スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「MEET THE ANIMALS!」 京都芸術センター

「MEET THE ANIMALS!」 京都芸術センター 4/10~5/22

京都出身の動物木彫作家の三沢厚彦が、ついに京都で初個展。
え、まだやってなかったんだ・・・と驚いた。
会場は旧明倫小学校をリノベーションした京都芸術センターで、何とも初個展に相応しい場所。

予想通り、三沢厚彦が生み出した動物達が、会場のあちこちに出没。

特に、良かったのは南館2階の教室内の展示。
教壇に立っている先生は熊。
観客は大勢いたが、敢えて教室内の机や椅子に腰掛け、熊先生の授業を受けているような光景が自然発生的に生まれている。

教室の後ろには、紙製の動物達がわんさと控えており、楽しい空間。ここには、ドローイングも何点か展示されている。

南館4階には、和室「明倫」があるが、ここではいきなり、猫が獲物を捕まえる寸前のポーズ、頭を低くしてお尻を上げるポーズをしてお出迎え。
全部で5匹の動物が待っている。和室空間の動物彫刻は、まるで家の中のペットのようだった。

北側ギャラリーには、どでかい、もしかすると過去最大級かもしれないユニコーンとそのユニコーンを見下ろす位置にヤモリとモモンガが壁と天井にいる。
この北側ギャラリーは天井高も高いので、毎回どう使うか楽しみにしているが、この潔さは気持ち良かった。

そして、珍しい試みとして、木彫動物の屋外展示がされていた。メルシャン軽井沢や鹿児島県の霧島アートの森では既に行われていたのかもしれない。
どこにいるかは、行ってみてのお楽しみ。
ギャラリー北から戻る時によく見える。目があったりするから、ドキドキしたり。

最終日の明日は、三沢氏ご本人によるツアートークが14時からと18時からの2回開催されることになっている。事前申込不要、参加料無料です。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。