これは最初の新作に続いて私のお気に入り。
ひもを使用して、木や家?にするすると線が長くなったり、短くなったりして変化していく。
まるで、ひもが生き物のように見え、一本の線の可能性をとことん追求している作品。

これらの映像は、一見CGに見えるかもしれないが、作家自身や親しい友人、木々、ビー玉、空と雲、日常の身近にある景色などを、ビデオカメラやデジタルカメラでコマ撮りで撮影し、1フレームずつ切り抜いていき合成をすることで映像を制作しているという。

日常を映像に取り込むという新聞評などを観たけれど、果たしてそうなのか。

私が思う林勇気作品の魅力は、ゆるやかなリズムと色彩、そして登場人物自体の動き方にあるように思う。
その点、今回の新作はファミコン的映像から大きく踏み出した新境地開拓といえ、今後の作品がますます楽しみになってきた。
あの3面映像を床や天井に流してみても面白いかもしれない。

なお、最終日にはクロージングイベントとして屋外スペースで上映がが開催され、林さんご本人もいらっしゃるようです。
日時:18日(金)、19日(土) 両日とも午後6時から午後7時まで
場所:屋外展示スペース 4階 「山のデッキ」

*林勇気さんの公式サイト:http://www1.odn.ne.jp/tropfen/kanyukuyuki/

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。