スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集展示「雲の上を行く-仏教美術 Ⅰ 」 大阪市立美術館

特集展示「雲の上を行く-仏教美術 Ⅰ 」 大阪市立美術館  9月17日~10月16日
http://www.osaka-art-museum.jp/regular/230917bukkyoubijyutu1.htm

大阪市立美術館の常設展示はかねてより、訪れるたびに楽しみにしている。

しかし、今回の特集仏教美術の展示はいつにもまして素晴らしかった。実は岸田劉生展を目当てに行ったのだけれど、もちろん、劉生も良かったが、気持ちはこちらの方が高揚した。
何しろ、出ているものがあまり他では見たことのない仏教絵画だったりしたものだからついつい。。。

しかし、展示されている作品はどれもこれもほとんどが大阪市美術館の所蔵ではないものばかり。
帰宅して大阪市美の上記サイトを確認してみたら、どうやら所蔵品以外は寄託品らしい。
関西一円ばかりか、我が地元愛知県の七寺のものまでも。

特集展示であるゆえ、特段仏教美術のどこに焦点を当てているということもなく、名品優品を展示しているだけのような、そんな無造作感もこの美術館らしい。

以下、特に印象に残った作品を挙げていく。

第1室
・法界曼荼羅図(重文) 鎌倉時代 太山寺
・毘盧遮那五聖曼荼羅図(重文) 鎌倉時代 高山寺
・兜率天曼荼羅図(重文) 鎌倉時代 延命寺
・五仏尊像 朝鮮王朝時代 十輪寺

中でも「兜率天曼荼羅図」には大変驚かされた。今回は、単眼鏡を忘れてしまったのを激しく後悔したけれど、どうしようもなく、肉眼で観る限り、画面の多くに截金や金銀泥が使用されているのではないだろうか。きらびやかさと画面の緑青の色鮮やかさは鎌倉時代のものとは思えないほど。
兜率浄土を俯瞰する画面構成で、人物、事物が精緻で細かく描きこまれている。

また、韓国仏画の「五仏尊像」もなかなか見られな韓国仏画の優品。王室の発願を期して描かれたものとか。

・聖観音菩薩立像(重文) 平安時代 櫟野寺(らくやじ)
櫟野寺の仏像は、神仏います近江でも良いなと思って注目していたら、まさか大阪で相見えることになるとは。
予想外の喜び。そしてこの聖観音菩薩立像は木造で細身、優美でうっとりしてしまう。
甲賀にあるという櫟野寺には、残された仏像がどれだけあるのだろう。一度訪れたい。

第2室、第3室
第2室、第3室は、金銅製の法具が中心。
・銀製鍍金 光背(重文) 鎌倉時代 四天王寺
・大方広仏華厳経 太山寺 高麗時代
・大寺縁起(重文) 江戸時代 開口神社

大寺縁起は江戸時代のものだが、詞書の部分には上下に金銀砂子がまかれ料紙装飾がきらびやか。
四天王寺の光背は、光背だけでも非常に精緻な金工細工。こんな光背を付けた仏像はいかばかりかと想像は膨らむ。

第4室
最後の4室は頂相や羅漢図、仏像など。
羅漢図と言えば、狩野一信の五百羅漢図を思い出すけれど、ここではその元ネタとも言える古来の羅漢図をいくつか紹介している。羅漢表現の多様性が興味深いが、一信の五百羅漢図の特異さを痛感する。

・十六羅漢図 双幅(重文) 室町時代 聖衆来迎寺
・羅漢図 十六羅漢図のうち二幅(重文) 南北朝時代 護念寺
・釈迦十六善神図(重文) 鎌倉時代 永観堂禅林寺
・金剛経 十六善神像 鎌倉時代 太山寺
・羅漢渡水図巻 江戸時代 明楽寺

聖衆来迎寺の十六羅漢図は昨年だったか大津市歴史博物館で拝見したものの一部か。
「羅漢渡水図巻」は物語仕立てで、最高位の人物が楽しそうに水を渡っている。黄檗宗ゆかりの河村若芝筆。長崎唐絵らしい。

仏像は第4室にも再び登場。
・女神坐像(伝聖徳太子像) 平安時代前期 若山神社
・如来立像 白鳳時代 親王院
・菩薩半跏像 白鳳時代 観心寺

一番最初に目に入ったのは「女神坐像」。これは過去見た神像彫刻の中でもちょっと変わっていた。何しろ、目と鼻が顔の中央にきゅっと寄せられた相貌が個性的で、他にも類例はあるのだろうか。大阪の若山神社蔵で由来が気になる。
もうひとつ個性的と言えば、白鳳時代の如来立像は小像だが、身体に比して顔の大きさが際立っていた。バランスが悪いが何となく愛きょうのある顔立ちと合わせて微笑ましい。

以上、特にというものを取り上げてみましたが、この特集展示は素晴らしかった。
大阪の寺社所蔵の仏画、仏像は拝見する機会がなかなかなく眼福でした。状態がそれぞれ良かったのも印象的。

岸田劉生展の後、一息ついて(休憩しないと、集中力がもたないかも)ゆっくり堪能するのがおすすめです。
なお、常設展示だけなら一般入館料300円。第2弾の仏教美術Ⅱでは、絵画と経典の入替が予定されています。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。