スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アウトレンジ2011」 文房堂ギャラリー

アウトレンジ

「アウトレンジ2011」 文房堂ギャラリー(神保町) 6月8日~6月21日 10時~18時半 会期中無休
http://www.bumpodo.co.jp/gallery/2011/2011_outrange.html

「アウトレンジ2011」、2004年から始まり今年で5回目の開催となる。ギャラリーの方によれば年を追うごとにレベルが高くなっているとか。
アウトレンジは学校対抗の展覧会で、美術大学の教員である作家の推薦によって選ばれた学生と教職員による展覧会。

選抜された学生は大学別に次の通り。(  )内の推薦者である教員の方も出展している。
・松村かおり  愛知県立芸術大学(井出創太郎先生) ・八重樫ゆい 東京造形大学(西島直紀先生)
・深谷昂弘   東京造形大学 (末永史尚先生)   ・宇吹新   武蔵野美術大学(島伸彦先生)
・宮下さゆり  武蔵野美術大学(島伸彦先生)

行くまでは、どんな感じかなぁと思っていたが、各作家さん個性的で見ごたえのある内容でした。

入って正面に八重樫ゆいさんの「Manyual」が。シリーズなのか、小品が一見ランダムに見えるが、面で構成された油彩画の小品が壁を覆っている。一体、全部で何点あったのだろう。20点以上あったかもしれない。
私が一巡している間に、1点売れて行った。

次に、末永史尚さんの「17Rothko(Seagram)」。
川村記念美術館(現在は名称変更でDIC川村記念美術館)でのロスコー展に出展されていたシーグラム絵画の連作を1画面に落とし込み。
末永さんの作品に、ロスコー壁画がおさまると、記号化されてしまう印象を受ける。もしくは、1枚の絵画がパズルのひとつのピースのような。
名古屋で拝見した個展で観た時と、グループ展の中での1点で観た時とでは、他の方の作品と交わる時、より個性が発揮され作品の楽しみ方が見えて来た。
個人的には、もう1点、私の好きな建物のマケット作品も拝見したかった。

入口に戻って、西島直紀さんの作品。白のトーンで制作された抽象作品。造形大の方のペインティングは八重樫さん、西島さんと共通する所がある。

もう一人の造形大からの参加者、宇部新のインスタレーション「New Face」は楽しい。
階段を上がったり降りたりすると、、、いろんなことが起こります。これで何回か遊ばせていただきました。最近この手の機械インスタレーション作品をよく目にしますが、今後いかに個性を出していくかが課題でしょうか。彼の作品は電気を使用するため、作品脇に、「この展示で使用した電気代を日本赤十字に寄付します。」と書かれていた。更に、プライスリストに(作家生存中保証付)と敢えて謳っているのも良心的。

島伸彦さん(教員)は、愛知県立芸術大学ともご縁の深い作家さん。今回は「anthem」という立体まで登場していて、そのモチーフが平面に送り込まれていました。

愛知県芸の版画領域の教員をされている井出創太郎さんの版画作品が、凝っていた。緑青刷りって、過去に観たことがあっただろうか。浅間山をモチーフにした<系譜の山-浅間>では、鈴木春信の浮世絵でよく使用されるエンボスが取り入れられている。黒の線は、鉛粉を使っているのか。技法では、活版エンボスに鉛粉とある。
版画技法は実に多様で、いずれも興味深い作品だった。

深谷昂弘さんの油彩は、疾走感を表現していると言って良いのか。通り過ぎる風景、ぼんやりとした光、普段何気なく観ている光景の中で、より強調したいものを引きだして作品に転換している。

そして、松村かおりさん。愛知県芸の版画科在籍中とのことですが、版画作品ではなくインクを使った絵画。
彼女の作品には惹かれるものがあった。技法が何か分からなかったが、紙にインク。
あのカラフルな流れるような線の集積はインクだったか。
染織、織物のようにも見える。

もう一人、宮下さゆりさんの鉛筆画。これはぐっと来ました。最初観た時は、水墨画かと思ったけれど、キャプションを見ると、紙に鉛筆とある。
鉛筆画とは思えないような黒の諧調の中で白だけが鮮明に浮かび上がる。しかも構図がとても良かった。

最後に、OJUNさんの作品がないなぁと思ったら、EVのある出入口真上に、木炭・パステルのドローイング「空と皿」を発見。1点だけですが、これがまた良いのです。

このギャラリーは空間も広く、居心地が良いので、会期末までに再訪したい。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。