スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良国立博物館 おまけ編

今回奈良博での特別展鑑賞にあたり、事前に購入したものがあります。
PENTAX Papilio双眼鏡6.5×21。

papilio


この双眼鏡は50センチから焦点距離可能。
当初、単眼鏡の購入を考えていたのですが色々調べているうちに両目で見られる双眼鏡の方が疲れないかもと購入に踏み切りました。

で使用した感想なのですが、この双眼鏡のおかげで今まで見えなかった細かい模様や人物の表情が楽しめ、特に日本美術鑑賞には手放せないアイテムになりそうです。

メリットとして
・ラバー外装のためガラスケースに触れても音や傷がつかないこと。
・双眼鏡の割りに230gと比較的軽量なこと。
・両目で見られるので思ったほど目が疲れなかったこと。
デメリットとして
・実際に眼で見るより若干視界が暗くなること。
・短眼鏡に比べると大きいこと。

以上が挙げられます。


おまけ編のもう一つのテーマは奈良博のミュージアムショップ。
この奈良博のお店ではオリジナル商品「元気が出る仏像」シリーズがあります。

元気


仏像様や天人をキャラ化してものさしやらボールペン、ふせん、トーとバッグなどが出されています。
図録で浮いたお金で私も今回このシリーズのガーゼタオルを購入。
枕カバー代わりに使用しています。
目覚めると誕生仏が朝から見守ってくれているのが嬉しい☆

奈良博は本館と新館が地下通路で結ばれていて、秘密基地っぽいのも良いです。その通路を利用したカフェも外に出ず休憩できるので、暑い夏や冬には大変便利です。

前回書き忘れましたが、特別展の作品リストも奈良博らしい工夫がありました。単に作品を列挙するだけでなく、裏面は展示案内図になっており、オススメの作品がどこにあるのか一目で分かるようになっています。
これなら、美術初心者や時間のない方にも便利です。
細かい所まで心配りのある本当に良心的な博物館の姿勢には頭が下がります。


東博、京博、奈良博3つを比較すると、京博の平常展示館の古さは悲しくなります。
特にお手洗いとミュージアムショップは早くてこ入れしていただきたいものです。
トイレは文化の象徴と言うではありませんか。
ミュージアムショップも東京・奈良と比べるとショボイ。
奈良など見ているだけでも楽しくなる品揃えなのに・・・。

今上記3つの国立博物館では奈良博が注目株です。行けば行くほど好きになります。

コメントの投稿

非公開コメント

はろるど様

こんにちは。
東博のショップにはリニューアル後まだ行っていません。
次回いつになるかは分かりませんが、チェックしてみます。
東博オリジナルキャラとかあるのでしょうか?

京都のミュージアムショップは仰せの通り、例の常設一階にあるスペースのこと。
ミュージアムショップならずハード面をもう少し改善していただければと願うばかりです。

奈良博のマスコットはカワイイですよね。私も前に行った時、ファイルやら何やらを買ってきました。仏様が快活(?)に微笑んでいらっしゃいます…。

>ミュージアムショップも東京・奈良と比べるとショボイ。

京都のミュージアムショップとは、常設展の一階にあるスペースのことでしょうか?だとすると仰るように少し狭いですね。京博ならグッズにも困らないようにも思いますが…。

東博のショップはリニューアルされて綺麗になりました。書籍も色々と多くて飽きませんよね。いつも長居してしまいます。

一村雨さま

こんにちは。
片目だけで見るのは疲れるのですね。
この双眼鏡を私はamazonで購入しましたが、
現物はカメラ店で手にとって眺めてから購入に
踏み切りました。

値段も手が出ないほどではないので、オススメです。

私は、単眼鏡を持っているのですが、
じっと眺めていると頭が痛くなって、使っていません。
やはり双眼鏡の方がいいのですね。
この双眼鏡は快適そうでいいです。購入しようと
思います。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。