スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「先端Prize2011」 東京藝術大学上野キャンパス学生会館

先端prize

「先端Prize2011」 東京藝術大学上野キャンパス学生会館 8月22日〈月〉―8月26日〈金〉

先端芸術表現科2010年度卒業/修了制作展受賞者および学内奨学金受賞者による展覧会『先端Prize2011』に行って来ました。

出品作家は次の4名。
田中 一平 (サロン・ド・プランタン賞 2010年度修了)
鎌田 友介 (卒業制作買い上げ賞 2010年度卒業 )
水島 ゆめ (平山郁夫奨学金賞 学部4年生)
田村 かのこ (安宅賞 学部3年生)

上野まで向かった理由は、鎌田友介さんの作品を見ておきたかったから。
今年の5月に京都児玉画廊で開催された記憶は、まだ生々しく残っている。
(参考)過去ログ:鎌田友介個展「After the Destruction」

来年開催される資生堂Arteggの入選も決まり、勢いを感じる作家さんだと思う。

そんな鎌田さんをtwitterでフォローさせていただいているが、「いつもは沢山宣伝して自分にハッパかけるけど、今回は誰にも特に宣伝せず、そういう状況で自分が何をするのかって事を考えてみた。というわけで展示始まりました。『先端Prize2011』」という呟きを開催初日の夜に拝見し、気になってしまった。

今回は、私が過去に3回いや4回?拝見した建築的要素が弱くなり、物語性の強い展示になっていた(以下)。

全体

京都の児玉画廊での個展に出されていたドローイングのような9つの変形した四角枠は、全体の並びをカーブさせている。京都では目には入っていたのに、脳へ情報として伝わって来なかった細部、木枠を力で折り曲げて変形させている痕跡が、今回は強く印象に残った。

dynamis

暴力性、破壊性を強く感じる。
大型の作品はなく、かわりに置かれていたのは、壁に展示された写真入り額ひとつと、その手前の床に同サイズの額と額にはまっていたガラスの破片が飛び散っている。

destroy2

少し空間を置いて、ねじ曲がった立方体の枠。

それらを少し引いた位置で眺めると、嵐が去った後のような、ここで今何が起きたのか?という事件、物語をついつい想像してしまう。物語性を強く感じたのはこの額と写真による所が大きい。

面写真と額の関係についても興味は尽きない。

写真に写されていたのは、複数の細長い木片である。額は2つだから、写真も2枚。
同じ木片を被写体としながらも、2枚は若干木片の散らばり方が異なっている。
よくよく見ると、写真に写されている木片は、額の枠そのものではないかと思った。

destroy1

割れたガラスの状態と木片の状態、両者がダブルイメージ、いや、原型となる額そのものも目に入っているので、トリプルイメージとなって眼前に立ちあがる。額の枠→折れた枠材(写真の被写体)→額のガラス片。
更に、これまで見せていた巨大なオブジェは今回展示されていないが、それを構成する要素を抽出(額縁のフレームなど)。
全体から細部、要素を絞り出し、見せる。そうした際の見せ方が最大の問題になるが、その問題も上手くクリアしているように思った。

大きめの立方体の枠材とドローイングのような9つの木枠の連続性、これらのつながりにも考えさせられる。あるいは、立方体枠から噴出した9つの木枠のようにも見える。

過去の作品を一旦、脇に寄せて新たな試みにチャレンジされたのだろう。
場の創出力が抜きん出ていた。
資生堂Arteggでは、物語性を出した展示になるのか、それとも児玉画廊で見せたような巨大オブジェを見せるのか、どちらにしても楽しみにしている。


田中一平の作品は、芸大修了制作展に展示されていたものと同じだったか。
若干アレンジはしたかもしれないが、生き物のようにくねくねと動く無数のコードに囲まれ、おまけにコードが不規則な動き、もしくは予想された動き、によって音を奏でる作品。
くねくねと動くコードの動きが面白くて、ついつい見入ってしまった。

分厚いポートフォリオでは、出展作以外の作品やシリーズや写真もあり、、更にコールマイン計画(川俣三郎氏がらみ)にも参加。出展作以外も気になる。

水島ゆめは、写真(だと思う)を使って万華鏡のような立体を制作。
田村かのこは、言葉を視覚表現化しようとしれいるのだろうか。展示の仕方にもう一工夫欲しかった。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。