スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおひー「NIJIMASS」展 GALLERY ART POINT

あおひー

あおひー「NIJIMASS」展 GALLERY ART POINT 5/16(月)~5/21(土)12:30~19:30 ※最終日のみ17:00まで
http://art-point.jp/

作家さんのブログはこちら

前回のグループ展と同じ銀座8丁目のギャラリーART POINTでの個展。

今回は新作、旧作合わせて15点のオールカラーでアクリルで見せている。
グループ展の時に一番良いなと思った作品が、一番凡庸に見える程、今回の個展では進化していた。

特に私が気になったのは以下の四点。
・「SHYNESS」
・「NMIYOU ♯2」
・「RED」
・「DEPARTURE」
ソフトフォーカスの写真はよく見かける。肝心なのはそこからどうやって個性、オリジナリティを発揮するかだと私は思う。

今回はまず展覧会の冒頭にあった作家のステータスに、自身の写真表現スタイルへの決意が強く現れていた。
詳細はこちら

個展タイトルの「NIJIMASS」と作品との関係性は上記の通りだが、元々のモチーフは街の中や日常生活で見かけるものと決して特異なものではない。
しかし、それが彼の写真を通すと実際の被写体が何であるのかは分からず、寧ろそんなことはどうでもいいような気さえしてくる。
特に、「SHYNESS」は抽象画のような色彩溢れる1点で写真と絵画の境界を漂っているように感じた。
個人的には、いっそ「SHYNESS」ぐらい被写体の存在感を消してくれた方が好みだが、今後作家さんはどうされるのだろう。

会場入口に、種明かしというか被写体が何であるかを明かしたリストが置かれている。
それを読んでから再び作品と向き合うと、被写体の存在がしかと脳に像を結ぶ。
これを明かした方が良いのかどうかも今後の課題のように思う。

今回は、15点同サイズになっていたと記憶しているが、1点だけでも大きいパネルで観たかった。作家さんの意図で同サイズの方がバランスが取れると判断されたのかもしれないし、パネルが大きいとそれだけ費用もかかるので、実現困難かもしれないが、大きくしたものを1度拝見したい。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。