スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年をふりかえる

2014年は自分史において忘れがたい年になりました。
東京から名古屋に戻り、職場での精神的負荷の大きさと加齢により、昨年半ばより心身ともに崩れ始め、配置願いを出し4月の異動を前に3月の無理がたたり病状悪化。4月下旬に自宅で激しい動悸で倒れ、医師より自宅休養を命ぜられ約2ヶ月休職というかつてない事態となりました。倒れて以後、急速に体力が衰え無理がきかなくなり、必然、見る数も減らさざるを得ない1年でした。来年もペースを落とし、これはと思う展覧会に足を運びたいと思っています。

前置きが長くなりました。毎年順位を付けたベストをあげていたのですが、今年は順位を付けず2014年に見た展覧会の中で、新たな発見や感動を得られたものを評価軸として15あげることにしました。所蔵品展は除いています。

・イメージの力 国立民族学博物館(国立新美術館)
・色彩と風のシンフォニー/内間安瑆の世界 沖縄県立美術館
・更紗の時代 福岡市立美術館
・チベットの仏教世界 もうひとつの大谷探検隊 龍谷ミュージアム
・柳瀬正夢 1900-1945 時代の光と影を描く 神奈川県立近代美術館(北九州市立美術館、愛媛県美術館)
・奇なるものへの挑戦-明治大正/異端の科学 岐阜県立博物館
・ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡展 名古屋市美術館、松濤美術館
・増山たづこ すべて写真になる日まで IZU PHOTO MUSEUM
・魅惑の陶製人形 ~ノベルティ、人物俑、はにわ、土人形、フィギュリン~&知られざる日本のノベルティ ~オキュパイドジャパン、白雲陶器など~ 愛知県陶磁美術館
・板谷波山の夢みたもの 出光美術館
・ジャン・フォートリエ展 豊田市美術館(東京ステーションギャラリー、国立国際美術館)
・ヴァロットン― 冷たい炎の画家 三菱一号館美術館
・獅子と狛犬-神獣が来たはるかな道- MIHO MUSEUM
・ディスカバージャパン 東京ステーションギャラリー
・中村一美展 国立新美術館

次点 カンタと刺し子 日本民藝館


次に評価軸を変え、感動とか嗜好を別としてこれまでとりあげられず意義ある内容で記憶に残った展覧会を10あげます。先に挙げた展覧会はこの評価軸に該当するものも多いのですが、それらは除きます。

・官展にみる美術 兵庫県立美術館(福岡アジア美術館、府中市美術館)
・グループ「幻触」と石子順造 1966-1971 〜時代を先駆けた冒険者たちの記録〜 静岡県立美術館
・山本鼎のすべて 上田市立美術館
・光琳を慕う 中村芳中 千葉市美術館(細見美術館、岡山県立美術館)
・中澤弘光展―知られざる画家の軌跡 三重県立美術館
・フェルディナント・ホドラー展 国立西洋美術館
・江戸文人画の彩り―高久靄厓とその師友― 栃木県立博物館
・矢﨑博信展 幻想の彼方へ 茅野市美術館
・井上洋介展 刈谷市美術館
・ダレン・アーモンド 追考 水戸芸術館


所蔵品を使った展覧会は学芸員の力量、腕のみせどころ。今年も所蔵品を使った素晴らしい展示がありました。特に記憶に残ったものを5つあげます。

・そこに在るということ-歴史・美術にみる存在の印 岡崎市美術博物館
・美術と印刷物 東京国立近代美術館
・生誕100年 浅野弥衛―描線の詩学― 三重県立美術館
・没後50年 野長瀬晩花 和歌山県立近代美術館 
・日本の仮面 能面 創作と写し 東京国立博物館


最後に、美術館、博物館以外の非営利ギャラリー等で記憶に残ったものを5つ。

・アピチャッポン・ウィーラセタクン-PHOTOPHOBIA- 京都芸術大学ギャラリー@ACUA
・かたちの発語展 BankArt Studio NYK
・高橋耕平『史と詩と私と』展 京都芸術センター
・楽園創造 vol.7 八幡亜樹  gallery αM
・無人島にてギャルリ・オーブ 京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ


最後までお読みくださってありがとうございます。それでは、みなさまどうぞ良いお年をお迎えください。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014年 アート展覧会ベスト10 

   悩ましい年一度のベストテンの年末恒例イベントを越年してしまいましたが、  印象の強かった展覧を思い、振り返りたいと思います。  10 内藤礼 信の感情  東京都庭園美術館    リニューアルで休館中だった庭園美が戻ってきたそのうれしさを    建...

2014年 私が観た展覧会 ベスト10

年末恒例、独断と偏見による私的ベスト企画です。今年私が観た展覧会のベスト10をあげてみました。 2014年 私が観た展覧会 ベスト10 1.「ジャン・フォートリエ展」 東京ステーションギャラリー 前々から惹かれていたフォートリエの回顧展にようやく接することが出...

2014年 展覧会ベスト10

午年もあと残すところ2日となりました。 「青い日記帳」を書き始めて、今年で10年を迎えることが出来た一年であると共に、様々なことにチャレンジした一年でもありました。応援して下さる皆さまあってのこととあらためて感謝申し上げます。 さて、昨年同様公私ともに何かと身の回りが慌ただしく、中々思うように展覧会に足を運ぶことの出来ない一年ではありましたが、やはり展覧会総括として「2014年 ...

2014年のアート

今年の展覧会で印象に残ったものは以下である。感心や感動の度合いに応じて「!」マークを付けて見た。 新国立美術館「チューリッヒ美術館展」 松濤美術館「醍醐寺」!! 東京都美術館「ウフイツィ美術館展」! 東京国立博物館「日本国宝展」!! 北海道大学総合博物館「...

コメントの投稿

非公開コメント

あべまつ様

1月4日に年始休暇が終わり、またもやブログを放置。
お返事が遅くなり申し訳ございません。
11月末に受けた人間ドックで、今度は左目がひっかかり来週精密検査です。

次から次に身体が壊れていくようで怖いですが、一病息災いや二病息災でなんとか
生き延びたいと思います。
観能、ぜひともご一緒したいですね。
今年も宜しくお願いいたします。

No title

新年おめでとうございます。
波瀾万丈の旧年を一掃すべくなにか精神に清々しいものが流れますことを祈念しますが、当方も紛れもない更年期先行世代、自身の体調を第一義としましょう。今年は能舞台に出かけようと思います。美の散華が舞い降りてきますように。

テツ様

コメントありがとうございます。
テツ様もご苦労、ご心痛の様子、そんな折に赤瀬川原平回顧を書いていただき感謝です。
昔はいとも簡単だった美術館やギャラリーのはしごが、辛くなる日がこんなに早く来るとは
我ながら意外でした。
体調が悪いと展覧会に集中できず、それもつらいところです。
今年はひとつひとつ大切に見ることができればと思います。
テツ様も、これは!と思うものがあれば気分転換にお出かけください。

とら様

あらためまして、新年のお慶び申し上げます。
Tweetやブログから、とら様の美術散歩を楽しんでいます。
昨年も福岡にご出張の合間にアジア美術館へ行かれたり
フットワークの良さに感心しきりです。
今年も、良い展覧会に巡り合えますように!

美術の救い

あけましておめでとうございます。
昨年はmemeさんにとって多難な年だったのですね。
私も父の重病・介護に追われ慌ただしい一年だったのですが
そうした状況で触れた数少ない美術展に深いところで救われました。

ペースを落とされても、美術を通してmemeさんが育んできた審美眼が生かされた
濃密な時間を楽しむことのできる新たな年となられんことを。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。暮れにはトラックバックを頂戴し、ありがとうございました。私は「断酒・減塩・減甘味・控夜会」などの健康管理をしつつ、可能な範囲で「美術散歩」しています。今年がmemeさんにとって、佳い一年となりますように祈念しています。2015-1-1 とら拝
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。