スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毘堂 「i-con」 MEGUMI OGITA GALLERY

モナリザ

毘堂 「i-con」MEGUMI OGITA GALLERY  5月10日~5月28日 日祝・月休廊
ギャラリーサイト → http://www.megumiogita.com/exhibition/2011/1105bidou/index.html

毘堂、その名前を目にした時、このアーティストは日本人なのか、果たして何者なのだろうと思った。
DMに描かれていたのは、真っ黒な背景にお面のような西洋人のレトロな肖像画、だと思っていたのだが。。。

私は通常あまり事前情報を得ずに個展や展覧会に行くことが多い。
事前情報なしに、最初に作品を目にした時の感動を大切にしたいと思っている。

今回、オープニングには行こうと決めていた。それは、このアーティストの謎めいた名前と一体どんな作品なのかを早く確かめたかったからだ。
ギャラリーのドアを開けて目にしたのは、絵画ではなかった!
私が絵画だと思っていたのは「面」。
この「面」が西洋画を飾るような装飾的な額縁と織物をベースにして面が11点展示されている。

毘堂は、正真正銘の能面師で、能面の師である能面師小川玄洞氏により拝命した名前であるそうだ。
能面と言えば、直近は世田谷美術館の「白洲正子」展で観たばかり。
いや、日曜日に東博でも観たような記憶が。
そして、現代美術の世界では、広島市立現代美術館で開催されていた「サイモン・スターリング―仮面劇のためのプロジェクト(ヒロシマ)」に映像作品中にそして、実際に使用された面も展示されていたのを真っ先に思い出す。

能面師は、お能で決められた役者の能面を作るお仕事、彼らの存在は伝統芸能を支える重要なもの。しかし、その反面、決められた面しか作ることがないので、表現の自由は認められない。
そんなことから、2004年に毘堂は自由な表現を面作りに求め始めた。
手始めに、子供の頃から観ていた西洋の名画の中の顔を面として再現することを思いついたのだ。
絵画という二次元の世界から、彼によって三次元の面貌、立体表現として再生された名画の人物たち。

1点ずつ観ていくと、面それぞれに、細かいひび割れが入っているのが分かる。「古色」という能面特有のエイジング技法を使って、絵画作品に見られるひび割れや傷なども再現している。

しかし、私にはただ単に、絵画を酷似させただけではない、彼なりの解釈が付加されているように思った。
確かに、ひび割れや傷を再現していたとしても、どこかそっくりそのままという訳ではない所が面白いのだ。
実は、DMに使用されていた人物像は「モナ・リザ」だったのに、私はすぐにそれと気付かなかった。
確かに表情は似ているが、面にした時、モナ・リザの長い髪は消え前髪だけになってしまっている。

顔の特徴を彼なりに捉え、やや強調して見せる。この個性も魅力の一つだろう。先にあったサイモン・スターリングで使用されていた能面は、本来の顔に酷似させることに主眼を置いていた点が、毘堂作品との相違点だろう。

なお、面の素材は古来の能面と同じで、檜、胡粉、顔料、漆他、まさに伝統工芸の技法を駆使して制作されている。

11点のうち、最後にぎりぎりオープニング当日完成したのが、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。
連続5日間徹夜で漸く完成したとのこと。
bidou1
≪Girl with a Pearl Earing≫2011年 
20.5×18.2×11.5cm

この他、ムンクの「マドンナ」、ジョルジュ・ドゥ・ラトゥールの「女占い師」、極めつけは長谷川等伯の「枯木猿候図」の猿までいる。これは、何の面かをあてっこするのも楽しい。

なお、11面の面とは別に、従来の能面も展示されているので見逃さないように。


ところで、ギャラリーオーナーの荻田氏に毘堂との出会いをお尋ねしたところ、シカゴ在住の知人からの紹介とのこと。余談になるが、メグミオギタギャラリーのshowcaseの方では、新しい選抜型グループショーを5月31日よりスタートさせるとのこと。我こそはというアーティストは経歴、年齢その他を問わず募集可能。グループ展の後には、海外のアートフェアへの出展も待っているそうです。
詳細はこちら

荻田氏のギャラリー活動からも目が離せない。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。