スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治・大正時代の日本陶磁-産業と工芸美術-展 瀬戸市美術館

瀬戸市美術館で開催中の「明治・大正時代の日本陶磁-産業と工芸美術-」展(10月14日迄)を観に瀬戸市に出かけた。

瀬戸市美術館は愛知県内に長く住みながら、なんと初訪。
なぜ、これまで行かなかったのか我ながら不思議ではあるが、ここ数年は笠間の陶芸美術館や大阪の東洋陶磁に行っていたと言い訳もできようが、東京移転前は言い訳が立たない。

瀬戸市美術館は、名鉄瀬戸線の尾張瀬戸駅から徒歩13分くらいの坂の途中にある。隣接して文化会館などの施設もある。

展示室は1階2階にあるが、それ程大きくはない。
しかし、本展の出展作品数は約120点と盛り沢山な上に、瀬戸市美術館所蔵品が数点参考出品されていることもあり、展示室におさまりきらない作品がロビーに展示されている。
ガラスケースに入っているものもあれば、巨大なためにケースが見つからなかったのか、一部はガラスなしでそのまんま展示されているという、なんとも無造作な感じが良かった。
しかし、作品は陶磁器である。
ケースなしでは、監視の方もさぞかし緊張されることだろう。

本展は、明治⇒大正時代の日本陶磁の変遷と成果を包括的に紹介している。
日本全国の明治、大正期の窯や作家を丁寧に、キャプションは実に細かい!解説しているので、普段陶磁器に馴染みのない方でもわかりやすい展示となっている。
が、さすがに120点もの作品キャプションをもれなく追っていると2時間経過後は疲れ果てた。
本展で紹介される技法(例:薩摩焼、伊万里)、作家(例:宮川香山等)単位で深く掘り下げた展覧会は多いが、意外と概説的な展覧会は開催されていない。
今回は、まだまだ見知らぬ窯が結構あって、それだけでも勉強になった。

灯台もと暮らしとはこのこと。
地元瀬戸焼や美濃焼の作家を存外知らないことに気づいた。

明治時代は万博を契機に海外輸出用の陶磁器が数多く制作。
過剰とも言えるようなデコラティブさと大きさの作品は明治中心に作られた。
写実的に対象(主に自然や鳥、動物など)を追い制作してきたものが、徐々に時代の経過とともに洗練され抽象的な捉え方に変化している。

前回の型紙展で紹介されていた型紙デザインは対象となる自然をうまくデフォルメし、西欧の人々の目にとまった。
海外で認められたことにより、デザイン化が遅れていた陶芸作家の視野に日本古来のデザインが入って来る。

すぐ身近なところに、最新のデザインが潜んでいたとは。。。
相互影響は勿論あるが「自国の文化の良さを西欧諸国に認められ、漸くその価値に気づくのは、長い鎖国とその後の急激な西欧化の影響だろうか。

神坂雪佳や浅井忠デザインの小皿更には図案集もあるので、こうしたものを眺めていると、美術と工芸の境界など何の意味があるのかと思う。
分ける必要性は何だろうと。
その一方で明治の輸出陶芸は産業として切磋琢磨していた様子もうかがわれる。
産業としての工芸、陶芸、産業としての美術、どちらもあり得るのではないか。


瀬戸市美術館を後に向かったのは瀬戸蔵ミュージアム。
こちらも初訪問。この続きは次回に。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【明治・大正時代の日本】

瀬戸市美術館で開催中の「明治・大正時代の日本陶磁−産業と工芸美術−」展(10月14日迄)を観に瀬戸市に

コメントの投稿

非公開コメント

よし様

コメントありがとうございます。

ブログ、漸く復活できそうです。
岐阜の旅はいかがでしたか。
瀬戸はやきものの町だと痛感しました。
ぜひ機会があればおでかけくださいね。

復活ですか?

ブログ復活ですか?
あっさて、飛騨・美濃へ 春慶のなにかと美濃の茶わんをさがしに
初めて岐阜へ出かけてきます。
こちらの美術館へも立ち寄れたらいいなあ。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。