スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「絵金とその時代展」  香美市立美術館

高知県立美術館の大絵金展を一旦後にして、向かった先は香美市立美術館。

今回の旅程は後日まとめるつもりだが、大阪の伊丹空港から高知龍馬空港に到着。絵金蔵へは空港から車で10分程度。絵金蔵から香美市立美術館にも10分程度だったので、当初は高知県美より先に訪問するつもりだったが、私が行った日(11/10)が香美市立美術館での展覧会オープニングで14時半から高知県美の大絵金展担当学芸員の方のギャラリートークが開催されると知り急遽予定を変更し、先に高知県美に回ったのだった。距離的、時間的なことを考えるとロスだがトークを優先。おかげで高知県美では土佐派特集の担当学芸員氏のトークも拝聴でき、結果的には良かったと思う。

さて、香美市立美術館でも絵金生誕200年を祝した企画展が12月16日まで開催されている。高知県下では絵金生誕200年を祝し様々なイベントや展覧会が企画されている。本展もそのひとつ。

この美術館では高知県南国市の片山公民館に香美市土佐山田町町内会に所蔵されている芝居絵と高知県美寄託の絵金芝居絵約20点を露出展示。展示スペースは展示室ひとつと決して大きくないが、高知県内ではこうして町内会や公民館で芝居絵が今も大切に保存されていることが伺われた。
絵師・金蔵の手が入った芝居絵より、絵金に学んだ後世の絵師たちによる芝居絵が中心。したがって、キャプションには絵金でなく「絵金派」と記載されているものが特徴(河田小龍など作者が特定できるものは除く)。制作年代がある程度絞られる芝居絵が中にはあり、例えば、絵の中に「会津負けた」と書かれている箇所があり、これは戊辰戦争後に描かれたのだろうと推測できる。また、明治以後に描かれたものは特に構図に面白みがあり、より現代の漫画のコマ割りに近い表現も見られ興味深いものがあった。

後藤学芸員のお話では、芝居絵が流行した背景、天保の改革で倹約が厳しくなり芝居、歌舞伎などが禁止され、その鬱憤をはらすではないが、元々地芝居の盛んだった土佐では芝居絵にそのはけ口を求めたのではないかとのこと。地芝居もできることならあわせて鑑賞したかったが、時間の余裕がなさすぎた。この翌日に、絵金関係のイベントで「土佐絵金歌舞伎」も開催されていたのに・・・。残念。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。