スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森淳一展 「trinitite」 ミヅマアートギャラリー

森淳一展 「trinitite」 ミヅマアートギャラリー 11月24日~12月24日
http://mizuma-art.co.jp/exhibition/1319181804.php

ミヅマアートギャラリーでの初個展となる森淳一 「trinitite」(トリニタイト)に行って来ました。

森淳一は1965年長崎県生まれ、1996年に東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻を修了、現在は同大学の准教授を務める。
私が森淳一を初めて知ったのは、昨年開催された東京都現代美術館の「MOTアニュアル2010」。極めて精緻な木彫は超絶技巧と言っても良いだろう、そして非常に美しく妖しげな紋様を浮かびあがらせていた。

以来、展示があるたびに拝見している。直近では、東京藝術大学美術館で今秋開催された「彫刻の時間 ―継承と展開―」展で2階最奥の展示が忘れられない。そして、この「彫刻の時間 ―継承と展開―」展で拝見した作品は、本展の序章であったことが今にして分かった。

本展タイトルの「trinitite」(トリニタイト)は、、1945年にアメリカで行われた人類初の核実験、トリニティ実験の際に生成された人工鉱物の名称を指している。この実験で使用された爆弾と同系のものが同年、長崎に投下された。長崎に生まれ育った森にとって、原爆は決して歴史の中の事件ではなく、目を逸らすことのできない現実として常に彼の傍らに影のように存在し、影響を与えてきたという。~ギャラリーサイトより引用

さて、ギャラリーの展示空間に入って、まず息を呑んだ。
中央にあった大きな三位一体像の木彫<trinity>。柿渋で着彩されたその木肌は何とも言えない古色を醸し出している。
そして、その姿こそしっかと目に焼き付けるべきだろう。
1945年の長崎原爆投下の一瞬が目の前にあった。
爆風により衣服はもちろんのこと、皮膚も髪も全てが灰塵と帰さんとする刹那が見事に彫刻の名のもとに表出されている。

近づいてみると、無数の穴があいていて、空洞の中がちらりと見える。
完全な一木造であると分かった。台座の扱いも抜群に上手く像と台座が切り離しがたい、まるで台座から像が生えているかのような作りをしている。
またしても絶技とも言える彫りの冴えを見せつける、そして技だけでなく、像から溢れるイメージや精神性、崇高性にひれ伏したくなるような感慨があった。

顔だけが3方向に分かれたまま、ひとつとなっている。
そう、前記の「彫刻の時間 ―継承と展開―」展に、同じ構造の頭蓋骨の作品があったことを思い出す。
作家によれな、藝大美術館で展示した作品が今回のドローイング的な役割を果たしたのだという。骨格から制作を始め、肉付けしていく過程を経たと考えてよいのだろうか。
本作は、ケルンのKolumba Kunstmuseum所蔵17世紀の木彫、三位一体像から着想を得ており、森はティルマンスの写真集『Wolfgang Tillmans』 :Yale(University Press・2006/6/30)の表紙(以下)に使用されている同像を見て着想を得たというが、オリジナルを超え、完全な森淳一の世界を創出している。

ティルマンス

振り向けば、<trinity>が向いている正面の壁面上に、一羽の鳩が静止している。こちらも風化した瞬間を留めて設置したもの。

奥の畳スペースにはセラミックのマリアの顔像<shadow>が置かれていた。
どこまでも深い瞳の洞は、底知れぬ闇を湛えているようで、モチーフは、長崎の浦上教会に残る「被爆マリア」。こちらも東松照明だったか、似たようなイメージの写真を見た記憶がある。
また、その隣には長崎の海岸でしか採取されない貝の一種を使っての彫刻。こちらも骨をイメージさせる素材に、銀歯が取り付けられており、同じく原爆による被爆の痕跡をイメージさせた。

また、今回は木彫だけでなく、新たに油彩や写真といった分野にも挑戦している。
特に写真は実際にある風景を撮影したのではなく、模型を制作して疑似的な場面を創り出し、それを写真撮影しているとのこと。雪景色の中の風景にしか見えない。しかし、一見おとぎ話の一場面のように見えるが、実はトリニティ実験で使用された原子爆弾研究所を模した。

複数の表現手段を用いて時系列で長崎への原爆投下を展示空間に創出していた。
素晴らしい展示でした。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。