スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜トリエンナーレ2011」 日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)

「横浜トリエンナーレ2011」 日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK) 8月6日(土)~11月6日(日)

横浜美術館会場は横浜トリエンナーレ開幕初日に行ったにも関わらず、他の会場に行く時間が中々取れず漸く日本郵船海岸通倉会場へ行って来ました。

ここでのお目当ては、つい先日24時間上映が発表されたクリスチャン・マークレー《The Clock》。
24時間上映は10月26日(水)20:00~10月27日(木)20:00で、26日水曜日19時から整理券が配布され定員60名とのこと。詳細はこちら

で、会場入りしたのは11時半前ですぐさま3階の一番奥にあるマークレーの部屋へ直行した。
座り心地の良いソファが用意されており、11時開場であるせいか、マークレーの展示室の先客は少なかった。
そして、私は最前列でどっかりと座席を確保し、それから延々3時間《The Clock》を堪能した。
小学校に上がる前から、ショーン・コネリー扮するジェームス・ボンドが好きだったという保育園児で、ハリウッド映画大好き。
ショーン・コネリーは勿論、それに匹敵するくらい好きだったスティーブ・マックイン、ダーティー・ハリーシリーズのクリント・イーストウッド、往年の2枚目スターであるモンゴメリー・クリフトにロバート・レッドフォーフォード、久しぶりにチャールズ・ブロンソンも見つけた。
もちろん、太る前のディカプリオやマット・デイモンも出て来たけど、現在活躍中の俳優の方が少なかったのかな。それとも私が気付かなかっただけか。ヒュー・グラントやなぜかER救急救命室(あれは映画でなくTVドラマではなかったか)も出て来た。

これだけ沢山時計や時間を尋ねるシーンがあったのかと思うほど、ほぼ全ての時間帯が網羅されており、映画と映画のシーンの繋ぎ方が秀逸。違和感を余り感じないまま見て行ける。編集が抜群に上手い。
見ていると、映画音楽も重要な要素だなと思うことが度々あった。
とにかく懐かしい映画が次から次へと出て来るので席を離れることができず、いっそ1日このままとも思ったが、他にも見なけらばならない作品があったので渋々3時間で退場した。
リアルな時間と映画の時間を同期させている点もツボ。

次に印象に残ったのはやはり映像で、アピチャッポン・ウィーラセタクン。
彼が使用できた空間は非常に広く、全部で7本程の映像を上映していた。両奥の2面スクリーンを使用していた作品、特に≪primitive≫が良かった。非凡な才能を遺憾なく発揮。彼映像は自然や人間のありのままを、美しく詩情を抑制しつつ撮影している点であろうか。

日本人作家では落合多夢のドローイングとインスタレーションが気になった。
落合多夢と言えば、大きなペインティングがすぐに頭に浮かぶが、今回は彼特有のペインティングは使わず、小さなドローイング連作と舞台装置のようなものを使ったインスタレーションで、私がこれまで見て来たものとまるで違っていた。物語を実際に視覚化したような表現。

シガリット・ランダウの死海の塩を使った立体作品と死海に浮かぶスイカ?と全裸の女性の映像、特に映像の方はなかなか。ただ、種明かしが分かってしまうとそれ以上感じる物はない。

2階にあったリナ・バネルジーの貝などを使った造形作品は見事だった。
写真撮影できなかったのは残念。

カールステン・ニコライ、ピーター・コフィンらの作品は、悪くはないのだが強く惹かれるものもない。一過性の作品のようにただ通り過ぎて行った。
同じくイェッペ・ハインは金沢21世紀美術館での作品の方が良かった。数人しか参加できない作品はこうしたトリエンナーレには適していない。

ベテランの戸谷成雄の木彫は、しっかりとした存在感を放っていた。隙間から覗くとまた別の景色が見えて来る。二重にも三重にも楽しめる造形。

泉太郎は、清澄白河のギャラリーだったか恵比寿のNadiffで見せていた作品と共通していてこちらも新鮮味はなし。野口里佳さんの写真も、この会場では妙に浮いているような違和感があった。

他の作家の作品については省略。マークレーとアピチャッポンがダントツに良かった。

コメントの投稿

非公開コメント

ボギー鈴木様

こんばんは。
まさか、BankARTでお目にかかるとは、ビックリ致しました。
しかも、私はあの時マークレーを3時間ぶっ通しで観ていささかぼ~っと
しておりましたゆえ、ご挨拶もそこそこに失礼の段ご容赦ください。

黄金町にはいまだ行けておりませんが、新港会場の感想は近々アップします。
早いもので横トリも間もなく終わってしまいますね。

No title

 memeさん、こんばんは。16日は日本郵船海岸通倉会場で、突然声をかけて、驚かせてしまい申し訳ありませんでした。私は戸谷成雄さんの作品が気に入り、アーティスト・トークを聞いて新港会場に行き、翌日、黄金町バザールを観て帰りました 。memeさんの他の会場の感想も、お聞きしたいです。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。