スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大和文華館の中国・朝鮮美術」 大和文華館

大和文華館で3月27日まで開催中の開館50周年記念名品展Ⅲ「大和文華館の中国・朝鮮美術」に行ってきました。

大和文華館の名称が中国・南京の博物院の名称を参考に名付けられたと、本展チラシを見て初めて知りました。
同館の蒐集品の中で中国美術は開館当初から、絵画・工芸ともに充実していたそうで、頷ける話です。

目当ては中国絵画でしたが、全部で11点と思ったより少なくやはり国内で中国絵画をまとめて観るのは厳しいなぁと実感。
むしろ、今回の展覧会の中心は中国・朝鮮の彫刻・工芸でしょう。

では、印象に残った作品を振り返ります。

<中国の彫刻・工芸>
・石造 二仏並坐像 北魏
大きさはそれ程ではないが、多宝如来と釈迦如来が並んだ姿が愛らしい。

・細金細粒細工飾金具 9点 南北朝時代
来月、東京→九州をまわって奈良博へと巡回する中国文明展に出展されていたような細金の細工もの。透かし彫りがすごい。

・三彩立女 唐時代
陶傭。姿も彩色も残り状態は良い。ふっくらとした体つきと表情、これに似たものはMIHO MUSEUMにもある。

・白釉褐緑彩蓮池水禽文水柱 唐後期
・柿磁金彩碗 定窯
・青磁雛花蓮華文瓶 
定窯はじめ竜泉窯、磁州窯など北宋のやきものが並ぶ。青磁雛花蓮華文瓶は、広田松繁寄贈のもの。

あとはずらりと景徳鎮の青磁や黒柿落牡丹文大壺、赤絵牡丹蓮華唐草文鉢・・・。きりがないです。
清時代になるとぐっと明るく華美なものが登場する。
・素三彩果文皿 
アップルグリーンと海外で呼ばれるのがよくわかる。とても発色が美しい。仲間はビーチグルーム「桃花紅合子」これもよく熟した桃の色。

<中国の絵画>
大和文華館にはもう何度も行っているので、初見作品は少ない。
・雪中帰牧図 李迪 双幅 南宋 国宝
久々に2つ揃いで拝見した。小画面ながらやっぱり情緒がある。

・秋塘図 北宋時代 伝趙令穣筆 重要文化財
これが、一番のお目当てだった。この作品は初見かもしれない。数年前に同館で北宋絵画の展覧会があったのだが、最終日に駆け込んで展示替えで見られなかった作品もあったので。
画面はそれ程大きくないが、左に描かれた樹木の枝ぶりが北宋らしいか。損傷がかなりあるせいか、いまひとつ。

・蜀葵遊猫図 ・萱草遊狗図 伝毛益 南宋時代 重要文化財
同館の誇る中国絵画の代表作の対幅。揃いで観るのは冒頭に挙げた「雪中帰牧図」同様久しぶり。

・賞楓図 張風筆 清時代
私が関心あるのは明時代までの中国絵画だが、この作品は良かった。

他に南宋絵画といえばの馬遠筆「竹燕図」も出展されている。

<朝鮮の彫刻と工芸>
・黒釉葫芦瓶  
まず形の美しさに見惚れる。ひょうたん型の整った姿の美しさ。

・青磁象嵌辰砂雲鶴文合子
・螺鈿葡萄文衣装箱
また、新しくコレクションに加わったのは「螺鈿菊唐草文小箱」。

<朝鮮の絵画>
・楊柳観音図 高麗後期
私が一番好きな作品。ポストカードを一番最初にここで買ったのがこの作品。

・平沙落雁図 ・漁村夕照図 伝安堅 朝鮮前期


*3月27日まで開催中。中国のやきものがお好きな方は是非。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。