スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「瑛九展 宇宙に向けて」 埼玉県立近代美術館

埼玉近美

「瑛九展 宇宙に向けて」 埼玉県立近代美術館 9月10日~11月6日
http://www.momas.jp/3.htm

「瑛九展」うらわ美術館会場の続きです。
埼玉県立近代美術館会場では、残りの4つのトピックで展覧会を構成しています。
トピック2:エスペラントと共に
トピック5:思想と組織
トピック6:転移するイメージ
トピック8:点へ・・・・・

この4つのトピックの中で、私の関心はフォト・デッサン、コラージュを扱った「転移するイメージ」と晩年の3カ年にみられる点描の作品「点へ・・・・・」であった。
エスペラント語の習得や彼の画壇についての考え方や組織の中での瑛九を考えることも重要だがここでは割愛する。

瑛九展でもっとも楽しみにしていたのは、彼のフォト・コラージュやフォト・デッサンを見ることだった。
今年に入って読んだ『日本写真史1840-1945』日本写真家協会刊では、瑛九の写真について高い評価がされており、気になっていたし、すぐに瑛九の写真が浮かばなかったこともある。

今回出展されている写真作品を見て、最初にマティスのダンスシリーズが頭に浮かんだ。マティスが切絵に取り組んだのと同じように瑛九はフォト・デッサンに向かったのではないだろうか。
彼にとっての写真は、頭に浮かんだイメージを表現するひとつの手段に過ぎない。作家にとって、自分の中にあるイメージを表現する方法は様々だが、瑛九にとってフォト・デッサンは扱いやすい手法だったのだろう。
また、マン・レイやモホイ・ナジ・ラースローなど、フォト・コラージュを扱う作家が同時代に出現していたことも瑛九の制作に影響しているだろう。時代の潮流に乗ろうとしたのではあるまいか。
直接的影響を本人は否定していたようだが、今回一緒に展示されていたマン・レイやモホイ・ナジの作品と見比べると、やはりその影響は隠せないものがある。

瑛九のフォト・デッサン作品で興味深いのは版画のようにステート違い、つまり一つの版を元にバリエーションを少しずつ変えて複数のシリーズ作品を制作していることだ。このイメージの展開の方法が面白い。
モノトーンをカラーに、同じ型紙を反転させて2枚制作したり、この図像展開はとてもブログでは説明できない。
最初に出て来る「目」をモチーフにした作品は、やはりマン・レイ作品を想起させるが、瑛九にとって「目」は生涯にわたる重要なモチーフであり続けた。後に続く点のシリーズでも「目」が画面中央に配された作品≪れいめい≫1957年(うらわ美術館で展示)があった。

また、フォトデッサンに顕著なのが波打つような線描で、時にクレーの自由な描画を思わせるが、線描でなく色彩の使い方も古賀春江、クレー、そこから離れた所でオノサトトシノブらに近しい色づかいが見られる。

フォトデッサンに使用していたガラス棒、ガラス板、そしてセロファン、そして型紙全体に穴をあける手法など、絵画作品と密接な関係にあることも見過ごせない。

こうしたことからも瑛九は写真というよりむしろ絵画、版画に近い感覚でフォト・デッサンに取り組んでいたと思われる。

次に、晩年の点を描いた作品群について。

まさに宇宙をイメージさせる背景のブルー、惑星のような宝石のような黄色や赤の丸。
西洋画の点描技法とは異なる。大きな丸がやがてストロークの大きい点になり、やがて非常に細かな点の集積となった抽象画へと転換する様は見事であった。

光や色を分子化して、とことん細分化した結果を画面上で観ているような感覚。
光の渦にいつしか自分の身体が取り込まれて行く。そうかと思えば、絵の中に吸い込まれて行くような、瑛九の晩年作品はフラットで遠近感がない、吸い込まれるというより包み込まれて行く、絵画が拡大していくような感覚があった。
ところで、この点を使ったシリーズへの移行がどこから始まったかという点が、やや本展では分かりにくくなっている。会場が2つに分かれていること、制作年代順になっていないため、この変遷については図録等で確認することが必要だろう。

なお、図録(埼玉近美、うらわ美術館共通)は素晴らしい出来栄えで、デザインは祖父江慎さん、画像も美しい上、造本も素晴らしい。アーティストブックとしてもこれ以上のものはなかなか出会えない。2400円出しても買っておいた方が良いと思う。
展覧会に行けない人も図録だけでも展覧会の内容はかなり伝わって来ます。

なお、常設展示では埼玉県ゆかりの画家、「写生の力 倉田白羊と弟次郎」特集が良かったので、こちらもお見逃しなく。特に弟次郎の驚異的な写生にはただただ感動しました。浅井忠が早くから才能を買っていたというのも納得です。

(参考)過去ログ:「生誕100年記念 瑛九展」夢に託して- うらわ美術館

コメントの投稿

非公開コメント

21世紀の×××者様

こんばんは。

瑛九展はやはり1つの会場で見たかったなと思います。
図録を読み返すと、色々つながりますが時代がトピック単位でバラバラなので
特に絵画の変遷とフォトデッサンのつながりがどのように時期的につながり
あっていたのかが分かりづらかったです。

それでも資料を丁寧に集めて、あれだけの作品を見せてくれたので有意義な
展覧会であったことは間違いありません。

No title

こんにちは
私も先週2つの会場を観てきましたが、作品の充実ぶりと情報の少なさのギャップで理解するのが難しかったです^^;
私もフォトデッサンはマン・レイの手法はもとよりマティスのジャズあたりと雰囲気が似てるような気がしました。絵画を見てると作風もキュビスム、シュルレアリスム、印象派など幅が広いので色んな要素を咀嚼してそうですね。
勿論円の作品は見応えあったし、中々意義深い展覧でした。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。