スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィラ・トーキョー 京橋2丁目再開発地区

ヴィラ・トーキョー 京橋2丁目再開発地区 11月11日~11月18日
http://www.newtokyocontemporaries.com/

ヨーロッパを拠点とする10ギャラリーと、東京を中心に活動する9つのギャラリが、1週間の期間中、東京において現代美術の展覧会および上映会、コンサート、パフォーマンスやトークなどのイベントを開催。ポーランド、ドイツ、フランス、イギリス、オランダ、イタリアのヨーロッパ諸国で活動するギャラリーが参加来日し、東京からは、ニュートーキョーコンテンポラリーズの7つのギャラリーを初め、タカイシイギャラリー、小山登美夫ギャラリーが参加しています。

何やらよく分かりませんが、会期も短いので展示だけ観て来ました。
イベントやパフォーマンスが金、土、日と開催されるようなので、関心がある方はそちらと合わせて行かれた方が楽しめるのではないでしょうか。

場所が分かりにくいので、まずは明治屋ビルを目指して、最初に起点となる会場番号①のnfomationに行くのも良しですが、私は最初に見つけた会場⑤に入りました。
各会場で地図やアーティスト名の記載されたパンフレットがあるので、それを入手。
展示会場は全部で5つ、これ重要です。
地図には①~⑧までの番号が振られていますが、京橋の⑥会場⑦の清澄白河ギャラリーコンプレックスで、⑧青山のLabはイベントだけ開催するスペースで展示はありませんので要注意。

ということで、5つのビルはそれぞれ、徒歩1分かからない場所にあるので、移動にそれ程時間はかかりません。EVのない雑居ビルもあるので、階段だけは覚悟がいるかも。

さて、気になったアーティストは海外作家がほとんど、国内作家では岩崎貴宏さんや南川史門さんが気になりました。田中功起さんは、青山|目黒での個展で発表されていた映像作品と写真などを展示。小瀬村真美さんは現在開催中の個展と関係のある作品とのことなので、個展も伺わねばと思ったり。
木村友紀さんの写真とインスタレーションは、う~ん、写真はあの室内にはピタリとはまっていたと思いますが、どこか物足りなさを覚えました。

海外作家では①のビル1階を使用していたアネタ・グシェコフスカ。ボレロの音楽と共に美しい肢体による動きで様々な形を創り出す映像「Bolimorfia」2008/2010は良かった。演技者は作家本人だろうか。同映像につながる写真「Acrobat Book」と合わせて楽しめる。

アリシア・クワデのインスタレーションは2箇所で展示。いずれも錯視を利用するもので、いずれも好印象。しかけは単純だが、ランプを使ったも作品は危うく仕掛けに気付かず通り過ぎる所だった。鉄のオブジェを並べていた方は視線の遊びとオブジェが並んだ空間そのもの、いずれをも楽しめる。

また、⑤ビルにあったロンドゥーダ氏による5つの映像作品はかなり意味深で興味深かった。
5台のTVモニターのうち、正面から左2台は、映画のオープニング、本編が始まる前のカウントダウンや各映画制作会社のイメージ映像などが編集され集められていて、右側は逆にエンディングタイトルとエンディングロールを集めた映像2つ。
これで、思い浮かんだのはマークレーの「The Clock」。
先の5つの映像は作家も制作年代もバラバラ。かなり古い作品もあった。
つまり、類似の発想による作品は従来からあったのだと主張しているように感じたのである。
なお、中央はロンドゥーダ氏が自身の書いたあるパフォーマンスに関する解説を読み上げているものだとか。
中央の映像と左右の4つの映像の関係性が理解できなかった。ロンディーダ氏ご自身の存在をアピールした?もしくは過去にあったパフォーマンスに関係があったのか。

他に①のビルにて、菅志木雄さんと同じ部屋で展示していたペインティングのダン・リーズもなかなか。菅さんごの展示も良かったので、この2人の展示空間は楽しめた。

④のチプリアン・ムレサン(?)の段ボールにスライド投影していた作家のインスタレーションも良かった。

ということで、緩い感じはしつつ普段観ることのできない海外作家の作品やインスタレーションを思ったより楽しめました。

ビルを探す目印は「ヴィラ・トーキョー」のマーク。ビルからビルは地図で見るよりずっと近いのでご注意ください。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。