スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事にできなかった展覧会 

行くには行ったし、しっかりお目当てのものも楽しんだのに記事にできなかった展覧会がいくつもあります。

記事にできなかった理由は、自分の知識不足によるもの、忙しさにかまけてついつい月日が経過してしまったもの・・・などなど。

とりあえず8月までに行った展覧会で記事にしなかったものを簡単にまとめてみようかと思います。


1.「藤森建築と路上観察」 東京オペラシティ

藤森建築を実際に肌で感じられる展示内容。
展示会場に設置された小屋(?)が良かった。
にじり口のような入口をくぐると、路上観察の映像が。
赤瀬川原平さん他のメンバーとの路上観察は本で読んでファンになっていたが、リアル映像を伴う座談会は面白くて長居してしまった。
この小屋背もたれのようなものがあり、靴を脱いでやたら居心地が良いのである。

藤森先生の建築では秋野不矩美術館に行ったことがあるが、あそこも靴を脱いで作品鑑賞する空間だった。
他の建築も是非一度行ってみたい。


2.「咲きそめる時」 京都市立美術館コレクション展2

こちらは悲しいかな。印象に残った作品や作家さんを列挙できない。
つまり忘れてしまったのです。
染色作品というのをここで初めてじっくり見たが、絵画に近いこれもひとつのアートだと思ったことだけ記憶している。


3.「金比羅宮 書院の美」 東京芸大美術館

非常に期待して行った展覧会。
確かに、応挙の虎は圧巻だった。入ってすぐにこの虎の障壁画に囲まれてしばし、ぼうっとしてしまうほど。

若冲の花丸図も見たかった作品だった。

それなのに、それなのに何故か印象が薄い展覧会であったのはなぜだろう。工夫して最上の展示空間を作り上げ、立ったままで楽に見られるよう作品の高さも上手く設定されていた。
でも、いくら工夫してもやはりリアルな建物なしでは、満足できなかったのかもしれない。


4.芸大コレクション展 歌川広重 名所江戸百景のすべて

書院の美の後、こちらのコレクション展へ移動。
一挙に膨大な広重浮世絵を見たので、意識が朦朧としてしまった。
特に好みの作品も見つからず。


5.「ルドンの黒」 Bunkamura Museum

ルドンと言えば、小学校1年生の図工の教科書の表紙を飾っていた色鮮やかな花の作品が思い出される。
が、今回の展覧会は色彩鮮やかな時代に入る前のルドン作品。
神秘主義的な黒い作品が並ぶ中、瞳をとじてをはじめとする女性像はやはり群を抜いて美しかった。

ルドンが作り出したキャラ(蜘蛛とか)をアニメーション化し映像作品として仕上げていたが、これが結構楽しめた。


6.日曜美術館30年展 静岡県立美術館

時間がなくなって駆け抜けるような早足で見るには惜しい内容だった。
印象に残ったのは、高橋由一の「花魁」。
愛知県立美術館の常設で何度も見ている「不忍池」も好きだけれど、この「花魁」も何と言うか濃厚な作品だった。

由一には何か惹かれるので金比羅の高橋由一館に是非、一度足を運びたい。
他には丸木スマさんの作品2点。
70歳で絵を描き始めたというから驚き。色鮮やかな素直な画風が見ていて気持ち良い。きっと、絵を描くことが楽しかったんだろうなと小さい時に好きなだけお絵かきできる時のわくわくする気持ちを思い出した。

松本竣介の作品や鏑木清方など好きな作家の作品が出ていて、予想以上に良い展覧会だった。


7.京都五山 禅の文化展 東京国立博物館

前半部分で印象に残ったのは死の2日前に書かれた墨蹟「春屋妙葩墨跡 遺偈」。死を目前にして最後の力を振り絞って書いた様子が伺われる、そのリアルさが数世紀前のものであっても今に伝わってくる。

後半部分から俄然面白くなって、先にこちらを見れば良かったと後悔。
仏像に絵画と名品ぞろい。
本当は再訪したい所だけれど、そうもいかないから地方在住は辛い。


8.「シュルレアリスムと美術」 豊田市美術館

学芸員さんの解説に参加して鑑賞。
シュルレアリスム展としては、その少し前に見た岡崎美術博物館の展覧会の方がいろんな発見があって楽しめた。

こちらは、シュルレアリスムが現在の美術に与えた影響などがたどれる構成になっている。

コメントの投稿

非公開コメント

あべまつ様

いつも、お心配りのあるコメントありがとうございます。
あちこち行き過ぎなのと、短時間で詰め込みすぎたこの夏でした。

この秋からは一つの美術館や博物館をじっくりと
味わいたいと思っています。
あべまつ様のアートな秋も楽しみです。

東奔西走

こんばんは。
本当に良くお出かけなさったこと!
行けば必ず何か心に残るもの。
ちょっとでもメモが残ると、心もホッとしますね。
なかなか行かれない美術館をご紹介下さるので、
楽しみにしております。
東博の禅は大変な展覧会でしたね。
いまだに頭の中は整理されないままです。

また、秋が深まれば、素敵なアートとの出会いが楽しみですね。

oki様

こんばんは。
今日は秋の気配を感じる気持ちの良い1日でした。
漸く名古屋の驚異的な暑さもひと段落。
関東地方はもっと涼しいのでしょうか?

駄文を面白いと言っていただけて大変嬉しいです。
横着してしまったのですが、長々と書き綴ることができずかといって記録を残さないのも寂しいので、一気に書いてみました。

こんばんは。
僕も行ったけど書いてない展覧会ってあるけどこうやってまとめるのも面白いですね。
最後の「シュルレアリスム」は横浜へ来るので楽しみです。
さあ9月ですね、猛暑も終わって動くにはいい季節になりそう。
明日は世田谷美術館に行く予定です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。