スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魅惑のモダニスト 蕗谷紅児展」 刈谷市美術館

蕗谷

「魅惑のモダニスト 蕗谷紅児展」 刈谷市美術館 4月16日(土)~5月29日(日)
http://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition_2011_fukiya.html

大正から昭和にかけて人気を博した挿絵画家・蕗谷紅児の回顧展。少年時代の習作から、パリ留学時代の作品、アニメーション、晩年の絵画作品まで、何と約600点を展示し、蕗谷の制作活動を紹介。

蕗谷紅児展は1991年に東京・小田急グランドギャラリー、福岡天神・大丸、大阪・三越、京都大丸ミュージアム、新潟・三越を約400点で展観。今回の展覧会の出品数は600点と1991年を凌ぐ大回顧展である。

蕗谷を知ったのは、弥生美術館だったと思う。
抒情性豊かな挿絵やペン画に惹かれて、古本屋で1991年の図録を見つけた時は即買いした。

刈谷市美術館は作品リストがないことが多いのだけれど、今回は約600点の展示数にも関わらずしっかり全作品のタイトル、制作年、サイズ、技法・材質・所蔵先まで記載された作品リストが作成されていて、非常に嬉しかった。
おかげで、メモを取るのがとても楽だった。

展覧会の構成は次の通り。
第Ⅰ章 人気挿絵画家としてデビュー 苦難の生い立ちを乗り越えて
・日本画の修業時代
・『少女画報』でのデビュー
・『令女界』の看板スターに
・創刊号から登場した『少女倶楽部』
・珠玉の詩画集
・装幀の仕事
・関東大震災

第Ⅱ章 芸術の都パリへ タブロー制作と日本へのパリ画信
・パリで制作されたタブローとデザイン
・パリの最新ファッションを日本へ -『令女界』での表紙絵、口絵、挿絵
・日本へ紹介されたパリの少女たち -『少女画報』『小令女』『少女倶楽部』

第Ⅲ章 人気挿絵画家として 絶頂の1930年代から戦争期の苦悩へ
・人気挿絵画家として-帰国後の隆盛、『令女界』の花形に
・広がる創作の場-様々な雑誌の仕事
・『詩画集 花嫁人形』
・様々な装幀-書籍の表紙と挿絵 レコードジャケット
・絵本と童話の仕事
・戦争期-少女雑誌における制作の苦悩と、時流のなかでの模索

第Ⅳ章 子どもたちへ向けて 少女雑誌から絵本への転進
・雑誌への復帰
・世界名作童話全集
・絵本の仕事
・短編アニメーション「夢見童子」
・自画伝『花嫁人形』
・書籍の装幀-少女小説や詩集
・個展出品作-晩年のさらなる展開

とにかく凄いボリュームだった。刈谷市美術館の展示室は1階と2階だが、フル活用して全600点を見せる展示は素晴らしい。毎回ここは来るたびに展示室の空間構成が変わるので、同じ美術館とは思えない時がある。
今回もかなり展示室に仕切りを置いて作品を多く見せる工夫をしており、順路が分かりやすいように壁面に番号が付されている工夫があった。

印象に残った作品を挙げようにも、どの作品も好きなので到底絞ることはできない。
パリ時代の絹本に彩色の一連の作品とデッサンがとりわけ強く心に残った。
唯一、震災の影響でお茶の水図書館所蔵「ヴェトゥイユの風景」のみ出展中止になっていた。なぜ東京なのに出品中止になったのだろう?
個人的にはパリ時代(1926~1927年)の「パリの散歩」「幼子」「混血児とその父母」、『ファンタジオの切り抜き』が良かった。

更に最晩年の個展出品作。
ここで、蕗谷はパリ時代の作品を思わせるような自分の意のままに絹本に彩色画に立ち戻っている。
この最晩年の作品は、彼の最後の命を尽くした作品のようで「ガラスの靴」1968年、「西堀通り」1973年など、挿絵画家からの脱却を図ろうとする姿勢が強く感じられた。

勿論、彼の挿絵はニーズに応じて変化する。
非常に器用で上手い画家だった。その多才な作風ゆえに、これが蕗谷紅児の作品!と指定できるものもあれば、えっ、これも?と思うような強い黒の線を使用したインク画などもあり、単調でないところが魅力的。

他に、レコードジャケットを飾った原画作品は素敵だった。TangoやWeber Album Waltzを飾った作品は戦前の1937年頃の作品。大正から昭和初期にかけての華やかな一時代を飾るハイカラさとカラフルさは、パリ留学の賜物だろう。

会場では、蕗谷が手掛けたアニメーション「夢見童子」1958年頃(15分28秒)の上映も行っている。
また、彼がもっとも人気を博した雑誌や本の表紙や挿絵はおびただしい数並んでいる。

文字通りの大回顧展で、これだけの蕗谷作品を観られたことを幸せに思った。

この展覧会は、横浜のそごう美術館に巡回予定だが、夏場なので無事開催されることを切に願っている。

コメントの投稿

非公開コメント

noel様

こんばんは。
コメント有難うございます☆
noel様も沖縄にいらっしゃったかと思えば、三島へ遠征と
いきなりアクティブになってらっしゃいますね。
お身体の調子は大丈夫ですか?

早く追いついてくださいね。お待ちしています~(^^;

蕗谷紅児!

なんと...!ブリジストンのセーヌ川展でも蕗谷紅児がいくつか出てましたよね!刈谷市はムリだけど横浜は行ける...ほんとに無事開催してほしい。待ち遠しいです。

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。私もすぐに続きますがww お互い健康に気をつけて美しいモノを追いかけましょう~~♪

ボギー鈴木様

誕生日メッセージ有難うございます。
好き嫌いは誰にでもあるもの。
お好みでなければ、それはそれで良いと思います。

蕗谷紅児の場合、単なる挿絵画家に留まらなかった点を評価したいです。

No title

 こんばんは。私も刈谷市美術舘に展覧会を観に行きました。作品数も多く、充実した展覧会でしたが、男の私にはイマイチ感情移入ができませんでした。やはり、年齢と共に感性が鈍くなっているのでしょうか。中原淳一や内藤ルネを観に行った時も同じ感じ。いかんですね~。ところで今日15日は、memeさんの誕生日だったのでは。おめでとうございます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。