スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 私が観た展覧会ベスト10

2012年は何と言っても、4月1日に名古屋に再び戻ってきたことが私的重大事。
結果的に、東京在勤時のような鑑賞活動は続けることができず、美術館・博物館はまだしもギャラリー訪問数は激減しました。美術館・博物館の訪問数も相当減り、今年は200位(数えていないので正確には不明)ではないでしょうか。
ということで、美術館・博物館の2012年私が観た展覧会ベスト10です。今年はより主観的な選択になりました。
会田誠展、螺旋階段(志賀理恵子)は未見、風が吹けば桶屋が儲かる展は奥村雄樹さんの作品を見ていないので除外、白隠展と練馬区立美術館の船田玉樹展は来年の広島県美開催を観てからと思っているので除外しています。
それでは良いお年をお過ごしください。

1位:大絵金展 極彩の闇 高知県立美術館
大迫力の展示空間は希有な鑑賞体験でした。思わず監視の方に「これレプリカですか?」と伺ってしまった程。絵金の芝居絵が今も高知の土地に根付いていることが嬉しかった。知名度の低い絵師なので、全国区の存在になり更に研究が進むことを願っています。
同時開催のコレクション展「高知の戦後美術と前衛土佐派」も素晴らしく、土佐派を結成し中心人物として活躍した濱口富治は早くから絵金を見出し紹介に尽力。一見つながらないふたつの展示が実はつながっていた。担当学芸員の方のギャラリートークに参加し詳細なお話を伺えたのも有意義で貴重な経験でした。

2位:実験場1950s 東京国立近代美術館
1位にするか迷った本展は考えさせられることの多い挑戦的で刺激的な内容でした。論文集は読み応えあり必読もの。「原爆の図」の展示がなかったこと、図録の内容が不十分なのがマイナスポイント。

3位:GUN―新潟に前衛アバンギャルドがあった頃 新潟県立近代美術館
2012年は戦後の日本美術を追いかけることを意識し展覧会に行っていました。中で、新潟の前衛美術集団「GUN」の結成から終息までを追った本展は共感する所、得るものが多かった。長岡現代美術館の存在を知ったのも大きかったです。

4位:中国近代絵画と日本 京都国立博物館
北京故宮博物院展、中国王朝の至宝など中国関係の企画展が多い1年でした。これまでほぼ紹介されることのなかった中国近代絵画を展観した本展は、中国近代絵画の新たな魅力や西洋美術を日本を通じて摂取し独自の表現を模索した作家の苦悩など得るものが多かった。その後に開催された東博特別展「中国山水画の20世紀 中国美術館名品選」では担当研究員の方のトークでも本展作家は言及され、両展を1年で合わせて観られたのも非常に良かったです。

5位:西村陽平展 愛知県陶磁資料館
昨日アップした「東海4県の美術展を振り返る」に記載した通りなのでここでは省略。

6位:村山知義の宇宙 神奈川県立近代美術館葉山、京都国立近代美術館
かねてより待ち望んでいた企画展。実作品の現存数が少なく、多領域で活動した人物であるが故、全貌を回顧の難しい存在であったが、本展でまとまったかたちで紹介されたことが何より嬉しい。

7位:日本の70年代 1968-1982 埼玉県立近代美術館
「これは美術展ではない」と担当学芸員の方が仰っておられたけれど、日本の70年代の風潮を見事に伝えていました。70年代のデザイン専攻の大学生の部屋はタンスの中まで洋服が入っていて手抜きなくツボ。篠山紀信写真集「晴れた日」を実際に手に取って観ることができたのも忘れがたい。

8位:田中恭吉展 和歌山県立近代美術館
田中恭吉の世界、ただ好きとしか。。。月映えしか知らなかった田中恭吉の全貌と最新の研究成果を堪能させていただきました。

9位:白昼夢ー松本俊夫の世界 町立久万美術館
戦後の日本美術追っかけターゲットのひとつ松本俊夫の全映像作品を紹介した本展。町立の小さな美術館で本展が開催されたことに敬意を表して。Twitterの本展非公式アカウント:@MatsumotoToshio のツイートの内容と量の充実がすごかった。

10位:土屋公雄展 夢のあとに/交差する時間 福井県立美術館
    *所蔵品によるテーマ展:土屋公雄コラボレーション展― 月・MOON ―含む 
福井県立美術館全館を使用して新作、旧作含めて展示した大規模個展。トタン屋根を使用したインスタレーションは土屋氏が生まれ育った福井の町の記憶が凝縮されていて言葉を失いました。時間、記憶をテーマに扱う作家は多いけれど、一貫して「家」に関与した作品を制作されていることが印象に残りました。

次点 都市から郊外へ1930年代の東京 世田谷文学館
   写真家堀野正雄の世界 幻のモダニスト 東京都写真美術館

毎年勝手に決めている美術館賞は今年は三重県立美術館で決まり。イケムラレイコ、蕭白ショック!、型紙展、平櫛田中と三重県での開催に意義ある展覧会の選択により、常設の所蔵作品特集と企画展が見事にタッグを組んで、三重県美で観ようという動機付けを得られました。

海外では、年初のナショナル・ギャラリー開催のダ・ヴィンチ展やテートモダンのリヒター展、どうしても行きたかったドクメンタに初めて行けたのは最高でした。ベルリンは旧東ドイツの痕跡が残る不思議な都市で、それも強く記憶に残っています。
新潟県の水と土の芸術祭は美術館・博物館開催とは異なるためランキングから外しましたが、大友良英 ※飴屋法水たち、原口典之、下道基行ら出品作品はみな水と土、新潟ならではの作品群で非常に良かったです。

以下、2012年で印象に残った展覧会。
☆柏原えつとむ展 私の解体へ 国立国際美術館
☆井田照一の版画展 京都国立近代美術館
☆井田照一 版の思考・間の思索 京都市美術館
☆桑山忠明展 神奈川県立近代美術館葉山
☆小野佐世男 モガ・オン・パレード 川崎市岡本太郎記念美術館

◎三代 山田常山 ―人間国宝、その陶芸と心 出光美術館
◎中西夏之展 DIC川村記念美術館
◎トーマス・デマンド展 東京都現代美術館
◎紅型展 サントリー美術館、松坂屋美術館、大阪市立美術館
◎ボストン美術館展 東京国立博物館、名古屋ボストン美術館

○お伽草紙展 サントリー美術館
○セザンヌとプロヴァンス 国立新美術館
○蕭白ショック! 千葉市美術館 三重県立美術館
○明治・大正時代の日本陶磁 瀬戸市美術館
○北京故宮博物院展 東京国立博物館
○エル・グレコ展 国立国際美術館
○シャルダン展 三菱一号館美術館
○ユベール・ロベール展 国立西洋美術館
○レーピン展 Bunkamura museum
○マックス・エルンスト展 横浜美術館、愛知県美術館
○今和次郎 採集講義 -考現学の今 国立民族学博物館
○平櫛田中展 三重県立美術館
○さわひらき Whirl 神奈川県民ギャラリー
○絵解きってなぁに? 龍谷ミュージアム
○大辻清司フォトアーカイブ 武蔵野美術大学美術館
○小川芋銭展 茨城県立近代美術館
○土偶コスモス Miho museum
○モノミナヒカル展 多摩美術大学博物館
○吉川霊華展 東京国立近代美術館
○肖像画の魅力-歴史(とき)をみつめた眼差し- 茨城県立歴史館
○リアルジャパネスク 国立国際美術館
○与えられた形象 国立新美術館
○写真家 石元泰博 時代を超える静かなまなざし 文化フォーラム春日井

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年の「美術展ベストテン」

 2004年に始めた「美術散歩ベストテン by とら」も今回で9年目となりました。今年は比較的健康に恵まれ、ベストテンを選ぶのに十分な数の美術散歩ができました。その結果、結構迷って...

2012年 私のお気に入り アート

ブログで綴った言葉・Twitterでつぶやいた言葉を通して、この1年の美術とのかかわりを振り返ってみました。私にとっての「お気に入り」をご紹介します。 1位 「水と土の芸術祭」 ...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。