スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニューアート展NEXT 2011 Sparkling Days」 横浜市民ギャラリー

newart

「ニューアート展NEXT 2011 Sparkling Days」 横浜市民ギャラリー 9月30日(金) - 10月19日(水)
http://www.yaf.or.jp/ycag/archives/newart/NEXT2011/index.html
*展示風景も上記サイトでご覧いただけます。


曽谷朝絵、荒神明香、ミヤケマイの女性作家3名を紹介する展覧会。

横浜市民ギャラリーはJR関内駅徒歩1分の場所にあった。3階と2階一部を使用した広い展示空間で、3名の作家それぞれ個展形式でスペースが区切られている。

まずは、ミヤケマイ。
お名前だけはかねてより耳にしていたけれど、作品を拝見するのは初めて。
ペーパーワークを使ったミクストメディア。見ることを意識させるよう、額装をハニカムを使ったケースにしたり、展示室に台を設置してそこに昇って見た場合と床から通常通りの視点で見た場合の違いを楽しめる。
作品の前に立って、右から、左から正面から、ハニカムが邪魔して中の作品が隠れてしまったり、すっと視線が奥まで届いたり、とにかく楽しい。

風神・雷神では、風神にダイソンの掃除機を持たせたりユーモアもはらむ。

こまかで美しい色彩のペーパーワークもさることながら、彼女が綴る言葉もまた作品の重要な要素である。
アクリルケースに反転した文字をペイントし、光を当てると文字が中の作品に写る。

文章だけの作品も何点かあったが、この文章がまた良くて。

アクリルケースや木製変形のブラックボックス入りの作品が続いたかと思えば、突如大きな掛軸が登場。
これもミクストメディアとなっていたが、一部紙がコラージュのように付されているものもあったが、一見すると版画のようなプリント作品にも見えた。実際どうなっているのだろう。

携帯がケースの中に仕込まれた作品があり、次の作品に移動しようとしたら携帯が光るのを見て再び戻って確認。確かに通話ランプが光っている。バッテリー切れないのかなと妙な心配をしてしまった。この電話、実際にその番号にかけるとかかります。ヒントは作品名。

個人的に気に入ったのは鉄製の行灯。
2つあってタイトルも面白い。「お帰りなさいませ行灯、お風呂にします?ご飯にします?それとも・・・」と「おやすみなさい行灯、春夏秋冬」。
全部で70点弱の作品が展示されていたが、季節を感じさせるもの、自然、歴史、文学とどこかモチーフになっているものは通じている。

圧巻なのは、本物の石を踏みしめた細い通路を抜けた奥の空間にあるインスタレーション。
ペーパーワークと冒頭に書いたが、確かにここでも紙で作られた微小な人々が、仮想日本に置かれているが、東京、大阪、京都、福島の4都市の風景をレースで作った布が椅子にはらりとかけられ、十字に中央で交差する。
布、刺繍?も駆使したこのインスタレーションは素晴らしかった。

神は紙と作家の言葉にあったと記憶しているが、彼女に相応しい言葉だと思う。

次に荒神明香さん。
2年前に知覚の扉、喜楽亭会場での作品はあまり印象に残らなかったが、今回は違う。
これは本当にすごかった。
作品名≪pasta strata≫材料はパスタ。
パスタを材にして、中に浮遊する都市空間を構築。
震災を機に、地層の上にある建物や車、人々の生活に思いを馳せ作品化したもの。
縦と横への広がり、建物の作り方、街としての完成度も高く、空間に対して強い存在感を放っていた。
観客の多くが椅子に座って砂上の楼閣のような、蜃気楼のような都市を眺めていたのが印象深い。もちろん私もそのうちの一人だった。

荒神さんの次回作がとても楽しみになった。

曽谷朝絵さん。
曽谷さんが、私にとっては一番長くから拝見している作家さん。
2001年制作のVOCA展受賞作から2011年の近作まで油彩画が26点。こうして眺めていると一貫して光を扱っていることがよく分かる。
そして、3階から少し下がった所にインスタレーションを展開。
資生堂Artegg(資生堂ギャラリー)で見せたようなシートを使ったインスタレーションで、光の加減と影で色を浴びる。今回は、靴を脱いで真っ白な床とそこに貼られた色とりどりのシートが放つ色、これは強いエネルギーを放っていると思うのだが、その色を体感すると不思議と身体にも何らかの作用を及ぼしているような感覚を得られる。
視覚刺激だけでないリズムような、音楽的な要素も彼女のインスタレーションにはあると思う。

図録は1200円で薄かったのでやめてしまった。もう少し写真や作品掲載を充実させて欲しかったです。

会期は残り僅かです。横浜トリエンナーレと合わせてぜひ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。