スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八木 良太 展 「高次からの眺め」 無人島プロダクション

高次からの眺め

八木 良太 展 「高次からの眺め」 無人島プロダクション 
10月30日(日)ー11月19日(土)、11月29日(火)ー12月17日(土)
http://www.mujin-to.com/press/lyotayagi_2011.htm

横浜トリエンナーレ2011での出展も記憶に新しい八木良太の個展へ行って来ました。
旧作も一部ありますが、ほとんどが新作です。

個展タイトル「高次からの眺め」は、作家のかねてからの関心事である「高次元領域」から由来している。
一次元を「線」、二次元を「平面」、そして我々が生活する領域が縦、横、高さからなる三次元とすると、その先の四次元世界、三次元+αのαを「時間」とする考えもあるが、学術的には「時間」ではないという。

八木良太が作品を通して我々に提示する世界は、これまでも存在はしているが日常では認知できないものが含まれていた。
例えば、≪氷のレコード」≫、≪Portamento≫といった作品では、作品を通して初めて知る音や物を提供してくれた。

本展では、この日常では認知できない領域について更に踏み込んだ作品が多く見られた。

最初に目に入って、そしてやっぱり気になって最後に戻ってきたのが≪Chain Reaction≫2011年。
鉄球5個?を四列均等に上からテグスで白い直方体の台座の上に吊り下げた作品。そのうちの1つの球を持ちあげて手を離すと、カチカチと鉄球同士がぶつかり、気持ちの良い音を奏でる。そして、鉄球同士がはじかれて一斉に動き出し、やがて重力に耐えかねたように力尽き、寄り添うように元の形に戻って行く様に心惹かれる。
単純な構造であるにもかかわらず、ある一定のリズムと規則をもった動きに安堵を感じるからだろうか。

カチカチと鉄球の音が響く中、展示空間にもうひとつ、時を奏でる音があることに気付いた。
≪common sense(time)≫2011年(下画像) カチカチと鉄球と良く似た音、アナログ時計の秒針の音で時の経過を告げる。
音の発信源をみやると、石膏で一部固められた小さなカセットプレーヤーがあった。
石膏部分はカセットプレーヤーの再生、停止、電源ボタン。
操作できるのは音量つまみだけ。
永遠とも思われる時間の作品化と言ってしまえば簡単だが、寧ろ時間の流れを我々は操作できない、抗えない、ことを告げているように感じた。

高次2
*ギャラリーの許可を得て撮影、掲載しています。

壁面展示の平面作品≪CD≫2011年は、レコード、カセットテープ、と続く音声記録媒体シリーズ(勝手に命名)の第三弾というべきか、CDを剥離して、キャンバスに造形的に貼ったもの。
剥離したCDは照明や鑑賞者の見る位置により、光の反射が異なり、様々な表情を見せる。
100年後、200年後、この作品を見る人々にこれが「CD」と言われてCD現物そのものを想起できるだろうか?
記録媒体の記録的意味合いを持つ興味深い作品だった。

極めつけは、≪Passage≫2011年
作品タイトル「Passage」は、音楽の楽節、通路、(時・季節などの)経過、(体内の)導管などの意味を持つ多義語。
八木は、これをどんな意味合いで使用したのか気になった。
白い台座一面に小さなLEDライトがはめ込まれ、その傍らにデジカメがある。
LEDライトが明滅し、デジカメでその状態を写し液晶で眺めたら・・・そこには驚くべき世界があった。
これぞ、まさしく高次からの眺めとしか言いようがない。
シャッタースピードとLEDの明滅のタイムラグを利用しての作品だと思うが、それにしてもこの液晶から見える世界の不思議さ、美しさを表現する言葉が見つからない。

本展タイトルをそのまま作品名とした≪高次元からの眺め≫2011年、冒頭の≪Chain Reaction≫の原案であった≪無重力の雨≫2011年などを用いて、空間全体が高次元の世界を垣間見せてくれるインスタレーションとなっていた。
この中にいる束の間、現実の三次元界から解き離たれることができた。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。