スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡→東京 展覧会行脚 総括編

先程、1泊2日の静岡→東京展覧会行脚より戻って参りました。
今回は、身体を酷使し行けるだけ行ってみました。
普段はこんな無茶をしないのですが、見たい展覧会の会期が短めだったり、次の上京予定が立たないためやむを得ず。

自分のメモ代わりに、ブログで行程を振り返ってみようと思います。

8月9日(木)
朝一番、開館と同時に静岡県立美術館へ。
 ・「石田徹也 悲しみのキャンバス」展
 ・「NHK日曜美術館30年」展
 ・同館収蔵品展
 ↓
新幹線で一路品川へ
 ・「線の迷宮 ラビリンス」 目黒区美術館
 ・「ルドンの黒」 Bunkamura museum
 ・「京都造形芸術大学30周年記念 混沌から躍り出る星たち2007」
  スパイラルガーデン

8月10日(金)午前中は綱島で人間ドック(ホントはこれが目的の上京)
 午後綱島から上野へ。
 ・「金比羅宮書院の美」  東京芸術大学大学美術館
 ・「歌川広重江戸百景」  同上
 ・「自画像の証言」    同上
 ・「京都五山 禅の文化」 東京国立博物館
 ・「仏像の道」      同上
 ・東京国博収蔵品を軽く流す(仏像系)
 ・「第13回秘蔵の名品 アートコレクション展」ホテルオークラ別館

以上のラインアップ。

これだけ全部記事を書けるか自信がないので、オススメをいくつかあげてみます。

私の一推しは「自画像の証言」展。
なんとこの展覧会は無料!しかも15日にはNHKハイビジョンで関連番組が105分で放送されます。
青木繁や熊谷守一の自画像から、今をときめく村上隆、松井冬子ら東京芸大時の卒業制作自画像展です。
私はできることなら、NHKの番組後再度行きたい・・・が無理。
図録(?)500円も読み応えがありお買い得です。

2番目と3番目は同順位で
オークラの秘蔵の名品アートコレクション展と線の迷宮ラビリンス。

番外でオススメは「石田徹也悲しみのキャンバス展」。
しかし、この展覧会はあまりにも重過ぎるため、1日中残ります。
他の展覧会とはしごしないことをオススメします。

現代アートではスパイラルガーデンの「混沌から躍り出る星たち2007」も楽しめました。こちらも無料!


もっとも期待はずれは「書院の美」。
ごめんなさい。悪くはなかったのですが複製が半分を占めていたので。

とりあえず速報でした。

  


コメントの投稿

非公開コメント

oki様

今頃、目黒区美術館で鑑賞真っ只中でしょうか?
感想楽しみです。

トプカピ至宝展は全く考えませんでしたが、パルマは時間が許せば行きたかったです。
何しろ1泊2日なので、限界が。
西洋絵画ももちろん好きです。

工芸関係はやや苦手分野、だから至宝は興味薄だったのかも。

Minnet様

こんにちは。
Minnet様のおかげでオークラ秘蔵の名品楽しめました。こちらこそ、有難うございます☆

過酷なスケジュールで疲労困憊。
昨日、今日と自宅でぐったり、展覧会の感想をしょぼしょぼ書き綴っております。

あべまつ様

残暑お見舞い申し上げます。
静岡県立美術館は初めて訪れましたが、あんなに立派だとは・・・驚きました。

残念ながら愛知県美は足元にも及びません。
石田徹也の展覧会の感想を書いていたら、また重いものが甦ってきました。

あべまつ様のアップ楽しみにしています。

明日目黒に行きます。あ、もう今日か/笑。
友の会会員はやめたけど招待券があるしー。
上野は藝大美術館と国立博物館に行かれたようですが、memeさんは西洋絵画にあまり関心がないのでしょうか?
西洋美術館とか東京都美術館はお考えにならなかったのかな。

こんばんは

こんばんは。
すごい日程の美術館巡りでしたね。
相当体力を使われたことと思いますが、展覧会のラインナップを見ると、数々の名画がきっと疲れを吹き飛ばしてくれたのではないでしょうか。
私も都合がつけば、ぜひ静岡県立美術館に行きたいです。情報ありがとうございます。

石田徹也の見たもの。

こんばんは。
丁度私も息子とこの静岡県立美術館に8日に行ってきたばかりです。美術館でわかんない絵を見るのがあんまり得意じゃない息子も釘付け。私の心も不穏な漣が立ったまま、いまだにざわざわしています。
現代日本の見てはイケナイものを観たような、乾いた砂に水が染み込んでいくようで、まだ落ち着きません。
memeさんの記事を楽しみに致します。
私も頑張って、感想を残すつもりです。
でも、圧巻でしたね。あの作品量で、無料とは軌跡でした。
NHKのは、見ていたし時間もなかったので、常設と、ロダンをみて、実家の伊豆に移動しました。
長くなりました、お許しを。

あおひー様

あおひー様のおかげで、貴重な石田徹也作品群を見ることができました。
重すぎて、1日中彼の絵が頭から抜けませんでした。
後ほど記事が書けたらTBさせて下さいね。

自画像の証言は、ぜひぜひ。
こちらを先にアップする予定です。

すごい!

こんにちわ。
すごいスケジュールですね。
「自画像の証言」の情報、ありがとうございます。
この内容で無料ってのもびっくり。

「石田徹也悲しみのキャンバス展」、やはり重いですよね。静岡に行った時には最後にこれを見て正解でした。やはり最初に見てしまうと後にひきずってしまいますよ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。