スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今 美術の力で-被災地美術館所蔵作品から」 東京藝術大学美術館

「今 美術の力で-被災地美術館所蔵作品から」 東京藝術大学美術館 8月2日~8月21日迄
午前10時―午後5時(入館は午後4時30分まで)月曜休館
観覧料: 無料 ∗会期中、募金箱を設置します。その寄付金は公益財団法人文化財保護・芸術研究助成財団を通じて被災地域の文化財の救援と修理・保存に活用致します
公式URL→ http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2011/hisaichi/hisaichi_ja.htm

震災の被災地にある以下の9機関それぞれの立場から、所蔵品より本展出品作を選び、一つの会場に結集することで、厳しい現状を乗り越えるエネルギーとしたいとの願いから企画された展覧会です。
作品だけでなく、各館の方から、2011年3月11日の震災時の様子や現在の状況や震災後の思いについて記載されたパネルも用意されており、各館の厳しい現況や被害状況が伝わって来ます。
数多い所蔵品の中から選ばれた作品にも、館や所蔵品を守り、運営に当たられている皆様の気持ちが伝わって来ます。
出展作品数は30点と決して多くはありませんが、大作が多く、とても良い企画展でした。

<参加協力機関>(五十音順)
茨城大学、茨城県近代美術館、茨城県天心記念五浦美術館、いわき市立美術館、岩手県立美術館、郡山市立美術館、水戸芸術館、水戸市立博物館、宮城県美術館


私個人としては、本展サブタイトルにあるような「美術の力」というものに懐疑的です。
しかしながら、岩手県立美術館の方によるメッセージに、共感できるものがあり心打たれました。
以下、その部分を抜粋してご紹介したいと思います。

「被災と復興という苦難にあっても、展覧会を見ることでホッとすることができるような美術館の日常を保ち続けたい。」 ~

美術もしくはその作品に力があるとするならば、ここにあるようにホッとするような日常なのではないかと思うのです。
私のブログのタイトルは「あるYoginiの日常」。
いつしか、私の日常に美術、芸術を観る、という行為は欠かせないものになっています。
時には刺激的だったり、衝撃的な感情を味わうという非日常的日常もありますが、その反面、好きなものをのんびり眺めてホッとする、これは欠かせない時間です。

厳しい現況、逃げ場のない現実によって閉塞感がつきまとう今だからこそ、束の間、そこから逃れられるひと時が大切なのではないでしょうか。
そんな大切なことを、岩手県立美術館の方によるメッセージによって、教えていただきました。

3月11日震災時の様子、そして復旧に全力をあげておられるご様子には、思わず熱いものがこみあげて来ますが、こと美術館のみならず、被災地にあるすべての皆さま同様なのだろうと察せられました。

さて、展覧会は3部構成になっています。
セクション1:復興期の精神 東北北ゆかりの作家による風土や自然をテーマに描かれた作品
セッション2:岡倉天心 日本美術の再興者 → 震災により流出した六角堂関連資料と日本美術院ゆかりの作品
セッション3:美術の力 → 生命や人間存在への眼差しを反映した現代美術の作品

各セッションの内容については、冒頭にリンクを貼った公式サイトからご覧いただけるため、ここでは割愛致します。

セッション1:復興期の精神
ここでは、入口でお出迎えしてくれる佐藤静司≪合掌≫1986年 郡山市立美術館が、すべてを象徴している。
震災によって亡くなられた方へ、そして復興への願い、すべてが重ね合わされた両手にこもっているような美しく静かな木彫。

本田健≪山あるき-十一月≫2006-2009年 岩手県立美術館
非常に大きな作品。横は3メートルはあるのではないだろうか。チャコールペンシルだけで描かれた山の木々の風景は、奥へ奥へ誘われ、そしてもう戻って来れないのではないだろうか、そんな不安を抱かせる。

斎藤隆≪西へ≫1991年 宮城県美術館
斎藤は、死のイメージを作品化することが多いという。本作も≪山あるき≫同様に大作。白地の画面いっぱいに、手に手をとって、宙を歩む死者が数名描かれる。此岸から彼岸へ、黄泉の国へ踊るような足取りで向かう姿は恐ろしかった。まさに、死者の霊がこぞって、浄土へ向かっていく風景なのだろうか。

セクション2:岡倉天心 日本美術再興者
震災により流出してしまった茨城県五浦にある六角堂の瓦や棟札とともに、被災前後の写真によって、当時の状況を目の当たりにする。また、なぜ、六角堂が流されてしまったのかという検証結果も展示されている。
茨城県天心記念五浦美術館には1度だけ行ったことがあるが、六角堂まで足を伸ばさなかったのは悔やまれる。
現在、再建に向けて鋭意尽力されている。

作品としては、木村武山≪小春≫1914年 茨城大学が忘れがたい。
日本芸術院の第1回展に出展された大作。左隻は余白が多く、右隻はぎっしりと草花で覆われ、装飾的な画面が展開されている。特に右隻のひまわりの力強いこと。左隻、右隻のバランスも良く構図が決まっていた。
この1点を観るだけでも足を運ぶ甲斐はある。

他に大観が2点、平櫛田中≪五浦釣人≫東京藝術大学などあり。

セクション3:美術の力
マグダレーナ・アバカノヴィッチ≪ベンチの上の立像≫1989年 水戸芸術館
アントニー・ゴームリー≪領域XIII≫2000年 郡山市立美術館
13という数字に意味があるのかないのか。ゴームリーの人体彫刻はさすが。やや前傾で右足を軽く一歩踏み出すその姿は、細い金属棒を組み合わせて制作されているが、充分に人体を表現している。
まるで生きているかのような姿。

河口龍夫 ≪関係-叡智・鉛の百科事典≫1997年 いわき市立美術館、≪関係-再生・ひまわりの種子とマムサスの歯≫1998年 水戸芸術館
鉛は放射能を通さない。1986年のチェルノブイリ原発事故以後、鉛が放射能を遮断する特性を意識しつつ、作品に用いられるようになった。この危機感が現実のものになってしまったことを作品からひしひしと感じる。

本展には、残念ながら福島県立美術館は参加されていないが、既に再開されており、現在は、コレクション展 II「なごみのひとときを」、8月12日からは「あそVIVA☆びじゅつかん」の開催が予定されています。

更に、震災後には福島県立美術館ブログも立ち上げ、美術館の使命を果たさんとする心意気を感じます!
URL→ http://d.hatena.ne.jp/artmuseum_fukushima/ 


最後に少しばかり志の寄付をさせていただきました。
何より私自身、まだ未踏の岩手県立美術館、いわき市立美術館、宮城県美術館、福島県立美術館へ行かねば、そして、それが今の私にできる精一杯の応援なのかなと思っています。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

被災地美術館所蔵作品、ほか / 東京藝術大学大学美術館

今、美術の力で -被災地美術館所蔵作品から-  8/2~8/21 台東区コレクション展  前期、8/2~8/21 後期、9/9~9/25 今日も暑かったですね。と言いつつ、なるべく屋外を歩かないルートで。 今日は、東京藝術大学大学美術館と東京国立博物館の?...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。