スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TWS-Emerging 「172 木戸龍介/173 熊野 海/174 前田雄大/175 茅根賢二」  TWS本郷

TWS-Emerging 172/173/174/175 10月01日 ~2011年10月23日 トーキョーワンダーサイト本郷
172 木戸龍介 [Form of Sin] /173 熊野 海 [HAPPINESS∞REVOLUTION]
/174 前田雄大 [絵画性の視座] /175 茅根賢二 [Melting scene]
http://www.tokyo-ws.org/archive/2011/06/tws-emerging-172173174175.shtml

TWS-Emergingも今年度最終回を迎え、今年も無事すべての回を見ることができた。

さて、今回は粒揃いの4名だった。

1階では、木戸龍介の巨大な木彫が床に横たわっていた。
あまりにも長いので、例えていうならご神木のような太さと長さの木彫なのだ。
しかし、一見一木造に見えるその木彫は恐らく中央部分で接いでいて、パーツとしては2つではないかと思う。
うねりを見せる造形は、水流のよう。川の水の流れだろうか。
水という絶えず動く存在の一瞬を切り取って造形にしている。中はくり抜きになって二重三重に彫りぬかれている。
こういう技巧的な作品は概して東京藝大彫刻科出身者に多いと思ってプロフィールを確認したら、やっぱりそうだった。

しかし、再び個展タイトルを確認すると「Form of Sin」、罪の形という意味でとらえて良いのか。
罪、猛々しいまでの水の流れでイメージするものはひとつなのだが、敢えてここで書くことはしない。

ポートフォリオを見ると、従来から水の造形化に取り組んでおられる様子なので、今後も水で行くのか新たなモチーフを見つけるのか、いずれにせよまだお若いのでこれからだろう。

2階は熊野海(くまのうみ)さんの絵画作品。
今年のTWS-Emergingパンフレット表紙を飾っているのが熊野さんの作品である。
冒頭画像の作品で確認できる通り、背景になっているカラフルな縦のストライプが特徴。
全ての作品にこのストライプが使用されていた(と記憶している)。
そして、前景には小さな人物が多数、緻密に描きこまれ、天地がひっくり返るような描写である。しかし、どうしても桑久保徹さんを思い出してしまう。ただ、熊野さんの場合は冒頭に揚げた、背景に個性があるのだが、全体構図がどこか似ていた。
画力はあると思うので、私の印象を払しょくするような作品を作り上げて欲しい。

3階は前田雄大、茅根賢二の絵画作品。
前田さんは、実験的絵画と言ったらよいのか、2つに上下で画面分割した作品で色による変化を付け並行的に展示することで、色彩による作用を試しておられるような。
こういう作品は面白い。色々比べて眺める。
作家さんのブログ(以下URL)を発見したが、過去作品は今回の出展されていた作品と大きく異なる。
http://songflute.cocolog-nifty.com/blog/top.html
今回一番面白かったのは前田さんだろうか。

[絵画性の視座] というタイトルからもアカデミックな印象を受けた。

ラストは、茅根賢二(ちのねけんじ)[Melting scene] 。
そう、まさに溶けるというのがピッタリの画面。彼は写真を使用して描いているように思ったのだがどうなのだろう。
写真を撮影し、それを参照しつつ、溶けるような画面を絵筆で描く。

そんな溶けるような画面は普段観ている景色をほんの少し変えてくれる。視界が揺らぐようなにじんだ世界。
私は 「via art2010」シンワアートミュージアムで彼の作品を一度見ている筈。
どこか記憶が残っていた。

筑波大大学院洋画コースで確か清水総二さんもいらっしゃったと思う。
茅根賢二さんの作品も人の息づく都市の風景を新たな視点で見せてくれた。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。