スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治十二年明治天皇御下命「人物写真帖」-四五〇〇余名の肖像  三の丸尚蔵館

皇居内には、皇室所蔵の絵画・工芸品など美術品を一般に公開する施設「三の丸尚蔵館」がある。
美術好き、皇室好きなら知っているだろうが、知らない方が結構多いのではないか。現在、三の丸尚蔵館では、明治十二年明治天皇御下命「人物写真帖」-四五〇〇余名の肖像展が3月10日まで開催中で、まったく未知の存在だったので大変興味深く拝見した。

展示のあらましは、以下三の丸尚蔵館の公式サイトに詳しいが、展示室では写真帖の一部が公開されている。
http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai61.html
まず、アルバムそのものの豪華な装飾、装幀に目を見張る。写真帖は「皇族 大臣 参議」、「宮内省」、「判事」、「司法省」、「華族」、「陸軍」、「諸官省」、「警視庁」、「神官僧侶」、「陸軍軍人」、「海軍軍人」、「地方官」とう具合に若き明治天皇に仕える臣下総勢4531人の姿が全39冊の写真帖におさめられている。総革張の表紙に鳳凰や草花文、唐草文などが金で施されて、金具も金渡金で実に豪華。紋様の豪華さは写真帖により異なっていているので、それらの違いもまた面白い。大蔵省造幣局の制作で、かつては写真帖思い浮かんだのは装飾経。写真という西洋技術が見事に和様になって受容されている。
写真帖の外側だけでなく内部も同様に和様が取り入れられ、「皇族 大臣 参議」といった最重要な人物の写真帖では写真だけでなく撮影されている人物が詠じた和歌あるいは漢詩が小色紙とセットで上下に並んで1頁を構成されているものもあり、小色紙それ自体も料紙装飾をイメージさせる金泥風の装飾が施される。和歌が誰の手によるものなのかは、今後の研究を待つとして写真+和歌、文様は和様、綴じは洋綴と見事なまでの和洋折衷でいかにも明治12年という時を反映している。

写真撮影から写真帖制作までわずか1年で完成させているのも驚きで、制作にあたったのが当時の大蔵省印刷局というのも納得で、その仕事ぶりには感嘆の一言に尽きる。

写真帖におさまっている4531人すべての肖像写真は図録にも掲載されていないが、写真裏にはその人物の氏名等が記載されているため人物特定が可能(図録に写真帖掲載の4531人のうち4530人の氏名は掲載。残る1名は台紙をはがせず陸軍省の人物であることは確実だが氏名の確認はできず)。歴史的資料価値は極めて高い。史上や明治維新で活躍した人々の肖像(例えば、坂の上の雲で有名な秋山好古など)もあり、書籍で名前しか知らなかった人物が絵画でなく写真として眼前に現れると感慨深いものがあった。話を聞いて勝手にイメージしていた人物像が写真を呈示されることで、一旦クリアになり新たな人物像が脳内にインプットされる。写真=現実として迫ってくる。絵画にはない重みが写真にはあることに気づく。本当に明治という時代にこの撮影されている人物は生きていた、その事実がとても重かった。一体全体、撮影時にはどんな心境だったのだろう。

写真撮影は印刷局と全国の写真館の写真師が活躍。中には海外で撮影されたものもある。写真台紙の中には写真館の名前入りのものが494枚あり、中で注目は愛知県名古屋市の宮下欽だ。494枚のうち111枚が宮下欽でトップ。次点は石川県の吉田好二の86枚。宮下欽は横山松三郎の門人で濃尾地震の震災写真をの写真を新聞に広告を出して売り出すなど積極的な営業活動を行っていた。明治人物写真帖におさめる肖像写真の撮影も名古屋にありながら、111枚という数を撮影しおさめている事実は宮下欽への関心を募らせる。

名古屋は、江戸時代幕末に尾張藩14代藩主の徳川慶勝が無類の写真好きで現像液の調合から研究までしていたのはつとに有名。今夏に、徳川美術館で「徳川慶勝ー知られざる写真家大名の生涯」と題した企画展が開催される。1911年には愛友写真倶楽部が結成され日高長太郎らがメンバーとなり、近年では先日惜しくも亡くなった東松照明を生んだ。宮下欽は江戸から大正までの間隙を埋める存在で明治の名古屋写真状況に思いを馳せるきっかけとなった。

明治十二年明治天皇御下命「人物写真帖」-四五〇〇余名の肖像 平成25年1月12日〜3月10日まで

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。