スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生誕130年「橋口五葉展」 千葉市美術館

五葉

生誕130年「橋口五葉展」 千葉市美術館 7月31日迄
http://www.ccma-net.jp/exhibition_01.html

橋口五葉の名前ですぐに思い出すのは、≪化粧の女≫≪髪梳る女≫1917年などの、大正時代に制作された新作版画だろう。
しかし、それ以外の作品、新版画といっても展覧会に頻出するのは上記2点が殆どで、他に渡邊庄三郎と組んで最初に制作された版画≪浴場の女≫1915年や、あるいはポスター展で三越呉服店が主催した懸賞広告で1等を受賞した≪此美人≫1911年、ブックデザイン関連で、夏目漱石、泉鏡花の装幀本を見かける程度。
どんな人生や画業を送った人なのか、考えることはなかった。

本展は、五葉の没後130年を記念しての開催となるが、新出資料や1912年の出展以後、行方知れずになり100年ぶりに公開される≪黄薔薇≫(絹本著色)など約400点もの作品・資料の公開となる。
いつもながら、神奈川県立歴史博物館もそうだが、千葉市美術館の回顧展は半端ないボリュームで期待にそぐわない内容で前半を観て一旦休憩しないと、集中力が持たなかった。

展覧会構成は次の通り。
Ⅰ 鹿児島から東京へ
Ⅱ 物語の時代
Ⅲ 吾輩ハ五葉デアル
Ⅳ 邪馬渓を描く-新たな主題の発見
Ⅴ 素描-裸婦たち
Ⅵ 新たなる浮世絵を求めて

展覧会と合わせて、7月16日の小林忠館長の講演「橋口五葉と浮世絵」を聴講した。
小林館長曰く「五葉は、一本の決定的な輪郭線を追い求めた画家」だという。
千葉市美術館ニュースvol.59の巻頭文「線の美しさ、心地よさ」と題して、五葉の線の美しさ、清らかさについて語っておられる。

それらのお話や図録掲載の論考を読みつつ、感想をあげてみたいと思う。

五葉は初め、当時の日本画の大家である橋本雅邦の絵を学ぶが、後に同じ鹿児島出身の黒田清輝の薦めもあり、洋画に転じる。
東京美術学校へ進む段階で、日本画の素養を身に付けた上で、洋画を学んでいることは、彼の作品を振り返る上で私は重要だと思った。

五葉は三男だが、長男の貢(外交官)は夏目漱石の教え子という経緯もあり、美術学校3年生の24歳で兄を通じて棗漱石と当時流行していた水彩画絵葉書のやりとりが始まり、それを契機に漱石の薦めにより雑誌『ホトトギス』に挿絵を発表。翌年には、『吾輩ハ猫デアル』の装幀依頼を受ける。

漱石という人物は、目利きだったのだろうか。
話はそれるが、今日ブリヂストン美術館で始まった「青木繁展」を観て来たが、青木繁もまた漱石との交流がある。
青木繁と橋口五葉とは、五葉の方が年齢は一つ上だが、美術学校の1年上級に青木がいた。
お互い、面識はあったに違いない。
この1歳違いの両者には、共通項がいくつかあるが、向かった道は大きく異なる。
<共通項>
・橋口五葉も青木繁も、当時の画壇(文展)では評価されずに青木は僅か28歳、五葉は41歳で亡くなっている。
・夏目漱石との関わり → 関わり度合いは、五葉の方が兄との関係もあり、強固であった。
・ラファエル前派の影響 

なぜ、両者ともにラファエル前派の影響を強く受けたのか、調べてみたら当時ひとつの流行だったと分かった。
青木繁は画業にも長じていたが、文才もあったようで、絵を始めると同時に詩にも非常に興味を持っていた。
明治から大正にかけて、日本の文学では『早稲田文学』『文学界』『明星』などの雑誌でラファエル前派が紹介された。これらの雑誌を手にする文化人の間で、ラファエル前派の流行が日本にあったのだろう。

時代の先を見つめていたのは、五葉も青木も同じだが、それらを自己に取り入れ、消化し自分の表現として見せた結果は大きく異なっている。
その違いの面白さ。
同タイミングで橋口五葉と青木繁の展覧会を観ることができたのは本当にラッキーだった。
両者の人生と画業を通じて、明治・大正という時代についても考えさせられた。

五葉の場合、まず特筆すべき作品は、1903年美術学校の夏休みに描いたとされる≪流水と花と蝶≫(紙本著色)という屏風絵である。右側に琳派風の花と蝶があしらわれた装飾的な画面だが、西洋画を学んでいながら、装飾的な琳派に通ずるような作品を休み中に描くあたりに、後の五葉の作品傾向が感じられる。

他にも小襖に鳥の絵を描いたり、思い出されたのはイギリスのアーツ&クラフツ運動。
五葉には図案家としての素養が既に見いだせる。
同じく青木も板戸に焼け釘で絵を描いているが、完成したそれぞれの作品の大きな違いこそ2人の方向性の差に違いない。
一方で、ラファエル前派の影響を受け浪漫主義的作品を2人は描いていることは興味深い(橋本五葉展図録より引用)。
五葉の≪古代の女≫1904年と青木の≪天平時代≫1904年、同じ年に似たような構図とモチーフで描かている。
五葉の浪漫主義作品でいかにも彼らしい作品は縦に物語を連ねた≪王朝風俗≫1904年で、この作品を観ていると聖徳太子絵伝のような、古き日本の宗教絵画を思わせる構成で、この発想はやはり日本画を学んだことが影響しているのか、それとも古画の学習の成果だろうか。


五葉は、三越の広告図案の懸賞で一等を取り、他にも広告図案の分野や装幀で大きな活躍を見せている。
それによって得た収入で、経済的には青木ほどの苦労がなかったようだ。また、経済的に困窮した時にも両兄が大きな支えになっていた。
これも、長男として家族を支える役目に押しつぶされた青木とは大きく異なる。

しかし、五葉は画家としての成功を願った。
Ⅳ章の「邪馬渓を描く-新たな主題の発見」では、五葉が本格的な画家を目指した奮闘ぶりが伺われる作品が並ぶが、南画のような水墨画画あるかと思えば、≪黄薔薇≫絹本着色、≪ペリカン≫紙本金地着色のようならドギツイ装飾風画面の作品もあり、これらが当時の保守的な画壇に受け入れれなかったのは頷ける。

五葉の絵画は、装飾的に過ぎたのか、このあたりは昨年の田中一村に通ずる所がある。時代を先取りし過ぎたのかもしれない。西洋美術と日本画を行ったり来たり。五葉は両者の融合を求めたようだが、本画制作では、結局どっちつかずの作品となり、評価を得られなかった。
画壇の評価を得られなかったことが影響したのか、浮世絵研究に拍車をかけ、版画制作のきっかけになっていく。

五葉の版画については、冒頭で述べた通り、彼の作品でもっとも有名な一連の版画は1920年に一挙10点も制作される。五葉の場合、自刻自摺ではなく、彫り職人、摺り職人に逐一指示を与え完成度の高いものを要求した。

元々五葉は身体が弱かったこともあり、1年で10点の版画制作で心身衰弱し、あっけなく41歳の生涯を終える。

版画制作のため、五葉は美しい線を追い求め、ひたすら鉛筆デッサンを重ねる。その数なんと三千枚を超える。
特にすさまじいのは、女性の長い髪や首から肩、肩から背中、背中から腰、臀部へとつながる流れるような線描。
これなくして、化粧の女も髪梳る女も日の目をみることはなかったに違いない。

鉛筆素描→墨描き→版下絵→版画

これを徹底的に完璧を求め、結果命を落とす。
表現者の孤独な戦いと飽くなき完成度の追求にただただ感心、頭を垂れるばかりだった。

なお、図録の売れ行きが好調で5人に1人の割合で購入されているとのことでした。

常設展は「ドローイングの楽しみ」と題して、木版画やペン画、木炭の作品などが並ぶ。
フランク・ブランギンと作品リストにあったが、それは西美で回顧展があったブランググィンのことではないか。
千葉市美はブラングィンの木版も所蔵していたとは。。。そういえば、五葉とブラングィンって重なるる所がある。
他にイケムラ・レイコの1989年の縦が1.5m程の木炭画≪ヴァルト(森)≫シリーズが良かった。東近美の展覧会が楽しみになってきた。

*本展は、この後、北九州市立美術館分館(8月13日~9月25日)、鹿児島市立美術館(10月4日~11月6日)へ巡回します。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。